記事作成日: 記事最終更新日:

キャンプ用品を売りたい時はどうしたらいい?おすすめの買取業者11選をご紹介!

アウトドアの中でもキャンプが人気ですが、ここ数年は家族や友人みんなでキャンプをするだけではなく、ソロキャンプの人気も高まってきています。そしてキャンプの魅力を知ってしまうと、ついキャンプ用品を買い足してしまうのです。

しかしあまり増えすぎると、古いキャンプ用品は処分したくなるのではないでしょうか。そこでここでは、不要になったキャンプ用品の売却方法についてご紹介しています。

不要になったキャンプ用品を売りたいときはどうする?

新しいキャンプ用品を購入したり、集めすぎていらなくなってしまったキャンプ用品は捨てるのではなく、売却しましょう。キャンプにハマる方は年々増えていて、中古のキャンプ用品を探している方はたくさんいます。ちなみに売却する方法は大きく分けて2パターンありますので、ご自身が売りやすい方を選択して下さい。

売る方法①専門業者に依頼

キャンプ用品を専門的に取り扱っている店舗または業者に売却することで、そのキャンプ用品の真の価値を見出してくれるのでおすすめです。

なにか物を売る時はリサイクルショップなどに持ち込む方が多いのですが、リサイクルショップではキャンプ用品以外にもたくさんの商品と取り扱っているため、必ずしもキャンプ用品に詳しいとは限りません。思っていたよりも安い値段を提示されて損をしてしまうなんていうケースは珍しくないのが現状です。

愛着のわいているキャンプ用品だからこそ、売却する時は正当な値段をつけてもらいたいはずです。特に人気ブランドのスノーピーク、モンビルは高額買取も夢ではないので、ぜひ専門店へ持ち込んでみて下さい。

売る方法②ヤフオクやメルカリを利用

メルカリやヤフオクを使って売却してみるのも1つの方法です。業者に買い取ってもらう時はいくらぐらいの値段がつくか分からないものですが、このようなツールではご自身が希望する値段を設定することができるので、商品によっては高額で売却することができます。

手数料や送料を取られるのはデメリットではあるものの、そこを差し引いてもプラスになるような値段を設定できるので、ご自身が損をしなくてすみます。

キャンプ用品買取業者の選び方ポイント

キャンプ用品を専門的に販売していたり、買取を実施している店舗もしくは業者であれば、他の買取業者よりも確実に高値で売却できるでしょう。

他にも登山グッズやスポーツ用品を取り扱う業者でも、キャンプ用品の高額買取を行っていることが多い傾向にあります。もともとの値段が高いキャンプ用品だからこそ、売却する時は1円でも高い値段で売却したいものです。

キャンプ用品の買取タイプ

いざキャンプ用品を売ろうとなった時、どのようにすればいいのか分からない方も中にはいるはずです。ここではおすすめの売却方法についてまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さい。店頭に持ち込む以外にも、買い取ってもらう方法はあります。

買取タイプ①店舗買取

1番よく利用されるのが店舗買取でしょう。売却したいキャンプ用品を直接店舗に持っていて、その場で査定してもらいます。込み具合にもよりますが、平均10分~15分程度で査定が終了して、その金額に納得した場合は、すぐにその場で現金として受け取ることができます。

売却方法の中では1番はやく完結する方法で、1番分かりやすい方法でもあります。ただし店舗で買取依頼する時は、できるだけキャンプ用品の専門知識があるショップに持っていくようにして下さい。リサイクルショップだと相場以下の値段で引き取られる可能性もありますので、十分注意しましょう。

買取タイプ②宅配買取

キャンプ用品は非常に大きいアイテムもたくさんあるため、直接持ち込むことが難しいパターンもあります。そういう場合は、宅配買取に挑戦してみましょう。ネットで検索すると意外と宅配買取を実施している業者は多いので、凄く便利です。

方法としてはまず、ネットで売却しようと考えているキャンプ用品の写真や情報を詳しく入力して、査定を依頼します。実際に商品を見た状態ではないので想定金額にはなってしまいますが、その査定金額に納得したのであれば、キャンプ用品をその業者に送るようにしましょう。

業者によっては段ボールや梱包グッズ、伝票を事前に自宅に送ってくれるサービスもあります。そして商品が業者に届いた時点で商品チェックが入り、査定額の決定メールが届くようになります。その金額でOKであれば、数日後に指定の口座に入金されるという流れになります。

買取タイプ③出張買取

「店舗に行きたくない」、「査定を依頼するのが面倒」、「すぐに売却したい」という方は、出張買取がおすすめです。電話1本でご自宅まで来てくれて、その場でキャンプ用品を査定して、その場で現金が受け取れます。

一気にまとめて売却したい方にも便利な方法で、労力や手間をかけることなく、その日のうちに引き取ってもらえるところも大きなメリットと言えるでしょう。ただし業者とは言え、知らない方を家に上げることになりますので、そこだけは了承するようにして下さい。

キャンプ用品は宅配買取業者が絶対おすすめ!

店舗買取、出張買取も便利で良いのですが、1番おすすめしたいのは宅配買取です。ではなぜ宅配買取がおすすめなのか、そして宅配買取業者に依頼することでどんなメリットがあるのかなど、役立つ情報を3つご紹介いたします。

おすすめ理由①手間も時間もかからない

宅配買取の最大の強みは、スマホやPCさえあればご自宅にいながらキャンプ用品を買い取ってもらえるというところでしょう。

キャンプ用品の写真を撮って、その商品の状態や基本情報を入力するだけで簡単に売却できるので、とても簡単で便利です。わざわざ店舗に行かなくてすむというのは、とても楽な上に売却しやすいとも言えます。

おすすめ理由②即現金化

ネットオークションやフリマサイトで売却するとなると、正直いつ売却できるのか分からないという問題があります。特に値段を高めに設定している場合は、すぐに売れる保証はありません。だからと言って安い値段だと勿体ないので、難しいところではあります。

しかし宅配買取なら商品の査定が終わって承諾した後、最短2~3日でその査定金額が振り込まれるのが通常です。少しでも早く現金が欲しい時でも、宅配買取は凄く使える方法と言えるでしょう。何より家の中にいながら売却ができるので、便利かつラクと言えます。

おすすめ理由③買取金額も高いことが多い

宅配買取業者はその分野の知識に特化したスタッフが滞在していることが多いです。つまりキャンプ用品も高額で買い取ってもらえるパターンが多く、損をするリスクが少なくなります。

商品をじっくり入念にチェックした上で金額を提示してくれるので、信頼できるだけではなく、安心できるのではないでしょうか。不用品回収業者や、リサイクルショップよりもはるかに高い値段を出してもらえるはずです。

キャンプ用品おすすめ買取業者11社をご紹介

ここでは高額買取も夢ではない、キャンプ用品買取業者をご紹介いたします。査定も早く即現金化が望める厳選した業者ばかりなので、ぜひ参考にして下さい。手間も時間もかからないので、非常におすすめの売却方法となります。

おすすめ買取業者①マウンテンシティ

マウンテンシティでは無料で配達用の段ボールを用意してくれますが、もしご自身で段ボールを用意できる場合は、査定額に+500円されるという魅力的な特典があります。しかもキャンプ用品は着払いに指定して送ることができるので、負担は一切ありません。

LINEを使用すれば簡単に無料査定が可能になっているところもポイントが高いです。簡単に迅速に現金化することができるので、マウンテンシティの売却はおすすめです。宅配買取がおすすめですが、マウンテンシティでは店舗買取もありますので、お好きな方を選択しましょう。
マウンテンシティの公式HPを詳しく見る

おすすめ買取業者②UZD(ユーズド)

UZD(ユーズド)では新しい状態のキャンプ用品でなくても売却することが可能です。例えばテントを売却する上で、ペグが紛失した状態でも買取対象となります。しかも便利なLINE査定を導入している業者なので、売却がもっと簡単に、そして便利に感じるのではないでしょうか。

ちなみに査定完了までの時間は短い上に完全無料なので、まずは気軽な感じで査定依頼してみるのもおすすめです。商品を送ったあとはすぐに現金が振り込まれるようになっているため、お急ぎの方も使いやすいはずです。
UZD(ユーズド)の公式HPを詳しく見る

おすすめ買取業者③A-SPORTS

A-SPORTSの査定はすごく簡単で、まずはメール、電話、LINEを使って「お客様番号」を獲得して下さい。そしてキャンプ用品を段ボールに詰めて、着払いにしてA-SPORTSに送るようにしましょう。キャンプ用品は大きいだけではなく重量もあるので、どうしても送料が高くなってしまいがちです。

しかし送料をすべてA-SPORTSが負担してくれる形となるため、売却する側の負担が大きく減るというメリットがあります。ちなみに商品が到着した時点で事前に出した査定額が確定となり、そこから金額が引かれることはありません。
A-SPORTSの公式HPを詳しく見る

おすすめ買取業者④CampFan

CampFanではおすすめのキャンプ用品やアウトドア商品を紹介するだけではなく、高額で買取を実施している業者の紹介も行っています。アウトドアなどのアクティビティに役立つサイトとなっていますので、ご自宅に売りたいキャンプ用品がある場合は、こちらをチェックしてみましょう。
CampFanの公式HPを詳しく見る

おすすめ買取業者⑤買取王子

買取王子の買取システムはすごく簡単で、買取依頼を申請した後、段ボールに不要なキャンプ用品を詰め込んで送るだけです。しかも買取王子の申請フォームから佐川急便に集荷を依頼することもできるので、ご自宅からは一歩も出る必要はありません。そして送料は無料です。

あとは買取王子が査定をして、査定額がメールで知らされます。承諾するのであれば、最短で次の日には口座に入金されているはずです。スピード感を重視するのであれば、買取王子が便利です。ちなみにキャンプアイテムだけではなく、買取アイテムはたくさんあるので、この機会にまとめて送ってみるのもおすすめです。
買取王子の公式HPを詳しく見る

おすすめ買取業者⑥マウンガ

マウンガでは仕事だけではなく、普段からキャンプ用品やアウトドア用品に触れているスタッフが1つずつ丁寧に査定しますので、高額買取が実現します。事前に査定額を確認して納得した上で、マウンガに配送しましょう。もちろん送料はマウンガ側が負担します。

ちなみに商品が到着した後は即査定、最終的な金額が確定することになります。お支払いは現金書留で送られてくるので、そのまま受け取りましょう。たくさんあるキャンプグッズを持ち運ぶ必要がなく、安全に買取してもらうことができるようになります。
マウンガの公式HPを詳しく見る

おすすめ買取業者⑦アウスタ

アウスタではブランドであってもブランドでなくても、キャンプ用品・アウトドア用品の買取を実施しています。新しい状態だけではなく古い状態のアイテムでも買い取ってもらうことができるので、処分するしかないというようなキャンプ用品でも大丈夫です。

査定と送料は完全無料となっています。査定も現金化も迅速な対応であるところが魅力なので、急いでいる方でもすぐにキャンプ用品を売却するのに最適と言えます。少しでも高い値段で買い取ってもらい方こそ、アウスタをおすすめしたいです。
アウスタの公式HPを詳しく見る

おすすめ買取業者⑧スポーツ高く売れるドットコム

スポーツ高く売れるドットコムではスピード感を重視した宅配買取システムを採用しており、電話をかければ最短当日ご自宅まで荷物を集荷しにきてくれるようになっています。しかも梱包をしなくてもスタッフがご自宅で梱包してくれる仕組みなので、何もせずとも買取が可能となります。

査定も迅速に行い、決まった時点で即振り込みとなるので、現金化するまでの時間が短いのが特徴的です。宅配買取と聞くと時間をとられてしまうというようなイメージがありますが、実際はそんなことはなく、迅速な対応に感動します。
スポーツ高く売れるドットコムの公式HPを詳しく見る

おすすめ買取業者⑨アウトドアパラダイス全国買取センター

アウトドアパラダイス全国買取センターは迅速かつ的確に、キャンプ用品の価値を現金に換えることができます。複数の商品を出さなくても1点だけの買取もOKなので、不要なキャンプ用品やアイテムがご自宅で眠っている場合は、迷わずに査定に出してみましょう。

高額買取の実績もあるので信頼できるのではないでしょうか。そして満足度の高い買取システムとなっているため、次からの買取はもっと簡単に、ラクになるはずです。また査定から実際に現金が入金されるまでの時間が短く、すぐに売却することができます。
アウトドアパラダイス全国買取センターの公式HPを詳しく見る

おすすめ買取業者⑩トレファクスポーツ

トレファクスポーツではキャンプ用品・アウトドア用品を安く提供するために、常に買取強化しています。宅配で送ったあとは即査定となり、最短で現金が口座に入るようになっています。

スマホから簡単に査定することができるので、まずは1度ご自身のキャンプアイテムの値段や、その価値を知ってみましょう。キャンプ用品やキャンプに詳しいスタッフが1つずつ査定するので、信頼度が高いです。
トレファクスポーツの公式HPを詳しく見る

使わないキャンプ用品があればまずは査定してもらおう!

これからも使う予定がないキャンプ用品が1つでもある場合は、この機会にキャンプ用品やアウトドア商品をメインに取り扱っている店舗・業者に買い取ってもらうことをおすすめします。キャンプの人気が高くなっていることもあって、買取の需要も比例して高くなってきています。

古い状態の商品でも買い取ってもらえることが多いので、損はありません。宅配買取なら家から出ずに簡単にキャンプ用品を処分することができます。査定から買取完了までの流れもスムーズとなっていますので、チャレンジしてみて下さい。

その他の関連記事はこちらから



 

また以下でもキャンプ用品の買取業者を比較していますので参考にしてみてください。

キャンプ用品買取業者のおすすめ8選人気ランキング

 

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。