記事作成日:

一般的なバスタオルのサイズとは?おすすめのバスタオルをサイズ別にご紹介!

毎日のように使うバスタオルには、一般的なサイズの他にも小さめサイズと大判サイズの3種類のサイズがあります。ここでは、バスタオルのサイズについて詳しく解説していきます。また、バスタオルの選び方やおすすめのバスタオルをサイズ別にご紹介していくのでぜひ参考にしてください。

バスタオルのサイズは3種類

バスタオルは60✕120cm~70✕140cmの一般的なサイズに加え、50✕100cmのスモールバスタオル・80✕150cm~100✕200cmの大判(ワイド)バスタオルの3つのサイズに分けることができます。この記事では、バスタオルのサイズや選び方ついて詳しく解説していきます。また、おすすめのバスタオルをサイズ別にご紹介していくのでどうぞご覧ください。

サイズ①一般的なサイズ

まずは「一般的なサイズのバスタオル」についてご紹介していきましょう。一般的に用いられる、60✕120cm~70✕140cmのバスタオルは「湯上げタオル」とも呼ばれ、入浴後に髪や体を拭くのに適しています。

サイズ②大判サイズ

次にご紹介するのは、80✕150cm~100✕200cmの「大判サイズ」のバスタオルです。このサイズのバスタオルは、体や髪を拭くだけでなく、お子様用のタオルケットやビーチタオルとしても利用できます。また、敷物にしたりひざ掛けにしたりとさまざまなシーンで活躍してくれます。

サイズ③小さめサイズ

つづいてご紹介するのは、50✕100cmの「小さめサイズ」のバスタオルです。スモールバスタオルは、女性やお子様の利用におすすめのサイズです。またコンパクトに折り畳めるので、スポーツジムや旅行などに持ち運ぶのに適しています。

バスタオルの選び方

ここまでは、バスタオルのサイズについて解説してきました。では、バスタオルを選ぶときには、どんなことに注意すれば良いのでしょうか。ここからは、バスタオルの選び方を詳しく解説していきます。

選び方①素材

バスタオルを選ぶうえでチェックしておきたいポイントは「素材」です。バスタオルの素材には、「綿(コットン)」「麻(リネン)」「マイクロファイバー」などが使われています。最も主流なのが綿(コットン)のバスタオルでインド綿やアメリカンコットン・オーガニックコットンなどの種類があります。綿(コットン)素材は、肌触りが良く・吸収性や耐久性に優れているだけでなく、染色がしやすいためさまざまなカラーを楽しむことができます。

サラっとした肌触りに速乾性を求めるなら麻(リネン)素材のバスタオルがおすすめです。麻(リネン)は、汗や水分を素早く吸収してくれるだけでなく乾燥も早いので、バスタオルには最適な素材を言えるでしょう。また、洗濯に強いところやかさばりにくいところも魅力です。

マイクロファイバーのバスタオルは、触り心地が良く吸収性や速乾性に優れています。機能性が高く比較安価なのでコストパフォーマンスの良さには定評がありますが、細かい繊維で組成されているため耐久性が低いといった特徴があります。このように、素材によって特徴が違ってくるので自分の好み合った素材から選ぶようにしましょう。

選び方②織り方

バスタオルを選ぶうえでチェックしておきたいポイントは「織り方」です。タオルの織り方には「パイル」「ジャガード織」「ワッフル織」「ガーゼ織」「シャーリング」などの種類があります。

パイル織は、繊維をループ状に丸く織り出したもの一般的なタオルに用いられています。ふんわりとした肌触りで吸収性に優れており湯上りに髪や体を拭くのに適しています。

ジャガード織は、布地に模様を印刷するプリント生地とは異なり、模様が直接生地に織り込まれているものを指します。色あせや色落ちがなく立体的なデザインに仕上がるのが特徴です。やわらかな肌触りで吸収性・耐久性にも優れており、コンサートグッズなどにも使用されています。

ワッフル織は、蜂の巣状の織り目を持つ織り方でコットン素材やリネン素材で織られたものが主流で、肌触りの良さと吸水性の高さが特徴です。バスタオルやブランケットにも使われており、季節を問わず使用できます。

ガーゼ織は、細い木綿糸と目の粗い平織りにした柔らかい布のことで通気性が良く吸収性にも優れています。優しい肌ざりなのでタオルだけでなく、赤ちゃんの肌着などにも使われています。

シャーリングは、パイル生地の片面の輪をカットして整えたもので、なめらかな肌触りが特徴です。毛が短めなので印刷しやすくデザインにこだわったタオルに使用されています。

選び方③厚み

バスタオルを選ぶうえでチェックしておきたいポイントは「厚み」です。タオルの厚さは、素材や織り方によって違ってきます。厚みがあれば、耐久性や吸収性が高くなりますが、速乾性には劣るので状況に応じて自分あった厚みを選ぶようにしましょう。

おすすめのバスタオル【一般サイズ2選】

タオルの選び方につづいては、おすすめのバスタオルをサイズ別にご紹介していきます。まずは一般的なサイズのバスタオルからチェックしていきましょう。

おすすめ①ヒオリエ 今治タオル 認定 バスタオル HOTEL’S

ヒオリエ 今治タオル 認定 バスタオル HOTEL
ヒオリエ 今治タオル 認定 バスタオル HOTEL'S

素材:綿100%
サイズ:約60×120cm

一般サイズのおすすめバスタオル1つ目にご紹介するのは「ヒオリエ 今治タオル 認定 バスタオル HOTEL’S」です。高品質の証、日本を代表する今治産のタオルで、ホテルいるような心地良さを自宅で味わうことができます。程よい厚みに片方の端に3本の織ラインを走らせたシンプルなデザインは贈り物にも最適です。

【基本情報】

サイズ 約60✕120cm
素材 綿100%
カラー オールドベージュ・オフホワイト・シルバーグレー
クラウドブルー・モーブ
モカブラウン

おすすめ②ユイ バスタオル マイクロファイバー ホテル仕様

ユイ バスタオル マイクロファイバー ホテル仕様
ユイ バスタオル マイクロファイバー ホテル仕様

素材:吸水 速乾 マイクロファイバー(ポリエステル、ナイロン)
サイズ:60×120cm

一般サイズのおすすめバスタオル2つ目にご紹介するのは「ユイ バスタオル マイクロファイバー ホテル仕様」です。やわらかな肌触りが魅力のマイクロファイバーのバスタオルで、一般的なバスタオルの3倍以上の吸収力を持っています。また速乾性にも優れているので、臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑えてくれます。敏感肌の方から赤ちゃんまで、安心して使用できます。

【基本情報】

サイズ 約60✕120cm
素材 マイクロファイバー
(ポリエステル・ナイロン)
カラー グレー・ブラウン
重量 180g

おすすめのバスタオル【大判サイズ2選】

一般サイズのおすすめバスタオルの次は、さまざまな使い方ができる、大判サイズのおすすめバスタオルをチェックしていきましょう。

おすすめ③Etech バスタオル 綿100% 撚糸 大判

Etech バスタオル 綿100% 撚糸 大判
Etech バスタオル 綿100% 撚糸 大判

オーガニックコットン100%
サイズ:73x138cm

大判サイズのおすすめバスタオル1つ目にご紹介するのは「Etech バスタオル 綿100% 撚糸 大判」です。シルクのようになめらかで柔らかな肌触りが魅力のこのバスタオルは、100%オーガニックコットンを使用しているので、ご家庭にいながら高級ホテルにいるような上品で贅沢な使い心地が味わえます。繊維が細く長く耐久性に優れているほか、洗濯時の色落ちや毛羽落ちが少ないところも魅力です。

【基本情報】

サイズ 約73✕138cm
素材 オーガニックコットン100%
カラー Blue・Pink・Glay
重量 480g

おすすめ④N/O バスタオル 大判 厚手 超やわらかい

N/O バスタオル 大判 厚手 超やわらかい
N/O バスタオル 大判 厚手 超やわらかい

厳選ポリエステル繊維素材使用
サイズ:140x70cm

大判サイズのおすすめバスタオル2つ目にご紹介するのは「N/O バスタオル 大判 厚手 超やわらかい」です。「ヒオリエ ミニバスタオル ホテルスタイル」です。厳選されたポリエステル繊維素材使用しているこのバスタオルは、吸収性・耐久性・速乾性に優れています。肌触りが柔らかく、敏感肌の方やお子様・赤ちゃんにも安心して使えます。また全身が覆える大判サイズなので、体が冷えるのも防いでくれます。

【基本情報】

サイズ 約70✕140
素材 綿100%
カラー イエロー・グレー・ブルー
重量 360g

おすすめのバスタオル【小さめサイズ2選】

大判サイズのおすすめバスタオルにつづいては、お子様や女性におすすめの小さめサイズのおすすめバスタオルをチェックしていきましょう。

おすすめ⑤ヒオリエ ミニバスタオル ホテルスタイル

ヒオリエ ミニバスタオル ホテルスタイル
ヒオリエ ミニバスタオル ホテルスタイル

素材:綿100%
サイズ・重さ:約40×100cm・約178g

小さめサイズのおすすめバスタオル1つ目にご紹介するのは「ヒオリエ ミニバスタオル ホテルスタイル」です。通常よりも太い上質の糸を使用した泉州タオルでふかふかのボリュームと抜群の吸収性が魅力です。撚りに独自の工夫を凝らすことで、洗濯時の毛羽落ちを大幅に削減しています。コンパクトの収納できるので、スポーツジムや旅行にも最適です。

【基本情報】

サイズ 約40✕100cm
素材 綿100%
カラー オフホワイト・ベージュ
モカ・ミストブルー
パウダーローズ・ライトグレー
アーモンド・ピーチブロッサム
ラベンダー・ティグリーン
ホテルブルー・アプリコット
シーグリーン・グラスグリーン
ブルーグレー・シトラス
ロゼ・アッシュライラック
重量 178g

おすすめ⑥タオル研究所 ミニバスタオル

タオル研究所 ミニバスタオル
タオル研究所 ミニバスタオル

天然コットン100%
ミニバスタオル:約50×100cm 約210g

小さめサイズのおすすめバスタオル2つ目にご紹介するのは「タオル研究所 ミニバスタオル」です。耐久性・吸収性に優れたミニバスタオルで、メーカー独自開発の紡績・製織技術でやわらかさを損なうことなく、毛羽落ちを最小限に抑えています。程よい厚さで、購入時の感触が長くつづくほか、通気性がよく速乾性にも優れているので部屋干しに最適なところもポイントです。

【基本情報】

サイズ 約50✕120cm
素材 綿100%
カラー ジェットブラック
スペースネイビー
ソフトグレー・バニラホワイト
パープルブルー
ミルキーベージュ・ローズピンク
重量 210g

シーンに合ったサイズのバスタオルを選ぼう

バスタオルには一般的なサイズにほかにも、さまざまな使い方ができる大判サイズや女性やお子様に最適な小さめサイズの3種類があります。今回は、バスタオルのサイズについて詳しく解説するとともに、バスタオルを選び方やおすすめのバスタオルをサイズ別にご紹介しました。ここでご紹介したことを参考に、自分の好みやシーンに合ったバスタオルを見つけてください。

その他の関連記事はこちらから

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。