ブラウン管テレビの処分方法とは?費用から処分の手順まで徹底解説!

ブラウン管テレビの処分方法とは?費用から処分の手順まで徹底解説!

今はあまり見かけなくなったブラウン管テレビですが、不要になった際にどのように処分すればいいのかご存知ですか。粗大ゴミに出せないのか?など困っている方も多いことでしょう。そこで、処分方法や処分する際に注意したいことについて紹介していきます。

ブラウン管テレビの処分方法は?

現在発売されているテレビの多くは液晶テレビであり、店頭にブラウン管のテレビが並ばなくなりました。そんな、今では見かけることが少なくなってきている、ブラウン管のテレビが不要になった際に、どのように処分すればいいのかを費用や手順など徹底的に解説していきます。

家電リサイクル法が義務付けられている

ブラウン管テレビは家電リサイクル法で捨て方が決められています。この法律では、不要な家電の中から再利用できる部品や材料などをリサイクルするために作られている法律で、廃棄物を減らす目的や資源を有効活用する目的で定められています。

この家電リサイクル法に該当する家電は、テレビ、エアコン、洗濯機、冷蔵庫の4つで、これらを処分する際にはリサイクル料金や収集にかかる運搬料金などを支払う必要があります。

家電リサイクル法の対象のテレビは?

先ほど解説したように、テレビは指定された方法で捨てなければなりませんが、中には対象にならない物もあります。対象になるものは定めれた業者等に引き取ってもらう必要がありますが、対象にならないものは粗大ゴミとして捨てることができます。

この法律の対象になるものは、家庭で使用するテレビのことで、お風呂に持ち込めるタイプのものや電池で動くタイプのもの、車用のものなどは対象となりません。

ブラウン管テレビの処分方法①家電量販店で回収してもらう

ここからは、ブラウン管テレビを捨てる場合の方法と費用について解説していきます。まず最初は、家電量販店に回収してもらう方法についてチェックしていきましょう。

家電量販店で回収してもらう場合は、回収可能なお店なのかを確認しておく必要があります。家電量販店はテレビを取り扱っているため、回収可能なのではないかと思う方もいるかもしれませんが、実は回収ができない場所も多くあります

そのため、必ず依頼しようと思っているお店のホームページや電話、メールなどで確認しなければなりません。ちなみに、「ケーズデンキ」「ヤマダ電機」「エディオン」などの大手の家電量販店は、ブラウン管テレビの回収を行っていることが多いため、捨て方に困っている場合は一度問い合わせてみることをおすすめします。

かかる費用は?

家電量販店で処理してもらう際の費用は、依頼する店によって金額が大きく変わってきます。また、店舗に持ち込みで引き取ってもらうのか、新しくテレビを買った際に引き取ってもらうのか、家まで取りに来てもらうのかによっても変わってきます。

店舗名 ビックカメラ ヤマダ電機 ケーズデンキ ヨドバシカメラ
購入時(収集運搬料・リサイクル料) 4,620円 4,420円~7,120円 4,400円 3,520円
店舗持ち込み(収集運搬料・リサイクル料) 4,620円 4,400円 3,520円~5,720円
主張引き取り(出張料・収集運搬料・リサイクル料) 5,720円 7,120円 7,700円 5,720円

こちらの表は、いくつかの家電量販店で20インチのものを処理した際の費用の例で、リサイクル料はサイズごとに異なるため注意が必要です。

ブラウン管テレビの処分方法②引き取り場所へ持ち込む

家電リサイクル法に該当するテレビは、指定の引き取り場所に持ち込むことで捨てることができます。引き取り場所へ持ち込みには、まず郵便局のATMか窓口でリサイクル券を発行するためのお金を振り込みます

そして、リサイクル券を受け取ったら、メーカーが指定している引き取り場所をネットで検索し、営業時間や休業日などを確認します。そして、受け取ったリサイクル券を貼り付ければ完了です。

かかる費用は?

ブラウン管テレビにはPCリサイクルマークが、付いているものと付いていないものがあります。この違いはPCリサイクル法が定められた年月によるもので、この法律ができた2003年10月以降に購入したものに付いています。

そして、このマークの有無でリサイクル料金が変わってきます。こちらのマークが付いているものは、リサイクル料が支払ってあるという目印になるため、リサイクル料がかかりません。そのため、マークがない場合のみ4,000円のリサイクル料金が発生します。

ブラウン管テレビの処分方法③下取りサービスを利用する

下取りサービスを利用して処分する場合は、家電量販店で新しいテレビを購入し、不要なものを引き渡します。引き渡しの方法は、専門の業者が指定の時間に自宅に訪問し、新しいテレビをセットした後に、引き取ってもらうだけです。

この時の注意点は、下取りサービスを利用するためには、ブラウン管テレビを必ず引き渡さなければいけないため、売却できる状態の場合でも必ず引き渡す必要があることです。

かかる費用は?

下取りをする場合は、新しいテレビを購入した家電量販店に費用を支払います。そのため、店舗によって料金にばらつきがあります。

店舗名 コジマ電気 ヤマダ電機 ケーズデンキ ヨドバシカメラ
ブラウン管テレビ15型以下 1,296円~1,836円 2,482円~4,282円 2,780円 1,296円
ブラウン管テレビ16型以上 2,376円~2,916円 3,564円~4,822円 3,780円 2,376円

 ブラウン管テレビの処分方法④リサイクルショップに持ち込む

リサイクルショップに持ち込む場合は、まだ使うことができるものの場合に有効な方法です。そのため、ガラスやプラスチックが破損している場合は買取の対象にならないので、注意が必要です。

持ち込んだ後は査定を依頼します。査定で買い取り金額が付かない場合でも、処分費用がかからなくなるため、そのまま引き取ってもらうことでお得に処分することもできます。

かかる費用は?

リサイクルショップで買い取りを依頼する場合は、買取を拒否される場合と、無料で引き取りになる場合、買取金額が発生する場合の3パターンです。通常料金を支払って処理するものが無料または、売ることができればとてもお得に処理することができます。

ブラウン管テレビの処分方法⑤不用品回収業者を利用する

次に、不用品回収業者を利用する方法を紹介します。不用品回収業者はブラウン管のみを回収してもらう場合費用が割高になってしまいますが、他にもいらないものがある場合は一度に不用品を処分することができるためお得に処理できます。

また、重いテレビをどこかに持ち込むといった手間を省くことができるため、便利に利用することができます。ただし、悪徳業者も多いため業者選びには注意しましょう。

かかる費用は?

不用品回収業者を利用した場合の費用は、業者によって費用はさまざまですが、基本的に自治体で処理する場合の費用の3~5倍ほどが目安です。他の方法と違って費用が高いため、いくつか見積もりを取り、見積もりの内容や金額に納得できるところを選びましょう。

ブラウン管テレビを処分する際に気を付けること

最後にブラウン管のテレビを処分する際に、気を付けることについてチェックしていきます。

ブラウン管のテレビの処理方法は法律で定められているため、違法な業者に騙されないように注意する必要があります。それでは、具体的にどのようなことに注意すればいいのか見ていきましょう。

回収料金「無料」には要注意!

回収料金が無料と言っている業者は、市町村の許可を得ていない違法業者がほとんどです。このような業者はアナウンスをしながら町を走っていたり、チラシを配っている場合があり、依頼すると引き取りは無料ですが高額な運搬料を請求される場合があります。

また、このような業者に騙されてしまうと、高額な運搬料を請求されるだけではなく、環境破壊や不法投棄に加担してしまうことになるため、無料の言葉に騙されないよう注意が必要です。

違法業者に要注意!

道端や山の中に、家電などが不法投棄されているのを、見たことがある方も多いのではないでしょうか。これは違法業者が回収したものを捨てているため起きる現象で、捨てられた物の持ち主が分かった場合は持ち主が罰則を受けることもあります。

また、このような違法業者は高額な処分費用を請求してくることが特徴です。先ほど紹介したように、「無料」などを宣伝としている業者は違法業者の場合が多いので、騙されないようにしなければなりません。

このような業者に騙されてしまうと、高い処分料金を請求されるだけではなく、処分されるはずのものが不法投棄されてしまいます。そして、その持ち主が自分だった場合、違法業者ではなく自分が罰せられてしまいます。

このような理不尽な思いをしないためにも、多少費用がかかっても信頼できる業者に依頼して処分することがおすすめです。

ブラウン管テレビの処分方法を知って正しく処分しよう!

ブラウン管のテレビの処理は、法律で定めれているため粗大ゴミなどに出すことはできません。また、高額な費用を請求し不法投棄する違法業者も存在するため、このような業者に騙されないように注意しなければなりません。

本記事ではいくつか正しく処分する方法を紹介しており、それぞれ費用や処分の際のメリットについて解説していますので、是非参考にして自分にあった方法を見つけて正しく処分しましょう。

その他の関連記事はこちらから

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。