引用:サンワカンパニー

記事作成日:

注目のミニキッチンとは?基礎知識からおすすめメーカーまでご紹介!

狭いキッチンに最適なミニキッチンは、リビング以外の場所で使うセカンドキッチンや社内専用などに使われています。近年ではミニキッチンの注目度もアップし、さまざまな用途で利用できるためリフォーム時にミニキッチンを設置する方も増えています。こちらの記事では人気急上昇のミニキッチンと、おすすめメーカーやその特徴などを紹介します。

ミニキッチンとは?

ミニキッチンとはその名の通り一般的なキッチンよりも小さなサイズのキッチンで、ハーフキッチンやコンパクトキッチンと呼ばれることもあります。ミニキッチンの多くがコンロが1つとシンク、調理スペースがセットになっているので、二世帯住宅のセカンドキッチンだけでなく、2・3階建て住宅の各階専用キッチンとして設置する方が増えています。

ミニキッチンの種類

ミニキッチンは大きく分けて2種類のタイプに分けられています。使い分けはミニキッチンを設置する箇所や使う目的によって異なります。どこに、どんな用途で設置するのか、ミニキッチンを購入する際には種類をチェックしましょう。

フルユニット・ボックスタイプ

フルユニット、またはボックスタイプと呼ばれるタイプのミニキッチンは、コンロ・シンク・調理スペースの上に水切り棚や収納スペース、照明などがあるタイプです。

高さがあり若干の圧迫感があるものの、あまり本格的な自炊をしない方や、食器が少ない単身者や手狭な間取りの場合に利用しやすいタイプではないでしょうか。照明付きなので、夜遅くに使いたいときでも便利です。

ハーフユニット

先程のフルユニットを半分にしたものがハーフユニットで、コンロ・シンク・作業台だけとなっています。上部に水切り棚や収納スペースがないので、開放感があります。照明は設置されていないので。部屋の明かりだけで作業するか、後付け照明をつける必要があり、ミニキッチンとは別に収納スペースがいる場合もあります。

しかし2・3階建て住宅の各階専用キッチンや調理用として利用しないならハーフユニットでも十分でしょう。また、必要最低限の設備なのでインテリア家具などを好きなように配置にしたい、色々な組み合わせにしたい方にもおすすめです。

ミニキッチンのサイズ

さまざまなメーカーがミニキッチンを取り扱っていますが、その間口サイズはだいたい90・105・120・150cmの4種類になります。もちろんそれ以外のサイズもありますが、あまり種類は多くありません。

奥行きに関しても50~60cm程度なので、狭いワンルームアパートや単身者用住宅にもおすすめです。サイズが小さくなればなるほど本格的な使い方には向かず、お湯を沸かしたり料理を温める、洗い物をする程度になります。設置場所によってミニキッチンのサイズを選ぶと良いでしょう。

魅力のミニキッチン!人気メーカー①LIXIL(リクシル)

建築素材や住宅設備機器などを手掛けるLIXIL(リクシル)では、選べる4つのタイプのミニキッチンを扱っています。業界最大手のメーカーであり、リフォームでもよく利用されるので、品質には安心感があります。

リクシルのミニキッチンの特徴

リクシルのミニキッチンにはスタンダードタイプが3種類、オープンタイプ1種類の4つのタイプと複数の組み合わせがあります。スタンダードタイプには冷蔵庫タイプと扉タイプ、飲料用電気温水器タイプの3種類があり、キッチンとしての基本性能をしっかり詰め込んでいます。

冷蔵庫・扉を選択する場合は水切り棚や収納棚があり、水栓を2ハンドルとシングルレバーから選択できます。足元に空間があり、椅子に座った状態でも作業できるのがオープンタイプです。シンクも浅めで前面にはサポートバーが設置されているため、高齢者の方にも使いやすくなっています。

オープンタイプには水切り棚・シンク・コンロ・作業スペースがあります。飲料用電気温水器タイプ以外はフルユニット・ハーフユニットの選択が可能、ハーフユニットにした場合は水切り棚と照明がありません。

魅力のミニキッチン!人気メーカー②Panasonic(パナソニック)

家電や住宅設備機器などを扱う大手メーカー・Panasonic(パナソニック)のミニキッチンは種類が少ないけれど、シンプルなものがあります。パナソニックのミニキッチンそれぞれの特徴をチェックしてください。

キッチンユニットMKVの特徴

パナソニックミニキッチン1つ目はキッチンユニットMKVです。フルユニットタイプで、下部が扉タイプとオープンタイプの2種類あります。シンク・作業スペースがあり、コンロは付属していない場合もあります。水切り棚や食器棚、ダウンライト付きで、オプションで換気扇をつけることも可能です。

扉タイプはオプションで収納スペースの半分を冷蔵庫にすることもできます。オープンタイプは下部に空間があり、車椅子の方でも利用しやすく、オプションでサポートバーを設置できるようになっています。また、ハーフユニットタイプのユニもあるので、カスタムしたい場合にはこちらを選択すると良いでしょう。

MXキッチンの特徴

スタイリッシュなデザインでおしゃれなミニキッチンならMXキッチンがおすすめです。MXキッチンには壁付き型と造作壁対面キッチン、コンパクト対面式があり、コンパクト対面キッチンは受注生産となっています。ハーフユニットタイプでシンク・コンロ・作業スペース・収納スペースがあります。

MXキッチンの特徴はカラーと柄が選択できるところでしょう。標準仕様で6種類、オプションで13種類の色・柄を選ぶことができます。取っ手部分はバータイプが標準仕様ですが、オプションでライン取っ手に変更できます。

魅力のミニキッチン!人気メーカー③クリナップ

システムキッチンをメインにしている住宅設備機器メーカー・クリナップでは、オフィスキッチンにも合うシンプルでコンパクトなサイズのモデルがラインナップされています。セカンドキッチンでもデザイン性のあるミニキッチンが欲しい方におすすめです。

クリナップのミニキッチンの特徴

クリナップのミニキッチンは基本的にはフルユニットタイプですが、ハーフユニットにすることもできます。フルユニットは水切り棚やシンク・コンロ・作業スペース・収納スペースがあり、コンロは電気コンロ、IHヒーター100Vと200V、ガスコンロの4種類から選べるので、掃除のしやすさや火力で選択できるようになっています。オプションになりますが、下部収納スペース部分に冷蔵庫を設置することも可能です。

コンパクトキッチン・コルティの特徴

おしゃれでデザイン性に優れたミニキッチンならクリナップのコンパクトキッチン・コルティもおすすめです。レイアウトやデザイン、カラーバリエーションが豊富で選択肢が広がります。扉面は全19色で光沢のあるものやつや消しタイプなどがあります。

取手部分は2色あり、基本使用のコンパクトな取手からオプションのライン・ロングバーから選択可能です。また、上部のワークトップはステンレスと人工大理石の2種類があるので、キッチンインテリアや部屋のデザインで選択できます。オプションとしてキッチンライトや水切り棚、扉部分が鏡になったコンパクトボックスもあります。

魅力のミニキッチン!人気メーカー④サンワカンパニー

建築資材や住宅設備機器などを扱うサンワカンパニーではミニキッチンの種類が他メーカーより多めで、狭小住宅やオフィス専用、二世帯住宅のセカンドキッチンを探している方におすすめです。

ミニキッチン・クラシコの特徴

サンワカンパニーのミニキッチン・クラシコはフルユニットタイプで、シンク・コンロ・作業スペース・照明・換気扇がすべて標準仕様で装備されています。スタイリッシュでシンプルなデザインは賃貸住宅にもぴったりです。コンロ部分はIHクッキングヒーターとガス、電気コンロの3種類から選択可能、コンロなしにした場合は換気扇がついてきません。オプションで電気温水器12リットルと冷蔵庫をつけることもできます。

アフィラートの特徴

グッドデザイン賞受賞歴を持つアフィラートは、日本初のスチール製ミニキッチンです。シンプルモダンなデザイン性がおしゃれで、小さくても存在感抜群です。シンク・IHクッキングヒーター・作業スペースがあり、跳ね上げ式のつり戸棚や足元の間接照明など、細部にまでこだわったミニキッチンでとなっています。

ミニモラスの特徴

よりシンプルに、すっきりと開放感のあるミニキッチンがミニモラスです。T字型になったハーフユニットタイプのキッチンで、標準装備されているのはシンク・コンロ・作業スペースのみとなっています。

足元に広い空間があるので、車椅子の方でも使いやすく、収納スペースとして利用したり、好みの棚を設置するなど、カスタマイズも自由にすることができます。どのミニキッチンよりもシンプルでスマート設計なので、2・3階建て住宅の各階専用キッチンやベランダ、玄関などどんな場所にもおすすめです。

魅力のミニキッチン!人気メーカー⑤Housetec(ハウステック)

キッチンや浴室などの水回り製品や給湯器などの住宅設備機器を手掛けるハウステックは、ミニキッチンのパイオニア的存在のメーカーです。ハウステックのシステムキッチン部門は、先程紹介したLIXILと提携しているため多少仕様が似ている部分もあります。

ミニキッチンKMの特徴

ハウステックのミニキッチンKMは奥行き50cmのコンパクトサイズで、できるだけシンプルに仕上がった構造にも関わらず、キッチンとして最低限必要な設備が揃えられます。フルユニットとハーフユニットの両方共にコンロとシンク、作業スペースがあります。

フルユニットにはつり戸棚と水切り棚もあります。受注生産になりますが扉のカスタマイズも可能、システムキッチン・KANARIEの30種類以上ある扉・取手に変更できます。

コンパクトキッチンDSの特徴

小さなキッチンでもちゃんと本格的な調理をしたいなら、ハウステックのコンパクトキッチンDSがいいでしょう。120・150・165・180cmのサイズがありますが、シンク・コンロ・作業スペース・収納スペースや換気扇があり、コンロが2口と3口タイプがあります。グリルがついているタイプやIHクッキングヒーターにすることも可能です。取手はラインとハンドルの2種類から選択可能、扉のバリエーションも豊富に揃っています。

魅力のミニキッチン!人気メーカー⑥タカラスタンダード

システムキッチンやシステムバスなどが有名なタカラスタンダードは、システムキッチン国内シェアトップクラスのメーカーです。特にホーロー製品の技術は世界トップクラス、システムキッチンにもホーロー素材を利用しているものもあります。

ミニキッチン KUW型の特徴

ミニキッチンKUW型はできるだけ簡易的な作りなのにキッチンとしての基本性能を凝縮させたミニキッチンです。フルユニットタイプで間口90cmと120cmの2種類があります。作業スペース不要の場合は30cmでも大丈夫でしょう。

ベースキャビネット裏には包丁ストッカーがあり、調理器具がIHヒーターを採用しています。上部にはコンパクトサイズのつり戸棚やLED仕様の照明で使いやすくなっています。水切り棚付きのミラー扉や冷蔵庫、換気扇など用途に合わせたオプションもおすすめです。

ライフサポート・ミニキッチンの特徴

ライフサポート・ミニキッチンはその名の通り、生活を手助けしてくれる仕様になっており、高齢者や車椅子の方が使うことを考慮した構造です。キッチン下部は空間になっているので、椅子に座ったままでもOK、サポートバー付属と照明や換気扇スイッチが手元操作になっています。フルユニットタイプですが、収納棚や水切り棚も低めに設定、浅型シンクと大型ハンドルの水栓で、生活をサポートしてくれます。

コンパクトキッチン・アピスカの特徴

使いやすい・お手頃価格、デザイン性に優れたミニキッチンがコンパクトキッチン・アピスカです。間口120cmからで、扉のカラーバリエーションが豊富で、その種類がハイグレード11色、ベーシック9色の計20色あるので、キッチンやリビング、インテリアに合わせたカラーを選ぶことができます。さらにビルトインコンロのグリル付き、グリルなしとテーブルコンロタイプが選択可能、キッチンパネルにはホーロー素材を採用、お手入れも簡単にできます。

ミニキッチンのリフォームの相場価格や費用

リフォームでミニキッチンを設置する場合の相場価格や費用は、ミニキッチン本体価格と設置費用がかかることを覚えておきましょう。設置費用はガスや電気、水道工事の他に既存キッチンがあればそれの撤去費用、搬入や組み立てにも費用がかかります。

設置場所によってはガスや電気、水道工事が大掛かりなものになることもあり、本体価格を抑えても大幅に費用がアップする場合もあるので注意してください。ミニキッチン本体の相場価格は約10~30万円程度ですが、オプションによっては追加費用がかかります。

リフォーム費用は業者によっても異なりますが、およそ30万円弱となります。激安業者などもありますが、施工職人や使う材料の質を下げることでコストダウンしている場合もあるので、さまざまなリフォーム会社をしっかりと吟味してから決めるようにしてください。

ミニキッチンを設置するときの注意点

ミニキッチンを設置するときは給湯器の位置に注意してください。元々既存のキッチンを撤去して新たにミニキッチンを設置する場合はあまり気にしなくても大丈夫ですが、給湯器から離れた場所に設置すると、お湯の温度が低くなる、お湯が出るまでに時間がかかるなどのデメリットがあります。

さらに時間がかかったり温度が低くなることで、一般的な給湯器よりも水道代がかかってしまうこともあるので気をつけてください。ミニキッチンはどこにでも設置できるコンパクトさが良いですが、給湯器の位置などを考えて、リフォーム会社と相談することをおすすめします。

簡易型ミニキッチンは2世帯住宅やオフィスにもおすすめ!

コンパクトでスタイリッシュな簡易型ミニキッチンは、適したサイズであれば二世帯住宅やオフィスなどに最適です。ちょっとしたお湯を使ったり、洗い物をしたいときにもミニキッチンは便利です。用途や設置場所に合わせて便利な簡易型ミニキッチンを利用してみましょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。