記事作成日:

マンション騒音は下の階からも響く!うるさい時の対処法をご紹介!

マンションは様々な人が住んでいるため、時に住人同士のトラブルが発生することがあります。その中でも特に多いのが騒音トラブルです。賃貸であれば退去すれば良いのですが、分譲マンションはなかなか手放せません。今回は、マンションの騒音の種類や対処法、NG行動などすぐに役立つ情報をお伝えします。騒音でお困りの方はぜひご覧ください。

マンションの騒音の種類

マンションの騒音は、大きく分けて「固体音」と「空気音」の2種類あります。それぞれの騒音の違いについて詳しくみていきましょう。

固体音

固体音とは、床や壁など、個々の物体の振動によって伝わる音のことです。固体伝播音とも呼ばれ、人の声や音楽、子供の泣き声など、空気の振動によって伝わる空気音と区別されています。

また、水道やトイレの水の流れる音など、水道管を伝わってくる音も固体伝播音と呼ばれます。固体音は振動が特徴なので、真上から音がしていても、隣や斜め上など別の場所に音源がある可能性があります。

とはいえ、固体音の場合、音源が不明な場合もあるので、すぐに決めつけないよう注意することが大切です。

空気音

空気伝搬音は、空気が振動することによって伝わる音です。空気伝搬音、空気伝搬音と呼ばれることもあります。空気伝搬音には、話し声、テレビ、子供やペットの鳴き声、家電製品から出る音などがあります。

また、車の走行音、通行人の話し声、工事の騒音など、部屋の外から聞こえてくる音も空気伝搬音の一種です。

マンションの下の階がうるさい場合の対処法

マンションに住んでいることによる騒音は、自分が出す場合もあれば、隣人の騒音に悩まされる場合もあります。ここでは、下の階からのどうしても我慢できない騒音に悩まされたときの解決策をご紹介します。

うるさい下の階への対処法①騒音を記録

まず、騒音を記録するようにしましょう。騒音を記録する方法には、録音する、日時や内容を書き留める、騒音計で測定するなどがあります。

1つ目の騒音の記録は、ボイスレコーダーを使ったり、スマートフォンなどの録音機能を利用したりします。2つ目の、騒音が発生している期間や時間帯をメモすることは、小まめに記録しておくと後で役に立ちます。

3つ目の騒音計は、騒音の大きさを測定できる機械です。騒音の不快感は、音の大きさだけでなく、音の種類によっても変わります。そのため、あくまで目安ではありますが、客観的な記録として役立ちます。

うるさい下の階への対処法②管理会社に相談

住民の出す騒音に悩んだら、まずはマンションの管理会社に相談しましょう。その際、どのような騒音なのか、どのように日常生活に支障をきたしているのかを伝えることがポイントになります。また、管理組合の総会がある場合は、その議題にするのもよいでしょう。

また、騒音を解決しようとする過程で嫌がらせを受けたり、さらに大きな音で脅されたりした場合は、警察に相談することができます。身の危険を感じたら、迷わず通報してください。

うるさい下の階への対処法③解決しない場合は弁護士へ

マンションの管理規約によっては、ある程度の騒音は許容される場合があります。管理会社や管理組合に相談しても問題が解決しない場合は、弁護士に相談するしかないでしょう。

実際に健康被害があったことや、問題解決のためにとった行動などの証拠を残すことで、法的措置をとることができます。その根拠となるのが、民法第709条の「不法行為」です。

故意または過失により、他人の権利を侵害することです。許容範囲を超える騒音による被害が解決しない場合は、自治体に相談し、無料で法律相談を受けるとよいでしょう。

ただし、弁護士への相談はあくまで「個人」としての相談であり、時間と費用がかかります。なお、騒音が聞こえる時間帯や騒音の種類は、確認できる範囲でメモしておくと、証拠になります。

マンションの下の階がうるさい時のNG行動

ここでは、マンションの下の階がうるさい場合のNG行動を取り上げます。過去には、訴えられたり、逆ギレされたりしたケースもあるようなので、注意が必要です。

NG行動①直接苦情を言う

騒音について住民に直接苦情を言うと、思わぬトラブルを引き起こす可能性があります。苦情を言った住人が逆上し、怪我などのトラブルに発展するケースもあるのです。

クレームを受けると感情的になってしまう人もいるので、自分一人で対処するのはおすすめできません。また、下の階からの騒音であるにもかかわらず、苦情者が上の階からの騒音と勘違いしていたら、不快な思いをさせてしまう可能性があります。

場合によっては名誉毀損で訴えられる可能性もあるので、直接的なクレームは控えた方が良いでしょう。

NG行動②仕返しをする

下の階がうるさいと感じても、実は真下の部屋ではなく、2つ下の階から音がしている可能性があります。音は上に向かって響くため、同じマンションでも最上階の5階の住人が1階の住人の音に一番悩まされたという話もあります。

下から響いてくる音は、真下の階で鳴っている音ではない可能性があるので、仕返しをしようとしたり、床を叩いて威嚇したりすると、トラブルになる可能性があります。

まずは管理会社に相談し、適切な対処をしてもらいましょう。管理会社に何度相談しても状況が改善されない場合は、退去を検討した方がよいでしょう。

下の階・上の階との騒音トラブルを避けるには?

マンションでの騒音問題は、自分が巻き込まれるだけでなく、自分が原因となってしまうこともあるので注意が必要です。ここでは、騒音トラブルを回避するための対策をご紹介します。

騒音アイテムを使用する

騒音が別の部屋に伝わらないようにするには、防音グッズを使う方法があります。カーペットやフロアタイルなど、施工が簡単なものを防音対策に利用することができます。

また、ドアの開閉は、意識して静かに行うほか、ドアクローザーや隙間テープなどの防音グッズを使用するのも効果的です。ドアクローザーは、ドアが閉まるスピードを調整できるグッズです。

通常、玄関ドアに設置されますが、室内ドアにも後付けすることができます。ドアクローザーで閉まる速度を遅くすれば、「バタン」と閉まる心配がなく、ドアの開閉による騒音が軽減されます。

引き戸の場合は、ドアを閉めたときにバタンとなる戸当たり部分にクッション性のある隙間テープを貼ることで、ドアがバタンと閉まる音を軽減することができます。

洗濯機など大きな振動を発生する家電製品からの騒音を低減するには、防振マットの使用をお勧めします。防振マットを洗濯機の下に敷くと、マットが振動を吸収し、個々の音の伝搬を抑えることができます。

洗濯機を移動してマットを置くのが大変という場合は、洗濯機の四隅に小さな防振ゴムを設置するのも有効な方法です。

音がうるさい家電の使い方に注意する

掃除機や洗濯機などの家電製品については、よほどのことがない限り、近隣から苦情が来る心配はありません。ただし、夜間や早朝に寝ている人もいるので、掃除機や洗濯機の使用は控えた方がよいでしょう。

どうしても夜間や早朝に作業をしなければならない場合は、洗濯機を壁から少し離して設置したり、掃除機をなるべく壁に当てないようにしたりすることで、個々の騒音を軽減することができます。

また、夜8時から翌朝9時までは音楽を聴くのを控えるなど、音楽や楽器の演奏を楽しむことを控えめにすることで、騒音トラブルのリスクを減らすことができます。

音が響きにくい部屋を選ぶ

騒音問題をできるだけ避けて静かに暮らしたいという方は、お部屋探しの段階から、上下左右に響きにくいお部屋を選ぶことをおすすめします。

例えば、木造のマンションは鉄筋コンクリートのマンションに比べると、どうしても音が響きやすくなってしまいます。

大量生産された2階建てや3階建てのマンションは木造であることが多いので、部屋探しの際には注意が必要です。

不安な場合は、不動産屋さんに聞いてみたり、内覧の際に壁に耳を当ててみて、問題なさそうかどうかを確認すると良いでしょう。隣や下の階からの騒音が少ないとされるのは、コンクリートでできた部屋です。

早めの対策で騒音トラブルを防ごう

マンションは、他の住人の足音や話し声、家電製品の作動音などに悩まされがちです。騒音問題がこじれてしまうと、マンションでの生活は難しくなりますので、静かで快適な住環境を確保するためにも、生活音を抑える様々な工夫をされることをお勧めします。

これからマンションを選ぶ方は、騒音トラブルに巻き込まれるリスクを最小限にするためにも、防音性や遮音性を確認することが大切です。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。