記事作成日:

【ローコスト住宅】はやばい?ローコスト住宅の特徴や口コミを徹底調査!

一般的に家を建てるとなればかなり高額な費用がかかり、数千万円以上必要になることも珍しくありません。そこで参考にしたいのがローコスト住宅です。ローコスト住宅とはその名の通り通常よりもローコスト、安い費用で建てることができる住宅です。しかしいくら安くても失敗や後悔しないためには、ローコスト住宅がどんなものなのか把握しておきましょう。

ローコスト住宅ってどんな家?特徴を紹介

そもそもローコスト住宅とはどんな家なのでしょうか。先程も記述したように、一般的な住宅よりも建築費用が抑えられた、安い家のことをローコスト住宅と読んでいます。

なかにはローコスト住宅よりもさらに安い超(スーパー)ローコスト住宅というタイプもあり、より費用を抑えてマイホームをゲットしたい方なら気になる情報でしょう。

基本的にローコスト住宅は建築するうえで、削れることろを徹底的に削ってコストダウンすることで費用を抑えているのが特徴です。

ローコスト住宅と一般注文住宅の価格の違い

一般的な注文住宅よりも安いローコスト住宅、その価格差はどれほどの違いがあるのでしょうか。もちろん建築を請け負う業者や土地価格など様々な要因によって多少の違いはあるものの、通常一般注文住宅は坪単価が80~90万円ほどかかるところ、ローコスト住宅では30~60万円、超(スーパー)ローコスト住宅になれば坪単価20万円~という場合もあります。

下記の表を見ていただければ分かるように、坪単価に差があれば坪数が大きくなるほど価格差は歴然です。30坪の一般注文住宅の価格で、50坪のローコスト住宅を建てることも可能になるのです。

坪数 ローコスト住宅 一般注文住宅
30坪 900~1800万円 2400~2700万円
40坪 1200~2400万円 3200~3600万円
50坪 1500~3000万円 4000~4500万円

ローコスト住宅の寿命は短い?

少しでも費用を抑えてマイホームがゲットできるローコスト住宅、巷では安いため住宅としての寿命が短いと言われることもありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

結論から言えばローコスト住宅は必ずしも寿命が短いとは言い切れません。大手住宅メーカーのローコスト住宅には耐久性があり高品質認定された住宅もあります。

しっかりと正しいメンテナンスを行っていれば一般注文住宅の寿命と変わりない耐久性を誇ります。ではなぜローコスト住宅の寿命が短いと言われるようになったのでしょうか。それは過去にローコスト住宅を手掛けるメーカーが起こした手抜き工事による欠陥住宅が問題になったからです。

この問題によってローコスト住宅は寿命が短い、というイメージが定着してしまったのです。しかし信頼できるメーカーであれば低価格であっても高品質な住宅を望むことは可能です。

ローコスト住宅が低価格で家を建てられる理由

一般注文住宅よりも低価格なローコスト住宅はコストダウンだけでなく、様々な企業努力によって成り立ちます。ローコスト住宅を考えている方は、低価格で家を建てられる理由をしっかりと把握することで安心・納得できるよう、低価格にできる理由を知っておきましょう。

理由①完全オリジナルではなく「規格住宅」だから

一般注文住宅は基本的に間取りや設備など、購入者の希望に沿った住宅を建てるフルオーダー制ですが、ローコスト住宅は完全オリジナルではなく規格住宅のため、低価格で家を建てることができるのです。

規格住宅とはあらかじめ間取りや設備、デザインなどが決められているので、材料の生産や仕入れ、プラン設計、工事・施工などが一定なのでコストダウンが可能になっています。

規格住宅といっても仕様が1つに固定されているわけではなく、複数プラン用意されているのでそのなかから好みのプランが選べるようになっています。一般注文住宅より自由度は低いものの、プラン内であれば多少の融通はききます。

理由②人件費が抑えられているから

規格住宅であるが故に似たような家を大量建築できるということが人件費を抑えることにも繫がっています。最初から一定のデザインや仕様が決まっているので、初段階での組み立てなどを工場で行い、現場作業を減らすことができるようになります。

住宅建築の現場ではハイレベルな技術を求められることも少なくありませんが、ある程度の組み立てができていればそれだけ人件費がかからなくなり、低価格にすることが可能になります。

理由③一括仕入れなどで材料費を抑えているから

同じようなデザイン・仕様となる規格住宅は家を建てるために必要な建材・設備の種類やサイズなどが決まってくるので、材料や設備などを一括で大量に仕入れることができます。

自社工場で大量生産したり、業者から一括仕入れすれば購入価格を安くすることができるだけでなく、発注ロスも防げるため低価格にできるのです。大手メーカーであればそこだけで一括仕入れも可能ですが、小規模な業者の場合は同等レベルの規模の工務店を集め、共同仕入れを行うこともあります。

理由④広告宣伝費が少ないから

ローコスト住宅を手掛けるメーカーの多くは地域密着型の工務店も多く、テレビCMや新聞広告などを利用した宣伝方法がローカル放送、地域情報誌などに限定されています。

地域限定での広告宣伝を行うことは、全国規模で宣伝するよりも費用を少なくできます。大手メーカーのように有名人を起用した全国CMや全国紙による広告への掲載、住宅展示場イベントを開催すればかなりの広告宣伝費がかかってきます。

しかしローコスト住宅をメインにしているメーカーはそのような大規模な宣伝を辞め、地域限定や現場での小規模な見学会にすることで、できるだけコストダウンをしているのです。

ローコスト住宅はやばいって本当?デメリットを解説!

規格住宅や人件費、材料費、広告宣伝費などを抑えたローコスト住宅は徹底的なコストダウンすることで低価格になりますが、一方で「やばい」と言われることもあります。ローコスト住宅がやばいと言われるデメリットをチェックしてみましょう。

デメリット①自由に間取りを決められない

ローコスト住宅は、先程も記述したように間取りや設備、仕様などがある程度決められたプラン内から選択する規格住宅になっています。そのため自由に間取りを決めることができない、というデメリットがあります。

「和室を広めにしたい」「居間を2部屋にしたい」などの希望があっても、自由度の低い規格住宅では間取りの希望が通ることがありません。また、窓の配置変更も通らないことがほとんどです。

夢のマイホームだから、望み通りの間取りや配置にしたい、と考えている方にはプランが決定している規格住宅は大きなデメリットとなってしまうでしょう。間取りにこだわりがないのであればそれほど問題ではありません。

デメリット②断熱性や遮音性が低い

実際にローコスト住宅に住んでみて「やばい」と感じる方のなかには断熱性や遮音性の低さを問題視していることもあります。

ローコスト住宅に使われる建材の多くは建築基準法に沿った品質を揃えているものの、コストダウンするために最低基準をクリアしている建材を利用することも多く、高性能住宅のような高品質な建材を使っていません。

そのため、どうしても住宅性能が低くなりがちなので、断熱性や遮音性も低くなってしまうのです。特に寒冷地でローコスト住宅を建てる場合には断熱性能に優れた建材や日当たりを考慮する必要があります。

遮音性に関しても、主要道路などに近いなど騒音が発生すると分かっているような場所では、あらかじめ防音対策できるか確認するほうが良いでしょう。完成後に防音対策することは簡単ではないため、建設開始までにメーカーに相談することをおすすめします。

デメリット③水回りの家具のグレードが低い

低価格にするためには建材のグレードを下げるだけでなく、水回りの設備のグレードも低くなる傾向にあります。キッチンやトイレ、浴室、洗面台など、水回り家具にこだわりたい方は多いですが、ローコスト住宅ではグレードの高い標準装備を見かけることは少ないでしょう。

しかし依頼する業者やプランの内容によっては、水回り家具のグレードアップできる場合もあります。また、ローコスト住宅でも水回り家具のメーカーを統一する、住宅関連メーカーの設備がある業者を選ぶなど、工夫することで最低ラインの家具を避けることも可能です。しかしキッチンにこだわりたい、快適な浴室を、と望むのであればグレードの低さがデメリットとなってしまいます。

ローコスト住宅で後悔した人のやばい口コミを紹介!

ローコスト住宅は人によって向き不向きが出てしまう家です。実際にローコスト住宅を建てて「やばい」と後悔してしまった人は、どのような点に不満を持ったのでしょうか。ローコスト住宅で後悔した人の口コミを見てみましょう。

やばい口コミ①

ローコスト住宅がやばいと言われる要因に、施工の雑さや作業員の当たり外れが上げられます。コストダウンして低価格にすることで、丁寧な施工ができていない場合もあるため、メーカーや作業員によっては施工の良し悪しが分かれてしまいます。

口コミ・評価の高いローコスト住宅メーカーでも、施工のタイミングや作業員の質によっては後に何らかの不具合が生じて「やばい」と感じる口コミも存在します。

雨樋は外れました。他所の工務店に見に来てもらったら、目地にネジを入れているから、夏とかは緩くなって外れると言われました。引用:Googleマップ

 

施工管理がズサン。怒りしかない。 知識が無く、指導不足なまま現場で使われている人が目立つ。基礎部分が一般的な住宅より浅く、鉄筋量も明らかに薄い。引用:Googleマップ

やばい口コミ②

建築基準法の沿った品質でも最低基準をクリアしただけの建材を使っている場合には、断熱性や遮音性の低さから住心地が悪く「やばい」「失敗した」と公開する人も少なくありません。断熱性能が低ければ光熱費がかかり、せっかくの低価格も無駄になってしまいます。

寒冷地住まいではないのでオプションで断熱のグレードを上げなくても大丈夫かな。と思ったのが失敗。夏は暑く冬は寒い。気密性能も低いので冷暖房のききも悪い。引用:注文住宅ヘルプナビ

 

2階の足音や声がすごく聞こえてきます。おそらく2階の床、1階からみると天井にあたる部分が薄いんだと思います。部屋間の壁も薄いので隣の部屋のテレビの音が聞こえます。引用:注文住宅ヘルプナビ

やばい口コミ③

低価格がウリのローコスト住宅ですが、標準仕様のクオリティが低いからとランクアップするなど、オプションを追加することで当初よりも費用が高くなった、という声は良く聞きます。ローコストだから、と選んだものの、最終的に高額になったという人も少なくありません。

実際に設計していくと標準仕様が少なく、住宅設備を入れる度にオプション代を請求されることに。最終的な費用は、最初に提示された金額の2倍、「ローコスト」という言葉に騙されました。引用:イツキのブログ

 

マイホーム、オプションに100万ってやばい…?でもうち、ローコスト住宅だから、普通のハウスメーカーで標準仕様のものとかオプションなんだけど…引用:Twitter

ローコスト住宅はやばいだけじゃない!良い口コミを紹介

「やばい」「失敗した」などネガティブなイメージの口コミ・評価があるローコスト住宅ですが、住心地が良く納得できる家を持てた、という肯定的な評価もあります。やばいだけじゃないローコスト住宅の良い口コミもチェックしてみましょう。

良い口コミ①

施工の雑さや対応の悪さがやばいと評価される一方で、「親身になってくれた」「スピーディーな対応」「丁寧な仕事」など、家を建てる前や住み始めてからも安心して任せられるメーカーもあり、満足している方も少なくありません。

某大手ハウスメーカーの新築戸建てと比較して、目に見える細部の作りが丁寧であると感じた。入居後に気になる’’些細な’’ことがあっても、迅速に対応してくれている。引用:Googleマップ

 

ローコスト住宅を親身に一緒に考えてくれる工務店。駆け引き無しの営業姿勢、親切で丁寧な打合せ、そして職人さんと一丸となっているので意思疎通に無駄が無く、結果的に追加コストが発生しない。引用:Googleマップ

良い口コミ②

標準装備であっても、ハウスメーカーによっては質の良い設備等を揃えている場合もあります。しっかりとしたメーカーを利用することで低価格でも十分な仕様・設備になった、と高い評価を得ているローコスト住宅もあります。

仕様、設備などは標準プランでできることに、良いもの、ありがたいものが使えて、それを考えると費用は安いと思います!引用:Googleマップ

 

LIXILやTOTO、タカラスタンダードなどのメーカーとの繋がりがある事から、キッチンやお風呂、トイレなどもとても性能の良いものを選ぶことが出来ます。引用:不動産のいろは

良い口コミ③

ローコスト住宅は自由度が低いことを前提としていますが、ある程度のこだわりに応えてくれる、若干のオプション費用がかかっても、安くて快適な住み心地の家になった、と満足している方も多いようです。

こだわりをしっかりと考えて対応してくださり、店長はじめ、スタッフの皆様ホントに暖かく、仲良くしていただけて、大変感謝しております。引用:Googleマップ

 

とにかく費用が安かったです。そして住心地も悪くありません。むしろ最高です。ほぼ注文したとおりの家ができました。追加で多少費用がかかりましたが、想定内です。引用:不動産のいろは

住んでみて後悔しないために!購入時の注意点

夢のマイホームを購入したけれど、住んでみて後悔することは多々あります。実際に良い家は3回建てなければ出会えない、という言葉もあります。しかし建て替え・住み替えといっても膨大な費用がかかるため、できれば失敗したくありません。そこで後悔しないための、購入時の注意点を把握しておきましょう。

注意点①こだわりたい部分の設計が得意な企業を選ぶ

低価格で家を建てることができるのは非常に魅力的ですが、人によってはどうしてもこだわりたい部分があります。キッチンやリビング、寝室などこだわりポイントは色々ありますが、ローコスト住宅で後悔しないためにはこだわりたい部分の設計を得意としている企業を選ぶようにしてください。

企業によっては高品質な設備を標準装備にしている、平屋が得意などあるので、まずは担当者に相談したりカタログや資料請求して自分のこだわりポイントに合う企業を見つけましょう。

注意点②見学会に行き実例を見る

どんな雰囲気なのか、仕様・設備など実際に自分の目で確かめることも失敗しないコツです。そのためには開催されている見学会に行き、実例を見るのもおすすめです。

特に内装にこだわりを持っているのであれば実例を見ることは外せません。見学会では担当者が色々な質問に答えてくれるので、ある程度の費用や気になるポイントも相談できます。見学会がなければ公式サイトに掲載されている施工例の画像などを確認する方法もあります。

注意点③建築価格やオプション料金を確認する

ローコスト住宅がやばい、失敗したと後悔する人のなかには思っていたよりも費用が高くなった、というものも少なくありません。そこで建築価格やオプション料金を確認することも後悔しないための重要な項目になります。

建築価格はメーカーごとに異なりますが、一般的には『坪単価×延床面積=建築価格』『坪単価×施工床面積=建築価格』の2タイプがあり、2つの違いは延床面積と施工床面積です。

延床面積は建物各階の床面積すべてで固定資産税の課税対象となり、施工床面積は建築する際に費用がかかる部分すべてになります。施工床面積には玄関ポーチや吹き抜け、ベランダなども含まれるため、延床面積での建築価格よりも坪単価を低く見せることが可能になります。

同じ間取りでもバルコニーやロフトなどを含む施工床面積を用いた建築費用のほうが坪単価が安いと認識してしまうので、最終的に予算オーバーすることも珍しくありません。

また、仕様・設備等を使いやすいものに変更やグレードアップすることでオプション費用が発生、思ったよりも費用がかかる場合もあります。価格面で後悔しないためにも、最終的な価格を提示されたときに「なぜこの値段なのか」という内訳を確認することも重要です。

後悔しないためにもローコスト住宅の特徴を知っておこう

低価格でマイホームが購入できるローコスト住宅ですが、依頼するメーカーや工務店などによっては住宅品質や住心地が変わってきます。住み始めてから後悔しないためにも、その特徴をしっかりと把握しておきましょう。ローコスト住宅を選ぶときは複数の企業を比較し、性能や施工レベル、自由度、対応などの良さを知ってから決めるようにしてください。

その他関連記事はこちら



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。