注文住宅おすすめの間取りとは?住みやすい家にするためには!

注文住宅おすすめの間取りとは?住みやすい家にするためには!

おしゃれでこだわりの詰まったマイホームを建てたい、と言う方は必見です。おしゃれにこだわるあまり使い勝手が悪くなってしまっては元も子もありません。住みやすい間取りをご紹介しますので、これから家を建てると言う方は参考にしてみてください。誰もが羨むおしゃれで住みやすいマイホームを建ててみましょう。

注文住宅おすすめの間取りとは?

住みやすい家づくりの鍵を握っているのは、間取りです。どのような間取りが住みやすい家に繋がるのかご紹介していきます。ポイントを押さえて、居心地の良いマイホームを作っていきましょう。

住みやすい間取りとは?

住みやすい間取りは、もちろん人それぞれ異なります。では一体何をもってして、住みやすい間取りと言えるのでしょうか。それは、家族の生活動線がキーワードになっていきます。

家族の人数や共働き世帯など、生活動線は家族によってそれぞれ異なります。洗面所、トイレなど、朝出かける前の身支度の時間がみんな同じであればそこに家族が集中するので混雑してしまいます。

そのため、混雑を緩和するような間取り作りが必要となります。また、動線が重なる場所にリビングをもってくると、家族みんなが集まりやすくなります。

他にも、日々の生活での家事動線は大切になってきます。洗濯機の近くに洗濯を干す場所をもってくるなど、家事をしやすい間取りを作ることで日々の生活がしやすくなります。

新築一戸建てに取り入れたい人気の間取り

間取りにも流行りがあり、近年は解放感あるリビングに人気が集まっています。オープンキッチンや、ペニンシュラキッチン、リビング続きのウッドデッキ、吹き抜けがある間取りが人気です。開放感を得るために、採光性にこだわった家も多く建てられています。

注文住宅でおすすめ間取り【キッチン】

主婦の方が一番こだわる場所がキッチンではないでしょうか。キッチンは一日でいる時間が最も長く、使いやすいキッチンに仕上げたいものです。ここでは、人気のキッチンをご紹介していきますので、自身のキッチン作りの参考にしてみてください。

対面キッチンがおすすめ

キッチンには主に壁付けキッチン、対面キッチンの2種類があります。最近は、対面キッチンが人気です。壁付けキッチンの場合、料理をしながら家族に背を向けてなければいけませんでしたが、対面キッチンであれば、料理をしながら家族と喋ることもできますし、小さなお子様がいらっしゃる家庭では遊んでいるお子様の様子を見守りながらご飯の支度をすることができます

キッチンのおすすめ間取りを見てみよう!

対面と言っても、アイランドキッチン、ペニンシュラキッチン、カウンターキッチンといくつかの種類があります。それぞれの特徴と間取り例をご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

【アイランドキッチン】

アイランドキッチンは、キッチンが独立しておりキッチンの周りをぐるりと一周することができます。複数人で料理をすることができたり、開放感溢れるキッチンであることがメリットにあげられます。

また、キッチンのレイアウトが自由に選べるので、自分が一番使いやすいキッチンに仕上げることができます。一方デメリットは、アイランドキッチンを設置するには、キッチンの面積を多めにとらなければいけないこと、また油などの汚れが飛び散りやすいことがあげられます。お手入れは大変ですが、生活感が出にくくインテリア性の高いキッチンができあがり、建売とは違ったおしゃれな家に住みたい方にはおすすめです。

【カウンターキッチン】

アイランドキッチンほど開放感はありませんが、リビングにいる家族の様子が分かり会話をしながら料理することが可能です。コンロや水周りの前に壁があるので、汚れが飛び散ることもなく、お手入れも簡単です。また、キッチンの手元が見えないので、様々な調理器具を置いてしまいがちなキッチンをリビングから見えないように隠すことができるのがメリットです。

【ペニンシュラキッチン】

片側が壁についており、アイランドキッチンとカウンターキッチンの中間に位置しているのがペニンシュラキッチンです。コンロの前に壁こそありませんがパネルなどを設置することにより油汚れの飛び散りを防ぐことができます。カウンターキッチンに比べ開放感があり、リビングも広く感じます。

注文住宅でおすすめ間取り【リビング】

家族団らんの憩いの場となるリビングは、動線の集まる場所にもってくるのがおすすめです。皆さんどのような間取りにしているのか見てみましょう。

リビングの横は和室や畳コーナー

最近では、和室がない家も増えていますがリビングの横に和室があるととても便利に利用できるので、和室をどうするか悩んでいるかたは検討してみてください。

和室があると、来客時の寝室に使用することができます。来客は頻繁に来るものではありませんが、和室を用意しておくといざというときに大いに役立ちます。

また、小さなおこさんがいらっしゃる方は、和室をプレイスペースにすることができたり、おむつ交換のスペースにすることもできます。他にもちょっとゴロゴロしたいときなど、和室があるととても便利です。

リビングのおすすめ間取りを見てみよう!

リビングからフラットで和室を設けると段差がなく、小さなお子様やお年寄りも安心してすごせるのでおすすめですが、小上がりの畳もおすすめです。小上がりにすることでリビングとの空間を仕切ることができるほか、収納スペースも確保できるのです。

来客時の寝室にするのであれば、小上がりスペースにできた収納に布団やシーツを収納できますし、お子様のプレイスペースにするのであればおもちゃやオムツ、おしりふきを収納することもできます。

注文住宅でおすすめ間取り【クローゼット】

ウォークインクローゼットはもちろんですが、最近ではファミリークローゼットに人気が集まっているのは、ご存知でしょうか。ここからは、ファミリークローゼットについてご紹介していきます。

ファミリークローゼットを作る

ファミリークローゼットとは家族の衣類を一か所にまとめ収納することを言います。一か所にまとめることで、各部屋の居室スペースを広く設けることができ開放感あふれる家になることでしょう。また、一か所に衣類がまとまっているので洗濯が各段に楽になります。洗濯スペースの横に、ファミリークローゼットを設けている方も多くおられ洗濯を取り込んだ後、仕分けるだけなので楽だと言う声が多くあがっているほどです。

クローゼットのおすすめ間取りを見てみよう!

家事動線を考えるのであれば、ランドリースペースの隣に設けるのがおすすめです。洗濯を干す→畳む→片付けると言う一連の作業が、一か所で全て行えるので時短にもなります。忙しい方はぜひ、取り入れてみてはいかがでしょうか。

注文住宅でおすすめ間取り【パントリー】

会員制大型スーパーなどでまとめ買いをする方も多く、日用品、食料品の保管場所にパントリーが必要だと言う方が増えています。

パントリーの導入は欠かせない

以前は食料品の保管庫と言う意味でパントリーが普及していましたが、最近では食料品だけでなく様々なものを保管する倉庫と言う意味で広がってきています。家族の人数が多ければ多いほど、食料品や日用品も増えますので、人数に合わせたパントリーのサイズにすることが大切です。

パントリーのおすすめ間取りを見てみよう!

パントリーは食料品を収納することが多いので、キッチンから近く動線が良いところに設けることがおすすめです。できれば、キッチンの横に設け、キッチン以外からも出入りができるようにしておくと使い勝手が良くなるでしょう。

注文住宅でおすすめ間取り【ウォークイン玄関収納】

ウォークインと言えば室内に設けるクローゼットを思い浮かべる方が多いでしょう。しかし、土間のように利用できる玄関収納もあるのです。

これでスッキリ!理想の玄関

玄関に置いておきたいものは意外にも多いものです。家族が多いご家庭なら、その分靴の数、傘の本数など多いでしょう。収納を広く設けておけば、それらもすっきり収納することができますし、ストライダー、ベビーカー、外出時に使用するベビーグッズやケルヒャー、アウトドアグッズまで収納することができます。

外の倉庫に収納すると言う方法もありますが、やはり屋内に収納しておいた方が安心できるでしょう。玄関周りをすっきりさせたい方は、ウォークイン玄関収納の設置を検討してみることがおすすめです。

玄関収納のおすすめ間取りを見てみよう!

玄関の横につけると便利です。雨の日に濡れてしまったレインコートや、ロードバイクなどを持っている方は自転車も収納してみても良いでしょう。家の中には持ち込みたくないけれど、屋内で保管したいものがある方には、おすすめの収納方法です。

注文住宅で住みやすい家を建てよう!

注文住宅は建売住宅と違い、自由に間取りをレイアウトすることができるのが最大の魅力です。家族が住みやすい理想の家を建ててみてください。その際に動線を意識してレイアウトすると住み心地の良い家が完成するでしょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。