記事更新日:

焚火台おすすめ買取店5選!買取で人気のアイテム&高く売るコツを紹介!

広告

焚き火台は、キャンプといえば焚き火台、と言われるほど必須のアイテムとなっています。薪を入れて焚き火をしたり、調理の火元に使ったりと便利ですが、不要になった時には買取店を利用するのをお勧めします。今回は、焚き火台を買い取ってもらえるお勧め買取店をご紹介します。

焚火台は専門業者だと高く買い取ってもらえるかも?

キャンプに必須のアイテムといえば数多くありますが、焚き火台もその1つでしょう。薪を入れて焚き火にして暖を取ったり、あるいは眺めるだけの時間を取ったり、または調理の際の火元としても使えるなど、1台あるだけで非常に便利です。

昨今では、こうした焚き火の需要の高さから、各アウトドアメーカーが多くの焚き火台を展開しています。そのほとんどが、焚き火だけではなく調理をする事などを最初から想定したものとなっており、利便性はますます高まっています。

そんな焚火台がもし不要になり手放したいと思った時には、買取店を利用しましょう。単に売るだけであれば、リサイクルショップを利用したり、フリマアプリやオークションといった手があります。

ですが、アウトドア用品を専門的に扱っている店舗を利用すれば、製品の正しい価値を経験と知識からしっかり見極めてくれますので、少しでも高値で売りたいと思っているのなら専門店を推奨します。

焚火台おすすめ買取店5選

アウトドアで需要が高まっている焚き火台は、人気が高いからこそ需要の高さをしっかりと見極めてくれる買取店を選択するべきなのです。ここからは、焚き火台を買い取っているお勧めの買取店をご紹介します。

焚火台おすすめ買取店①マウンテンシティ

まずは、マウンテンシティです。アウトドア用品に詳しいスタッフがいないと、せっかくのアイテムやグッズも予想以上に安く引き取られる可能性があります。適正価格で買い取ってもらうためにも、必ず専門知識が豊富なスタッフが存在している業者に依頼するべきです。

その点、こちらではほんの1円でも高く買い取る事をコンセプトにしており、焚き火台を始め多くのアウトドア用品を対象にしています。電話やメール、LINEアプリ等であらかじめ査定金額が分かるので、どの程度で売れるのかを利用者が先に知れます。

マウンテンシティの口コミ・評判

宅配買取を利用しました。査定額も納得の金額で、圧倒的に手間が削減されたのが非常に良かったです。 出典:Google

 

電話確認したところ、持ち込みであれば連絡など不要とのことだったのでテントを持って伺いました。対応は非常に良く、買い取り額も思った以上で満足です。 出典:Google

 

マウンテンシティの公式HPを詳しく見る

焚火台おすすめ買取店②アウトドアパラダイス

アウトドアパラダイスはアウトドアショップを運営している業者です。これまでに長年用品を取り扱ってきた経験と知識の豊富なスタッフが査定を行いますので、要らなくなった焚き火台等のアイテムもしっかりとチェックし、最大限出せる査定額を提示します。

一般的なリサイクル店では見てもらえないような点も細かくチェックするのは、価値を隅々まで見定めるためです。事前の査定を行っていれば、どんな理由があったとしてもその金額以下になることはありません。

アウトドアパラダイスの口コミ・評判

東京住まいですが、宅配買取を依頼しました。事前に値段も聞けるし、聞かなくてもよいし融通が利いてが良いところだと思います。 出典:Google

 

自宅でまとめて売れるのは便利。いらないものも持って行ってもらえました。担当の方、ありがとうございました! 出典:Google

 

アウトドアパラダイスの公式HPを詳しく見る

焚火台おすすめ買取店③トレファクスポーツ

トレファクスポーツは、日本各地に200以上の店舗を展開しているリユース店です。中でもアウトドア用品を専門的に扱っている部門で、インターネット買取を主軸として24時間いつでもどこでも査定の依頼を出せるのです。

買取の依頼を出すと、48時間以内に製品の査定額が届きます。納得が出来る金額でそのまま契約が成立すれば、すぐに現金が振り込まれるスピーディーさです。たとえ昔の製品でも買取対象ですので、一度売りに出すのをお勧めします。

トレファクスポーツの口コミ・評判

10年以上前のスノーボードウェアを売りに行きましたが、査定期限の19時を過ぎても対応してもらえて、予想よりとても高く買ってもらい、対応も丁寧でとても満足しました。 出典:Google

 

アウトドアやスポーツ用品が比較的高く買い取ってくれる場所で、スタッフも混雑してる時を避ければ色々と美味しい話をしてくれる程フレンドリーな方も居ます。 出典:Google

 

トレファクスポーツの公式HPはこちらから

焚火台おすすめ買取店④マウンガ

最後は、マウンガをお勧めします。中古キャンプ、アウトドア用品を全般的に買取、不用品を高価買取しています。専門的な知識を有しているスタッフがアウトドアアイテムの価値を見定め、適正な買取金額を提示します。

スタッフは普段からアウトドアの現場に慣れ親しんでいるので、現場の目線で細かい部分までチェックしてもらえます。過去にも多くの高価買取を行ってきた実績がありますので、その点からも信頼の置ける店舗といえます。

焚火台おすすめ買取店⑤マウンガ

細かいキズなどの状態から算出した納得の査定結果です。30分程度で査定が完了したので、近所を散歩してたらあっという間です。今後も貴店を利用させていただきます。 出典:マウンガ

 

迅速丁寧な対応で気持ち良く利用できました。買い替えて使わなくなった登山道具が数万円になり、また新しい登山道具を買うお金になりました。 出典:マウンガ

 

マウンガの公式HPを詳しく見る

買取で人気の焚火台

醍醐味として焚き火を眺めたり、料理の際の火元にしたりといったように、幅広く実用的な用途のある焚き火台は、ソロでもグループでも靄は必需品と言っていいレベルです。そんな焚火台でも、特に買取で人気のモデルがあります。

買取で人気の焚火台①スノーピーク

まずは、スノーピークの焚き火台が人気となります。コンパクトで使いやすい製品を展開していますが、特に焚き火台シリーズはS、M、Lとサイズ展開され、スノーピークの焚き火台を代表するほどの人気商品として、多くのキャンパーに親しまれています。

設計の段階からしっかりとしているだけあって、コンパクトで展開もしやすい扱いやすさと実用性、耐久性を兼ね備えています。3つのサイズから、ソロならS、グループならLというように選択が可能です。

焚き火台本体のサイズよりも、オプションの揃い具合が買取に影響するところが大きい様で、焚火の燃焼効率をあげるための炭床Pro、専用のバッグやグローブ等が揃っていると、より高値になります。

買取で人気の焚火台②ユニフレーム

続いては、ユニフレームの焚き火台です。こちらは「ファイアグリル」が代表的な製品であり、シンプルな構造ながら数々のアイディアが詰まったファイアグリルです。

ステンレス製で頑丈な炉やロストル、高い耐荷重性能を持った脚が長期にわたるハードな使用に耐えることを可能にし、網はファイアグリルのツメに載せる仕様なので炉の四隅にスペースができ、炭の調節がしやすい絶妙な構造と実用性抜群です。

炉には熱膨張による変形を防ぐ工夫として、四隅に隙間を設けており、頑丈でウェイトバランスに優れた設計のため、ダッチオーブンなど重量のある道具も安定して使えるなど、様々な用途で使える訳です。

買取で人気の焚火台③コールマン

そして、コールマンの焚き火台で人気なのが「ステンレスファイヤープレイスⅢ」です。空気の流れを作りやすく燃焼効率の高い井げた式ボディを採用しており、焚き火を楽しむのに最適なデザインを追求した結果となっています。

ハンドルを内側に倒せば鍋・フライパンを置くゴトクとして使用可能、灰受け皿は本体上部にも設置できダッチオーブンを置いたり付属の網を使用してBBQも楽しめるなど、アウトドアでの用途は多岐にわたります。

収納すればコンパクトになりますし、重量もさほど重くないので中古の市場でも実用性から人気は高いです。ステンレス製ですが、十分に手入れを行ってきれいな状態を保てば、価格も期待が出来るというものです。

焚火台を高く売るコツ

焚き火台のアウトドアにおける需要は依然として高いので、中古で使ってしまったものでも買取に出すのを強く推奨します。最後に、実際に売りに出すことを考えた時、少しでも高値を付けてもらうためのコツをご紹介しましょう。

高く売るコツ①付属品を揃える

焚き火台マクライトの外観

付属品は、出来る限り多く揃えて売るようにするのがコツです。焚き火台にはバーベキュー用の網をはじめとして、ゴトクなどの調理にも使える付属品が付いているものが少なくありません。それらがまだ実用に耐えるのなら、そのままセットで売るべきです。

また、焚き火で使用するものでなくとも、品物と合わせてついている箱や取扱説明書、保証書など、購入時に付属していたものは可能な限り揃えて出すことで、焚き火台単体で出すよりも新品に近いことから買取価格が上がる可能性が高いです。

高く売るコツ②早めに売る

売ろうと思ったのであれば、早めに買取店に売却するのを推奨します。焚き火台に限った話ではありませんが、アウトドア用品というのはメーカーから常に新しいモデルが登場します。すると、前モデルは型落ちという扱いになってしまいます。

消耗品でもあるわけですから、使えば使っただけ製品の価値は落ちてしまうと考えて良いです。また、たとえ状態が同じでもモデルが古い方はどうしてもニューモデルと比べると価格の低下は避けられません。

高く売るコツ③掃除をしておく

焚き火台マクライトを数人で囲んでいる様子

そして、掃除や手入れについても出来る限り自分で行っておきましょう。これも焚き火台だけの話ではなく、買取店に売却をするような品物は、購入時に近い、すなわち新品の状態に近い分だけ買取額も相応に期待ができます。

特に焚き火台は屋外で使用しますし、火を扱うアイテムなので掃除の重要性は他と比べてもとても高いものになっています。土の汚れやすす汚れなどは特に目立ちますので、最大限自分で汚れを落として査定に出すようにしてください。

焚火台は中古市場でも大人気

焚き火台マクライトのごとくにケトルをおいた写真

焚き火台は中古であっても市場では確かに需要がありますので、実用に耐える状態ならば買取に出すのを強くお勧めします。是非とも経験や知識の豊富な専門の買取店を利用してみてください。

その他関連記事はこちら

【令和版】焚火台買取高く売るならここ!人気業者おすすめ比較

【令和版】スノーピークの焚火台買取 高く売るならここ!人気業者おすすめ比較

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。