スケール|メジャーとの違いは何?汚れの落とし方や便利な落下防止アイテムを紹介!

引用:Amazon
スケールという名前を聞いてもピンと来ないかも知れませんが、実際に目にしたことがある方は多いです。直線を引く際に重宝し、職人の現場では欠かせないアイテムと言えます。今回はスケールについての情報をご紹介します。

スケールとは


スケールとは金属製直尺のことです。いわゆるメジャーにあたります。スケールという名称は日本以外ではあまり用いられることはありません。

諸説ありますが、製図の際に三角スケールという名称の縮尺定規を用いることがあることから、現場でメジャーをスケールと呼ぶようになったと言われています。

目盛りを真上から読むという特徴があり、ゲージ代わりに使用することも可能です。しっかりした物づくりのためには正確な測定が必須。スケールは現場で大活躍してくれます。

実際に測定物にあてて使用するので目盛り部分に汚れが付着することもよくあるので注意しましょう。スケールは消耗品です。先端や目盛り部分が折れてしまうこともよくあります。壊れてしまった場合は買い直しが必要です。

汚れの落とし方

Takayuki Okudaさん(@oregano0123)がシェアした投稿


日々の汚れはすぐに拭き取ることが肝心です。汚れを残しておくと劣化の原因になる場合があります。柔らかい布などを使用して、汚れを拭き取ってしまいましょう。落ちにくい時は、スケールの素材にもよりますが、水だけで汚れが落ちるスポンジなどを使用する方法も有効です。付着してすぐなら汚れも簡単に取れやすいのでお手入れもしやすいと言えるでしょう。

巻き込み式の場合、水分を引き込むと錆の原因となりますので、適度に注油をすることもポイントです。ただし、もともと注油されていないアイテムですので使用するのはごく少量に抑えましょう。清掃をすることで、キレイな状態を保つことができます。

修理の仕方

Nob,kimiさん(@nobkimi3121)がシェアした投稿


長く使い続けるためには、日々のメンテナンスが重要です。使ったらこまめに清掃をしてあげると良いでしょう。スケールは消耗品ですので、古くなってきたなと思ったら買い換えることもおすすめと言えます。なお、買い換える際に古いスケールは買取に出す方法が有効です。スケールを使う人は多いので、買取対象品に位置づけているお店はあります。その際に、お手入れしていることがわかると査定員の印象が良くなりますよ。

折れてしまった場合は、基本的には書い直しを推奨します。スケールは精度が大切なアイテムです。消耗品ですから高品質でありながらも比較的リーズナブルな価格のアイテムが揃っています。思い切って新しいアイテムを買ったほうが、スムーズに作業できる可能性が高いでしょう。なお、消耗品であることを考慮して、最初に購入する時に自分にとって無理のない価格帯のスケールを選ぶことも肝心です。

古いアイテムを手放す時は買取に出すと新しいスケールを購入する際の費用の足しにできますよ。もし、修理をした痕跡があっても、買取を実施しているお店は存在します。大切に使っていても時には壊れてしまうこともあるでしょう。古く修理をしたスケールであっても、まずは買取に出せないか検討してみることがおすすめです。

落下防止アイテム

タジマ 安全セフ 専用ロープ AZS-ROP
タジマ 安全セフ 専用ロープ AZS-ROP

ロープ芯材:特殊樹脂ベクトラン
重量(約):42g

スケールの故障原因となりがちなのが落下です。落とした衝撃で破損したり、歪みが生じて使えなくなってしまう場合もあります。こちらのロープを使うようにすると、落下防止に役立ちます。特に職人の現場では、巻き込み式のスケールを何度も引き出したり引き戻したりするので、ついうっかり手が滑ってしまうことも……。このようなロープがあると、便利です。

身近な工具であるスケール

汚れが付着したらすぐ拭き取ることが大切です。なお、使用頻度が高く消耗品なので、壊れてしまった時は買い直しをおすすめします。古いアイテムは買取に出すと良いでしょう。

★★スコヤと差しがねの違いは分かりますか?★★

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事