【2020年】JVCワイヤレスイヤホンおすすめ10選を徹底紹介!

引用:pixabay

【2020年】JVCワイヤレスイヤホンおすすめ10選を徹底紹介!

JVCワイヤレスイヤホンとは、どのようなものなのでしょうか。ここでは、JVCブランドの特徴やJVCワイヤレスイヤホンの選び方などを解説していきます。また、イヤホン選びの参考におすすめのJVCワイヤレスイヤホンをシリーズごとに紹介していきます。

JVCワイヤレスイヤホンとは?

2020年最新のJVCワイヤレスイヤホンの、おすすめ商品を徹底紹介していきます。そもそも、JVCワイヤレスイヤホンがどのようなものなのか分からない、といった方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、まず始めにJVCワイヤレスイヤホンとは、どのようなものなのか特徴などを解説していきます。

JVCワイヤレスイヤホンは、1927年に「Japan Victor Company」という会社名で創立し、2011年に「JVC・ケンウッド・ホールディングス株式会社」と社名を変更している、オーディオ関係のアイテムを製造している会社です。

こちらの会社が製造しているイヤホンは、音質にこだわられたものが多くとても品質が高いです。中でもイヤホンは、コストパフォーマンスに優れ初めてのイヤホン選びでも気軽に試すことが可能です。

JVCブランドの特徴

続いて、JVCブランドの特徴についてチェックしていきます。JVCブランドは社名が「株式会社JVCケンウッド」となっており、コーポレートブランドが「JVCKENWOOD」となっています。そして、コーポレートブランドの下にプロダクトブランドの「JVC」「KENWOOD」「Victor」の3つがあります。

このように、それぞれのブランドが役割を分けて経営を行うマルチブランド戦略で、「限界を超越する鋭敏さ」「ひとの感覚を高めるイマジネーション」「誇りと探究心」をコンセプトとし、事業に取り組んでいるブランドです。

JVCワイヤレスイヤホンの選び方

次に、JVCワイヤレスイヤホンの選び方について紹介していきます。JVCワイヤレスイヤホンを選ぶ際はどのようなことに注意して、選べば良いのでしょうか。それでは、詳しく見ていきましょう。

選び方①種類

イヤホンには、ワイヤレスタイプと有線タイプがあります。有線タイプのものはケーブルが必要になり、ワイヤレスタイプはケーブルが不要なタイプとなります。

最近のスマホはイヤホン端子がないことが多いため、ワイヤレスタイプまたは有線タイプに変換ケーブルを使用して使う方法となります。

また、ワイヤレスタイプには通常のワイヤレスイヤホンと完全ワイヤレスイヤホンの2種類があり、通常のワイヤレスイヤホンはケーブルでユニットに繋がれていることに対して、完全ワイヤレスイヤホンはケーブルにユニットが繋がれていません。

ワイヤレスイヤホンは電池持ちが良く音が途切れにくいというメリットがありますが、ケーブルが邪魔になってしまう場合があります。そのため、ケーブルが邪魔になったり絡んだりすることが心配な場合は、完全ワイヤレスイヤホンがおすすめです。

ただし、完全ワイヤレスイヤホンはワイヤレスイヤホンよりも電池の減りが早く、小型であるがゆえにいつの間にか耳から離れて無くなってしまうケースもあります。

選び方②使用用途

イヤホンを選ぶ際は、どのような用途で使用するのかも大切な項目となってきます。例えば、イヤホンの使用が想定される場面は、スポーツや通勤、通学などですが、スポーツを行う際に使用するイヤホンと通勤通学時に使用するイヤホンが同じものでは、使いづらさを感じてしまいます。

JVCワイヤレスイヤホンはファッション性に優れたおしゃれなイヤホンや、スポーツに最適な衝撃性に優れたタイプなどがあります。そのため、どのような用途で使用するのかを明確にし、使用用途に合ったタイプのものを選びましょう。

また、JVCではスポーツ用イヤホンとして防水性能や防塵性能が優れていることはもちろん、専用のアプリを使用して走りのフォームを確認することができるなど、機能性がとても高いことが特徴です。

選び方③シリーズ

最後に、シリーズで選ぶ方法について紹介していきます。JVCワイヤレスイヤホンには主に4つのシリーズがあります。音質にこだわって製造されている「CLASS-S」は、ハイレゾにも対応しており高音質で高解像度であることが特徴です。

また、重低音が印象的でおしゃれな「XX」は、密閉型のイヤホンとなっているため音漏れの心配がなく、耐久性にも優れています。「N_W」はファッション性が高く普段使いにおすすめです。カラーバリエーションも豊富で好きなデザインが見つけやすいシリーズです。

「AEワイヤレス」はスポーツ時や移動時におすすめです。汗や雨での故障の心配がないIPX5レベルの防水性があり、専用のアプリと連動して使用することが可能なシリーズとなっています。

JVCワイヤレスイヤホン!XXシリーズ

ここからは、おすすめのJVCワイヤレスイヤホンを10個紹介していきます。おすすめのワイヤレスイヤホンでは、まず最初にXXシリーズについてチェックしていきます。

こちらのシリーズはファッション性能が高くカラーバリエーションが豊富なことが特徴です。そんな、XXシリーズのおすすめの商品には、どのようなものがあるのでしょうか。それでは、詳しく見ていきましょう。

人気おすすめ①JVC HA-XC70BT-R (XXシリーズ)

JVC HA-XC70BT-R XXシリーズ 完全ワイヤレスイヤホン
JVC HA-XC70BT-R XXシリーズ 完全ワイヤレスイヤホン

「XXシリーズ」初となる完全ワイヤレスイヤホン。
左右のイヤホンを結ぶケーブルをなくしたため、快適にリスニングを楽しめます。

最初におすすめするJVCワイヤレスイヤホンは、XXシリーズのJVC HA-XC70BT-Rです。こちらは、XXシリーズで初めてイヤホンケーブルを無くした、モデルで快適に装着することができる完全ワイヤレスイヤホンです。

完全ワイヤレスイヤホンはBluetoothが安定しないことが多いですが、こちらはイヤホンの形に合わせたアンテナを使うことでBluetoothの接続も安定しています。バッテリーは最大で12時間と長く、スマホの音声アシスト機能にも対応しているため、ハンズフリー通話も可能です。

人気おすすめ②JVC HA-XC90T (XXシリーズ)

<br />
JVC HA-XC90T 完全ワイヤレスイヤホン XXシリーズ

JVC HA-XC90T 完全ワイヤレスイヤホン XXシリーズ

直径12㎜の大口径ドライバーユニットを採用
大容量バッテリーによりイヤホンのみで約15時間の連続再生

次に紹介するJVCワイヤレスイヤホンは、直径12㎜と大きめのドライバーユニットに、独立音響チャンバーが設置されており、リアルな重低音を楽しむことができます。バッテリー容量は最大15時間となっており、フル充電にかかる時間が45分ととても短いことが特徴です。

また、衝撃にも強い仕様となっており、防水防塵性能がIP55ととても強いボディをしています。そのため、スポーツやアウトドアシーンなどでも安心して使うことができます。

人気おすすめ③JVC HA-FX99XBT (XXシリーズ)

JVC HA-FX99XBT ワイヤレスイヤホン XXシリーズ
JVC HA-FX99XBT ワイヤレスイヤホン XXシリーズ

高音質化技術「K2テクノロジー」を搭載
バスブースト回路を搭載し、迫力の重低音再生を実現

3つ目に紹介するXXシリーズのJVC HA-FX99XBTは、Bluetoothが搭載されワイヤレス接続が可能なモデルで、NFCに対応しているためペアリングも簡単なことが特徴です。さらに、ワイヤレス接続以外にも、有線接続に対応しており幅広い用途で使用できます。

サウンドは、バスブースト回路が搭載されているため、迫力のある重低音を楽しむことができます。ハンズフリー通話にも対応しており、イヤーピースがS、M、Lの3サイズ付属されているため、耳のサイズに合わせて使うことができおすすめです。

人気おすすめ④JVC HA-XC10BT (XXシリーズ)

JVC HA-XC10BT Bluetoothイヤホン XXシリーズ
JVC HA-XC10BT Bluetoothイヤホン XXシリーズ

衝撃からイヤホンを守るラバープロテクターに加え、汗や水に強い防水、砂埃に強い防塵(IP55相当)に対応
防水、防塵、耐衝撃の「TRIPLE PROOF」を使用

最後に紹介するXXシリーズのJVCワイヤレスイヤホンは、IP55相当で衝撃に強くイヤホンを守るラバープロテクターも搭載されているHA-XC10BTです。XXシリーズはブラックなどのカラーがメインとなりますが、こちらのシリーズはピンクやグレー、ターコイズブルーなどポップなカラー展開となっています。

JVCワイヤレスイヤホン!その他のモデル

ここまで、XXシリーズのJVCワイヤレスイヤホンのおすすめについて紹介していきましたが、ここからは、その他のモデルのおすすめを紹介していきます。どのようなモデルがあるのか、さっそく見ていきましょう。

人気おすすめ⑤JVC HA-LC50BT (NWシリーズ)

JVC HA-LC50BT N_Wシリーズ 完全ワイヤレスイヤホン
JVC HA-LC50BT N_Wシリーズ 完全ワイヤレスイヤホン

イヤホン本体質量5.8gの小型軽量ボディ
本体約5.5時間の連続再生

ミニマルなデザインでおしゃれに普段使いできるおすすめのイヤホンは、NWシリーズのHA-LC50BTです。こちらのイヤホンはシンプルな造りで、重量が5.8gととても軽いことが特徴です。また、小型ながら最大バッテリー時間は5時間半ほどで、長時間連続で楽しむことができます。

人気おすすめ⑥JVC HA-ET900BT (AEシリーズ)

JVC HA-ET900BT 完全ワイヤレスイヤホン
JVC HA-ET900BT 完全ワイヤレスイヤホン

約9時間の長時間ワイヤレスリスニングを実現
周囲の音が聞こえやすい低遮音イヤーピースを付属

AEシリーズのJVC HA-ET900BTは、完全ワイヤレスイヤホンでケーブルがないため、快適に装着が可能です。また、IPX5相当に対応しているため、水洗いもできるほど丈夫です

バッテリー時間は最大9時間で長時間リスニング可能で、周りの音が聞こえやすい低遮音イヤーピースが付属されています。

人気おすすめ⑦JVC HA-A10T-B (AEシリーズ)

JVC HA-A10T-B 完全ワイヤレスイヤホン
JVC HA-A10T-B 完全ワイヤレスイヤホン

本体のみで約4時間の連続再生
JIS保護等級5級(IPX5)相当の防水仕様で、汗や雨などに強い

こちらの商品は、左右にあるボタンでボリュームの調整や一時停止、再生、曲送り、曲戻しを行うことができます。また、連続リスニング可能時間は14時間で、防水機能も高いため汚れが気になる際は水洗いも可能です。

人気おすすめ⑧JVC HA-FX1100 (WOODシリーズ)

JVC HA-FX1100 WOODシリーズ カナル型イヤホン
JVC HA-FX1100 WOODシリーズ カナル型イヤホン

出力音圧レベル:106dB/1mW
再生周波数帯域:6Hz~45,000Hz

WOODシリーズのJVC HA-FX1100は、ハイレゾ対応で音質の良さが特徴となっています。解像度がとても高いため、音に表現力が増しリアルに音を楽しむことが可能で、とにかく音質にこだわりたい方におすすめのワイヤレスイヤホンです。

人気おすすめ⑨JVC HA-ET870BV-A (AEシリーズ)

JVC HA-ET870BV-A ワイヤレスイヤホン
JVC HA-ET870BV-A ワイヤレスイヤホン

Bluetooth対応スポーツ向けヘッドホン
ランナーの走力アップとケガのリスクの低減をサポートする、フォームコーチング機能を搭載

次に紹介するJVCワイヤレスイヤホンは、スポーツタイプのもので、Bluetooth対応でフォームのコーチングまで行ってくれる機能があります。ランニングに特化したイヤホンとなっているため、安全面にもこだわり周りの音が聞こえやすい低遮音ペースが付属されています。

人気おすすめ⑩HA-ET800BT-B (AEシリーズ)

JVC Bluetooth スポーツ用ワイヤレス カナル型イヤホン
JVC Bluetooth スポーツ用ワイヤレス カナル型イヤホン

内蔵バッテリーにより、小型軽量ながら約9時間の長時間再生を実現
スポーツウェアのカラートレンドに合わせた、4カラーバリエーション

最後に紹介するワイヤレスイヤホンは、防水のナノコーティングが施されており、汗や水に強く水洗いも可能です。音質も良く、バンズフリー通話も可能です。

高性能で便利なJVCワイヤレスイヤホンはおすすめ

JVCワイヤレスイヤホンは、さまざまな種類があり使いたい方法によって最適なものが変わってきます。本記事では高機能でおしゃれなモデルなど、おすすめのワイヤレスイヤホンを紹介していますので、参考にしてみてください。

その他の関連記事はこちらから


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。