面取りカッターのおすすめ7選はこちら!種類と選び方も解説します

引用:Amazon

穴あけ時のバリ取りを行う面取りカッター。プロの金属加工からDIYまで、穴あけ時には欠かせない工具のひとつです。

ですが、あまり知名度の高い工具ではないため、
「おすすめの面取りカッターはどれ?」
「たくさん種類があるけれど、どう選べばいいの?」
という疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、面取りカッターのおすすめ7選や種類、選び方を解説します。「仕事で使うけれど詳しくはわからない」・「DIYで使ってみたい」という方は、ぜひご覧ください。

面取りカッターとは

まずは、面取りカッターがどのようなものかご紹介します。

面取りカッターとは

面取りカッターとは、電動ドライバーなどに取り付けて、次のような加工を行う工具です。

  • 穴あけ後の面取り
  • 穴あけ後のバリ取り
  • 穴あけ後の皿ねじ収納のための皿取り

「面取り」とは、角部分でケガや破損することがないよう、その部分を削り取ること。また「皿取り」とは「ザグリ加工」ともよばれ、皿ねじの頭を部材と同じ高さかそれ以下に沈めるために、円錐となる加工を行うことです。

面取りカッターで加工を行うと、こちらのようにキレイになります。
引用:Amazon
材質や大きさ、面取りの角度はいくつもの種類があるため、加工する対象や穴径などにあわせ、適切な面取りカッターを選ぶことが重要です。

【おすすめ面取りカッター1】SK11『ステンレス用 SFD−2』(90°)

ここからは、おすすめの面取りカッター7選をご紹介していきます。まずはSK11の『ステンレス用 SFD−2』です。

SK11『ステンレス用 SFD−2』の特徴

SK11『ステンレス用 SFD−2』は、切粉の排出がよく、スピーディな面取り作業が可能な面取りカッターです。材質はコバルトハイス鋼のチタンコーティング仕上げで、面取り角度は90°。適応穴径は5.0〜10.0mmとなっています。

ステンレスアルミ樹脂穴あけ後のバリ取りや、面取り作業に使用可能です。パイプ切断後の内面バリ取りにも適しています。

また6.35mmの六角軸を採用したことで、インパクトドライバーでのワンタッチ脱着も可能に。ほかにも電動ドリルや、充電ドリルドライバーに使用できます。ただし、インパクトドライバーで使用する場合は、軸部が破損するおそれがありますので、インパクト機能はOFFにして使ってください。

SK11の面取りカッターのサイズは、鉄工用で7種類(8、10、12、16、19、22、25mm)、ステンレス用で3種類(10、14、21mm)がラインナップされています。

SK11 六角軸 フリードリル ステンレス用 14mm SFD-2
SK11 六角軸 フリードリル ステンレス用 14mm SFD-2
直径:14.0mm
仕様:6.35mm六角軸
面取り角度:90度

【おすすめ面取りカッター2】TRUSCO『1枚刃 NMG6-6』(90°)

おすすめ面取りカッターの2点目は、TRUSCOの『1枚刃 NMG6-6』です。

TRUSCO『1枚刃 NMG6-6』の特徴

TRUSCO『1枚刃 NMG6-6』は、1枚刃でなめらかな表面仕上が可能な面取りカッターです。アルミや鉄、樹脂、銅、ガルバリウムのC面取りやバリ取りに最適です。

材質は高速度鋼(HSS)。チタンコーティングの表面処理を行っているため、刃先へのバリ溶着が減少し、長寿命となりました。6.35mmの六角軸で、充電ドリルや電動ドリル、ボール盤、旋盤などに装着可能です。

また、TRUSCOの面取りカッターは、1枚刃と3枚刃のそれぞれで5種類のサイズ(6、8、10、12、16mm)がラインナップされています。

TRUSCO(トラスコ) 六角軸ナイスメンG 1枚刃 6mm チタンコーティング NMG6-6
TRUSCO(トラスコ) 六角軸ナイスメンG 1枚刃 6mm チタンコーティング NMG6-6
有効刃径(mm):5
先端径(mm):1
全長(mm):42

【おすすめ面取りカッター3】第一ツール『3枚刃 MC45X60°』

第一ツールの『3枚刃 MC45X60°』が、おすすめ面取りカッターの3点目です。

第一ツール『3枚刃 MC45X60°』の特徴

第一ツール『3枚刃 MC45X60°』は、ストレート軸の面取りカッターです。軸径は12mmで、面取り角度は60°。

HSS-Coでつくられた3枚刃のため、切削バランスがよく、安定した切れ味が特徴です。

第一ツール 3枚刃面取りカッター MC45X60゜
第一ツール 3枚刃面取りカッター MC45X60゜
刃径(D):45
全長(L):95
シャンク長(ℓ1):64

【おすすめ面取りカッター4】大西工業『ドリルカッター L-30mm』(90°)

おすすめ面取りカッターの4点目は、大西工業の『ドリルカッター L-30mm』です。

大西工業『ドリルカッター L-30mm』の特徴

中ドリルと面取りカッターを組み合わせたことで、下穴と90°面取りが同時に加工できるのが大西工業『ドリルカッター L-30mm』です。6.35mm六角軸で、インパクトドライバーや電動ドリル、ボール盤に使用可能。

材質はHSSで、鉄工木工アルミニウムに使用できます。中ドリル部分が摩耗した場合は、カンタンに別売り部品と交換可能です。

面取り角度は90°で、規格サイズは次のとおり。

  • 面取りカッター径:10.5mm
  • 中ドリル径:4mm
  • 中ドリル長さ:30mm
大西工業 6角軸ドリルカッター(NO.23) 10.5×4.0(Lmm30) 10.5 (金属・金工)
大西工業 6角軸ドリルカッター(NO.23) 10.5×4.0(Lmm30) 10.5 (金属・金工)
サイズ:10.5×4.0mm
面取りカッター径D1:10.5mm
中ドリル径D2:4.0mm
中ドリル溝長T:30mm

【おすすめ面取りカッター5】スターエム『5007-120』(90°)

おすすめ面取りカッターの5点目は、スターエムの『5007-120』です。

スターエム『5007-120』の特徴

スターエム『5007-120』は、材質がハイス鋼で高耐久の面取りカッターです。面取り角度は90°。

6.35mmの六角軸で、インパクトドライバーにも取り付けられます。ほかにもドリルドライバや電動ドリルにも装着可能。アルミや鉄、樹脂、木材の面取りやバリ取りが行えます。また、5種類のサイズ(6、8、10、12、16mm)がラインナップされています。

スターエム 5007-120 ハイス六角軸面取カッター 12mm
スターエム 5007-120 ハイス六角軸面取カッター 12mm
仕様:6.35mm六角軸
皿角度:90度
軸:ハイス材

【おすすめ面取りカッター6】新潟精機『SK 1-8mm MC-8 丸軸』

新潟精機の『SK 1-8mm MC-8 丸軸』が、おすすめ面取りカッターの6点目です。

新潟精機『SK 1-8mm MC-8 丸軸』の特徴

新潟精機『SK 1-8mm MC-8 丸軸』は、7枚刃で切れ味のよさが特徴の面取りカッター。材質はハイス鋼(HSS)で、鉄やアルミニウム、真ちゅう、銅、アルミ、木材などに使用可能です。

刃先角度は90°で、次の3サイズがラインナップされています。

  • MC-8:外径8mm
  • MC-12:外径12mm
  • MC-16:外径16mm
新潟精機 SK 面取りカッター 1-8mm MC-8 丸軸
新潟精機 SK 面取りカッター 1-8mm MC-8 丸軸
材質:ハイス鋼(SKH)
使用範囲:1~8mm
シャンク径:6mm

【おすすめ面取りカッター7】Baban『超硬質チタンコーティング 6本セット』

最後におすすめする面取りカッターは、Babanの『超硬質チタンコーティング 6本セット』です。

Baban『超硬質チタンコーティング 6本セット』の特徴

Baban『超硬質チタンコーティング 6本セット』は、6サイズ(6、8、9、12、16、19mm)が入った面取りカッターのセットです。

超硬質チタンでコーティングされており、木や繊維板、パーティクルボード、合板、プラスチックなどの面取りとバリ取りに最適。面取り角度はすべて90°。材質を高速スチールブレードとしたことで、工具の長寿命化を実現しました。

Baban バリ取り 面取りカッター 工具 金属 プラスチック 加工 6本 セット 6mm-19mm チタンコーティング
Baban バリ取り 面取りカッター 工具 金属 プラスチック 加工 6本 セット 6mm-19mm チタンコーティング
サイズ – 6mm、8mm、12mm、16mm、19mm

面取りカッターの種類と選び方

最後に、面取りカッターの種類と選び方をご紹介します。

面取りカッターの種類

面取りカッターには次のような種類があります。

軸の形状

面取りカッターの軸の形状は、次の2種類です。

  1. 六角軸
  2. ストレート軸
材質

面取りカッターは、おもに次の3つの材質が使われています。

  • 鋼製:安価だが、耐久性が低い
  • ハイス鋼(HSS):ハイスピードスチールの略称で、「高速度鋼」ともよばれる。鋼製よりも硬く、摩耗しづらい
  • 超硬チップ:ハイス鋼よりも固くて重く、耐摩耗性にも優れる

現在主流となっているのは、硬い材料にも使え値段が手頃な、ハイス鋼製の面取りカッターです。

サイズ(直径)

面取りカッターのサイズ(直径)は、製造メーカーによってさまざまですが、次のものが多く販売されています。

  • 6mm
  • 8mm
  • 10mm
  • 12mm
  • 14mm
  • 16mm
  • 19mm

引用:Amazon

面取りカッターの選び方

前項で、面取りカッターにはたくさんの種類があることがわかりました。ここでは、どのように面取りカッターを選べばよいのか解説します。

軸の形状の選び方

軸の形状は、手持ちの工具に合わせて選びます。

もし、手持ちの工具がインパクトドライバーであれば、六角軸を選ぶ必要があります。ストレート軸は、取り付けることができません。

インパクトドライバー以外の電動ドライバーなどでは、六角軸とストレート軸のどちらでも取付可能です。手持ちの工具に取り付けられる軸が、どのような形状かよく確認して購入しましょう。

材質の選び方

面取りカッターの材質は、加工する材料の硬さにあわせて選びましょう。

  • 鋼製:スギやキリなどの柔らかい木材向き
  • ハイス鋼(高速度鋼):木材からアルミなどの金属まで幅広く対応
  • 超硬チップ:デッキ材などの硬い木材や金属向き

流通量が多いハイス鋼製は値段が手頃で耐久性もありますが、硬い金属に使用する機会が多い場合には、超硬チップをおすすめします。

サイズ(直径)

面取りカッターのサイズ(直径)は、バリ取りを行う穴径や、皿ねじ頭の径にあわせて選びます。

バリ取りを行う場合には、穴径よりも大きめのサイズを選んでください。たとえばSK11の面取りカッターでは、14mmサイズは5.0〜10.0mmが適応穴径としています。

皿ねじの皿取りを行う場合は、ねじ頭の直径と同じか少し大きいサイズが適切です。

最適な面取りカッターで快適な作業を

今回は、面取りカッターのおすすめ7選や種類、選び方を解説しました。どのように面取りカッターを選べばいいのかも、理解して頂けたかと思います。

穴あけにバリはつきもので、つまりは面取りカッターも欠かせない工具です。ぜひ最適な面取りカッターを選んで、快適な作業を実現させてみましょう。



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。