ベッドを処分したい時はどうしたらいい?正しい処分方法を解説!

ベッドを処分したい時はどうしたらいい?正しい処分方法を解説!

引用:amazon

いざベッドを買い替えようとなった時、今あるベッドをどのようにして処分すればいいのか分からない方も少なくないのではないでしょうか。パッと燃えるゴミの日に出せればラクなのですが、大型家具なので実際はそうもいきません。

ここではベッドの処分方法について詳しくまとめていますので、ベッドの処分に困っている方はこちらを参考にしてみて下さい。

ベッドの捨て方とは?

ここではベッドの捨て方についてお伝えします。捨て方としては2種類あるので、自分の捨てやすいと感じる方法を選択しましょう。

処分方法①粗大ごみとして行政に回収してもらう

不要なベッドを粗大ごみとして、お住まいの市町村に回収してもらうのが便利です。まずはお住いの市役所か粗大ごみ受付センターに電話(※ネットからでもOK)をしてみましょう。電話が繋がったら、あなたの名前や住所、回収して貰いたい備品(この場合はベッド)、ベッドの大きさを伝えてみて下さい。

ベッドの回収日や集合場所、受付番号、ごみ処理手数料を教えてくれるので、メモをとります。回収依頼した後は、市町村が指定するコンビニやスーパーで「粗大ごみ処理券」を購入しましょう。

「粗大ごみ処理券」に電話で聞いた受付番号や必要事項を記入し、ベッドに貼り付けます。あとは指定された回収日に、指定された場所までベッドを運んで下さい。行政がしてくれるのはベッドの回収のみなので、運び出すのは自分で行わないといけないのが少しデメリットではあります。

ちなみに65歳以上、もしくは体に障害を持っている世帯では、相談次第では行政が運んでくれることもあるので、事前に確認しておくと便利です。ちなみに粗大ごみ受付センターの受付の多くは電話対応となっていますが、最近はネット受付を開始している自治体も増えてきているのが現状です。

ネットからならいつでも思い立った時に作業できますし、気を使わなくていいので使いやすいのではないでしょうか。ちなみにベッドの処分費用はそこまで高くないので安心して下さい。市町村によって費用は変わりますが、参考までに品川区の処分費用も併せてご紹介いたします。

ベッドの種類 処分費用
シングルベッド 1,000円
セミダブルベッド 1,400円
ダブルベッド 1,800円
パイプベッド 600円

処分方法②不用品回収業者に依頼する

もう1つのベッドの処分方法は、不用品回収業者です。あまり馴染みがない業者かもしれませんが、土・日・祝に関わらずいつでも引き取りにきてくれるので、時間がない方でも処分しやすくなっています。

不用品回収業者を見つけるには広告チラシを確認するか、ネットで検索する方法がありますが、たまに回収トラックが巡回していることもありますので、その際に声をかけてみるのもおすすめです。ただしその場合はすぐに回収してもらうのではなく、大体の値段でもいいので見積もりをとってみて下さい。

すべての不用品回収業者がそうだというわけではないのですが、相場以上の金額を請求してくる悪徳業者も増えてきているので、見極めは大切です。

ちなみに不用品回収業者に依頼すれば業者が家の中に入ってベッドを回収してくれるので、自分では何もしなくてすみます。その代わり回収費用の相場は約1万円と高値になっていますので、そこだけは注意しておきましょう。

1万円と聞くと高いと感じるかもしれませんが、例えば2階からベッドを降ろしたり、大きなサイズのベッドをフラフラになりながら外に出すことを考えると、利用するメリットはあります。もちろん1万円以下で引き取ってくれる業者もありますので、まずは見積もりをとってみて下さい。

ベッドの種類によって処分費用が変わる

ベッドと言っても種類によって処分費用に差が出てしまいます。いざ処分を使用として自分が思っていたような金額と違っていたとしても、ベッドが大きいことが理由かもしれません。

処分費用は大きさやベッドの種類による

ベッドにはシングル・セミダブル・ダブル・クイーン・キング・ソファベッド・折りたたみ式ベッド・マットレスベッド・ロフトベッド・ベビーベッド・介護ベッドなど、種類もバリエーションも豊富です。

そのため「一律〇〇円」というわけにはいかず、ベッドの大きさや種類によって処分する時の値段が変わってしまうのです。ベッドのタイプによって分解する手間、処分する手間が変わってしまうため、複雑なベッドほど処分費用は高くなります。

当然ながら1番小さいシングルサイズのベッドは処分費用が安いですし、一方キングサイズのベッドは処分費用が高くなります。また介護ベッドは特殊なベッドということもあり、こちらも処分費用は高くなる傾向にあります。

ベッド処分を業者に回収してもらう際のポイント

ここではベッドを回収してもらう時に気を付けておきたいポイントをご紹介します。知らないうちに損をしてしまわないためにも、ほんの少し注意しておくだけで必ずプラスに繋がります。

余計な費用を請求する悪徳業者もいる

不用品回収業者に依頼する時は悪徳業者に注意しましょう。「無料回収のはずが料金を請求された」・「予定になった金額を請求された」・「回収を途中で止めた際、ベッドを家に戻す費用を請求された」・「見積もり以外の手数料を請求された」など、過去にもたくさん金銭トラブルが発生しています。

特に初めて利用する時は何があるか分からないので、できればネットの口コミを検索してみるなど、自分でできる対策も重要になってくると言えるでしょう。なぜこのような事態になるのかと言いますと、ベッドを引き取ったあとの処分方法が関わっているのです。

引き取ったベッドは一般的に、①廃棄物として処理・②中古販売店に転売・③古物市場で販売・④ネットで再販売・⑤店舗で再販売に分けられます。②~④なら再び販売することで利益を獲得できるので問題ないのですが、①だと引き取り側も処分費用がかかります。

これが原因で高い処分費用を請求してくることもあるので、不用品回収業者の見極めはかなり重要なポイントになってしまいます。ちなみに引き取ったベッドを再販売しようとしている業者は実店舗を構えているケースが多いので、そこを1つの目安としてみるのもおすすめです。

依頼の際には事前に見積もりを取る

ベッドを引き取ってもらう時は、必ず事前に見積もりを取るようにして下さい。そして見積もり以外の金額が後から発生しないのかどうかも確認しておくと、トラブルにならないのでおすすめです。悪質な業者は何かと理由につけて高額費用を請求してくるところがあるので、金額の確認は必須です。

ベッド処分を無料でする方法

実は無料でベッドを処分する方法もあるのはご存知でしょうか。ここではお得に無料でベッド処分する方法を4つご紹介しますので、利用できそうなサービスは使わないと損です。

方法①買い替え時の引き取りサービス

ベッドを買い替える時に使える技なのですが、店によっては買い替えると同時に古いベッドを処分してくれるところがあります。一般的にはベッド1台3,000円代で引き取ってくれるケースが多いのですが、中には無料で引き取ってくれるところもあるのです。

ベッドを購入する時に聞いてみるのもいいですし、無料で処分できるのならかなり助かります。店舗ではなく通販でもベッドを引き取ってくれることが多く、中には「○○円以上購入で購入ベッド数と同じベッド数を引き取ります」といったようなサービスもあるので、こちらもチェックしておきましょう。

店舗に直接聞いてみてもいいですし、HPやネットでの情報から調べてみるのもおすすめです。特に無料で引き取ってくれるような良心的な店舗は話題になっているはずなので、すぐ目にとまるでしょう。

方法②無印良品の無料引き取りサービス

無印良品でもベッドを無料回収してくれるサービスを展開しています。すべてのベッドが対象というわけではありませんが、対象ベッドを購入した方、そして同種、同じ数に限り、新しいベッドを届ける際に古いベッドも回収してくれるので凄く便利なのです。

ちなみに無料回収してくれる対象商品は、脚付マットレス・ベッド各種・ベッド用マットレス各種・ソファ(※体にフィットするソファは除く)・テーブル(※ダイニングチェア、デスク、折りたたみ式テーブル、子供用テーブル、こたつ以外)となっています。

もしこれからベッドを購入しようと思っているのなら、無印良品にしておくとこれから先買い直すことがあったとしても安心です。無印良品のベッドは寝心地も良いので大人気ですし、この機会に検討してみるのもおすすめです。

方法③引っ越し業者の不用品回収サービス

もし引っ越しをするのなら引越し業者に引き取ってもらいましょう。引っ越し当日までベッドはそのままで大丈夫ですし、自分で運び出す手間も省けます。引っ越し業者の中でもクロネコヤマトがおすすめで、製造6年以内の家電製品・家電を対象に買取りまで行ってくれるというから驚きです。

ただしエアコンやブラウン管TV、マットレスの買取はできないので、事前に確認しておくことをおすすめします。クロネコヤマト以外だとアップル引っ越しセンターもおすすめです。

家具なら何でも引き取ってくれますし、無料で引き取る方法・有料で引き取る方法・買い取る方法の3つのプランが用意されています。これなら処分にも困りませんし、何より手間も省けるので非常に便利ではないでしょうか。ベッドの引き取りは、意外と引っ越し業者でも引き受けてくれるようです。

方法④自分で細かく分解して処分する

お金をかけずにベッドを処理したい方は、ベッドを分解してゴミの日に出すのもおすすめです。パーツごとにわけて燃えるゴミ・燃えないゴミに分けないといけませんが、自分でできる完全無料のごみ処理方法となります。

ただし大きいサイズのベッドになるほど手間がかかるので、ベッドの大きさによってはあまり向いていない方法かもしれません。ベッドの綿の部分はゴミ袋に入れて燃えるごみの日に出せるので比較的ラクですが、ベッドのフレームはノコギリで切断するなど、少し難しいです。

自分でベッドを処分する時は決して1人で行うのではなく、最低でも2~3人が協力して細かく分解し、ごみの日に出すことをおすすめします。

買取業者に買取してもらう方法

「処分をしようとしたらお金がかかると言われた」、または「そんなに年数も経過していないので、もったいない」と言う場合は、無理に処分せずに買取業者に依頼してみてはいかがでしょうか。自分では売れないと思ってみても、いざ査定してもらうと高い金額がついたりします。

ここでは買取業者に買い取ってもらう方法についてまとめていますので、是非参考にしてみて下さい。処分するよりも買い取ってもらった方がオお得ですし、見積もりをとるだけでも参考になるのでおすすめです。

出張買取が可能な業者に依頼

ベッドを売るとなると1番に考えられるのがリサイクルショップの存在です。服や雑貨だけではなく家電や家具などあらゆる物を買い取ってくれるメリットがありますので、ベッドの買取ももちろん行っています。

ただしリサイクルショップで買い取ってもらう場合は、キレイで痛みのない状態のベッドであることが最低条件となっています。

特にブランドものは高く売れる傾向にあるため、ブランド製のベッドなら問題ありません。ちなみに買取り前に必ずベッドの査定がありますので、自宅に出張してくれるリサイクルショップを選ぶようにしましょう。

最近は多くのリサイクルショップが、自宅まで出向いて買取査定を行ってくれるところが増えてきています。まずは1度電話でも良いので、問い合わせるところからスタートしてみましょう。

汚れもなくブランド商品なら売却できる可能性大

新品な状態に近いベッドほど買取がつきやすく、困りません。またブランドのベッドは高く売れる傾向がありますので、ベッドの買取依頼を出す前に自分のベッドのメーカーを確認しておくのも大事です。

リサイクルショップで買い取ってもらうなら、有名どころなら「ハードオフ」や「セカンドストリート」がおすすめです。もちろん地元にしかないリサイクルショップでも買い取ってもらうことができるので、まずは1度問い合わせてみましょう。

ベッドは適切な方法で処分しよう!

ベッドが不要になった時は、適切な方法で処分することが大切です。大型家具なので捨てるのは大変ではありますが、行政に依頼したり、不用品回収業者に依頼したり、または引き取りサービスを利用したり、買取業者に引き取ってもらうなど、意外と処分の方法はたくさんあります。

処分方法もそれぞれメリット・デメリットがありますので、自分に合った方法で効率よく要らなくなったベッドを処分しましょう。

分からない場合は問い合わせだけでも対応してもらえますし、その時に見積もりをとっておけば心配もないので安心です。市販でも通販でも新規ベッドを購入すると同時に引き取ってもらえるサービスもあるので、まずは自分自身で細かくチェックしていくことをおすすめします。

近年問題になっている不法投棄だけは絶対に避けましょう。効率よく処分できるシステムがたくさんあるので、是非活用してみて下さい。

その他の関連記事はこちらから


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。