フロントガラス撥水コーティング剤おすすめ10選!最強商品とは!

フロントガラス撥水コーティング剤おすすめ10選!最強商品とは!

雨の日に運転している時、前が見にくく不安に感じたことはないでしょうか。フロントガラスに撥水コーティングを施すとガラスについた水分が弾かれ、視界がクリアになります。今回は、フロントガラス撥水コーティングのメリットや選び方、おすすめアイテムをご紹介します。

フロントガラス撥水コーティングとは

フロントガラス撥水コーティングは、ガラスに撥水被膜を張る薬剤を塗布することで水滴を弾きやすくすることです。コーティングを施すことで、フロントガラスがシリコン樹脂やフッ素樹脂の膜で覆われ、水滴が小さな水玉状になり、走行中は、風圧で吹き飛んでいきます。

フロントガラス撥水コーティングのメリット

フロントガラス撥水コーティングを行うと、水滴が付きづらくなり視界がクリアになるだけではなくさまざまなメリットがあります。

メリット①ワイパーが長持ち

ワイパーは使用頻度が増えるほど、ゴムが劣化します。コーティングをおこなうことで、ガラスの微細な傷が滑らかになり水滴が流れやすくなるため、ワイパーの使用頻度が減り長持ちします。

メリット②雨の日も視界良好

雨の日はガラスに水滴が付着することで、視界がゆがみ前が見えづらくなります。コーティングをおこなうことで走行時に水滴が流れやすくなります。また、水滴がガラスに残らないので冬の凍結や霜を防止・除去がしやすくなるのも利点です。

メリット③フロントガラスの防汚

ガラスにコーティングをおこなうことで、汚れが落ちやすく、付きづらくなります。ガラスに水滴が残らないため、凍結や霜の付着を防止するとともに、落としやすくする効果もあります。

フロントガラス撥水コーティングの選び方

引用:Amazon

フロントガラス撥水コーティング剤にはさまざまな種類があります。選ぶときには、「コンパウンドの有無」「種類」「撥水性」を基準にしましょう。

選び方①コンパウンドの有無

コンパウンドとは、コーティング剤に含まれる研磨剤のこと。ガラスの水垢や汚れを落とすものの、傷つけてしまうことがあるため、撥水効果を求める場合にはコンパウンドフリーの物を選びましょう

選び方②種類

コーティング剤は大きく分けると「フッ素系」と「シリコン系」の2種類があります。

「フッ素系」は、フッ素でコーティングします。特長は、効果の持続期間が長く油分や雨シミ汚れなどの全般的な汚れが付着しにくくなることです。価格は全体的にやや高価です。

「シリコン系」は、シリコン樹脂でコーティングします。フッ素系コーティング剤と比べて撥水性に優れるものの、持続期間が短く定期的にコーティング施工をおこなう必要があります。価格はフッ素系よりも安価なものが多いです。

選び方③撥水性

より水滴をはじきたい方は、撥水性を基準に選びましょう。しかし、撥水性が高いタイプのものは水玉の跡がボディに残りやすく、イオンデポジットの原因になりやすくなります。イオンデポジットは、ボディに水滴が白くこびりついている水垢のことで、一度付着すると簡単に取り除くことができません。そのため、屋内駐車によりイオンデポジットになりづらい方や定期的にメンテナンスできる方におすすめです。

フロントガラス撥水コーティングの使い方

引用:Amazon

コーティング剤の種類により使い方が異なります。

フェルトやスポンジで塗りこむタイプは、ガラスをしっかりと清掃した後、液体をフェルトやスポンジに取り均一に塗布。仕上げに乾いた布やタオルで拭きあげます。

スプレータイプは、ガラス面に均一にスプレーし、乾いた布やタオルで拭きあげて仕上げます。商品により使用方法や効果がさまざまなので使用する前に説明書を確認するとよいでしょう。

ウォッシャータイプは、ウォッシャー液としてワイパーを使うたびに塗布されます。一切手間はかかりませんが、塗布できるのがワイパーの届く範囲に限られるため、全体をコーティングしたい方は塗り込むタイプやスプレータイプがおすすめです。

コーティング剤は、塗り込んだ後しばらく時間が経過すると撥水効果がなくなり、薄い膜ができる場合があります。その場合には、しっかりと除去するようにしましょう。

除去方法は、スポンジに専用の除去剤を塗りつけフロントガラスに塗りこみます。フロントガラスが液を弾かなくなるまで、まんべんなく擦るようにしましょう。

最後に水で洗い流しますが、まだ水を弾く場合にはまだコーティング剤が残っている可能性があります。その場合には、再度、除去液を塗りこみ水で洗い流します。

フロントガラス撥水コーティングおすすめ10選

おすすめ①クリンビュー ハイブリッドストロング

クリンビュー ガラスコートハイブリッドストロング
クリンビュー ガラスコートハイブリッドストロング

シリコーン系撥水剤の強力水弾きと、フッ素系撥水剤の耐久力をハイブリット
超撥水と長期持久

シリコン系の撥水性とフッ素系の耐久性を合わせ持ったハイブリッドタイプ。大きな塗り込みフェルトで、ガラス面全体への塗りこみ作業がラクラク。持続期間は3~4か月。コーティングをおこなうことで、虫や鳥の糞など汚れや雪・霜の付着も防止します。

おすすめ②CCI ガラスコーティング スマートビューONE

シーシーアイ(CCI) スマートビューONE ガラスコーティング 撥水剤
シーシーアイ(CCI) スマートビューONE ガラスコーティング 撥水剤

施工台数:フロントガラス3~4台分
耐久性:約6~12か月

フッ素系コーティング剤で、水はじき効果が長持ち。一気に濡れるワイドウェルトで塗ってふくだけ、乾燥時間は必要ありません。持続期間は約6~12か月。従来品と比較し、水はじき効果が6倍持続します。

おすすめ③ソフト99 ウィンドウケア 超ガラコ

SOFT99 ウィンドウケア 超ガラコ
SOFT99 ウィンドウケア 超ガラコ

内容量:70ml
従来の約6倍の寿命を実現した超持続性ガラスコーティング剤

フッ素系コーティング剤。特許取得のフッ素処理技術(PAT.)によりガラス表面に強固に化学結合します。付着する雨を真珠のような水滴として弾きます。フェルトをガラス面につけて塗布し、乾燥後乾いた布でふくだけ。持続期間は約12か月。強力なフッ素皮膜がワイピングの摩擦や砂塵、洗車機・洗剤にも耐えます。従来品と比較し、約6倍の寿命を実現

おすすめ④レイン・X ザ・クイック耐久

レインエックス(Rain X) スーパーレイン・X ザ・クイック耐久撥水剤
レインエックス(Rain X) スーパーレイン・X ザ・クイック耐久撥水剤

内容量:80ml
撥水耐久力:6ヶ月

フッ素系コーティング剤。幅広なスキージフェルトがガラス面の曲面やすみずみまでフィットし、ムラにならず塗布スピードを大幅にアップします。持続期間は約6か月。ガラス表面に、ひと塗りで均一な強力撥水被膜を形成。水はじき効果と共に、汚れ・油膜の付着を防止します。

おすすめ⑤CarZoot RainCut-Fu

CarZoot プロ仕様窓ガラス用撥水コーティングキットRainCut-Fu-
CarZoot プロ仕様窓ガラス用撥水コーティングキットRainCut-Fu-

プロ仕様の強力なフッ素加工で驚くほどの撥水効果を実感していただけます。
プロ仕様のガラス撥水コーティングに必要な薬液・スポンジ・クロスが全て含まれた施工キットです。

フッ素系コーティング剤。プロが現場で使用している窓ガラス専用のコーティング剤です。窓ガラス用フッ素コーティング剤、専用スポンジ、専門クロス、施工マニュアルがキットとなっているため、初めてのコーティングでも簡単に確実な施工ができます。持続期間は約12か月。窓ガラスの水滴を時速30km/hでも弾き、ワイパーなしでクリアな視界を確保。

おすすめ⑥シュアラスター ゼロウィンドウ

シュアラスター ウィンドウコーティング剤ゼロウィンドウ
シュアラスター ウィンドウコーティング剤ゼロウィンドウ

スプレーして拭くだけ、スパッと水滴を飛ばして視界を確保。
使用可能箇所: 自動車ウィンドウガラス

シリコン系コーティング剤。新・特殊シリコーン配合で強力な撥水を実現。スプレーして拭くだけの簡単施工。濡れたガラスにも使用できます。ノーコンパウンド。急に雨が降ったときにも、スプレーして拭くだけ。特殊バインダーでしっかり定着します。サイドミラーやリアガラスにも効果を発揮

おすすめ⑦CIC スマートビュー

シーシーアイ(CCI) スマートビュー ガラスコーティング 撥水スプレー
シーシーアイ(CCI) スマートビュー ガラスコーティング 撥水スプレー

スプレーして塗り込むだけの、簡単ガラス撥水コーティング
車・人・環境に優しい中性タイプ

フッ素系コーティング剤。プッシュして付属のマイクロファイバークロスで拭きあげるだけの簡単施工。乾燥時間は不要。中性タイプなので、ボディに液体がついても安心です。持続期間は約12か月。時速40km/hから水を弾き、視界をクリアに。濡れたガラスにも使用可能です。

おすすめ⑧ソフト99 ガラコウォッシャー

SOFT99 オールシーズンガラコウォッシャーパウチパック2L ウォッシャー液
SOFT99 オールシーズンガラコウォッシャーパウチパック2L ウォッシャー液

●オールシーズン対応 ●内容量:2000mm ●不凍温度:−40℃

ウォッシャー系コーティング剤。洗浄と撥水コーティングが可能です-40℃まで不凍(原液使用時)で凍らず噴射が可能だから、冬にも入れ替え不要で手間がかかりません。使用後、ボディにシミがつきにくく、ガラス表面のギラツキっを軽減します。ボディコーティング施工車にも使用可能です。

おすすめ⑨クリンビュー 撥水ウォッシャー

クリンビュー ガラスコート撥水ウォッシャー2500 撥水剤
クリンビュー ガラスコート撥水ウォッシャー2500 撥水剤

撥水剤
2.5L

ウォッシャー系コーティング剤。洗浄と撥水コーティングが可能です。-30℃まで不凍(原液使用時)を保ち、雪・霜が取りやすくなります。原液で使用可能ですが、水で3倍程度に薄めても、雨はじき効果を持続します。ワイパーゴムを傷めません。

おすすめ⑩ソフト99 ウィンドウケア ダブルジェットガラコ

SOFT99 ウィンドウケア ダブルジェットガラコ耐久強化
SOFT99 ウィンドウケア ダブルジェットガラコ耐久強化

材質・素材:シリコーン・アルコール類
内容量:180ml

シリコン系コーティング剤。スプレーするだけの簡単施工。新機構のダブルジェットノズルとガス圧の力で広範囲にスプレーが可能。大きなフロントガラスも約3秒でコーティングが可能です。濡れたガラスに使用できるため、急な雨の日のコーティングに最適。従来品と比較し、撥水力の耐久性が約50%アップ。効果が長期間持続します。

5種類の製品の撥水効果を比較!

人気の5種類のガラスコーティング剤を実際に使った比較動画をご紹介します。比較しているのは、「ソフト99 ぬりぬりガラコ ハヤデキ」「シーシーアイ(CCI) スマートビューONE」「クリンビュー ハイブリッドストロング」「スーパーレイン・X らくヌリ」「ソフト99 ウィンドウケア 超ガラコ」の5種類。実際に使用し雨の日に運転をすることで、使いやすさや撥水性能を比較しています。

フロントガラスを撥水コーティングして安全運転を!

フロントガラス撥水コーティングをすると、雨の日に運転する際、前面ガラスがクリアで安心なだけではなく、ワイパーが長持ちしたり、ガラスに汚れが付きにくく、万一付いてしまっても取れやすいことなど、さまざまなメリットがあります。コーティングの方法や成分など商品のバリエーションが豊富なので、ご自分のライフスタイルにあった物を選びましょう。

その他の関連記事はこちらから


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。