おしゃれな注文住宅とは?基礎知識から失敗しないポイントまで徹底解説!

おしゃれな注文住宅とは?基礎知識から失敗しないポイントまで徹底解説!

引用:pixabay

憧れのマイホームだからこそ、おしゃれで住みやすい家になるように依頼したいものです。最近はおしゃれな家もたくさん増えてきて、「こんな家がいい」「ああいう家も住んでみたい」など、頭の中で色々考えてしまいます。

そこでここでは、おしゃれな注文住宅を依頼するために基礎知識や、失敗しないポイントなど、有益な情報をご紹介します。おしゃれなマイホームにするためにも、是非利用してみて下さい。

人気のおしゃれな注文住宅とは?

人気のおしゃれ注文住宅にするためには、おしゃれにするためのポイントや、特におしゃれにこだわってほしいポイントがあります。意外と見落としがちなことがたくさんあるので、建築前に頭の中で整理してみましょう。

注文住宅におしゃれさをプラスするポイント

おしゃれなマイホームにするためには、まず自分の中で「こういうデザインの家にしたい」というコンセプトを立てる必要があります。設置する家具、家全体のカラー、使用する素材、テーマ(モダンやシック、ナチュラルなど)をまとめて下さい。

おしゃれにするためには統一感を出す必要があるということなのです。自分の中の理想のマイホーム像をしっかりさせて、デザイン性を固めなくてはいけません。難しく感じるかもしれませんが、簡単な絵にしてみてはいかがでしょうか。

ザックリとした絵であっても、空間のバランスやカラーバランスが分かりやすくなるはずです。

注文住宅でおしゃれにこだわる箇所

ここでは特におしゃれにこだわりたい箇所を細かく分けてご紹介します。1つ1つのポイントを確認しながら、少しずつおしゃれなマイホームへと仕上げていきましょう。パーツごとに分けて考えることで、頭の中でも理想が固まり始めるはずです。

  1. 外壁
    外壁の色や素材で家の見た目は大きく変わります。洋洋風だったり、和風、モダン、シック、木目調など、色々なパターンがあります。おしゃれなマイホームにするためには、外壁のチョイスがとても重要だと言えます。
  2. 家の形状・フォルム
    家の形もかなり重要で、例えば和風と洋風では見た目がかなり違います。家の形状で中の間取り、部屋割りもある程度決まってくるので、その部分も含めて検討が必要になります。
  3. 窓の大きさ・形
    外から見た窓の印象でも、その家が可愛かったりカッコ良かったりなど、大きく印象を変えてくれます。家の中を明るくしたいのであれば大きな窓がおすすめですし、高級感・解放感もあります。
  4. 玄関
    家の顔と言えばやはり玄関です。家に入ってまず1番に視界に入るので、こだわる方もとても多い印象です。廊下や靴箱の統一感、開放感はもちろん、リビングへ行くまでの空間づくりを意識して下さい。
  5. 内装
    おしゃれな家と言えばやはり内装が1番のメインになってくるはずです。壁紙の質感・色、家具の配置など、絶妙なバランスが要求されます。最近はキッチンにこだわりを持つ方も多いですし、デザイン性が重要になります。
  6. 間取り
    間取り1つで部屋の印象は大きく変わり、ほんの少しの工夫で部屋が広く感じれるようになります。家は1人で住むものではなく家族で住むものなので、最低でも2~3人が行き来しても狭く感じないような空間づくりを目指しましょう。

注文住宅でこれを作るだけでおしゃれに

ここではおしゃれな注文住宅にするためのおすすめポイントをご紹介します。この情報を元に、おしゃれマイホームを実現しましょう。

おしゃれ注文住宅①吹き抜け

吹き抜けがあるだけで開放感があって広く感じますし、とてもおしゃれであると言えます。自然と高級感も漂うので、おしゃれマイホームにしたい方は吹き抜けを取り入れてみて下さい。

おしゃれ注文住宅②リビング階段

リビング階段とはそのままの意味で、広いリビングの中に2階へあがるための階段があることを言います。原理としては吹き抜けと同じで、階段から見える隙間が開放感を感じさせ、空間を広く見せることができるのです。

2階から光が差し込みますし、明るい空間づくりとしてもベストな方法となっています。

おしゃれ注文住宅③大きな窓

大きな窓を取り入れることで外から光を吸収し、明るく開放感のあるおしゃれ空間を作りだすことができます。大きな窓は外から見るとスタイリッシュですし、中から見てもおしゃれで景色の外観も良くなります。

ただし大きな窓は外から中の生活が見えやすくなるという部分もあるため、プライバシー対策は必須です。大きい分掃除も大変になりますし、すべての窓を大きくというよりは、一部大きい窓を取り付けるという方が使いやすいかもしれません。

内装のひと工夫でおしゃれな注文住宅に

おしゃれ住宅にするためには内装のこだわりは欠かせません。ここではおしゃれな内装にするためのポイントや、コツについて詳しくお伝えします。

おしゃれ注文住宅④フローリング

フローリング1つで部屋の雰囲気がガラッと変わります。話題のおしゃれな住宅はほぼこの無垢フローリングを使用していることが多いため、向くフローリングを取り入れてみることがおすすめです。

ちなみに無垢フローリングと言っても色や材質、価格などもそれぞれ違いますので、依頼する業者に見本を見せてもらうのがおすすめです。

おしゃれ注文住宅⑤壁

おしゃれな空間にしたいのであれば壁にもこだわってみましょう。壁紙の色を変えるだけでもおしゃれではあるのですが、最近はレンガやタイルを使用する事例も多く、見た目も一気におしゃれ感がUPします。

デザインにこだわっているのがよく分かりますし、部屋に立体感も生まれます。まるでカフェのような雰囲気もあり、いま大人気の壁スタイルなのです。

例えば壁全体をレンガやタイルにして、一部の壁だけアクセントとしてワンポイントカラーを取り入れたりするのもおしゃれです。赤や白、黒、グレーなど、一部だけ色を変えるのも上級おしゃれテクニックと言えます。

注文住宅で建築を失敗しないコツ

家を建てる経験は人生で1度きりという方も多いはずです。だからこそ少しの失敗もしたくないと感じることでしょう。そこでここでは、注文住宅の建築で失敗しないコツをまとめてみました。

失敗しないコツ①収納計画

家を建ててすぐは物も少なく快適ですが、住んでいくうちにどんどん物が増えてしまいます。そこで収納場所が大切になるのですが、どうせなら収納もおしゃれに見せてしまいましょう。

壁にラックを付けて見せる収納を取り入れたり、まるでインテリアの一部として物を並べたりしてみてはいかがでしょうか。もちろん見せない収納場所もしっかり確保し、見せる収納・見せない収納のバランスを取ってみて下さい。

失敗しないコツ②照明器具

部屋の照明で雰囲気は大きく変わります。明るい空間づくりはもちろんですが、ほんの少し色を落とすだけでもおしゃれ感が増すので、それぞれの部屋に合わせてセレクトする必要があります。

分かりやすいように、ここではリビング照明、ダイニング照明、キッチン照明についてご紹介します。

  • リビング照明
    リビングはやはり明るい空間にしたい方も多いのではないでしょうか。そういう場合は部屋全体を明るくすることができるシーリングライトがおすすめです。天井に埋め込むダウンライトも人気ですが、少し暗いのでシーリングライトとセットで設置しましょう。
  • ダイニング照明
    ダイニングによく使用されるのはダウンライトペンダントライトです。ダイニングは今度家具の配置を変えることもあるので、まずはダイニングテーブル周辺が明るくなる場所に照明を設置してみて下さい。
  • キッチン照明
    キッチンの照明は一般的にダウンライトが選ばれることが多いのですが、ダウンライトの中でも明るく発光するタイプを選びましょう。手元が分かりやすいような照明選びが重要になります。

失敗しないコツ③コンセント

意外と見落としがちになってしまっているのがコンセントの設置位置です。最初は気付かなくても、生活をしているうちにコンセントの場所が悪くて使いにくく感じてしまいませんか?

そうならないためにも、コンセントの設置場所は注意深く考えなければいけません。ちなみに2畳につき1つのコンセントがあることが快適な空間づくりの基本となっています。それぞれの部屋別に、コンセントのおすすめの設置場所をご紹介します。

  • 寝室
    寝室ならまず部屋に入ってすぐの場所に1か所、部屋の奥に1か所設置しましょう。入口なら掃除機をかける時に便利ですし、奥ならベッド付近なので何かしら用途は出てくるはずです。スマホ充電にも便利と言えます。
  • 子供の部屋
    子供は電気を使う機会がとても多いです。テレビ、パソコン、ゲーム、エアコンなど、あらゆるシーンでコンセントが大活躍します。こちらも寝室と同じく、入ってすぐの場所に1か所、奥に1か所がおすすめです。
  • 玄関や廊下
    廊下や玄関にも1か所~2か所設置することをおすすめします。あまり活躍しないと思いがちですが、主に掃除機をかける時に便利になります。
  • 洗面所や脱衣所
    洗面所に1か所、脱衣所に1か所コンセントを設置して下さい。ドライヤー、髭剃り、ヘアアイロンなど、ここでもコンセントが活躍します。
  • トイレ
    トイレには1か所コンセントを設置しましょう。基本的にウォッシュレットに使用するケースが多いので、奥の目立たない場所で大丈夫です。
  • ベランダ
    ベランダはそのご家庭によって設置するか、しないかが変わります。ガーデニングをするのなら1か所は必要ですし、イルミネーションにもこだわるのであれば2か所は必要です。逆に何もしないのであれば、設置する必要はありません。

失敗しないコツ④外観

おしゃれな家にするために、外観にもこだわりをもちましょう。和風・洋風・和モダン・洋モダン・シック・シンプル・木目調など、今の住宅は外観のバリエーションも豊富で選ぶのがとても楽しいです。

自分の中でうまく決められないのであれば、色々なサイトやSNSで住宅の写真をいくつかチェックしてみて下さい。その中から自分の理想が見えてくることもあるので、その写真をもとにあなたの理想をデザイナーに提案してみましょう。

おしゃれな注文住宅の参考サイトの紹介

ここではおしゃれな注文住宅にするための1つの参考として、おすすめのサイトをご紹介します。ここから理想の家のイメージが湧くこともありますので、デザインを詰めるためにも是非1度確認してみて下さい。

suumo「おしゃれな家」

不動産情報サイトsuumoが提供する注文住宅集をご紹介します。実際に行った建築の写真が掲載されているので、とても参考になります。家の外観、内装以外にも家族構成も書かれているので、こちらも参考にしてみて下さい。
suumoの「おしゃれな家」はこちら

houzz

Houzz(ハウズ)は住宅デザインやインテリア、アドバイスなど、暮らしの住まいづくりのサポートを行っています。住む人のために住まいの専門家の知識・経験を提供し、より優れた住宅の建設を目指します。
Houzz(ハウズ)はこちら

おしゃれな注文住宅を建てるためのハウスメーカー選び

おしゃれな住宅を建設するためにも、ハウスメーカー選びはかなり重要です。ここではおすすめのハウスメーカーの選び方や、確認しておきたいポイントについてご紹介します。

ハウスメーカー別の工法や機能を比較

ハウスメーカーと言っても、その会社によって得意な工事というものが存在します。デザイン性の高い家づくりが得意だったり、省エネ志向の家をベースにしていたり、耐震工事が得意だったりと、それぞれの特徴があるのです。

おしゃれなマイホームを建築したいのであれば、必ずデザイナーがいるハウスメーカーを選ぶようにして下さい。必ずしも建築家・デザイナーがセットで存在するわけではないので注意が必要です。

デザインや条件で住宅会社を比較

注文住宅は自分の理想の家づくりが叶うというのが最大のメリットです。そのためデザインも無限にありますし、理想を追求すればするほど建築費用も上がっていく仕組みになっています。

注文住宅を依頼する時は必ず複数の会社に相談し、デザイン性や費用、条件で自分にあったハウスメーカーを選んでみて下さい。

資料一括請求が便利!

昔は1つ1つのハウスメーカーを自分の足で回って資料を請求したり、相談するのが基本でした。しかし今はネットが普及していることで、ネットから簡単に資料一括請求を行うことができるのです。

その便利なサイトは「持ち家計画」というのですが、建築しようとしている地域を入力して検索するだけで、そこに見合った資料が送られてくるというシステムになっています。

これならわざわざ出かけなくてもいいですし、気持ち的にもとてもラクです。資料請求するだけでも参考になる情報をたくさん引き出すことができるので、持ち家計画を使って資料請求をしてみましょう。
持ち家計画はこちら

おしゃれな家で快適な生活を!

おしゃれなマイホームを手に入れるためには少しの妥協も許してはいけません。自分の理想・好み、そしてデザイナーや建築家の意見を取り入れて、自分たちだけのおしゃれなオリジナルホームを建設しましょう。

よりイメージを膨らますためにも色々なサイトやSNSの写真をチェックして、快適で住みやすい環境を手に入れて下さい。まずは資料請求から始めみるのもおすすめです。

その他の関連記事はこちらから


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。