「御影石」って何?基礎知識から手入れ方法まで徹底解説!

引用:photoAC

家屋に石材を用いる事も、今や珍しくなくなっています。多用されている石材といえば、大理石と御影石が挙げられます。大理石は名前が非常に有名で、高級たなめ手が出しにくいイメージがあるかもしれませんが、御影石はあまり有名ではありません。では、どんな石材なのでしょう。今回は、そんな御影石について徹底解説します。

御影石の基礎知識

御影石とは

引用:Amazon

生活を続けていると、どうしても年数の経過によって経年劣化してしまう箇所はあります。特にキッチン周りなど水を使う場所は劣化も早くなりがちで、リフォームを考えるのも早いでしょう。そんな時に、御影石を推奨される事があります。

この御影石というのは、別名「花崗岩」や「深成岩」とも呼ばれ、雨や風に対する耐性が強い事が特徴的です。その見た目は光沢や細かな粒状の模様が見られ高級感を感じ、更に傷もつきにくく綺麗なまま使えるのも魅力の1つです。

日本国内でも御影石は採掘されているのですが、白や灰色をしているものが多い為に、外壁や墓石といった雨風にさらされ人の目に付く場所に昔から使われています。黒や赤色の御影石もありますが、こちらは海外製の御影石の為国産よりも割高です。

御影石と大理石との違い

引用:Amazon

同じく家で使われる石材として、大理石が挙げられます。こちらは非常に名前が有名な高級石材ですが、生成される過程が御影石とは大きく異なります。まず、石材となるものにはマグマが冷え固まり結晶化した「火成岩」、様々な物質が堆積し圧縮された「堆積岩」、これらが熱や圧力で再結晶化した「変成岩」の3つがあります。

この内、御影石は火成岩に属するのに対し、大理石は変成岩に属します。炭酸カルシウムを主成分としており、長い時間をかけ圧力や温度変化をして行く為特徴的な模様が見られます。比較的柔らかく加工がしやすい、磨くと光沢が出る、模様や色の種類が豊富といった特徴が見られます。

御影石という名前にはどんな由来がある?

引用:Amazon

御影石という名前も特徴的ですが、名前の由来はある地方の地名が元となっています。それは旧兵庫県武庫郡御影町と呼ばれ、現在は神戸市東灘区が名前の元です。この地方は、御影石の主な産地であったために街の名前が付けられました。現在は採掘作業は行われていません。

御影石のいろいろな種類

かなり多い御影石の種類

引用:Amazon

一口に御影石と言っても、その種類は非常に多岐に渡ります。具体的な数で言うと300種類近くに上るとされており、これほど多数の種類が存在しているのは日本国内で採掘されたものに加え、海外製の御影石も含まれるからです。

その世界中から採掘される御影石は、含まれる成分や割合の違いによってたとえ産地が一緒でも色や模様は様々です。故に、御影石の中で全く同じものは2つと無いとまで言われます。そんな中、墓石などに使われる石材は信頼性が高く採掘量が安定している事が求められますので、全体の半分以下が実際に利用されている模様です。

国産の御影石の種類

引用:Amazon

そんな中で国産の御影石の代表的な種類を挙げていくと、例えば福島県で産出される「浮金黒御影」があります。金箔をちりばめてあるかのような金色の模様が非常に美しいですが、近年は採掘が難しく大変貴重で、国産の中で最高級品と名高いです。

岡山県産の「万成御影石」は、淡い赤色が特徴的な御影石です。色合いこそ柔らかな印象を与えますが、硬度に関しては御影石の中でもトップレベルです。更に茨城県産の「真壁御影」は色目が優しく劣化がしにくい為、墓石に多く利用されます。

ノルウェー産の光る御影石

引用:Amazon

模様、色が様々な御影石ですが、中でもノルウェー産の御影石は特に特徴的です。「ブルーパール」や「エメラルドパール」などと呼ばれる品種は、まるで宝石でも混ぜてあるかのように各所が光り輝いているのです。

この光る特徴を持つ品種は汚れても目立ちにくい為、墓石の一部分にアクセントとして取り入れられる事もあります。青や茶色、黒など石材の色も豊富ですので、利用する際はその中から選ぶことができます。

スウェーデン産の高級黒御影石

引用:Amazon

続いては、スウェーデン産の御影石「ファイングレイン」です。黒御影石であり別名「ファイングレー」とも呼ばれる黒色の石材なのですが、世界各国で採掘される黒御影石の中でも頂点、最高級品と呼ばれる大変貴重な御影石です。

最高級品と呼ばれているのは、産出量がそもそも多く無い為希少性がある事も勿論関係しています。しかしそれ以上に抜群の硬度と艶が持続する高い品質を持ち、他の黒御影石を混ぜて爪で叩いてもキンキンと音がするほどに硬いのです。十分な加工を加える事で、経年劣化に強い墓石として使えます。

インド産の赤い御影石

引用:楽天

インドで採掘される「インペリアルレッド」は、名前の通り赤い色をしている御影石になります。海外産の御影石ではありますが、嬉しい事に産出量が安定している為、国産の御影石と比較しても値段は抑えられています。

赤い御影石は汚れが目立つ事が無い為、見た目が綺麗なままです。様々な色や模様のある御影石の中でも、赤い色の御影石は非常に目立ちますから、これ一色で墓石を作るという例はほぼありません。

御影石を建材として使用するメリットとは

メリット①傷に強い

引用:楽天

この御影石、墓石への利用も多いですが、建材としても多く用いられています。これは、御影石が傷に強い性質を持っているからというのが関係しています。硬度が非常に高い石材である為、そもそも傷が付きにくく頑丈なのです。

御影石独特の模様は、例え傷が付いたとしても目立ちにくくしてくれますので、目に付く場所の石材として利用するのにはうってつけと言えます。長い間雨風にさらされても風化せず、強い日差しを受けても色合いは変化しません。墓石の他、東京都庁の外壁タイルにも御影石が使われています。

メリット②耐久性がある

引用:楽天

前述した通り、御影石は非常に高度が高いのが特徴で、それ故に耐久性能も折り紙付きです。技術の乏しかった昔は容易に加工する事が出来ず、のみで削った跡なども見られています。ですが最近では、ダイヤモンドを使った研磨加工が出来る様になりました。加工こそできますが、その為に最高の硬度を持つとされるダイヤモンドを利用している辺り、御影石の硬度の高さが伺えます。

また、石材の耐久性の高さは水の浸み込み具合を表す吸水率で表され、例え硬い石でも隙間に水が入ります。これがシミ、変色を引き起こし、凍結した際に割れる事がありますが、御影石はこの吸水率が低い、つまり水が染み込みにくい事も耐久力の高さに繋がっています。

メリット③デザイン性

引用:楽天

デザイン性も高く評価されています。テーブルなどの天板などに使用すると御影石の存在感は非常に大きく、例えばキッチンなどで御影石を石材に利用すれば、まるでキッチンがインテリアになったかのような雰囲気を演出してくれます。

これは、御影石特有の高級感のある質感あっての事です。同じくキッチン周りに用いられる事もある高級な石材である大理石には人工のものがありますが、それでは引き出せない重厚さがあり、値段が高くても使いたくなります。

御影石の上手な手入れ方法

普段の簡単な手入れ方法

引用:Amazon

家屋の石材として用いれば大きな存在感を放ってくれる御影石は、値段も安くはありませんので出来る限り綺麗な状態で長く使い続けたい所です。傷に強く耐久性も高いとはいえ、綺麗な状態を保ちたいのであれば人の手に依るお手入れも必須です。

基本的に埃や軽い汚れであれば、絞った雑巾を使って拭き取ってあげれば落とせます。但し、酸性のものや油などを落としてしまった場合には、そのまま放置しておくのは悪手ですので最大限早く拭き取るのが長持ちさせるコツとなります。

 御影石の頑固な汚れを落とすには

ジョイ ミラクルクリーン 泡スプレー
ジョイ ミラクルクリーン 泡スプレー

商品サイズ (幅×奥行×高さ) :90mm×150mm×210mm
原産国:ベトナム
内容量:300mL+300mL×2個

日常的についてしまう様なホコリ等の汚れであれば、雑巾一枚で手入れは事足ります。キッチンの天板に実際に使う中で、例えコーヒーやしょうゆといったシミの残りそうな汚れが付いてしまったとしても、絞った雑巾で拭き取れます。

ですが、もし雑巾で拭いても落ちない様な頑固な汚れが付着してしまった場合は、食器用の洗剤など中性洗剤を布に含ませて使うことをおすすめします。無事に汚れを落とせたらそのままにせず、水を含ませた布で洗剤も拭き取ります。

耐久性とデザイン性抜群で建材としても人気の御影石

引用:Amazon

名前は聞き慣れていなかったかもしれませんが、耐久性が高く傷が付きにくい、そして高級感のある雰囲気を持つ、非常に魅力的な石材です。墓石などに使われている、以外にも身近な石材である事がお分かりいただけたでしょう。

キッチンを始め、柱や床など家屋に使用すればピンポイントに使うだけでも雰囲気を大きく変えてくれます。リフォーム時等は、是非検討に加えてみて下さい。

その他の関連記事はこちら

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。