電子タバコケースの特徴やメンテナンス方法とおすすめアイテム

引用:アマゾン

タバコ税増税や吸える場所の少なさから、今愛煙家たちから爆発的な人気を見せているのが【電子タバコ】です。スマートにタバコを楽しめ、周囲への配慮もできることから一気に人気の喫煙スタイルとなりました。そんな電子タバコを購入するなら、電子タバコ用のケースも一緒に購入するとよりGOOD!
今回は電子タバコをさらに便利でおしゃれに彩り、傷からも守ってくれる電子タバコケースについてご紹介していきます。

電子タバコケースの特徴

🦐skunk🦐さん(@skunk166)がシェアした投稿

電子タバコケースとは、その名の通り電子タバコを収納するケースのこと。本体の収納だけではなく、変えカートリッジや電池、充電器なども一緒に収納することができます。持ち歩きの際にしっかりと電子タバコを守ってくれ、故障を防ぐ役割を持っている電子タバコケース。その機能性だけではなく、見た目もおしゃれなスタイリッシュ性も電子タバコケースの特徴です。

汚れやすい箇所は?

電子タバコケースはあちこちへ持ち運ぶものだけあって、ケース外側に汚れがつきやすくなっています。また、カートリッジ再生用のリキッドなどを持ち運び際に蓋がしっかりしまっておらず、中で液漏れが起こり汚れることもあります。

壊れやすい箇所は?

ケースがジッパー式の場合は、使い続けるうちにジッパーが壊れてしまうこともあり。また、ケースに付属している紐や金具などが壊れることもあります。

汚れの落とし方

電子タバコケースに付着した汚れは、そのケースの素材によって対処法が異なります。

革製の電子タバコケースは、絶対に水洗いをしないようにしましょう。革専用の汚れ落とし剤がありますので、柔らかい布に汚れ落とし剤をつけ優しく全体を拭いてあげると汚れが落ちます。

布製のものは水洗い可のものがほとんどです。ぬるま湯に洗剤を溶かし、優しく手もみ洗いをしてあげるといいですよ。

金属

金属製のものはウェットティッシュで拭いてあげるのがGood!もし汚れが落ちにくい場合は、消しゴムでゆっくり擦ってあげると落ちやすいです。

修理の仕方

SYUKA CRAFTさん(@syuka_craft)がシェアした投稿

もし電子タバコケースが壊れた場合は、どうすれば良いのでしょうか?修理の仕方は壊れた場所やタイプによっても異なり、金属や革製のものだと直すのはなかなか難しいです。一方で自分で簡単に直すことができるのがファスナーの故障です。

ファスナーを閉めても開いてしまう場合は、ファスナー開始部分を隠している布を外してあげることで、自分でも修理をすることができます。また、ファスナーの属部分に歪みがでて壊れてしまっている場合などは、ファスナー自体を新しいものに付け替えると、また問題なく使えるようになります。

もちろん肝心なことは、「壊さない」こと。

日頃使用している時から、開閉時は特に丁寧に扱ってあげること。落とさないこと。そして雨などに濡れた際にはすぐに乾かしてあげることで、長く愛用してあげることができますよ。

あると便利!関連アイテム

Leathercraft aliさん(@leathercraft.ali)がシェアした投稿

電子タバコケースを購入する際に、一緒に購入すると便利な関連アイテムもご紹介しておきましょう。

革用汚れ落とし剤

M.モゥブレィ ステインクレンジングウォーター
M.モゥブレィ ステインクレンジングウォーター

容量:300ml
生産地:日本

革製ケースを使用するなら、汚れ落としも一緒に揃えておきましょう。おすすめなのは業界初!のソルベントフリーのクリーナー、【M.モゥブレィ ステインクレンジングウォーター】です。天然成分配合で、優しく革を綺麗にしてくれます。

ステンレス磨きクロス

KOYO ステンレスみがきクロス
KOYO ステンレスみがきクロス

サイズ:125mm×高さ195mm
重量:30g

電子タバコはケースに入れて持ち歩こう!

omiさん(@takehito_omi)がシェアした投稿

今回は電子タバコを持ち歩くのに便利な電子タバコケースについてご紹介してきました。
電子タバコは近年肩身の狭くなりつつある愛煙家たちにとって、大変嬉しいアイテム。そんなアイテムをしっかり保護し、おしゃれに持ち歩くことができる電子ケースはぜひ購入しておきたい商品です。
見た目はもちろん、利便性にも優れていますので、電子タバコを使っている方はぜひ購入を検討してみてくださいね。

こちらの記事もオススメ

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事

LINE友だちに追加する