記事作成日:

アウトドアワゴンおすすめ15選!荷物の持ち運びに便利で大人気!

アウトドアワゴンは、キャンプなどで荷物を運ぶ際に用いられるワゴンを差します。テントやテーブルなど重い荷物を一度に運べることから、アウトドアシーンで活躍します。この記事では、おすすめのアウトドアワゴンを厳選してご紹介していくとともにその選び方についてもまとめているので、購入を考えている方は参考にしてください。

アウトドアワゴンとは?

アウトドアワゴンとは、キャンプやバーベキューなどで荷物を運ぶために用いられるアイテムです。4つのタイヤと荷台に持ち手が付いており、台車のようにして押したり引いたりして使うことができます。

テントやテーブル・いすといった重い荷物を1度にたくさん運べることから、様々なアウトドアシーンで活躍します。ここでは、アウトドアワゴンとキャリアカートの違いとアウトドアワゴンを使うメリットについて解説していくので一緒にチェックしていきましょう。

キャリーカートとの違いとは?

まずは、アウトドアワゴンとキャリーカートの違いをみていきましょう。アウトドアワゴンもキャリーカートもどちらも荷物を運ぶためのアイテムですが、大きさと運べる荷物の量に違いがあります。

キャリーカートは、低価格でコンパクトなものが多く一度に運べる荷物も20kg~50kgと少なめなのでソロキャンプなどに適しています。アウトドアワゴンは、価格は高くなりますが耐荷重が60kg~100kgと一度にたくさんの荷物が運べます。

アウトドアワゴンを使うメリット

では、アウトドアワゴンを使うとどのようなメリットがあるのでしょうか?キャンプ場やバーベキューができる施設では、駐車場とキャンプサイトやバーベキュー場が近くにあるとは限りません。家族や仲間で分担して荷物を運んでも、何往復もしなければならないこともあります。

しかし、アウトドアワゴンを使えば1度にたくさんの荷物が運べるので、往復する回数が減らせます。多くのアウトドアワゴンは折りたためるので置き場所にも困りません。また、舗装された道路だけでなく砂利道などでこぼこした道でも使用できるところもポイントです。

アウトドアワゴンの選び方

ここまでは、アウトドアワゴンとキャリーカートの違いとアウトドアワゴンを使うメリットについて詳しく解説してきました。ここからは、アウトドアワゴン選び方をまとめていきます。

選び方①収納サイズ

アウトドアワゴンの選び方のポイント1つ目は「収納サイズ」です。より多くの荷物を運びたいと思うと、できるだけ大きなサイズのワゴンを選びたくなります。しかし、ワゴンのサイズが大きくなると当然、折りたたんだ時のサイズの大きくなります。

いざ買ってみたら「車のトランクに入らなかった」「自宅の収納場所に収まらなかった」ということを避けるためにも、必ず収納サイズをチェックするようにしてください。

選び方②耐荷重

アウトドアワゴンの選び方のポイント2つ目は「耐荷重」です。アウトドアワゴンの魅力は一度にたくさんの荷物が運べるところにあります。そのため、耐荷重の高いものを選ぶことでたくさんの荷物を安心して運べます。また、耐荷重の高いものなら小さなお子様を荷台に乗せて運ぶこともできます。

選び方③容量

アウトドアワゴンの選び方のポイント3つ目は「容量」です。より多くの荷物を運ぶなら耐荷重と合わせて容量もチェックしておきましょう。キャンプ用品には、重い荷物だけでなく銀マットやウレタンマットにようにかさばる荷物もあります。

そういった荷物を無理なく運べるようにできるだけ容量の多いタイプを選ぶようにしましょう。ただし、耐荷重と容量が増えると本体のサイズも大きくなるので、使い勝手と合わせて自分にあったものを選ぶようにしてください。

選び方④ハンドルの形状

アウトドアワゴンの選び方のポイント4つ目は「ハンドルの形状」です。アウトドアワゴンのハンドルには、大きく分けてT字型とO字型の2種類があります。

O型が握りやすく指への負担が少ないのに対し、T字型は握りずらく指にかかる負担も多いため、O字型を好む方が多いようです。さらに使いやすさを追求するなら、ハンドルの形状だけなくハンドルの長さや可動域などもチェックしておくと良いでしょう。

アウトドアワゴンおすすめ15選

ここまでは、アウトドアワゴン失敗しないために選び方のポイントをまとめてきました。ここからは、おすすめのアウトドアワゴンを厳選してご紹介していきます。

おすすめ①WAQ キャリーアウトドアワゴン

WAQ キャリーアウトドアワゴン
WAQ キャリーアウトドアワゴン
使用時(荷台部分) : (約)幅49cm×長さ91cmcm×高さ35cm  収納時 : (約)幅34cm×奥行23cm×高さ82cm

WAQ キャリーアウトドアワゴンは、丈夫なスチールフレームにワゴン業界で最大サイズの8.5cmの特大タイヤが搭載されているので、1度にたくさんの荷物が運べるほか芝生や砂浜・砂利道などでも楽に移動ができます。

また、コンパクトに折りたためるので狭いスペースにも収納ができます。縦置き・横置きどちらにも対応しているので車への積載がしやすいところがポイントです。

【基本情報】

素材  スチール・キャンバス・ラバー・プラスチック
耐荷重 150kg
容量 106L
サイズ 使用時:幅49×長さ95×高さ90cm
荷台部分:幅49×長さ91×高さ35cm
収納時:幅35×奥行23×高さ82cm
重量 11.2kg

おすすめ②Moon Lence キャリーアウトドアワゴン

Moon Lence キャリーアウトドアワゴン
Moon Lence キャリーアウトドアワゴン
使用時:約93(長さ)×57(幅)×61.5(高さ)cm / 収納時:約39×33×61.5(高さ)cm

Moon Lence キャリーアウトドアワゴンは、キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンだけでなく、運動会でスポーツ用品を運搬する時にも利用できます。幅の広い大型のタイヤを採用しているので、芝生や草の上・ビーチ・河原・砂利道などでも利用可能です。

底のベルトを引っ張るだけで簡単に折りたためるほか、フレームを広げればすぐに組み立てもできます。コンパクトなので持ち運びにも便利なのはもちろん、カラーバリエーションが豊富なところもポイントです。

【基本情報】

素材 スチール・オックスフォード
耐荷重 100kg
容量 156L
サイズ 使用時:長さ93×幅57×高さ62cm
荷台部分:長さ93×幅57×高さ39cm
収納時:37×24×高さ62cm
重量 12.7kg

おすすめ③Greenfamily アウトドアワゴン

Greenfamily アウトドアワゴン
Greenfamily アウトドアワゴン
展開時寸法:幅119*奥行き54*高さ103cm、折りたたみ時のサイズ:幅51.5*奥行き25*高さ86cm

Greenfamily アウトドアワゴンは、直径20cmの大型タイヤを搭載したアウトドアワゴンです。安定性にすぐれているほか、前輪が360度回転するので小回りがきいて方向転換もスムーズに行えます。

雨や真夏の日射しを避ける幌や小物が収納できる収納カゴ・飲み物を収納するドリンクホルダーも付いています。また、2種類のハンドルが付いているので、押しても引いても利用可能です。押すタイプのハンドルは、使う方の身長に合わせて高さが調整できます。

【基本情報】

素材 ポリエステル・ポリプロピレン・スチール・ポリウレタン
耐荷重 100kg
カラー カモフラ・ダークブルー・ブラウン・レッド
サイズ 展開時:幅119×奥行54×高さ103cm
収納時:幅51.5×奥行25×高さ86cm
重量 11.8kg

おすすめ④Timber Ridge アウトドアワゴン

Timber Ridge アウトドアワゴン
Timber Ridge アウトドアワゴン
展開サイズ:(約)長さ91.5cm X 幅47cm X 高さ55cm

Timber Ridge アウトドアワゴンは、ノーパンクラバータイヤを採用しているので空気を入れる必要がなく、メンテナンスが楽なところが魅力です。シートとフレームは簡単に脱着可能なので、汚れたらすぐに洗濯できます。

サイドに付いている、ジッパーつきのポケットやメッシュポケットはスマホやペットボトルなどの小物を分けて収納するのに便利です。コンパクトに折りたためるので、車のトランクにもすっぽり収まります。

【基本情報】

素材 鉄・ポリエステル
耐荷重 100kg
容量 146L
サイズ 使用時:長さ91.5×幅47×高さ57cm
収納時:長さ28×幅17×高さ75cm
重量 11kg

おすすめ⑤TIMBER RIDGE アウトドアワゴン

TIMBER RIDGE アウトドアワゴン
TIMBER RIDGE アウトドアワゴン
展開サイズ:(約)長さ95cm X 幅47cm X 高さ57cm

TIMBER RIDGE アウトドアワゴンは、丈夫な鉄製フレームを採用したアウトドアワゴンで耐久性に優れています。ワゴンの後ろ部分が開くでの、長さがあるものでも運べます。

両サイドには小物の収納に便利なファスナー付きポケットが搭載されていほか、ハンドルを使う方の身長に合わせて伸縮できるところがポイントです。

【基本情報】

素材 鉄・600Dポリエステル
耐荷重 100kg
容量 147L
サイズ 使用時:長さ95×幅47×高さ57cm
収納時:17.5×32×高さ75cm
重量 11.98kg

おすすめ⑥コールマン アウトドアワゴン

コールマン アウトドアワゴン
コールマン アウトドアワゴン
サイズ:使用時:約106×53×100(h)cm、収納時:約18×40×77(h)cm

コールマン アウトドアワゴンは、様々なキャンプ用品を取り扱う総合アウトドアメーカー「コールマン」が取り扱うアウトドアワゴンです。大型のタイヤを搭載することで、スムーズな動きを可能にしています。

また、タイヤにはストッパーが付いており、専用の天板を購入すればテーブルとしても利用可能です。両サイドにあるDリングと付属の荷物固定用ラバーバンドを使えば、荷物の固定ができます。

【基本情報】

素材 スチール他
耐荷重 100kg
カラー レッド・インディコ・ナチュラルカモ
サイズ 使用時:106×53×高さ100cm
収納時:18×40×高さ77cm
荷台部分:88×42×高さ31cm
重量 11kg

おすすめ⑦TMZ アウトドアワゴン

TMZ アウトドアワゴン
TMZ アウトドアワゴン
使用サイズ: 121*61*100cm 収納サイズ:80*61*22cm

TMZ アウトドアワゴンは、幅広の大型タイヤに高耐久スチールと厚めの600Dオックスフォード生地を使用したアウトドアワゴンです。特許を取得した回転折りたたみデザインが採用されているので、本体をたたむだけでコンパクトに収納可能です。

また、2種類のハンドル(バラエティハンドル・プッシュバー)に屋根・小物の収納に便利な収納BOXが付いています。使う方に合わせて、バラエティハンドルは前後に90度ストレッチ・上下に30cm・プッシュバーは0時から4時半までの方向に135度調整可能です。

【基本情報】

素材 スチール・600Dオックスフォード生地
耐荷重 120kg
容量 100L
サイズ 使用時:121×61×100cm
収納時:80×62×22cm
重量 14.9kg

おすすめ⑧コールマン メッシュアウトドアワゴン

コールマン メッシュアウトドアワゴン
コールマン メッシュアウトドアワゴン
使用サイズ:約107×53×94cm 収納時サイズ:約23×41×78cm

コールマン メッシュアウトドアワゴンは、メッシュ素材を使用したアウトドアワゴンで濡れても乾きやすく汚れが落ちやすいのでビーチなどでも気軽に使えます。

大型タイヤでスムーズに楽々移動ができるのはもちろん、タイヤにはストッパーが付いているので、安定性にも優れています。両サイドにDリング付きで荷物の固定もできます。

【基本情報】

素材 ポリエステル・スチール
耐荷重 100kg
カラー レッド
サイズ 使用時:107×83×94cm
収納時:23×41×78cm
荷台部分:88×42×高さ31cm
重量 10kg

おすすめ⑨Homezest Gbasics キャリーカート ワンタッチ収束式

Homezest Gbasics キャリーカート ワンタッチ収束式
Homezest Gbasics キャリーカート ワンタッチ収束式
使用時:約108×53×50(h)cm、収納時:約20×32×75(h)cm

Homezest Gbasics キャリーカート ワンタッチ収束式は、キャンプやバーベキューといったアウトドアシーンはもちろん、運動会・引っ越し・ペットを乗せての散歩などマルチに対応しています。

1分で簡単に収納できるので、女性やお年寄りの方でも楽に使用できます。本体生地は取り外し可能で、汚れたら洗濯して清潔に保てるところが魅力です。

【基本情報】

素材 ポリウレタン・合金鋼
耐荷重 100kg
容量 120L
サイズ 11.1kg
重量 使用時:108×53×高さ50cm
収納時:20×32×高さ75cm
荷台部分:88×42×高さ31cm

 

おすすめ⑩REDCAMP アウトドアワゴン

REDCAMP アウトドアワゴン
REDCAMP アウトドアワゴン
全車展開サイズ:107(高さ)×49(幅)×86(長さ)cm 収納サイズ:28(高さ)×40(幅)×76(長さ)cm

REDCAMP アウトドアワゴンは、取り扱いが簡単なワンタッチ設計なので、誰だでも簡単に組み立てができます。フレームに強スチールを採用することで、100kgの重量に耐えらる頑丈さを持ち合わせています。

長さ76×幅40×高さ28cmとコンパクトに収納できるので、車載スペースを十分に確保できます。ハンドルは角度も高さも自由に調整可能なので、身長に関係なく楽にワゴンが動かせます。

【基本情報】

素材 合金鋼・600Dオックスフォード
耐荷重 100kg
容量 130L
サイズ 使用時:長さ86×幅49×高さ107cm
収納時:長さ76×幅40×高さ28cm
荷台部分:長さ86×幅49×高さ33cm
重量 10kg

おすすめ⑪G.G.N. アウトドアワゴン

G.G.N. アウトドアワゴン
G.G.N. アウトドアワゴン
使用時 約104×54×119cm / 収納時 約54×20×77cm

G.G.N. アウトドアワゴンは、キャンプやバーベキューなどのアウトドアだけでなく、お花見や運動会・レジャーなどさまざまなシーンで活躍するアウトドアワゴンです。

収納カバー付きでコンパクトに折りたためるので、収納場所も取りません。500mlのペットボトルが収納できるペットボトルホルダーが2箇所ついているところがポイントです。

【基本情報】

素材 ポリエステル・ポリプロピレン
耐荷重 80kg
容量 100L
サイズ 使用時:104×54×119cm
収納時:54×20×77cm
重量 9kg

おすすめ⑫ENDLESS-BASE アウトドアワゴン

ENDLESS-BASE アウトドアワゴン
ENDLESS-BASE アウトドアワゴン
外寸:幅120×奥行66×高さ97cm (収納時:幅66×奥行30×高さ88cm)

ENDLESS-BASE アウトドアワゴンは、高耐久の特大ラバータイヤを搭載したアウトドアワゴンです。耐荷重150kgに容量190Lの大容量なので、より多くの荷物をまとめて運ぶことができます。

また、ストッパーを踏み込むことでタイヤをしっかりロック、坂道での荷物の移動も可能にしています。タイヤに空気が入っていない状態で利用しているとパンクや破損の原因になるので、空気は定期的に入れるようにしてください。

【基本情報】

素材 スチール・ポリエリレン・ラバー・ポリエステル・PP
耐荷重 150kg(走行耐荷重100kg)
容量 190L
サイズ 使用時:幅120×奥行66×高さ97cm
収納時:幅66×奥行30×高さ88cm
重量 12kg

おすすめ⑬Sincely キャリーワゴン

Sincely キャリーワゴン
Sincely キャリーワゴン
使用時:約93(長さ)×57(幅)×59(高さ)cm / 収納時:約29×25.5×61(高さ)cm

Sincely キャリーワゴンは、ハンドルの形状を握りやすく設計することでワゴンの操作を楽にしています。ワゴンを使わないときは、ハンドルはコンパクトに伸縮できるので邪魔になりません。

フック付きラバーバンドが2本同梱されているので、安定した状態で荷物が運べます。また自立式なので、車に積むときも自宅で収納するときも場所を取らないところが魅力です。

【基本情報】

素材 スチール・オックスフォード
耐荷重 100kg
容量 156L
サイズ 使用時:長さ93×幅57×高さ59cm
収納時:29×25.5×高さ61cm
荷台部分:長さ49×幅49×高さ37cm
重量 9.5kg

おすすめ⑭Kotesoto キャリーワゴン

Kotesoto キャリーワゴン
Kotesoto キャリーワゴン

収納サイズ:56*20*77cm

Kotesoto キャリーワゴンは、野外レジャーから普段の買取までマルチに使えるアウトドアワゴンです。細部にまでこだわったデザインは、フロントにはドリンクやスマホが収納できるポケットが2個付いています。

また、長さある荷物を運びたい時にはサイドベルトで固定すれば荷物が転がる心配がありません。ハンドルの高さと角度は使う方に合わせて自由に調整可能です。

【基本情報】

素材 オックスフォード生地
耐荷重 100kg
容量 120L
サイズ 使用時:長さ93×幅50×高さ78cm
収納時:56×20×高さ77cm
重量 11.5kg

おすすめ⑮DOD アウトドアワゴン

DOD アウトドアワゴン
DOD アウトドアワゴン
サイズ:(約)W53×D95×H60 cm 収納サイズ:(約)W20×D30×H80cm

DOD アウトドアワゴンは、丈夫なスチームフレームに動かしやすいラバータイヤを搭載したアウトドアワゴンです。タイヤには誤動作を防ぐロック付きです。

持ちやすいハンドル構造で、女性でも楽に移動ができます。生地部分は取り外して洗濯できるので清潔に保てます。コンパクトに収納するための専用収納カバーも付いています。

【基本情報】

素材 スチール・ポリエステル・ポリウレタン
耐荷重 100kg
容量 150L
サイズ 使用時:W53×D95×H60cm
収納時:W20×D30×H80cm
重量 14kg

アウトドアワゴンは1台あると便利なアイテム

アウトドアワゴンは、キャンプやバーベキューなどのアウトドアはもちろん、運動会やお花見など釣りなどたくさんの荷物を運ぶときあると便利なアイテムです。

今回は、アウトドアワゴンを使うメリットや上手な選び方についてまとめるとともに、おすすめのアウトドアワゴンを厳選してご紹介しました。ここでご紹介したことを参考に、お気に入りの1台を見つけてみましょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。