記事作成日:

【2021】HDMIケーブル基礎知識まとめ!おすすめ商品15選もご紹介!

テレビやモニターに接続するときはケーブルが必須ですが、近年メインケーブルになっている配線がHDMIケーブルです。しかしHDMIケーブルと言っても種類がたくさんあって、詳しくない方には何がなんだかさっぱり、ということもあります。そこでHDMIケーブルの基本的な知識をまとめ、おすすめ商品を紹介しているので、購入時の迷ったときの参考になるでしょう。

HDMIケーブルとは?

「HDMIケーブルってテレビやモニターに繋ぐケーブルでしょ?」それくらいの認識しかない方も少なくありません。どんなものか、と聞かれて簡単に説明するのであれば、テレビやモニター、パソコン、ゲーム機、ハードディスクレコーダーなどの機器を繋いで映像や音声、操作など各種信号を伝えることができるケーブルです。

これまでのアナログタイプでは、それぞれの信号を個々のケーブルを用いて送信していましたが、HDMIケーブルを使うことでそれらすべてをまとめて送信することを可能にしています。

そのため複数のケーブルがごちゃつくことなく、しかも接続が簡単にできる、さらにデジタル化したデータをそのままの状態で送ることができるため、映像や音声がきれいな状態で反映されます。

HDMIケーブルの上手な選び方

楽に接続ができて映像や音声のクオリティを下げないHDMIケーブルですが、市場に出回っているものはそれこそ数え切れないほどあります。そのなかから最適なケーブルを選ぶにはいくつかのポイントを抑えることが必須です。HDMIケーブルの上手な選び方のポイントをチェックしておきましょう。

選び方①接続端子の種類

HDMIケーブルは繋ぐ機器によって選び方が異なります。ケーブルの両端をみると、接続端子にいくつかの種類があることが分かります。基本的にHDMIケーブルの端子は片方が通常サイズで、反対側には異なる大きさ、または同一の端子となっています。それぞれ種類ごとにどんな特徴があるのか解説し、どの機器に適しているのかを紹介していきましょう。

Type-A・HDMI-HDMI】HDMIケーブルのメインとなって発売数も多いものが、両端子どちらも普通のHDMI端子になったタイプです。長さやラインナップも豊富で、巻取り式やコンパクトタイプなど用途に合ったものが選択しやすくなっています。主にテレビやパソコン、ゲーム機、HDDレコーダーなどの接続に用いられます。

Type-C・HDMI-ミニHDMI】HDMI端子とそれよりも小さいサイズのミニHDMI端子が組み合わさったタイプになります。メインとして使われている利用方法は、ビデオカメラやデジタルカメラをテレビ・モニターなどに接続するときです。機器によっては対応していない場合もあるため、手持ちのカメラの端子を確認してください。

Type-D・HDMI-マイクロHDMI】HDMIケーブルでコネクタ部が最小、スマホやタブレットを接続できるタイプです。スマホ・タブレットに保存している写真や動画、アプリ画面をテレビやモニターに映し出したいときに使います。Type-DもType-Cと同じく対応していない機器があるので注意してください。

選び方②規格の種類

HDMIは接続機器の規格に適したものを使うことが前提です。HDMIケーブルはそれぞれにバージョンが設定され、合っていない規格ケーブルを使うと適切な解像度で表示されなくなります。

せっかくの高画質でハイスペックな4Kテレビも、低いバージョンのHDMIケーブルを接続してしまっては、鮮明できれいな映像にならないので気をつけましょう。それぞれのバージョンの特徴をチェックしてください。

Ver.1.2】少し前にHDMIケーブルのメインとなっていたスタンダードです。4.95Gbpsと伝送スピードはあまり速くなく、最大解像度は1920×1200とそれほど高くありません。そのため4Kテレビに接続しても高解像度を最大限に活かすことは難しいでしょう。

Ver.1.4】ハイスピードと呼ばれるもので30Hzの4Kや3Dでも十分対応できます。10.2Gbpsの通信速度を保ち、3840×2160や4096×2160の解像度サポートが可能、一般家庭で使用する4Kのデジカメなどに適しています。また、Ver1.4以上のHDMIケーブルはイーサネット伝送にもサポートしているので、インターネット接続用としても利用できます。

Ver.2.0】プレミアム表記されているケーブルで、現在多くのテレビに採用されている60Hzの4K映像にもOK、最大通信速18Gbps、秒間60フレーム画像を送ることが可能です。

Ver.2.0a】こちらもプレミアムと呼ばれるものですが、広範囲の明暗差も表現できるHDRや解像度3840×2160のUltra HD、ブルーレイ規格などに対応しています。

Ver.2.1】現在最新規格となるのがバージョン2.1のウルトラハイスピードで、60p・8Kや10Kにも使用することができます。最大通信速度はバージョン2.0と比べると約2倍以上の速度があります。

さらにバージョン2.0では静的HDRのみ対応だったところ、本規格からはダイナミックHDR・動的HDRにも対応するようになりました。音声面では非圧縮5.1chの音声フォーマットもOK、AV機器の自動検出機能も搭載されています。

選び方③ケーブルの長さ

接続端子やそれぞれの機器に合っている規格を選んで使うことも重要ですが、長さもチェックして購入しましょう。HDMIケーブルには長さのバリエーションが豊富にあり、1mやそれ以下、100mもある長さのケーブルもあります。

接続する機器の距離を測り、それに見合った長さを選ぶようにしてください。長ければ良いであろう、と余裕を持って購入する方も少なくありませんが、実はHDMIケーブルは長くなればなるほどデータが正しく送ることができなくなる場合もあります。

できれば5m以内で、5m以上の長さが必要であれば光ファイバー採用のHDMIケーブルを使うようにしてください。

HDMIケーブルのおすすめ商品15選

ハイクオリティな信号を劣化させることなく送ることができるHDMIケーブルは、その機能を最大限に活かしてこそ便利なアイテムです。所持している機器の規格や端子をしっかりと確認して、そのなかで適したおすすめ商品をチェックしてみましょう。

おすすめ①エレコム HDMIケーブル DH-HDP14EY20BK

エレコム Premium HDMIケーブル イーサネット対応
エレコム Premium HDMIケーブル イーサネット対応

配線時に取り回しがしやすく、束ねてもクセが残りにくい、やわらかケーブルを採用しています。テレビやレコーダーの裏など狭い場所でも柔軟に配線でき、コネクタにかかる負担を軽減できます。

パソコン周辺機器の大手企業・エレコムが扱うこちらのプレミアムHDMIケーブルは、コネクタ部分を同シリーズ従来品よりも約57%小型化し、狭い場所でも接続しやすくなっています。ケーブル部はソフトな素材を採用し、断線やクセがつきにくいケーブルです。

コネクタとケーブル接続部にはノイズやデータ紛失を防ぐために、金属シェルコネクタと3重シールドケーブルを採用しています。ARCやHEC対応、LAN不要のイーサネット対応、4Kにも接続可能な通信速度を持ち、HDR-4K2K(60P)の高画質な映像にもおすすめです。

おすすめ②SANWA SUPPLY HDMIケーブル KM-HD20-3D10

SANWA SUPPLY イーサネット対応ハイスピードHDMIケーブル
SANWA SUPPLY イーサネット対応ハイスピードHDMIケーブル

コネクタが回転する3Dコネクタ採用でスッキリ配線。イーサネット対応ハイスピードHDMIケーブル。

コネクタ部が縦横約90度に稼働できるイーサネット対応で4K30Hzにもマッチします。コネクタを稼働させることでケーブルへの負担を減少、断線やクセがつく心配もありません。

4K×2Kや立体感のあるゲームなどにもおすすめで、リーズナブルな価格でありながら端子部分には劣化しにくい金メッキや3重シールド構造でノイズ干渉を防ぎ、クオリティ高めとなっています。テレビやモニター、ゲーム機など狭い場所でのケーブル取り回しで悩んでいた方は可動式コネクタを試してみるのもおすすめです。

おすすめ③Amazonベーシック ハイスピード HDMIケーブル

Amazonベーシック ハイスピード HDMIケーブル
Amazonベーシック ハイスピード HDMIケーブル

別付のイーサネットケーブル無しで、インターネット接続を共有可能

AmazonブランドのハイスピードHDMIケーブルは、リーズナブルな価格でありながら1年間保証が付いているため、初めて利用する方でも安心感があります。60Hz4Kにも対応し、イーサネットケーブルなしでもインターネットに接続できます。

最大通信速度18GbpsでHDMI旧バージョンにも使えるので、接続機器のバージョンが違っていても使えます。ケーブル幅が太く、しっかりした耐久性がありますが、狭い場所では取り回しが困難になる場合もあるので気をつけてください。

おすすめ④SANWA SUPPLY HDMI巻取りケーブル KM-HD20-M12

SANWA SUPPLY HDMI巻取りケーブル 1.2m
SANWA SUPPLY HDMI巻取りケーブル 1.2m

持ち運びや保管するのに便利な巻取り式のHDMIケーブル。ハイスピード&イーサネット対応。

ノートパソコンやタブレットなどと一緒にHDMIケーブルを持ち運ぶには巻取り式が良いでしょう。イーサネット・ARC・4K×2Kタイプにも相応し、携行性抜群なので仕事などのプレゼンにも役立ちます。

持ち運び時にコネクタ部分にゴミが付かないようにキャップも付属されています。接続する機器同士の距離に合わせて長さ調節もでき、よく付け外しするような場合にもおすすめです。

おすすめ⑤ホーリック HDMIケーブル HDM10-494BK

ホーリック HDMIケーブル 1m
ホーリック HDMIケーブル 1m

コネクタサイズ:W17.5 x H8.0 x D27.0 mm
ケーブル直径:4.5mm
ケーブル長:1m

HDMIケーブルはカラー選択がほとんどありませんが、こちらはカラー選びが可能な商品です。カラーバリエーションはゴールド・シルバー・ブラック・グレー・レッドの5種類で、グレー・レッドはケーブル部分もカラーリングされています。

機能性とデザイン性を重視する方にもおすすめです。4K/60pにも適した通信速度でイーサネットやARC、Deep Colorにマッチするタイプであり、金メッキ端子と3重シールドで耐久性もあります。ケーブル自体は細いですが、硬めなのでクセが付きにくいのも特徴です。

おすすめ⑥ソニー プレミアムHDMIケーブル DLC-HX15

ソニー プレミアムHDMIケーブル 1.5m
ソニー プレミアムHDMIケーブル 1.5m

プレミアムHDMIケーブル認証取得で4K 60P/4K HDR映像に対応
遮蔽性の強い3重シールド構造採用

ノイズ干渉を防ぐなら4K/60PやHDR、ウルトラHDOKの、こちらのHDMIケーブルがおすすめです。端子部分には24Kメッキを採用し、データを送る際のノイズを減少させてくれます。

遮蔽性に優れた3重シールド構造と継ぎ目をなくしたシームレスプラグが映像劣化を減少してくれます。こちらのケーブルはメーカー推奨の接続方向が指定されているので、接続する際には向きに注意してください。

おすすめ⑦iVANKY HDMIケーブル

iVANKY HDMIケーブル
iVANKY HDMIケーブル

劣化に強い24K金メッキコネクター、及び多重シールド処理を施すことにより、信号ロス・ノイズを最低限まで抑え、 映像・音声を遅延なく転送することができます。

リーズナブルな価格で8K/60Hz対応、バージョン2.1でイーサネットやeARC対応のハイスピードプレミアムとなっています。端子部分には経年劣化に強い24Kメッキを採用、多重シールドでノイズ対策も完璧です。

ケーブルは編みケーブルでクセが付きにくく断線防止にもなり、コネクタを接続するときに使いやすい滑り止めもあります。特にゲーム機器との接続を目的に購入する方が多く、高い解像度となめらかな表示が高い評価を得ています。

おすすめ⑧UGREEN HDMIケーブル 4K

UGREEN HDMIケーブル 4K
UGREEN HDMIケーブル 4K

UGREEN オス-オス HDMI Type-Aケーブル。このHDMIケーブルを使用して、HDMI端子を持つゲーム機の画面をテレビ、モニターなどのHDMI機器で簡単に拡張できます。

4K/60Hzにも対応できるハイスピードHDMIケーブルです。端子部分は24Kメッキ採用で、経年劣化に強いだけでなく伝導ロスも減少してくれます。互換性に優れ、パソコンやPS4、Nintendo Switchなどの多数ゲーム機やDVDプレーヤー、ブルーレイに接続することが可能です。

Lightningアダプタを使うことでiPadやiPhoneへの接続もできるようになっています。品質が良くリーズナブルなコスパ重視のHDMIケーブルを探しているなら試してみるのも良いでしょう。

おすすめ⑨Miracase HDMIケーブル ハイスピード

Miracase HDMIケーブル 2m ハイスピード
Miracase HDMIケーブル 2m ハイスピード

高速伝送対応
高音質 高画素
高遮蔽性 高耐久性

4K2K/60Hz・HDR・イーサネット・フルHD・3D・ARCなどに対応したハイスピードHDMIケーブルです。金メッキプラグと3重シールドを採用、優れた耐久性とノイズ干渉に強い構造となっています。ケーブル自体がしっかりしているので、狭い場所での取り回しには若干苦労するので注意してください。

おすすめ⑩エレコム ハイスピードHDMIケーブル CAC-HDPS14E15BK

エレコム ハイスピードHDMIケーブル 1.5m
エレコム ハイスピードHDMIケーブル 1.5m

伝送速度:18Gbps
対応解像度:4K×2K(60p)対応

4K2K/60P・HDR・イーサネット・ARC対応のハイスピードHDMIケーブルで、ケーブル部は3重シールドとコネクタ部の銅テープシールドでノイズ干渉を防ぎ、端子部には金メッキピン採用で、錆びにくく信号劣化を抑えることができます。長さがあるので接続する機器が離れている場合にも使いやすくなっています。

おすすめ⑪パナソニック HDMIケーブル RP-CHKX15-K

パナソニック HDMIケーブル RP-CHKX15-K
パナソニック HDMIケーブル RP-CHKX15-K

K60pフルスペック映像を伝える18Gbps高速伝送対応
安定した高速伝送を可能とする新開発ダブルバインド構造

ケーブル部がフラットになっている4K60P対応のケーブルです。端子部に亜鉛ダイキャスト製のプラグとシールドケース、銅箔シールドを採用することでノイズ干渉を防いで画質や音質劣化を抑えてくれます。

耐久性や伝送の安定性に優れていますが、しっかりとしたケーブルのため若干取り回しが困難です。しかし4Kコンテンツのハイクオリティな画質や音質にこだわりたい方にはおすすめできます。

おすすめ⑫エレコム ウルトラハイスピードHDMIケーブル DH-HD21E10BK

エレコム イーサネット対応ウルトラハイスピード HDMIケーブル
エレコム イーサネット対応ウルトラハイスピード HDMIケーブル

48Gbpsの高速伝送による8K映像の伝送に対応し、高い信頼性と機能性、ノイズ耐性を兼ね備えたイーサネット対応ウルトラハイスピードHDMIケーブルです。

最新の8Kから4K2Kに対応したウルトラハイスピードHDMIケーブルです。ゲームモードVRR対応でタイムラグを抑え、スムーズなプレイを可能にしています。

ケーブル内部は線同士の摩擦を軽減するフィラー内蔵で、果汁や折り曲げなどのケーブルにかかる負荷を軽減できる構造です。もちろん3重シールド構造でノイズ干渉を抑え、サビや信号劣化防止に適した金メッキを採用しています。

おすすめ⑬ソニー プレミアムHDMIケーブル DLC-HX10XF

ソニー プレミアムHDMIケーブル 1.0m
ソニー プレミアムHDMIケーブル 1.0m

信頼性の高いAWG30銅撚り線(どうよりせん)を採用
遮蔽性の強い3重シールド構造採用

4K60P、4KHDR対応でブルーレイや3D映像にも適したものです。端子部にはシームレスプラグ採用で、外部ノイズの干渉を抑え、耐久性のある24Kメッキが施されています。

ケーブル内ノイズ対策には遮蔽性に優れた3重シールドを採用し、ノイズや伝送の遅れを抑えつつハイクオリティな映像を楽しむことができます。

おすすめ⑭Syncwire 4K HDMIケーブル プレミアムハイスピード

Syncwire 4K HDMIケーブル プレミアム ハイスピード
Syncwire 4K HDMIケーブル プレミアム ハイスピード

4K/Ultra HDおよび3DフルHD対応のHDMIケーブルです。大画面でも高画質・高音質の映像が楽しめます。

リーズナブルな4K/ウルトラHD、3DフルHD、HEC・AREに対応したケーブルです。ケーブルは耐久性に優れたナイロン素材採用で、太さがありしっかりとした作りでありながらソフトなケーブルのため、接続時の取り回しがしやすくなっています。

おすすめ⑮ソニー HDMIケーブル ミニ端子用 DLC-HEM30

ソニー HDMIケーブル 3.0m ミニ端子用
ソニー HDMIケーブル 3.0m ミニ端子用

イーサネット対応 HIGH SPEED HDMIケーブル(ミニ端子用)

ビデオカメラやデジタルカメラで撮影した映像や画像を、4Kテレビに映し出すときにおすすめです。ARCや3D、イーサネットに対応し、プラグ部はシームレスプラグでケーブル内部は3重シールドを採用、外部ノイズの干渉にも対応できる金属シールドシェルで耐久性、遮蔽性ともに高くなっています。

使用目的にあったHDMIケーブルを入手しよう

テレビやパソコン、ゲームなどを接続するために主流となっているHDMIケーブルには、さまざまな規格や種類があります。どんなものに接続するのかそれぞれの機器に対応したケーブルを見極めて、解像度や通信速度など使用目的にあったものを選んで使うようにしてください。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。