記事作成日:

絶対に買ってはいけない洗濯洗剤の特徴まとめ!おすすめ商品も紹介!

広告

洗濯洗剤は毎日の洗濯に欠かせないものですが、その種類は非常に多くどれを選べばい良いのか分からないという方もいるはずです。この記事では、洗濯洗剤選びに困っている方のために「買ってはいけない洗濯洗剤」の特徴をまとめていきます。また、洗濯洗剤の選び方とおすすめの洗濯洗剤もご紹介しているので、興味のある方はぜひご覧ください。

買ってはいけない洗濯洗剤の特徴

洗濯洗剤には液体タイプや粉末タイプ・ジェルボールタイプなど様々な種類が販売されています。しかし、中には買ってはいけない洗濯洗剤も存在します。ここでは、買ってはいけない洗濯洗剤の特徴をまとめていきます。

買ってはいけない洗濯洗剤①匂いが強すぎる

買ってはいけない洗濯洗剤の特徴1つ目は「匂いが強すぎる」です。「香害」という言葉を耳にしたことはありませんか?香害とは、合成洗剤や柔軟剤・香水などに含まれる合成香料によって、様々な健康被害が生じることをいいます。

匂いの好みは人によって違ってきます。そのため、自分では良い香りだと思っていても周りの人は不快に感じることも少なくありません。また、洗剤と柔軟剤が混ざることで不快なニオイになることもあるので、匂いが強すぎる洗濯洗剤は避けたほうが良いでしょう。

買ってはいけない洗濯洗剤②誤飲の可能性がある

買ってはいけない洗濯洗剤の特徴2つ目は「誤飲の可能性がある」です。粉剤洗剤や液体洗剤に続く第3の洗剤として誕生したジェルボールの洗剤は、汚れ落ちが良く使いやすいと多くの方から支持されています。

計量の手間がなく入れ替えも楽なジェルボールタイプの洗剤ですが、見た目が鮮やかなことから子供がおもちゃや食べ物と間違えて口に入れてしまうトラブルや目に入ったなどのトラブルも起きています。最悪の場合死に至る可能性もあるので、子供の手が届かない場所に保管するなど取り扱いには十分注意してください。

買ってはいけない洗濯洗剤③洗濯機の故障の原因となる

「洗濯機の故障の原因となる洗剤」も買ってはいけな洗濯石鹸のひとつです。重曹や天然油脂の粉せっけんは、肌への刺激が少なくデリケートな肌の方や赤ちゃんにも安心して利用できますが、水に溶けにくい材質でできているため、排水ホースを詰まらせる可能性があります排水ホースが詰まると、水漏れや故障の原因となるので使用の際は注意が必要です。

ドラム式洗濯機の多くは、重曹や天然油脂の粉せっけんの使用が禁止されています。天然油脂の粉せっけんを使用する際は、水によく溶かしてから使用するか取り扱い説明書を確認してから使用するようにしてください。

また、粉末の合成洗剤や漂白剤は手動で投入ます。粉せっけんには「石けん」と表示されているので、合成洗剤なのか石けんなのかよく確認してから使用すると良いでしょう。

買ってはいけない洗濯洗剤④肌に刺激のある成分を含む

「肌に刺激のある成分を含む洗剤」も避けた方が無難です。洗濯洗剤の中には、肌に刺激のある成分を含んでいるもの存在します。

肌に刺激のある成分を含んでいる洗濯洗剤を使用すると、敏感肌の方やアレルギー体質の方・小さなお子様はなんらかの異常をきたす可能性があります。そんなトラブルを防ぐためにも、肌に刺激のある成分を含まない洗濯洗剤を選ぶようにしてください。

洗濯洗剤のメーカーを調査

ここまでは、買ってはいけない洗濯洗剤の特徴をまとめてきました。ここからは、人気の洗濯洗剤メーカーを調査してくので一緒にみてきましょう。

洗濯洗剤メーカー①花王

花王は1940年に設立された日本を代表する日用品メーカーです。花王の洗濯洗剤には「アタック」や「ニュービーズ」「エマール」といった種類があり、洗剤やトイレタリーで国内1位の人気を誇っています。部屋干し用や抗菌に特化した洗剤などバリエーションが豊富なところも花王の魅力です。

洗濯洗剤メーカー②ライオン

ライオンは1891年に設立された日本の企業で、洗剤や石けん・歯磨き・トイレタリー用品・医薬品など様々な生活用品を手掛けています。酵素パワーーで汚れを落とす「トップ」ニオイ汚れをナノレベルまで分解・除去する「ナノックス」毛玉・伸び・型くずれなどを防ぐ「アクロン」などいろいろな種類がライオンから販売されています。

洗濯洗剤メーカー③P&G

P&Gジャパンは、アメリカ合衆国に本拠を置く世界最大の一般消費財メーカーです。1972年アメリカP&Gが日本サンホームを買収にしたのにともない、アメリカP&G・日本サンホーム・伊藤忠商事の3社合同でプロクター・アンド・ギャンブル・サンホーム株式会社(P&Gサンホーム)として設立しました。

粉末・液体洗剤に続く第3の洗剤として2014年に発売されたジェルボールタイプの洗剤はP&Gイノベーション合同会社研究開発室で開発されました。P&Gからは液体タイプとジェルボールタイプの2種類から選べる「アリエール」や柔軟剤入り「ボールド」敏感肌の方の方におすすめの「さらさ」といった洗剤が販売されています。

洗濯洗剤メーカー④NSファーファ・ジャパン

NSファーファ・ジャパンは東京都中央区に本社を置く企業で、洗剤・石鹸の製造販売を行っています。柔軟剤で高い人気を誇るNSファーファ・ジャパンですが、香りにこだわった洗濯洗剤や油汚れなど頑固や汚れに最適な「WORKERS作業着専用洗い」・いつもの洗濯でUVカット対策ができる「UVカット洗剤」など定番から最先端の洗剤まで様々な洗剤を取り扱っています。

洗濯洗剤の種類と選び方

ひと昔前は大きな箱に入った粉末洗剤が主流でしたが、1980年代になるとコンパクト化された粉末が開発され、キューブ型洗剤や液体型の洗剤・ジェルボールタイプの洗剤が誕生するなど、時代とともに様々な洗剤が発売されるようになりました。ここでは、洗濯洗剤の種類と選び方をご紹介していきます。

洗濯洗剤の種類①液体

日本初の液体洗剤が発売されたのは1964年ですが、粉末洗剤が長きに渡り市場の過半数をしめていました。2003年頃から液体洗剤の利用者は増え始め、現在は液体洗剤が洗濯洗剤市場の過半数を占めています。

液体洗剤は、洗濯物の量に応じて洗剤の量を自由に調整できる他、すすぎが1回で済む商品も多くコストパフォーマンスが高いがところが魅力です。また、部屋干し用や柔軟剤入りなど種類が豊富にあるところも液体洗剤が人気の理由です。

洗剤の種類②ジェルボール

粉末洗剤や液体洗剤に続く第3の洗剤として2014年にP&Gジャパンから発売されたのが「ジェルボール」です。1回の洗濯に1個入れるだけなので、計量する手間が省けます。

液体洗剤同様にほとんどの商品がすすぎが1回で済みますが、洗濯物の量に合わせて洗剤の量を調整できないためコストパフォーマンスは低くなります。また、暑い場所では洗剤が溶け出してしまったり、誤飲の可能性があるため、保管場所には注意が必要です。

洗濯洗剤の種類③粉末

洗浄力を重視をするなら「粉末洗剤」がおすすめです。粉末洗剤には酵素や蛍光増白剤が含まれるタイプが多く、汚れをしっかり落としてくれます。また、洗濯物の量に合わせて洗剤の量が調整できるためコストパフォーマンスも高いところもポイントです。

デメリットには、ドラム式洗濯機にはそのままでは使えないことがある、水温が低いと洗剤が解け残ることがある、デリケートな素材には適していないなどが挙げられます。

洗濯洗剤の種類④おしゃれ着用

「おしゃれ着用洗剤」はウール素材やデニム素材・型崩れが心配なデリケートな素材の衣類・デザイン性の高い衣類に最適な洗剤です。手洗いコースやドライコースなどでも、汚れとニオイをしっかり落としてくれるほか手触りも良く仕上げてくれます。

洗濯洗剤のおすすめ商品を厳選紹介

ここまでは、洗濯洗剤のメーカーや洗濯洗剤の種類と選び方についてまとめてきました。ここからは、おすすめの洗濯洗剤を厳選してご紹介していきます。

おすすめ①花王 アタック抗菌EX

おすすめの洗濯洗剤1つ目にご紹介するのは「花王 アタック抗菌EX」です。花王 アタック抗菌EXは液体タイプの洗濯洗剤で、衣類のすみずみまで浸透抗菌して、ぶりかえす嫌なニオイをしっかり防いでくれます。また、洗濯層の防カビ効果も期待できます。すすぎ1回でもOK・残り湯も使えるなどコストパフォーマンスも高くなっています。

商品の購入はこちらから

おすすめ②ライオン トップ スーパーナノックス

おすすめの洗濯洗剤2つ目にご紹介するのは「ライオン トップ スーパーナノックス」です。エリ・袖の黒ずみや黄ばみ・水性食べこぼし・油性食べこぼし・皮脂・汗臭などの手ごわい5大汚れにも効果的な洗浄力を持つ液体タイプの洗濯洗剤で、洗浄だけでなく消臭・防臭・抗菌など4つの機能がこれ1本に凝縮されています。

商品の購入はこちらから

おすすめ③P&G アリエール イオンパワージェル サイエンスプラス

おすすめの洗濯洗剤3つ目にご紹介するのは「P&G アリエール イオンパワージェル サイエンスプラス」です。液体タイプの洗濯洗剤で、100種類の汚れを1発洗浄してくれます。また、ウイルスも除去してくれる他、50倍抗菌でニオイの原因も防いでくれます。すすぎが1回で済むので水道代も節約できます。

商品の購入はこちらから

おすすめ④エコベール 洗濯洗剤

おすすめの洗濯洗剤4つ目にご紹介するのは「エコベール 洗濯洗剤」です。肌に優しい植物由来の成分配合の洗濯洗剤で、水にスッととけて頑固な汚れをしっかり落としてくれます。

飽きの来ない優しい自然の香りで、酵素・蛍光漂白剤・着色料などは使われていないので赤ちゃんにも安心して利用できます。液体タイプの洗濯洗剤ですが、すすぎは2回が推奨されています。

商品の購入はこちらから

おすすめ⑤ライオン 香りつづくトップ アロマプラス

おすすめの洗濯洗剤5つ目にご紹介するのは「ライオン 香りつづくトップ アロマプラス」です。エッセンシャルオイルを使用した贅沢な香りの柔軟剤入りの液体洗剤で心地よい香りが長時間継続します。

洗浄力も高く、汗や泥よごれ・食べこぼしなどもきれいに洗い上げてくれます。すすぎ1回済むだけでなく柔軟剤が入っているので手間が省けるところも魅力です。

商品の購入はこちらから

おすすめ⑥P&G ボールド液体 柔軟剤入り

おすすめの洗濯洗剤6つ目にご紹介するのは「P&G ボールド液体 柔軟剤入り」です。ディープクレンジング処方で、繊維の奥からしっかりキレイにしてくれます。

柔軟剤入りなのでお部屋干しにも使えるほか、着ている間もイヤなニオイを消臭してくれます。縦型・ドラム式どちらの洗濯機にも利用可能です。また、液だれ防止キャップが採用されているので、手がべたつくことがありません。すすぎ1回の洗濯で時短&節約もできます。

商品の購入はこちらから

おすすめ⑦花王 アタック高活性バイオEX

おすすめの洗濯洗剤7つ目にご紹介するのは「花王 アタック高活性バイオEX」です。センイの奥から汚れを落とすバイオ酵素配合の粉末タイプの洗濯洗剤で、1粒1粒、真ん中が空洞のマイクロ粒子だから水にサッと溶けるので、詰め込み洗いでも粉が残りにくいところがポイントです。コンパクトタイプなので収納場所にも困りません。

商品の購入はこちらから

おすすめ⑧ライオン 部屋干しトップ 除菌EX

おすすめの洗濯洗剤8つ目にご紹介するのは「ライオン 部屋干しトップ 除菌EX」です。酵素と除菌・除臭成分を配合した粉末タイプの洗濯洗剤で、汚れ・菌・ウイルスの3つを落とす効果が揃っているので、衛生的で快適に洗濯物を仕上げてくれます。

生乾きにイヤなニオイを防いでくれるほか、99%の除菌効果で布製品に付着したウイルスまで落としてくれるところ魅力です。汚れ落ちも良く香りもすっきりしています。

商品の購入はこちらから

おすすめ⑨P&G ジェルボール 4D

おすすめの洗濯洗剤9つ目にご紹介するのは「P&G ジェルボール 4D」です。4つの柔軟剤成分が1粒に配合されており、柔軟剤なしでも、シワを防いでふんわり柔らかく仕上げてくれます。

また、新香りカプセル配合で上品な香りが長く続くところや新消臭成分が消臭効果をアップしているところがポイントです。1粒で洗濯水量65Lまでの洗濯が可能で、縦型・ドラム式どちらの洗濯機にも使えます。

心安らぐラベンダー&フローラルガーデンの香り・華やかプレミアムブロッサムの香り・爽やかフレッシュフラワーサボンの香りの3種類からお好みの香りが選べます。

商品の購入はこちらから

おすすめ⑩花王 エマール おしゃれ着用

最後にご紹介するおすすめの洗濯洗剤は「花王 エマール おしゃれ着用」です。ニットやデリケートな素材の利用はだけでなく、カジュアル服など普段使いにも使えます。

伸びヨレを戻すのはもちろん、毛玉・縮みを防ぐ効果やシワ・色あせ予防効果、汗・皮脂をすきっり洗浄する効果が期待できるので洋服を長持ちさせることができます。リフレッシュグリーンの香りとアロマティックブーケの香りの2種類を展開しています。

商品の購入はこちらから

買ってはいけない洗濯洗剤を見極めてニーズに合ったものを選ぼう

毎日の洗濯に欠かせない洗濯洗剤は、粉末タイプや液体タイプ・ジェルボールタイプなど様々な種類が販売されています。今回は、買ってはいけない洗濯洗剤の特徴をまとめていくとともに、洗濯洗剤のメーカーをご紹介しました。また、洗濯洗剤の種類と選び方とおすすめの洗濯洗剤にも触れているので、自分のニーズに合った洗濯洗剤を見つけてください。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。