記事作成日:

ジャパネットのウォーターサーバーってどう?気になる料金などを徹底調査!

通販でお馴染みのジャパネットたかたでは、家電や便利グッズなどを販売していることはご存知の方が多いはずです。あまり知らない方もおられますが、ウォーターサーバーの取り扱いもあるのです。ここではジャパネットのウォーターサーバーの料金や評判などを徹底調査していきます。ウォーターサーバーをお探しの方はぜひ参考になさってください。

ジャパネットのウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーを扱うメーカーは多くありますが、ジャパネットというメーカーはご存知でしょうか。聞いたことはある社名だけど、よく知らないという方も多いのではないでしょうか。ウォーターサーバーをお探しの方や、ジャパネットのウォーターサーバーを詳しく知りたい、と言う方はぜひチェックしてみてください。

通販で人気の「ジャパネットたかた」が提供

ジャパネットと言う名前でピンとこなくても、ジャパネットたかたと言ったら知っていると答える方が多いのではないでしょうか。テレビやラジオのコマーシャル、テレビショッピングや折り込みチラシなどでお馴染みの人気通販サイト、ジャパネットたかたが提供している中に、ウォーターサーバーもあるのです

家電や便利グッズなど、様々な商品を長年扱っていて、知名度も高く信頼性、実績もある会社です。よく知らないメーカーにウォーターサーバーを頼むのは怖いなと感じる方には、ジャパネットの知名度や信頼性は安心できるのではないでしょうか。

シンプルなデザイン

ジャパネットのウォータサーバーは、シンプルなデザインでどんなお部屋にも馴染みます。床置き型と卓上型と2タイプあって、どちらもコンパクトな設計になっています。

近年、ウォーターサーバーはインテリアにもなるような可愛いデザインや色合いも多くの種類を各メーカーが出していますが、シンプルイズベストとお考えの方にはジャパネットのウォーターサーバーがピッタリです。

ジャパネット「ウォーターサーバー」の費用

ここからはジャパネットのウォーターサーバーにかかる費用がいくらかをご紹介していきます。ウォーターサーバーを他社と比較した際に、費用が高い所はやはり選ばない方が多いです。

ウォーターサーバーの費用も細かく見ると水代だけではない所も多いです。ウォーターサーバーを比較・検討されている方は水代だけしか見ていないと、後から他の費用もかかったから他社の方が安かったとなることもあるので、細かくチェックしてみてください。

費用①初期費用が無料

まずは初期費用です。ウォーターサーバーを設置する際に初期費用がかかるところもあります。サーバー本体の設置費用や配送費などになりますが、ジャパネットのウォーターサーバーは初期費用が無料です。

また、最新機種や特殊な機能が付いたタイプなど、ウォーターサーバー本体のレンタル料がかかるところもありますが、ジャパネットはレンタル料もかかりません。初期費用がかからず設置出来るので、気軽に始められます。

費用②料金プラン

続いては、料金プランです。ジャパネットはレンタル料や沖縄や一部の離島を除いて配送料がかからないので、料金プランは水代のみの価格になります。水のボトルは1本9.5ℓで2本以上からのプランになります。

2本で税込3480円、3本で3980円、4本4980円、6本7280円となっています。8本や10本というプランもあって、オフィスなどにも使いやすいプランもあります。2本では500mlあたり92円ですが、6本だと64円とかなりお得になります。6本は3~4人向けなので、ファミリーにおすすめです。

費用③別途かかる電気代

意外と見落としがちなのが、別途かかる電気代です。ウォーターサーバーを使うには電気が必要です。1か月あたりの電気代は、通常モード(1日24時間使用で1kWh27円で算出)で約753円、エコ(1日通常モード16時間、消灯時にヒーターがOFFになるのが1日8時間作動した場合)モードで約632円となっています。

電気代があまりかからない他社のウォーターサーバーだと、1か月あたり500円かからないタイプも多いので、それよりかは費用がかかると考えておいた方がいいでしょう。

費用④契約期間内解約は料金がかかる

最後は注意点にもなりますが、契約期間内の解約は料金がかかるという点です。ウォーターサーバーが届いてから2年未満で解約した場合、初期費用として床置きタイプは税込14,080円、卓上タイプは9,000円を支払わなければなりません。

また、ウォーターサーバーを返却しない場合は、サーバー1台あたり28,000円を請求されます。2年未満の解約や返却に応じない場合はかなり高額な費用がかかってしまうので、注意しましょう。

ジャパネット「ウォーターサーバー」のメンテナンス

続いてはメンテナンスについて解説していきます。ウォーターサーバーのメンテナンスを自分でしなければならないことも多く、メーカーに頼むとメンテナンス料がかかるなど、お手入れについて不安になる方もおられるかもしれません。メンテナンスの内容を確認して心構えをしておきましょう。

2年に一度の定期メンテナンス無料

ジャパネットは2年に1回、定期メンテナンスに来てくれます。ちゃんと専門員が来てくれて部品の確認や必要があれば通常パーツの交換も行ってくれます。部品も経年劣化していくため、定期的にメンテナンスをしてもらえると安心感が違います。メンテナンス料もかかりません。

お手入れ方法を動画で確認しよう

お手入れの仕方を動画で確認しましょう。ノズルやトレイの掃除、背面の埃の掃除などが必要になりますが、どれも難しいものではありません。定期的にお手入れしないと、せっかくの美味しいお水が台無しになってしまうので、面倒でもこまめにお手入れをして清潔に保ちましょう。

ジャパネット「ウォーターサーバー」の評判

ここからはジャパネットのウォーターサーバーの評価をチェックしていきます。使った方の感想を聞くと安心出来ることも多いです。ジャパネットのウォーターサーバーを検討されている方や興味のある方は要チェックです。

①水の評判

まずはお水の評判です。お水自体が美味しくなければそもそも購入しようとする気にならないのは当然ですが、ジャパネットのお水の評価はもちろん良いです。すっきりしていて美味しい、クセが少なくまろやかという評価があります。

ジャパネットのウォーターサーバーの水は天然水で、特定水源で採水しろ過・沈殿・加熱殺菌の方法で処理した水になります。水源は富士山で、富士山の天然水特有のバナジウムを含んだミネラル分がバランス良く含まれたお水です。

日本人の口に合う軟水のため、和食に合わせやすくお吸い物や出汁など、口当たりがよく料理にも使いやすいお水になっています。

②使い勝手の評判

続いては使い勝手の評価です。ウォーターサーバーを設置して多くの方が困ることがあるのが、お水が余ってしまうことです。旅行や出張などで1週間以上家を空けてしまうなどで、お水を使うペースが落ちてしまうことはよくあります。ジャパネットでは契約月から4か月目以降は、お届け本数の変更が無料で出来るので、高評価となっています。

次回配送予定日の5営業日までにアプリや電話等で連絡すれば、配送日を遅らせたり届けてもらう頻度を変更出来ます。たくさん使ったので早く配送してほしい場合や追加なども可能です。変更が出来ても翌月からだったり、変更に料金がかかるところもあるので、お水の量を調節しやすく余らせることがないのがメリットとなっています。

また、赤ちゃんがいるお宅では温水レバーにしかチャイルドロックが付いていない点は、マイナス評価を付ける方がおられます。安全のため、冷水にもロックが付いている方が良かった方もいるため、赤ちゃんがいるご家庭ではよく検討した方がいいかもしれません。

③サポートの評判

最後はサポートの評判です。なにか問題があった場合に、サポートがよくなかったり対応してもらえないと不安になりがちですが、ジャパネットは24時間年中無休で電話での問い合わせが可能です。なかなか年中無休で、しかも24時間体制で対応してくれるところはないので、さすがは大手通販サイトの体制です。

年末年始や祝日など、急な機械トラブルがあっても通常は休み明けまで待つしかないことがほとんどですが、ジャパネットにはそういった心配が不要なため、サポートの評判も高くなっています。

わかりやすい価格設定のウォーターサーバー

ジャパネットのウォーターサーバーについて解説してまいりましたが、価格のプランが水代だけなので、分かりやすいと感じた方も多いのではないでしょうか。2本では他社のウォーターサーバーと同じような価格かもしれませんが、お水の本数が多いほどかなりお得になっていくので、本数を頼む方におすすめです。

ウォーターサーバーの水があると災害時にも役立ちますし、家に配達してくれていつでも美味しいお水が飲めるのは近年の外出自粛などの非常時にも便利です。ジャパネットのウォーターサーバーで、美味しいお水を楽しんでください。

その他関連記事はこちら


 

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。