レーダー探知機とは?オービスの場所が分かるおすすめ商品15選をご紹介!

レーダー探知機とは?オービスの場所が分かるおすすめ商品15選をご紹介!

引用:photoAC

俗にオービスの名前で知られる機器は、公道も高速道路も含めどんな場所に設置されていても可笑しくはありません。レーダー探知機は、そんな計測器やその他の設置場所を事前に知らせてくれ、安全なドライブをするのに役立ってくれます。推奨できる機種や、便利な機能などをラインナップしていきます。

レーダー探知機とは?

引用:Pixabay

本記事で解説していくのは、無人で自動的に速度を計測し取り締まりを行う、所謂オービス機器が発している電波をキャッチし、ドライバーにその位置を教えてくれる探知機の事です。探知すれば、音声やランプなどの方法で近くに装置がある事を教えてくれます。

速度の取り締まり装置と言っても、最近ではオービスに限らず、レーダーを発しないLHシステムを始めとした新しい形式も実用されており、こうした装置の発見には、場所が登録されているGPSを搭載したモデルが必須となります。

レーダー探知機を取り付けるのは違法?

引用:Pixabay

前述している通り、主な役割は、各地にある速度計測および取り締まりの機器を事前に発見し、警察のお世話になる事が無い様にするのがその役割の1つです。また、取り締まられない速度まで落とす事で、安全なドライブにもつなげる事が出来ます。

そんな機器は、人によっては怪しいイメージを持ってしまい、違法なのではないかと思う場合もあります。ですが実際には、こうした機器を活用して未然に場所を知る事は、法律的に何の違反も無いのです。

前述した通り、本来の使い方は機器を未然に発見し、安全な速度での運転をドライバーに心がけさせることに一役買っています。使用して悪い事は何ひとつありませんので、安心して探知機を使用してよいのです。

レーダー探知機の選び方

引用:Amazon

レーダー探知機と言っても、探せば幾つもモデルが存在しています。反応できる取り締まり装置の種類、見方などが異なりますので、適したモデルを選びましょう。

選び方①形状で選ぶ

引用:Amazon

まず形状についてですが、大きく分けて一体型とミラー型の2つが挙げられます。一体型は、アンテナとディスプレイが文字通り一体になっているタイプの探知機です。基本的に車のダッシュボードの上に設置して使用します。

レーダー探知機の中でもオーソドックスな物で、設置がしやすく案内も見やすい、バリエーションが豊富などのメリットがあります。対してミラー型は、ルームミラーへ取り付けて使用するタイプの探知機となります。

一見すると普通のルームミラーと変わりないデザインですので、一体型ほど目立つことなく車へ取り付ける事が出来ます。近未来的ですが、製品自体の値段が高く、取り付ける場所も限られますので、コストや扱いやすさを重視するなら一体型が向いています。

選び方②受信方式

引用:Amazon

受信の方式とは、計測器の位置を探知する方法の事を指します。オービスの様な一般的な無人の取り締まり装置の場所を探知する場合には、Xバンドと呼ばれるレーダー式やHシステムなどのレーダー波を発するタイプに対応するモデルが適します。

最低限必要な機能さえ備わっていれば良いという方は、Xバンドタイプで十分です。ですが、このタイプではLHシステムやループコイル式といった、新しく導入されている取り締まりの装置には対応していません。

そうしたものに対応しているのが、GPS付きの探知機です。前述した新しい装置はレーダーには対応しませんが、GPSにその場所が登録されている為に対処できます。その分Xバンドタイプモデルと比較すると高価ですが、より沢山の装置を見逃したくないならGPS付きがおすすめです。

選び方③搭載機能

引用:Amazon

そして、搭載されている機能を確認する事も大切です。最も大きいのが、受信できる探知機に対応しているバンド数です。数字で表されており、バンドの数が大きければ大きいほど、より沢山の装置を発見できることになります。

Xバンド、Kバンド、カーロケーターシステム、取り締まり用連絡無線である350.1MHz、そしてGPSの5つが重要ですので、5バンド以上のモデルだと比較的多数の取り締まり装置に対応できるといえます。

また、GPS搭載のモデルを選ぶなら、お使いのドライブレコーダーとGPSの情報を共有、更新できる相互通信機能があると便利ですし、パソコンやスマホのアプリが使用できるのなら無料のGPSデータ更新サービスが受けられます。

おすすめ人気のレーダー探知機【光オービス対応】

引用:Amazon

以上、レーダー探知機の役割や適したモデルの選び方などについて解説してきしました。ここからは、おすすめのレーダー探知機のモデルをタイプごとに分けてご紹介していきましょう。まずは光オービスタイプモデルからになります。

おすすめ①ユピテル レーダー+レーザー探知機 A360α

ユピテル レーザー光対応レーダー探知機 SUPER CAT A360α
ユピテル レーザー光対応レーダー探知機 SUPER CAT A360α

レーザー受信対応(エスフェリックレンズ搭載)
新Kバンド(新レーダー式移動オービス)識別受信対応

1点目はユピテルの「レーダー+レーザー探知機 A360α」になります。GPS衛星位置などを予測するために必要な対応衛星数が84と非常に多く、エスフェリックレンズという独自の技術を取り入れた事で、光オービスの探知距離、範囲共に広くなっています。

自動ドアなどのセンサーを感知した際などに発生してしまう誤警報も、自動的にキャンセルしてくれます。誤警報だと分かった場合には手動でキャンセルしなければならないモデルが多いですが、この機能に依って同じ場所で誤警報になる事はありません。

口コミ

引用:ユピテル

実際のユーザーからの口コミでは、GPSの位置計測が早く安定して使えるという声が上がっていました。また、別モデルでは問題だった誤警報も、感度を速度と警報レベルにセルフでカスタマイズすれば気にせずに使用し続けられる様です。

おすすめ②コムテック レーダー+レーザー探知機 707LV

コムテック レーザー光対応レーダー探知機 ZERO 707LV
コムテック レーザー光対応レーダー探知機 ZERO 707LV

レーザー受信対応! 新型取締機「レーザー式固定オービス」「レーザー式小型オービス」にも対応
3.2インチMVA液晶

2点目はコムテックの「レーダー+レーザー探知機 707LV」です。レーザー式という、従来の探知機では受信が出来なかった取り締まり装置に対応しており、受講部に凸レンズを採用して、受信距離の短いレーザー式に対応しました。

GPSデータも備わっており、レーザー式の固定オービスを発見可能、一般道なら1キロ前の段階で警報で知らせてくれ、GPSには無い小型のオービスなどはレーダーやレーザー波を受信する事で発見するなど、2つの対応方式で様々な装置を発見出来ます。

口コミ

引用:コムテック

新しい取り締まりに対応したモデルという事で、前モデルと比較しても取り締まりへの対応はもちろんのこと、画面の表示の見やすさや操作性に関しても向上していると評価されています。しっかり移動式のオービスに対しても反応しているという実績もある様なので、安心して使用できそうです。

おすすめ③セルスター レーダー+レーザー探知機 AR-W86LA

セルスター レーザー式オービス対応レーダー探知機 AR-W86LA
セルスター レーザー式オービス対応レーダー探知機 AR-W86LA

レーザー受信機能 レーザー式オービスに対応
準天頂衛星「みちびき」のサブメーター級測位補強サービスに対応

3点目はセルスターから「レーダー+レーザー探知機 AR-W86LA」のご紹介です。こちらもレーザー式オービスの電波を受信するために光学フィルターを搭載した受信部を持っており、遠方からでも素早く装置の場所をキャッチ、受信レベルを強と弱で判別し、危険度の高さも分かります。

オービスの位置を記録したGPSデータは毎月の更新も行え、両方の警告で見逃す事もありません。警告に関しても、リアルCG警告や待ち受け警告、安全運転モードなどから選択でき、現在の走行状態に合わせて選べます。

口コミ

引用:セルスター

新型のレーザー式オービスへの対応として、2km近く手前からキャッチして警告、そして500m程の手前になってもう一度警告するなど、実用に関しては問題ない様です。最初にGPSでの警告、続いてレーダーを受信しての警告と、うまく活用できれば非常に役立ってくれるでしょう。

おすすめ人気のレーダー探知機【ディスプレイ一体型】

引用:Amazon

光オービス対応のレーダー探知機でおすすめのモデルをご紹介しました。続いては、アンテナとディスプレイが一体になっており、広く普及しているオーソドックスな一体型のモデルで推奨できる機種を紹介します。

おすすめ④ユピテル レーダー探知機 A330

ユピテル SUPER CAT A330
ユピテル SUPER CAT A330

「ガリレオ」「みちびき」にも受信対応。測位精度がさらに向上しました。今後打ち上げられる「準天頂衛星」にも受信対応します。
フルカラー液晶ディスプレイ ワイド3.6インチ

ユピテルの「レーダー探知機 A3330]は、アラートCGを全部で92種類収録し、滑らかにCGを動かしてくれます。表示される文字のサイズは大きめで、警告されたときにオービスの内容を一目で確認可能です。

搭載しているGPSの収録データ数に関しても14万件以上とトップレベルを誇っており、取り締まりデータ5万件以上、実写の警報も4000件以上収録しています。オプションでわき見や居眠り運転防止警報機も用意できるなど、拡張の幅も広いです。

口コミ

引用:ユピテル

フルマップの警報画面、そして警報の文字サイズに関しては見やすさを重視しているため分かりやすかったと評判でした。また、今までに検問を受けたことがない場所でも位置を知らせてくれますので、日々の安全運転の向上にも役立ってくれます。

おすすめ⑤コムテック レーダー探知機 706V

コムテック GPS液晶レーダー探知機 ZERO 706V
コムテック GPS液晶レーダー探知機 ZERO 706V

小型オービス3タイプ識別対応
3.2インチワイド大画面MVA液晶

続いてはコムテックの「GPS液晶レーダー探知機 706V」です。ディスプレイが3.2インチと非常に大きく設計されている大画面の探知機で、タッチパネル式で操作に関しても直感的かつ分かりやすいというのが特徴になります。

見つけにくい移動式の小型オービスも発見できる様、GPSとレーダーの2つで対応、生活用の道路にも設置されやすい移動式、可搬式判可搬式の3つのタイプの小型オービスを未然に発見して教えてくれます。

口コミ

引用:コムテック

測定器を発見してからの警報で、警報音が無くともライトで発見した事を知らせてくれる点はとても高評価の様でした。計測器の探知はもちろんの事、急ブレーキや急発進など危険な運転にも注意喚起をし、安全運転を常に心がけさせてくれます。

おすすめ⑥セルスター レーダー探知機 VA-910E

セルスター レーダー探知機 VA-910E
セルスター レーダー探知機 VA-910E

ガリレオ衛星対応! 6種類70基の衛星から受信できる!
液晶サイズ:3.2インチ

セルスター「レーダー探知機 VA-910E」は、欧州連合の構築した全地球航法衛星システム「ガリレオ衛星」に対応している探知機になります。合計6種類、計70機の衛星との受信が可能で、これが比較的GPSの位置把握が難しい山間部や都心部の高層ビル街でもズレることなく探知機の場所を表示してくれます。

生活道路に設置され、発見が比較的困難なゾーン30の様な小型のオービスもしっかり発見してくれます。また、装置が発見された場所の位置情報をGPSデータとして無料更新する事も可能です。

口コミ

引用:セルスター

従来の機種と同様に、GPSのデータを無料で更新する事が出来るのは購入の大きな決め手になったという声がありました。バンドは5なので多彩な計測装置に対応という訳では無いですが、重要な所は抑えられていますのでコストパフォーマンス重視なら十分なスペックといえるでしょう。

おすすめ⑦コムテック レーダー探知機 304V

コムテック GPS液晶レーダー探知機 ZERO 304V
コムテック GPS液晶レーダー探知機 ZERO 304V

グロナス&みちびき受信 さらにひまわり、GAGANにも対応
2.4インチワイド大画面IPS液晶

コムテックの「レーダー探知機 304V」です。登録されているGPSデータとレーダーの波の受信の2つで発見します。GPSでの位置情報に加え、レーダーでキャッチした際にも警報で知らせてくれますので、新しく新設される小型のオービスにも対応しています。

加えて、コムテックの独自技術であるGPS位置情報の保管システム「Gセンサー」を備えており、トンネル、高架下といったGPSが受信できない様な場所に設けられたオービスでもしっかり対応して警報で知らせてくれます。

口コミ

引用:コムテック

本体のサイズはコンパクトながら、液晶画面は十分に見やすい大きさである事が評価されていました。また、通知は初期設定のままでは煩わしく感じるかもしれませんが、それも5分程度の簡単な設定をする事で扱いやすくカスタマイズできる模様です。

おすすめ⑧セルスター レーダー探知機 AR-W55GA

セルスター レーダー探知機 AR-W55GA
セルスター レーダー探知機 AR-W55GA

衛星受信数4種76基で測位精度アップ
3.2インチMVA液晶

セルスターの「レーダー探知機 AR-W55GA」は、オービスなどの取締装置の場所を警報で知らせてくれる機能はもちろんの事、政府が発令する地震を始めとした災害の情報を伝える機能「災危情報」を画面上に表示してくれるモデルになります。

実際に地震などが発生した場合、その災害の予想規模などをモニターに表示してくれ、音声でも同時に知らせてくれますので、万が一の状況で心強い探知機と言えます。また、相互通信が可能なドライブレコーダーとの接続に依り、走行中の映像をモニターにそのまま映してくれます

口コミ

引用:セルスター

実際に自信が発生した際も問題無く通知をしてくれたというユーザーの声も見受けられました。また、登録されているGPSのデータの更新もしっかり行ってくれますし、Wi-Fiと携帯を利用すればデータのアップデートも簡単に行えます。

おすすめ人気のレーダー探知機【ミラー型】

引用:Amazon

ここからは、ミラー型の探知機のおすすめモデルのご紹介に移ります。ミラー型は名前の通りミラーと一体となった未来的なスタイリングで、車内をスッキリとまとめたいときなどにおすすめです。

おすすめ⑨セルスター ミラー型探知機 AR-5

セルスター レーザー式オービス対応セパレートミラー型レーダー探知機 AR-5
セルスター レーザー式オービス対応セパレートミラー型レーダー探知機 AR-5

レーザー受信部セパレートタイプ
3.2インチMVA液晶搭載

まずはセルスターの「セパレートミラー型探知機 AR-5」のご紹介からになります。本体とレーザーの受信部を別々に取り付ける方式で、受信部分はキャッチしやすい場所に設置が出来ます。受信に関しては高感度の光学フィルターで行い、かなり手前の段階から取締装置を発見して知らせてくれます。

加えて独自のアルゴリズムに依って、自動ドアの様な誤警報をしてしまいやすい受診を自動的に判別してくれますので、肝心のオービス関連の受信を高確率で行えます。サブメーター級測位補強サービスに対応した事で、山間部を始めとした衛星計測位置の誤差も減少しています。

口コミ

引用:セルスター

口コミに依れば、前身となったモデルでは誤警報が多かったものの、本モデルではアルゴリズムの判別のおかげかそれが大幅に減少し、欲しい取締装置の発見がしやすくなったという声が多くありました。表示の仕方も分かりやすく、扱いやすい探知機の様です。

おすすめ⑩ユピテル ミラー型探知機 530

ユピテル レーダー探知機ミラー型 A530
ユピテル レーダー探知機ミラー型 A530

小型オービス、レーダー波受信対応!
液晶ディスプレイ ワイド3.2インチ

ユピテルの「ミラー型レーダー探知機 A530」です。ミラーの左右どちらでも設置をして画面を表示させられますし、全面をミラーとしても使えます。リモコンが付属しており、これでの操作も可能、使わない時は本体裏の収納用ポケットにしまっておけます。

こちらもレーダー波とGPSデータの2つの方法で計測装置を受信しますので、高い精度で発見し知らせてくれ、GPSデータにない小型の新設オービスでもレーダーで探知可能、別売りの無線LAN機能付きSDカードを使えば、常に新しいGPSデータが提供されます。

口コミ

引用:ユピテル

旧製品から買い替えで利用していた方は、GPSの位置計測が非常に精度が向上しており、速度や位置の捕捉も素早く行ってくれるという評価がありました。GPS、無線の警報も細かく出してくれますので、安全運転を助けてくれるアイテムの様です。

おすすめ⑪コムテック ミラー型探知機 505M

コムテック ミラー型GPSレーダー探知機 ZERO 505M
コムテック ミラー型GPSレーダー探知機 ZERO 505M

小型オービス3タイプ識別対応
2.4インチワイド大画面TFT液晶

コムテックの「ミラー型探知機 505M」は、18バンドの受信に対応しているレーダー探知機になります。幅広い取締装置に対応し、取り締まりや検問のデータを合計で6万件以上収録、新しい交通規制であるゾーン30にも対応し、アイコンで知らせてくれます。

加えて、受信可能な衛星数は75基、GPSの位置計測の制度を非常に高いものにしています。また、例えGPSが途切れる様なトンネルの中、山間部であっても、OBDⅡの接続に依って常に車体の正確な位置を捕捉し続けられる機能もあります。

口コミ

引用:コムテック

衛星の受信の早さ、データ更新を用意に行える事は進歩を感じているようでした。但し初期設定のまま使おうとすると、不要な警告が沢山出て肝心の情報が見にくいという声もありますので、自分が使いやすいように設定が必要なのは他モデルと変わりない模様です。

おすすめ人気レーダー探知機【ドライブレコーダー一体型】

引用:Amazon

ドライブレコーダーとレーダー探知の機能が一体になったモデルもあります。レコーダーとGPSの位置情報を共有できますので電源も1つで済みますし、探知機とドライブレコーダーの両方を接続して運用する必要も無い為、ダッシュボード付近をスッキリさせられるという利点があります。

おすすめ⑫コムテック ドライブレコーダー一体探知機 CB-R02

コムテック ドライブレコーダー + レーダー探知機 一体型 CB-R02
コムテック ドライブレコーダー + レーダー探知機 一体型 CB-R02

ドライブレコーダーとレーダー探知機一体型
3.2インチ液晶

コムテックの「ドライブレコーダー + レーダー探知機 一体型 CB-R02」です。一般的なオービスの発するXバンドだけではなく、小型のオービスのレーダー波であるKバンドにも対応、そしてGPSも搭載しているので、種類を選ばず幅広いタイプの取り締まり装置を未然に発見できるモデルです。

ドライブレコーダーについては、200万画素で夜間でも鮮明な映像を写せる高画質さで、万が一事故などが発生した場合、その場ですぐに撮影した映像を確認する事も可能です。16GBのmicroSDHCカードが付属し、そのまま使えます。

口コミ

引用:コムテック

ドライブレコーダーとレーダー探知機とが一体化していますので、ダッシュボードがごちゃつく事も無くスッキリと使える様です。また、視界を遮らない様に運転席側の端に配置して探知、撮影に使用しても、画角の広さのおかげで十分撮影できていました。

おすすめ⑬ユピテル レーダー探知機付ドライブレコーダー A800DR

ユピテル レーダー探知機付きドライブレコーダー A800DR
ユピテル レーダー探知機付きドライブレコーダー A800DR

ドライブレコーダー連動レーダー探知機
液晶ディスプレイ ワイド3.0インチ

ユピテルの「レーダー探知機付ドライブレコーダー A800DR」は、HDRの300万画素ドライブレコーダーと探知機の一体となったモデルになります。前述のモデルよりも高画質である故に、撮影する映像もより鮮明かつ分かりやすいものになります。

装置の探知はレーダーと搭載しているGPSの記録場所で警報をしてくれ、各都道府県の警察署の取締指針を時刻や場所と照らし合わせ、リアルタイムで取り締まりがされている場所を表示します。また、ワンタッチでレーダー探知とレコーダーの映像を切り替えられます。

口コミ

引用:ユピテル

都会などでは警告音が多くて煩わしく思う事もありますが、様々な機能が備わっており、それらが正確に働いてくれる事が評価されていました。純正の無線LAN付きSDカードも頻繁に取締関連の情報が更新され、レコーダーの映像もブレ補正がかかっているかのようなストレスの無い撮影が出来ている様です。

おすすめ人気レーダー探知機【ソケット型】

引用:Amazon

最後に、ソケット型のレーダーのおすすめモデルのご紹介になります。名前の通り車体のソケット部分に挿し込んで使用するタイプの探知機である、ソケットさえあればどんな車種でも利用可能、かつ配線も不要です。

おすすめ⑭セルスター ソケット型レーダー探知機 GR-91

セルスター ソケットタイプGPSレシーバー GR-91
セルスター ソケットタイプGPSレシーバー GR-91

配線不要だから、どこでも持ち運び可能!
ガリレオ衛星受信対応 6種類76基の衛星から受信できる

まずはセルスターから「ソケットタイプGPSレシーバー GR-91」になります。ソケットタイプらしく配線は不要で、シガーソケットに挿せばそのまま探知機として使えます。GPSデータを28種、3万件以上記録しており、LEDの警告光と音声で知らせます。

加えて、GPSのデータは毎月完全無料で配信がされており、そのまま更新する事が出来ます。データはパソコンを使用するほか、Androidスマホならmicro-SDカードを使って経由しダウンロードができるなど、気軽に最新の状態にアップデートして使い続けられます。

口コミ

引用:セルスター

データの更新に必要なmicro-SDカードこそ別売りのものを用意する必要がありますが、毎月のアップデートはSDカードさえあれば行えますので、買い替えのユーザーからも好評です。ソケットに取り付けてもGPSの測位は問題無くできる様です。

おすすめ⑮コムテック ソケット型レーダー探知機 108C

①タイトル
①タイトル

配線不要。車両シガーソケットに挿し込むだけで使用可能
本体に登録されたGPSデータにより新型取締機「レーザー式固定オービス」に対応

ラストはコムテックの「ソケット型レーダー探知機 108C」です。新型オービスに対応する様、GPSには18万件以上の地点が登録されており、ゾーン30にも対応済み、そして前述のモデルと同じく、市販のmicro-SDカードがあれば毎月無料でGPSデータを更新できます。

口コミ

引用:コムテック

スクールゾーン、白バイの取り締まり位置など、GPSのデータに沿って高めの頻度で警告してくれるようです。不要な案内があれば設定で無しにできますし、性能自体に関しても特に問題無い事が分かりました。

便利なレーダー探知機を愛車に取り付けよう

引用:Pixabay

便利なレーダー探知機は、カーナビなどと同様あって困る事は無いアイテムです。ソケット型、ミラー型、ドライブレコーダー一体型などモデルは様々ですので、自分の使い方に合う一台を見つけてみて下さい。

その他の関連記事はこちら

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。