秀光ビルドの坪単価は?安く注文住宅を建てたい人におすすめな情報を紹介!

秀光ビルドの坪単価は?安く注文住宅を建てたい人におすすめな情報を紹介!

注文住宅は大きな買い物であり、お金が貯まらないなどの理由からなかなか踏み切ることができません。しかしローコスト住宅で有名なハウスメーカーの秀光ビルドなら、他社では難しいと言われた予算でもマイホームが実現できるかもしれません。マイホームを建てるとき、秀光ビルドで依頼しようと考えている方の参考になる、坪単価参考価格やおすすめの商品を紹介します。

秀光ビルドの坪単価は?

マイホームを建てるときに価格面でチェックするのが坪単価です。住宅性能や付帯などによっても建築価格は変わりますが、まずは坪単価をチェックすることである程度の予算が組みやすくなります。秀光ビルドの坪単価は約30~45万円とローコスト住宅のなかでもかなり低価格となっています。

建築実例を見ると、40坪以上の住宅を建てた場合、本体価格が1300万円という商品もあります。もちろん諸経費などで費用はプラスされますが、他社ハウスメーカーで依頼すればもっとかかるのが現実です。

秀光ビルドは価格表で明瞭

秀光ビルドはローコスト住宅で知られているハウスメーカーですが、坪単価を含めたある程度の建築費用が見える【価格表】が特徴です。秀光ビルドにある価格表は30坪で2階建ての自由設計なら935万円、35坪なら1047万円など、あらかじめ建築費用が分かるようになっています。商品と坪単価を合わせた建築価格が表になっているのでおおよその建築費用が把握しやすく、見積もりもすぐに出てきます。

秀光ビルドの家の特徴は?

秀光ビルドは価格表による明瞭会計だけでなく、さまざまな特徴があります。分かりやすい金額はもちろん、住宅性能やサポートもあるので安心して依頼できます。

フルサポートコミコミ価格で安い!

秀光ビルドの特徴に明瞭な価格表がありますが、その価格表には仮設工事費や地盤調査費、確認申請などの諸費用込みの価格で記されています。本来であれば商品価格の見積もりが出たあとでも、水廻り設備やさまざまな諸費用が追加され、当初の価格よりプラスされることがほとんどです。

しかし秀光ビルドの価格表はフルサポートコミコミ価格なので、建物本体価格や水廻り設備、諸費用、フルサポートサービスが標準装備として記載されているため、あとから大幅にプラスされることが少なくなっています。

施主の暮らしを支えるアフターサービス

秀光ビルドはマイホームを建てて終わりではありません。建築後の施主の暮らしを支えるためのアフターサービスも充実しています。設備や水廻りのトラブルからカギの紛失、ガラスやドアの破損、電気系統の故障など、急なトラブルにも駆けつけてくれる緊急駆け付けサービスが24時間365日対応で、応急処置であれば無料となっています。

また、不具合が起きたきとの駆け付け点検や、2年10年の定期点検も行っています。さらに秀光ビルド指定の火災保険に加入している場合は、システムキッチンやエアコン、床暖房などの住宅設備は最長で40年の保証サービスが受けられるようになっています。

高品質の住宅を提供

秀光ビルドの特徴は明瞭な価格表や充実したアフターサービス意外に高品質の住宅性能にあります。耐震・制振に優れたSKダンパーや高断熱・高気密に特化し、防音効果のある壁材や、最高基準の断熱性能や結露軽減効果のある断熱サッシを採用し、外気温に左右されない快適な空間になっています。

標準装備で搭載されているAI+loTホームリンクシステムではスマホを使って電気料金を数値で確認したり、外出時の家電がモニタリングできます。他にもオプションでZEH基準のZEPS住宅や長期優良住宅を採用することも可能です。

秀光ビルド公式サイトはこちら

秀光ビルドの商品と価格

分かりやすい価格表や建築後も安心して住むことができるアフターサービス、住みやすい快適な住宅性能に優れた秀光ビルドにはいろいろな商品があるのでチェックしてみましょう。気になる商品の坪単価なども合わせて紹介します。

商品①自由設計【SHQ】

自由設計で希望するマイホームを手に入れることができる【SHQ】は、最高水準の品質と性能を持つハイクオリティをコンセプトに、標準装備で光セラや高断熱サッシ、SKダンパー、軽量瓦などが採用されています。光セラは太陽光で汚れを分解し、雨水により流す効果があり、メンテ要らずとなっています。

高断熱サッシはフレーム極小化とガラス面最大化により断熱性をアップ、結露や騒音防止にも役立ちます。災害時にも安心できる耐震性と制振性に優れたSKダンパーと、揺れを軽減できる軽量瓦によって地震の際にも安心できる特徴もあります。

自由設計SHQの坪単価

自由設計でハイクオリティな住宅【SHQ】の坪単価は35~45万円ほどで、建物本体価格は1146万円からとなっています。こちらの商品は2階建て以外に、近年注目を集めている平屋住宅もできるので、平屋マイホームを考えている方にもおすすめです。

商品②自由設計【UL】

安心と価格に優れた自由設計の商品【UL】は、2階建てやバルコニー、吹き抜けやスキップフロアなど、マイホームに多数こだわりを持ちたいけれど、できるだけ価格を抑えたい方におすすめの住宅です。

標準装備で雨水で汚れを流してくれる親水コートや断熱性を高める高性能断熱サッシ、耐風や耐震、耐久、防水に優れた陶器瓦を採用しています。さらにオプションでSKダンパーや発泡ウレタン吹付断熱材、省エネ住宅をプラスすることも可能です。

自由設計ULの坪単価

自由設計【UL】の坪単価は30~40万円とかなり低めで、建物本体価格が1006万円からとなっています。住宅性能に優れているだけでなく、価格重視の方にも求めやすいのに自由設計なので、ロフト付きや充実した収納、ウッドデッキなど希望の間取りを手に入れる事が可能になります。

商品③規格住宅【SL】

複数プランから選択することができる規格住宅【SL】は2階建てや平屋対応で、プロが作ったこだわりのマイホームを実現できます。

標準装備で遮熱性や防水性、透湿性や防風性に優れた遮熱シートや、高気密高断熱と防音効果が期待できる断熱材、高性能断熱サッシを採用しています。また、外壁には高い防水性と汚れが付きにくい30年超耐久コーキで経年劣化等による汚れ防止が住宅の寿命を伸ばしてくれます。

規格住宅SLの坪単価

規格住宅【SL】の坪単価は25~35万円と、これまでに紹介した商品の中でも最も低価格で、建物本体価格も907万円からとかなりのローコスト住宅になっています。1000万円以下でマイホームを探している方にもおすすめなのに、住宅性能や標準装備は上記のULに劣りません。少ない予算でも素敵なこだわりマイホームを建築するならこちらの商品を検討してみてはいかがでしょうか。

商品④自由設計【3F】

狭い土地でも快適なマイホームにするなら自由設計【3F】がいいでしょう。こちらは3階建てのみ対応で、土地価格が高い都心部などに適した商品で、狭い土地でも3階建てにすることで部屋数が増やすことができます。

標準装備はUL同様の親水コートや高性能断熱サッシを採用しています。高さのある3階建てでも地震時に安心の耐震性に優れた耐力面材を使い、高い耐水性や耐久性、透湿性にも優れています。屋根材には耐久性や耐震性、耐熱性を持つガルバリウム鋼板を採用、海岸が近い場所にも対応できます。

自由設計3Fの坪単価

自由設計【3F】の坪単価は35~50万円ほどで、建物本体価格は1040万円からとなっています。本来であれば3階建ては2階建てや平屋に比べると費用が高くなることが多いですが、秀光ビルドであれば3階建てであっても坪単価を50万円程度に抑えることが可能です。

商品⑤賃貸経営【KSシリーズ】

アパートを経営してみたい方におすすめなのが、賃貸経営に適した【KSシリーズ】があります。秀光ビルドのKSシリーズなら建築費用が低いので、初期投資が少なく安心です。高気密高断熱はもちろん、標準装備でリビング用エアコンやカーテンレールを採用、高品質の住宅で入居率もアップします。

完成後は半年、1年、2年、5年、10年、15年、20年と定期的な点検サービスがあり、安全・安心して住むことができます。外壁には超耐久、低汚染シーリング材と長期耐久のガルバリウム鋼板で劣化しにくい造りになっているので、維持費の削減にも役立っています。

こちらの商品は2階建て29坪からで、フラットタイプやメゾネットタイプ、複合タイプなどさまざまな賃貸住宅を選ぶことが可能です。

賃貸経営KSシリーズの坪単価

賃貸経営【KSシリーズ】の坪単価は35~40万円ほどで、建物本体価格は29坪1037万円からとなっています。事業計画概要のアパートプラン4を適応した場合、建物価格は1351万円で借入金1000円、賃貸料を98000円に設定すれば利回りが17.4%とかなりの収益が見込めます。不動産投資や土地活用、税金対策などで賃貸経営を考えているなら秀光ビルドのKSシリーズもおすすめです。

秀光ビルドで家を建てるメリットとデメリット

高品質なローコスト住宅で知られる秀光ビルドで家を建てる場合、メリットだけでなくデメリットも知る必要があります。これまでに秀光ビルドの特徴はメイン商品の紹介や坪単価などを紹介しましたが、マイホーム建築に公開しないためにもメリット・デメリットをしっかり把握しましょう。

秀光ビルドのメリットはとにかく安い

秀光ビルド最大のメリットはとにかく安いということです。ローコスト住宅で知られる秀光ビルドは、他社ハウスメーカーと比較しても費用がかなり抑えられます。坪単価だけ見ても大手メーカーは通常70~80万円、他社ローコストメーカーでも50万円ほどですが、秀光ビルドの坪単価は30~45万円となっています。

建築実例として51.74坪の土地に2階建て2世帯住宅を希望した方で、建て坪22.38坪、延べ床面積43.56坪で間取り4LLDDKKの場合、見積額が坪単価31万円で総費用が2500万円となっています。

他社で見積もりを出したら、おそらくは倍近い費用がかかるのではないでしょうか。そもそも坪単価が30万円台というだけでもかなりの安さです。この建築実例はあくまで参考であり、同じ住宅を建築した場合でもオプションや付帯によって価格が上下するので注意してください。

秀光ビルドのデメリット①デザイン性が乏しい

秀光ビルドのデメリットとして住宅のデザイン性が乏しいことがあります。これはローコストにすることで、外観デザインの選択肢が少なく、こだわりのデザインにすることが難しいということでしょう。

しかし多少費用が増えますが、内容次第では対応できる場合もあるので諦めずに相談してみるのもおすすめです。街並みを意識したり扉や窓の向き、影になる箇所や外装材の選択によっては外装デザインの変更に役立つので、乏しいながらもできるだけ希望に沿ったものを見つけるといいでしょう。

秀光ビルドのデメリット②値引きはない

住宅建築では高額になるため、多少の値引きサービスを行っているメーカーもありますが、秀光ビルドでは値引きすることは難しいと思っておきましょう。基本的に秀光ビルドでは値引き交渉に応じないことになっています。

これは元々提示される住宅がローコストであり、それ以上値引きすることは不可能に近いからです。これまでに紹介した内容でも、坪単価や建物本体価格を見ても他社ハウスメーカーよりはかなり安く、工事諸費用やアフターサービスなども含まれた価格帯となっているので、値引きに応じてしまうと利益が出なくなるので、秀光ビルドでの値引き交渉は諦めたほうがいいでしょう。

他社ハウスメーカーでは見学会に参加するなどによって値引きされる場合もあるようですが、秀光ビルドではそのようなサービスもしていないようです。

秀光ビルドの競合他社は?

マイホームを検討している場合、多くの方が1社に即決せずに複数のハウスメーカーで見積もりや商品検索を行います。秀光ビルドを検討している方の多くは、ローコストハウスメーカーを比較するのではないでしょうか。そこで秀光ビルドと比べられることが多いメーカーをチェックしてみましょう。

秀光ビルドの競合他社はタマホームやレオハウス、アイフルホームになります。3社ともローコスト住宅をメインにしているメーカーです。他社と比較することで若干でも値引き交渉に応じてくれるハウスメーカーもあるので、秀光ビルドにこだわらず他社にも資料請求や見積もりを出してみるのもおすすめです。

他社との比較する方法

複数あるローコストハウスメーカーのなかで、秀光ビルドと他社を比較する場合、実際にメーカーや工務店に行くことは難しい方も少なくありません。そこで他社と秀光ビルドを比較する方法を紹介します。比較したい重要点は坪単価と価格、間取りセンスではないでしょうか。

マイホーム建築にはある程度の予算を決めていますが、価格オーバーしている時点でそのメーカーは除外対象になる場合もあります。間取りセンスは生活動線や住みやすい快適空間にも関わってくるので、しっかりとチェックしておきましょう。他社ローコストハウスメーカーと秀光ビルドを比較するときにおすすめのサイトを紹介します。

電話相談で比較できるサイトが【タウンライフ注文住宅相談センター】です。希望する間取りや住宅ローンなどの資金計画から建築スケジュール、土地探しなどを行っています。

タウンライフ注文住宅相談センター公式サイトはこちら

無料相談可能で知名度の高いサイトが【タウンライフ家づくり】です。安心して気軽に相談したい方はこちらをチェックしてみましょう。ネットを使って最短3分での一括依頼もできます。

タウンライフ家づくり公式サイトはこちら

不動産や住宅情報からマイホーム選びやお金に関するアドバイス、スケジュール調整やハウスメーカーとの面談後の断り代行なども行っているのが【LIFULL HOME’S住まいの窓口】です。こちらは電話だけでなくLINE相談、ビデオ通話相談も行っています。

LIFULL HOME’S住まいの窓口公式サイトはこちら

秀光ビルドはとにかく安くておすすめ

マイホームを持つには多額の資金とハウスメーカー選びがポイントになります。少ない予算でも満足できる家を探すなら、秀光ビルドを検討してみるのもいいでしょう。デザインにそれほどこだわりがない、とにかく費用を安く抑えたい、という方は秀光ビルドをチェックしてみてください。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。