引用:DOD

記事更新日:

庭キャンプの楽しみ方とは?魅力から必要な準備まで徹底解説!

庭キャンプをご存知でしょうか。庭キャンプがどのようなものなのか、また庭キャンプの魅力や楽しみ方、必要なアイテムからあると便利なアイテムまで徹底解説します!庭キャンプの準備をしっかり行い、庭キャンプを存分に楽しんでみてください!

自宅でできる庭キャンプとは

まずはじめに、庭キャンプとはどのようなことを指すのかご説明しましょう。庭キャンプとは自宅の庭でキャンプを楽しむことを言います。庭の広さがある程度必要にはなってきますが、庭を持っている方には、ちょっとしたアウトドア気分を味わえるおすすめのアクティビティです。

庭キャンプの魅力

庭キャンプの魅力には何があるのでしょうか。アウトドア好きがこぞってハマってしまう庭キャンプの魅力をご紹介していきます。

魅力①キャンプ初心者の練習に

庭キャンプの魅力は、初めてのキャンプ場でのキャンプを行う前に予行練習ができることです。テントやタープも設営・撤収、火起こしからランタンの使い方まで、予め練習することができます。いきなりアウトドアでの設営は初めてだと不安に思う方も多いでしょう。

また設営や撤収使い方の確認だけではなく、テントの寝心地なども確認できるので、自宅で予め練習ができると安心してキャンプ当日を迎えることができます。

魅力②移動しなくていい

庭キャンプは自宅の庭がキャンプ場ということになるので、移動する必要がありません。家から一歩外にでるだけで、そこがキャンプ場になるんです。

キャンプ場は、自然が豊富な山や川の近くにあるので近くても1時間前後は移動に費やしてしまうことが多いのではないでしょうか。庭キャンプであれば移動時間もなく、時間をめいいっぱいキャンプに費やすことができます。またキャンプギアを車に積載する手間も省け、ギアを倉庫や自宅から出すだけで始められるのも魅力です。

魅力③格安

庭キャンプは費用もかかりません。自宅なのでサイト使用料やゴミ捨て料、キャンプ場までの交通費なども一切かからないのです。キャンプ場ではないので、キャンプギアのレンタルができず、自宅にキャンプギアが揃っていないと、できないのではないかと思われるでしょうが、庭キャンプなので、庭にテントが設営できれば、それだけで庭キャンプは成立します。

魅力④忘れ物の心配がない

 

庭キャンプでは忘れ物の心配がないというのも魅力です。キャンプ場についてから、調味料やバーナー、ライトを忘れてしまったことに気が付き、焦ってしまう方も多いのではないでしょうか。庭キャンプではその心配がありません。

何か忘れてしまってもすぐに自宅に取りに行けるのです。食材や飲み物が不足してしまっても、普段行く近所のスーパーやコンビニにもすぐに買い出しに行けます。何かあっても焦ることなく、すぐに対応でき、安心してキャンプを楽しめるのが庭キャンプの良いところの1つです。

魅力⑤防災訓練にもなる

近年、災害時にキャンプ道具が役に立つと注目が集まっているのをご存知でしょうか。庭キャンプに慣れておけば、災害時の一時避難時に役立ちます。災害時に役立ちそうなものを1つにまとめて収納しておくと、いざという時にすぐ取り出し使用できるので安心です。また、日頃から庭キャンプをしておくと、災害時に必要なものやあると便利なものが自ずと分かってくるでしょう。

魅力⑥小さなお子様でも安心!

小さなお子様がいらっしゃる方にも、庭キャンプはおすすめです。キャンプ場で夜泣きをしてしまうと、夜中に泣き声が響いてしまい不安でキャンプに行けないと諦めている方も多いのではないでしょうか。

庭キャンプであれば、お母さんと赤ちゃんは家の中で眠ることで問題が解決します。お子様の急な体調不良や怪我をしてしまった際も自宅にいるので、かかりつけの病院へすぐに連れて行くことも可能です。庭キャンプは小さなお子様連れのお母さんに安心なアウトドアの一種です。

庭キャンプに必要なもの

庭キャンプの魅力をご紹介しました。庭キャンプをしてみたい!と思った方も多いでしょう。そんな方のために、庭キャンプに必要な道具をご紹介します。アウトドアに興味があるけれど不安だと言う方は、まずは庭キャンプから始めてみることがおすすめです。

必要アイテム①テント

DOD ワンタッチテント
DOD ワンタッチテント
組立サイズ(外寸):(約)W230×D150×H117cm(フレームを含む)
インナーサイズ:(約)W225×D145×H105cm(テント内)
収納サイズ:(約)W70×D19×H19cm
重量(付属品含む):(約)3kg

庭キャンプになくてはならないものがテントです。庭の広さにもよりますが、庭キャンプではドームテントやワンタッチテント、ティピーテントが設営・撤収が簡単で扱いやすくおすすめです。キャンプ場でキャンプをする前の予行演習に庭キャンプをする方は、予め庭の広さと、テントの大きさを確認してから始めるようにしてください。

必要アイテム②タープ

山善 キャンパーズコレクション ヘキサゴンタープ
山善 キャンパーズコレクション ヘキサゴンタープ
本体サイズ:幅440×奥行425×高さ230cm
本体重量:3.9kg
材質:ポール=グラスファイバー、生地=ポリエステルタフタ185T

庭キャンプにはタープも欠かせません。タープは日差しを遮断してくれたり、急な雨が降った際も濡れずにすみます。庭キャンプだけをする方には、ワンタッチタープがおすすめですが、キャンプ場で実際に使用する方はヘキサタープやレクタタープの購入がおすすめです。

必要アイテム③ランタン

キャプテンスタッグ キャンプ LEDライト ランタン
キャプテンスタッグ キャンプ LEDライト ランタン
サイズ(約)/外径120x高さ220mm(取っ手含まず)
●重量(約)/230g(乾電池含まず)

夜の庭キャンプで大活躍してくれるキャンプギアがランタンです。ランタンにはガスや燃料で発光するものとLEDで発光するものがあります。LEDランタンも災害時に大活躍するので1つあっても良いでしょう。またガスや燃料のランタンを初めて使う方は予め庭キャンプで使い方を確認しておくとキャンプ場でのキャンプとのきに安心です。

必要アイテム④BBQグリル

ハーフェレ ジャパン ロータスグリル 無煙炭火
ハーフェレ ジャパン ロータスグリル 無煙炭火

【サイズ】上部直径35×下部直径26×高さ23.4cm
【重さ】約3.7kg
【材質】ステンレス、スチール、樹脂
【電池】単三乾電池×4個(付属)

キャンプと言えば真っ先にBBQを思い浮かる方が多いのではないでしょうか。BBQコンロも庭キャンプには欠かせません。BBQコンロ1つあれば庭キャンプをしなくとも、お昼に庭でBBQだけを楽しむことができるので持っておいて損はないアウトドアギアです。

特にこのBBQグリルは、無煙調理が可能なBBQコンロなので住宅街でのBBQの際には大いに助かります。煙の発生を抑制してくれるので、近所迷惑になることもなく楽しめるため、庭キャンプにはおすすめのBBQコンロです。

必要アイテム⑤チェア

コールマン チェア レイチェア
コールマン チェア レイチェア
サイズ:使用時/約61×70×高さ98cm、収納時/約25×15×高さ89cm
重量:約3.7kg
材質:シート/ポリエステル、フレーム/アルミニウム、スチール

庭にガーデン用のテーブルやチェアを予め設置している方は用意する必要はありませんが、ゆっくりくつろぐためにもチェアは必須アイテムです。

コールマンのレイチェアは3段階にリクライニングすることができるので、食事のときやくつろぐときなどシーンに合わせてリクライニングを自由に調節できることが魅力です。軽量コンパクトに収納できるので、自宅でも保管しやすくおすすめです。

必要アイテム⑥焚き火台

SOTO ミニ焚き火台 テトラ
SOTO ミニ焚き火台 テトラ
本体サイズ:幅8.8×奥行8.8×高さ7.9cm
本体重量:約125g
材質:ステンレス

夜のまったりタイムには焚き火は欠かせません。焚き火台と聞くと大きいイメージや火事が心配な方もいることでしょう。しかし、ソロ用の小さな焚き火台を使用すれば、自宅の庭でも十分に焚き火を楽しむことができます。

ソトのミニ焚き火台は組み立て時の1辺の長さがどこをとっても10cm未満とコンパクトな作りになっていることが特徴です。焚き火台以外にも、真ん中に固形燃料を設置すれば焼き鳥なども焼くことができるため、ちょっとしたBBQも気軽にでき1台持っておくと自宅での楽しみが広がります。

必要アイテム⑦遊び道具

INTEX スイムセンターファミリープール
INTEX スイムセンターファミリープール
本体サイズ:305x183x56cm
使用年齢:6歳以上

庭キャンプを楽しむために、遊び道具も忘れてはいけません!夏はプールを設置するとお子様も大喜びすること間違いありません。大人も夏の暑い日に、足だけでもプールに入れると体感温度が少しは下がるのでおすすめです。他にもシャボン玉や、トランプ、UNOなどもあると庭キャンプが大盛り上がりするでしょう!

庭以外のおすすめ家キャンプ

家で楽しめるキャンプは庭キャンプだけではありません。ここでは、家でのアウトドア気分を楽しめるキャンプの方法をご紹介していきます。広い庭がないと諦めていた方は必見です!

家キャンプ①ベラキャン

庭がないと言う方も安心してください!家キャンは庭キャンプだけではありません。ベランダでもキャンプをすることができます。テント設営できませんが、ランタンなどで雰囲気を演出し、ちょっとしたアウトドア料理をベランダで食べるだけでもキャンプ気分を味わえます。

家キャンプ②部屋キャン

近年SNSで「部屋キャン」が話題になっていることをご存知でしょうか。自宅にいながらキャンプ気分を味わいたい!と言う方が部屋をキャンプサイトさながらのインテリアにして楽しんでいるのです。

自宅のチェアやテーブルはアウトドアブランドのものにするだけでキャンプ気分を味わえ、庭やベランダが狭い方でも楽しめます。

庭キャンプの注意点

注意点①近所迷惑

ご近所とのトラブルを避けるためにも、庭キャンプで気をつけるべきことをしっかりと確認しておきましょう。住宅街での庭キャンプでは、話し声にも気をつけなければいけません。小さい声で話してても住宅街で思いのほか声が響いてしまっている場合があります。

また、BBQでも煙や焚き火の火の粉にも十分気をつけましょう!風が強い日は庭キャンプはしない方が良いかもしれません。

注意点②虫対策

夏場は特に虫対策をしっかりしましょう。蚊取り線香や虫除けスプレーをしたり、長いパンツを履くなどの対策が必要です。特にお子様が虫に刺されやすのでしっかりと対策をしてあげることがおすすめです。

自宅の庭で気軽にキャンプを楽しんでみよう!

自宅でもアウトドア気分を味わえる庭キャンプの魅力や必要な道具をご紹介しました。思い立ったときに、すぐにキャンプを楽しめる庭キャンプをみさんも始めてみてください。休日の楽しみが増えること間違いありません!

その他の関連記事はこちらから

 

 

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。