記事作成日:

簡単DIYでクローゼット収納!スッキリ収納術とおすすめグッズを徹底紹介!

洋服や小物、シーズンのアイテムを収納できるクローゼットは便利ですが、ちょっとしたアイデアでスッキリ収納できるようになります。そのまま使うよりも簡単DIYでクローゼットの収納をきれいにしてみませんか。クローゼットがスッキリ収納できるコツやアイデア、おすすめ便利グッズなどをチェックして、上手に整理整頓してみましょう。

クローゼットの収納を見直そう!

クローゼットはハンガーに洋服をかけたまま収納したりシーズンオフのアイテムをしまったり、便利に使っている収納スペースですが、使い勝手は良いでしょうか。今のままでは意外とデッドスペースができていることもあります。もっと使い勝手が良くなるように、収納方法を変えてみるのもおすすめです。

クローゼットを整理する

整理整頓することは、さまざまなメリットに繋がります。乱雑に放り込まれた収納では、欲しい物がすぐに見つからない場合もあります。クローゼットを整理することはアイテムの出し入れがしやすく、探す手間がかかりません。

さらに持ち物が分かりやすくなるので無駄な買い物をしなくなるでしょう。乱雑になっていると、物が見つからず時間のロスになり、見た目の悪さも相まって出かける前からテンションが下がってしまいます。そのためクローゼットはいつでもきれいに整理整頓しておきましょう。

クローゼット整理の基本の手順

きれいに整理したいけれど、やり方が分からないという方も少なくありません。クローゼット整理の基本はスペースを有効活用することにあります。デッドスペースを作らずきちんと収納されたクローゼットになるよう、整理整頓するときの基本の手順や収納上手のポイントを知っておきましょう。

カテゴリー別にすべて出す】クローゼット整理で挫折しがちなのは、一度に全部出して片付けようとしてしまうからです。挫折しないためにも、整理する箇所を決めてから片付けると良いでしょう。場所やカテゴリー別に整理すれば片付けやすくなります。整理する物を決めたあとは、全部出して何がどれだけあるかチェックしてから始めてください。

使用頻度で分ける】クローゼットに収納しているものには、頻繁に使うものとたまに使うものが混同しています。そこでカテゴリー別に出したあとは、よく使うものとそうでないもので場所を変えるようにします。毎日着るアウターと特別なアウターでは毎日着るものを取り出しやすい位置に置きましょう。また、シーズンオフのものは奥に収納するようにしてください。

アイテムの収納場所決め】片付けが進んでくると、いらないものを捨てたことで収納スペースに若干の余裕が出てきます。そうすれば整理整頓もしやすくなるので、収納グッズを利用してアイテム別に決まった収納場所を作りましょう。小物は収納ボックスなどを利用するとまとめやすく、ハンガーにかけれるものはハンガーラックに収納します。片付けができたあとは、収納するときに必ず元の位置に戻すようにしてください。

クローゼット収納のコツ

クローゼット収納でアイテムごとの場所を決めるときに、ちょっとしたポイントを覚えておくことでさらに利便性がアップします。クローゼット収納のコツをチェックしてみましょう。

上段には使用頻度が低いものを収納

クローゼット上段は手が届きにくい場所でもあります。そのため収納するものは、できるだけ使用頻度の低いものにしておきましょう。

そしてあまり重量のあるものは取り出しにくい、落下の危険性から軽いものを収納するようがおすすめです。また、あまり使わないということはホコリやゴミがたまりやすいので、上段収納はフタができるボックスを利用するようにしてください。

中段にはよく使うものを使いやすく配置

中段には普段から良く使うものを収納しましょう。ただ収納するだけでなく、取り出しやすいように配置することも重要です。

普段着や毎日使うかばんなどは中段に置いて、そのなかでも使用頻度の高いものから順に並べておくとクローゼットが使いやすくなります。ボックスを利用する場合は突っ張り棒などで中段に置くスペースを設けると良いでしょう。

下段は出し入れのしやすさに気を配る

下段は上段より使うものや、重量のあるものを置きます。このとき出し入れのしやすさに気をつけてください。収納ボックスを使う場合は、キャスター付きにすれば移動が楽になります。シーズンオフのものは下段奥に収納すると邪魔になりません。

クローゼットがすっきりするおすすめの収納アイデア

使用頻度別に使いやすさを考慮して整理整頓するなら、少しの工夫で利便性が上がります。クローゼットの中をすっきりさせるためのおすすめ収納アイデアをまとめたので、参考にしてみてください。

収納アイデア①小物やバッグは便利グッズを使って収納する

小物やバッグなどはそのまま収納すると出し入れがしにくく、片付け方によってはどこかに紛れてしまうこともあります。そこで便利グッズを利用して、利便性を高めましょう。おすすめなのがネクタイハンガーです。

ネクタイハンガーはひとつのハンガーに複数のフックがあるので、ネックレスやベルト、バッグなどをかけた状態で収納できます。バッグや帽子は専用の吊り下げ収納を利用するのもおすすめです。

収納アイデア②一時置き場を作って散らかるのを防ぐ

毎回きっちりと定位置に片付けていると、時間のないときなどは逆にストレスになる場合もあります。クローゼットのなかに一時置き場を作ってみるのもおすすめです。

時間がない、すぐに使うのに定位置に戻すのがめんどくさくなると、部屋が散らかってきますが、一時置き場を作ることですっきりします。下段に置いた収納ボックスの上にカゴを設置したり、クローゼット内に余裕がある場合はカラーボックスでショップディスプレイのように洋服を置いてもおしゃれです。

収納アイデア③ハンガーを統一してもっとおしゃれに

すっきり収納しているはずなのにしっくりこないときは、ハンガーを統一してみましょう。種類を統一している方は割と少ないですが、ハンガーは種類が違えば高さやサイズも異なり、ハンガーラックにかけていてもごちゃごちゃしてしまいます。

種類が同じものになるだけで爽快感があり、おしゃれに収納できます。かける洋服が多い場合はスリムタイプのハンガーにするだけで収納できる数もアップし、カテゴリーごとにハンガーを揃えると見やすくなります。

収納アイデア④中身が見える収納ケースで使いやすく

収納ケースを利用するときは、中身が見えるタイプにすると使いやすくなります。中身が見えることで片付けるときも乱雑になりにくく、フタを開けたり引き出しを出さなくてもすぐチェックできます。収納ケースに洋服を入れるときは、重ねずに縦に入れ、ブックスタンドなどで仕切りをするのもおすすめです。

収納アイデア⑤きれいが維持できる工夫を

上手に収納してもその状態を維持できなければ意味がありません。そのためにはきれいが維持できる工夫が必要になります。維持するための方法はいろいろありますが、定期的な見直しや、物を増やさない工夫が重要です。

ハンガーの数を固定すれば、新しい洋服を買ったときに古く着なくなった洋服を捨てることができます。しかし物を増やさない、ということも難しいので、定期的にクローゼット収納を見直して、そのときに最善の収納方法を見つけるようにします。

クローゼット収納におすすめのグッズ15選

クローゼット収納はアイデアと片付け方次第できれいにすることができますが、便利グッズがあるともっと使いやすくなります。使いやすくておしゃれなおすすめグッズを紹介するので、気になるものがあればチェックしておきましょう。

おすすめ収納グッズ①クローゼット整理バッグ(セリア)

上部にアイテムが収納できる【クローゼット整理バッグ】は130×40cmのサイズで、上部にファスナーでフタができるのでホコリよけにもおすすめです。

上部の左右はあいているため完全密封はできませんが、通気性がアップするので湿気対策になります。また、サイドにある持ち手がクローゼット上段に収納しても取り出しやすい仕組みになっています。シーズンオフの洋服や布団、人形や本などを入れて収納できます。

おすすめ収納グッズ②すべらないハンガー(セリア)

クローゼットに洋服をかけるときに、ハンガーから洋服が滑り落ちてイライラしたことはありませんか。そんなイライラを解消するならセリアの【すべらないハンガー】を使ってみてください。

洋服をかける部分に滑り止めがついているだけでなく、溝付きのためキャミソールなど肩紐タイプにもおすすめです。フック部分はスチール素材で滑りやすく、すっきりと収納できます。こちらのハンガーは収納専用のため、洗濯を干すのには使えないので注意してください。

おすすめ収納グッズ③ストッパー付きS字フック

クローゼット収納にS字フックを利用している方も多いですが、【ストッパー付きS字フック】なら出し入れしたときにも落下しません。サイズが大中小の3種類あるので、ハンガーポールのサイズや収納するアイテム別に選びやすくなっています。クローゼット以外の収納場所にも有効的に使えます。

おすすめ収納グッズ④プレンティボックス(セリア)

おしゃれな収納ボックスならセリアの【プレンティボックス】がおすすめです。ふた付きでホコリ対策にもおすすめ、シーズンオフのアイテムを入れて上段や下段に積み重ね収納もできます。プレンティボックスの特徴はサイズが豊富に揃っていることです。

A4サイズやB4、コミック、CDサイズなど収納アイテム別に揃えることができます。側面には書き込み箇所もあるので、フタを開けずに中身が分かりやすくなっています。ダンボール素材のため、あまり重いものを入れたり湿気の多いところには不向きです。

おすすめ収納グッズ⑤アイアン壁掛けインテリア(ダイソー)

アクセサリーや時計などの細かいものも、ダイソーの【アイアン壁掛けインテリア】を使えば壁面収納ができます。取り付けもクローゼットの内壁にフックを付けてかけるだけなので手間もかかりません。

軽いバッグやベルトをかけることもできます。アイアン素材なのでアンティーク調でおしゃれ、アイデア次第でさまざまな活用方法が見つかるでしょう。

おすすめ収納グッズ⑥梱包フィルム(ダイソー)

ダイソーの【梱包フィルム】は収納にも便利に使えます。クローゼットにしまっておきたおい布団やカーペットなどを筒状に丸めて、梱包フィルムを巻きつけるだけで収納できます。

圧縮袋を使うよりも簡単で、手軽にできる収納方法です。他にもあまり本でいない雑誌や本などを包めばホコリよけに、余ったケーブルなどもあっという間にまとめることができます。

おすすめ収納グッズ⑦収納ツール[スクッブ](IKEA)

IKEA(イケア) SKUBB ホワイト 10186390 ボックス
IKEA(イケア) SKUBB ホワイト 10186390 ボックス

幅: 31 cm奥行き: 34 cm高さ: 33 cmパッケージ個数: 3 ピース

洋服を収納するならIKEAの収納ツール【SKUBB(スクッブ)】シリーズが良いでしょう。中身が見えないボックスは大事な衣類や布団などの大物から、散らかりやすいアクセサリーやマフラー、手袋などの小物や靴が収納できるタイプもあります。

吊り下げ収納もあり、バッグや帽子も収納しやすく、洋服カバーもあるのですべて揃えると、クローゼット収納に統一感が出ます。中身が見えないタイプには、100均のおしゃれなモノトーンタグを付けるだけで分かりやすくなります。

おすすめ収納グッズ⑧収納ツール[ソッケルビート](IKEA)

SOCKERBIT ソッケルビート 収納ボックス ふた付き
SOCKERBIT ソッケルビート 収納ボックス ふた付き

【商品の大きさ】 幅: 19 cm 奥行き: 26 cm 高さ: 15 cm
【素材】 ポリプロピレンプラスチック

どんなものでも収納できるIKEAの収納ツール【ソッケルビート】シリーズは、フタ付きの収納ボックスでシンプルなデザイン・形状のためどんなクローゼットにもピッタリです。重いものを収納する場合はキャスターを取り付けると出し入れが簡単にできます。

シーズンオフのアイテムやおもちゃ、本などを収納しても良いでしょう。クローゼット下段をすっきり収納したいときに利用してみてはいかがでしょうか。

おすすめ収納グッズ⑨収納ツール[トロファスト](IKEA)

TROFAST 収納コンビネーション
TROFAST 収納コンビネーション

奥行き:44cm/44cm幅:94cm

バリエーション豊富に揃う収納ツールならIKEAの収納ツール【トロファスト】シリーズもおすすめです。サイズやカラーバリエーションが多く、専用収納フレームもあり、クローゼットの大きさに合わせて選ぶことができます。

組み合わせ次第でオリジナルの収納ボックスにすることも可能で、洋服や小物以外にもおもちゃ収納に役立ちます。フタ付きにもなるためホコリを防いで積み上げることもできます。

おすすめ収納グッズ⑩幅の調整ができる押し入れラック(ニトリ)

クローゼットのなかに棚がほしいときは、ニトリの【幅の調整ができる押入れラック】が使いやすくなっています。本来は押入れに使うものですが、もちろんクローゼットに使用してもOKです。

縦横に伸縮できるタイプなので、デッドスペースの有効活用や収納ボックスに合わせたサイズにできます。ボックスを重ねると出し入れしにくい場合にも利用してください。

おすすめ収納グッズ⑪インボックス(ニトリ)

コスパの良い収納グッズならニトリの【インボックス】です。サイズはレギュラー、よこハーフ、たてハーフ、クォーターの4タイプで、カラーバリエーションはホワイトやクリアなど全部で6種類あります。

フタ無しですが、積み重ねが可能でレギュラーとよこハーフには専用キャスターの取り付けができるようになっています。レギュラーならニトリのカラーボックスにもジャストフィット、低価格なので一気に揃えても良いでしょう。持ち手は3箇所あり、別売りのフタもあるので、好みでカスタマイズできます。

おすすめ収納グッズ⑫バックル付き布団収納袋(ニトリ)

クローゼットに布団を収納する場合はニトリの【バックル付き布団収納袋】がおすすめです。シーズンオフの布団や毛布、こたつ布団などが入るだけでなく、バックル付きなので出し入れも楽にできます。圧縮タイプはかさばらずに便利ですが、もっと手軽に収納したいときにはこちらを使用してみましょう。

おすすめ収納グッズ⑬PPハンガー(無印良品)

無印良品 ポリプロピレン洗濯用ハンガー
無印良品 ポリプロピレン洗濯用ハンガー

ハンガーを統一するなら無印良品の【PPハンガー】もシンプルでクローゼットをすっきりさせてくれます。薄型タイプを使うことで幅を取らず、きれいに収納することができます。サイズや種類も複数あるので、収納に適したものを選ぶと良いでしょう。

おすすめ収納グッズ⑭ポリプロピレン収納ケース(無印良品)

無印良品 ポリプロピレンケース
無印良品 ポリプロピレンケース

材質 ポリプロピレン
商品の寸法 奥行き × 幅 × 高さ 37 x 26 x 26 cm

無印良品でロングセラーの人気商品、【ポリプロピレン収納ケース】は引き出し式の衣装ケースや積み重ね可能なクローゼットケース、小物収納に便利なケースなどいろいろあります。半透明で中身が把握しやすく、サイズ展開も豊富なのでスペースに合わせた収納が可能です。

おすすめ収納グッズ⑮ポリエステル綿麻混・ソフトボックス(無印良品)

無印良品 ポリエステル綿麻混
無印良品 ポリエステル綿麻混

約幅37×奥行26×高さ26cm

布製のボックスで小物収納やデッドスペースの有効活用に便利な無印良品の【ポリエステル綿麻混・ソフトボックス】は、ハンガーラック下の隙間収納に便利です。縦長タイプやフタ付きなど種類も多く、使わないときはコンパクトにできます。洋服の一時置き場としてもおすすめです。

クローゼット収納の注意点は?

クローゼット収納はものを入れておしまいではありません。収納ポイント以外にも注意する点があります。

注意点①定期的に掃除をする

クローゼットは扉を閉めていてもホコリやゴミが溜まります。そのまま放置すればダニが発生するので、定期的な掃除は必須です。クローゼットの中身を一度全部出し、上から順に掃除します。

ハンディモップなどでホコリを取り、掃除機をかけてからアルコール除菌スプレーなどできれいに拭き掃除します。あとは乾燥させて中身を元も戻せばOKです。ケースなどのフタにあるホコリも忘れずに取り除きましょう。

注意点②こまめに換気をする

閉めっぱなしにしているクローゼットは特に換気が必要です。換気を怠ると湿気がたまり、大切な衣類や壁などにカビが発生する原因になります。毎日開け閉めする場合でも、定期的に換気することをおすすめします。

また、クローゼットに洗濯後の衣類を入れるときは、すぐに入れずにしっかりと乾燥させて翌日収納することで湿気がたまりにくくなります。

クローゼット収納を簡単DIYでもっと使いやすくしよう!

クローゼット収納は簡単DIYでこれまでよりも利便性がアップします。使いやすさだけでなく、見た目にもこだわることができ、アイデア次第ではデッドスペースを有効活用することも可能です。大掃除や衣替えの時期に簡単DIYでクローゼット収納を見直してみてはいかがでしょうか。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。