記事作成日:

【2021】スノーピーク(snow peak)おすすめキャンプ用品15選!

キャンパーから絶大な人気を誇るアウトドアブランド・スノーピーク(Snow Peak)には、数多くの便利でおしゃれなアイテムが取り揃えられています。スノーピークのキャンプ用品が欲しいけれど、惹かれるものがありすぎて選べない、という方も少なくありません。そこでスノーピークのおすすめキャンプ用品を、テントや小物などカテゴリ別に紹介します。

人気ブランド「スノーピーク」とは?

人気ブランドであるスノーピーク(Snow Peak)は、キャンプが好きな方はもちろん、ほとんどアウトドアをしない方でも知っている、知名度の高い国内アウトドアブランドです。

本社があるのは新潟県三条市、オートキャンプスタイルの先駆けであり、ユーザーが求める高品質なモノづくりをしています。設立は1964年、元は金物問屋であった初代社長が、当時の登山用品に不満を持ったことで自作開発した登山・釣り用品が始まりです。

1986年にはキャンプ製品の開発が開始、これまでにも数多くの画期的なキャンプ用品を排出し、多くのキャンパーに愛されるブランドがスノーピークです。

スノーピークの魅力

絶大な支持を得るスノーピークですが、その魅力はどこにあるのでしょう。キャンプ用品なので、便利で使いやすいことはもちろん、それ以外にもたくさんの魅力があります。

スノーピークの魅力はユーザー側の視点に立ちつつ、自身もユーザーである、自分たちが本当に欲しい物を作る、という考えが大きいのではないでしょうか。それを踏まえた上で、スノーピークの魅力をチェックしてみましょう。

魅力①キャンプ用アイテムが豊富

キャンパーがスノーピークブランドに惹かれる魅力として、キャンプ用のアイテムが豊富に揃っていることがあります。スノーピークではテントやタープ関連、シュラフなどの主要アイテムだけでなく、クッカーやケトル、鍋を含む豊富な種類の調理器具、高い機能性を持つアウトドアウェアなど、そのジャンルは多岐に渡って揃っています。

おしゃれなキャンプをしたい方におすすめのデザイン性の高いものから、本格的なキャンプに備えることができるディープなアイテム、ライトなデイキャンプに便利な手軽なものまで、どんなキャンプにも対応できるアイテムを揃えることが可能です。

魅力②保障に期限を設けていない

スノーピークは豊富なキャンプ用アイテムが揃っていますが、それらに保証期限を設けないことでも高い評価を得ています。購入商品に保証を付ける事は珍しくありませんが、スノーピークでは保証書自体がありません

これはフィールド上で長く愛用できるデザインにしていることはもちろん、すべての製品に自信をもっているからです。そのため製造上の欠陥が元で破損したものは無料交換、または修理を行っています。

アイテムや状況によっては有償となることもありますが、その場合は適正価格にて修理してくれます。もちろん経年劣化による破損には対応していませんので注意してください。

魅力③アレンジしやすい

単品でも魅力ある複数のアイテムですが、使い方次第で豊富なアレンジが可能になっている商品も多くあります。テントひとつにしても、テントやタープ、シェルターなどを組み合わせて繋げたり、テーブルと調理場をつなげることもできます。

スノーピークの代表的なアイテムであるアイアングリルテーブル(IGT)は、空きスペースにさまざまなユニットを組み込むことができるスグレモノです。各種バーナーやコンロ、まな板など調理に必要なものを好みでカスタマイズできます。

このようにスノーピークのキャンプ用アイテムは、ユーザーが望む組み合わせが多数ありアレンジの幅も広がるため、多くのキャンパーから愛されているのです。

スノーピークのおすすめキャンプ用品【テント&タープ】

キャンプの要となるテントやタープは、機能性だけでなくデザイン性も重視したいものです。スノーピークならユーザーにとって嬉しい機能がたくさんあるでしょう。スノーピークでおすすめしたい、人気のあるテントやタープを見てみましょう。

おすすめ①スノーピーク アメニティドーム

スノーピーク テント アメニティドーム
スノーピーク テント アメニティドーム

製品サイズ 25.4 x 18.29 x 10.16 cm; 4.9 Kg
最大収容人数 3人

ハイクオリティでリーズナブルな価格のテントなら、超ベストセラーアイテムです。キャンプ初心者にも使いやすく、設営時に必要なポールとスリーブが同色になっているため、始めてテントを設営する方でも失敗することがありません。

形状は変形した六角形で耐風性を考えた流線型で前室付き、フロントパネルを跳ね上げるために専用ポールも付属しています。ジュラルミン製のフレームで優れた耐久性を誇り、適度なしなりで強風や雨でもテントをしっかりと守ってくれます。オプションでメッシュシェルターとの連結が可能で、広々としたスペースも確保できます。

口コミ

口コミでの評価も高く、初心者だけでなくベテランキャンパーであっても納得できる広いスペースや使い心地が高評価に繋がっています。スノーピークではリーズナブルでも、もちろん他者メーカーでもっと安いテントはありますが、安心して宿泊するためにも耐久性などを考慮して、こちらのテントが良い、と多く方が語っています。

値段、大きさ、安定感、アメド最強でした。設営ではポールに色分けがされているので間違えることもありません。引用:Amazon

 

キャンプを初めた方ほど最初は安い物から・・とついつい廉価なテントを購入しがちですが、そうしたテントのフライシートが吹き飛んだりポールが折れたり、テント下から侵水している光景を何度も見てきました。初心者の方ほどこうした悪天候に耐えられる商品を使うことをお勧めします。引用:Amazon

おすすめ②スノーピーク エントリーパックTT 4人用

スノーピーク テント エントリーパックTT 4人用
スノーピーク テント エントリーパックTT 4人用

収納サイズ/60×23×23(h)cm 重量:7.65kg
対応人数:4名

テントとタープがセットになった大人気アイテムで、発売当初は売り切れ続出したそうです。テント単品のみの購入も可能ですが、長くキャンプをしていると、必然的にタープも欲しくなるのがキャンパーです。

あとで購入する予定があるなら、セットでお得に購入するのもアリではないでしょうか。形状はかまぼこ型で、吊り下げ式の寝室を外すことでシェルターとしても利用できます。

宿泊キャンプとデイキャンプの両方に対応でき、テントやタープを単体で利用することも可能です。アメニティドームと迷う方も少なくありませんが、決め手はエントリーパックTTの高さになる事でしょう。

口コミ

エントリーパックTTは外観はそれほど大きくはないけれど、中に入るとかなりの広さが実感できます。4人用、とありますが大人4人で利用しても十分んあ広さを確保できるため、ファミリーキャンプでも使いやすいと好評価です。また、テントとシェルターを揃えるならセットで購入するほうがおすすめです。

立ててみると他のキャンパーさんのテントよりこじんまりとしているように見えたのですが、中に入ると広さを実感できました。圧迫感や狭さを感じません。引用:Amazon

 

加えて、エントリーTTはタープも付属してきますのでその拡張性は計り知れません。シェルターテントとタープを目当てに購入するならかなりオススメです。引用:Amazon

おすすめ③スノーピーク エントリー2ルーム エルフィールド

スノーピーク テント エントリー2ルーム エルフィールド
スノーピーク テント エントリー2ルーム エルフィールド
キャリーバッグサイズ:86×32×34(h)cm 重量:15.5kg 対応人数:4名

ファミリーキャンパーにおすすめのテントです。オールシーズン対応で、スカート付きのため寒い時期のキャンプにも使うことができ、暑い時期には前後左右をメッシュにすることで通気性抜群になっています。

テント内は広々とした寝室やリビングスペースで、ゆったりと寛ぐことも可能です。天井の高さは標準身長の男性が立ち上がっても頭が支えることはありません。

口コミ

こちらはファミリー向けの大きめテントにも関わらず、同等サイズのテントよりリーズナブルな価格で購入できるため、多くの利用者が満足できる使い心地と言われています。高さがあるが、自立感や耐久性もあるので急な雨風でも安心です。

背骨(リッジポール)が入ったカマボコタイプのテントはこの商品しか無いと思います。あばら骨だけのカマボコタイプのテントよりも自立感が増し、張り綱に頼らなくとも風や積雪に耐えてくれる印象です。引用:Amazon

 

天井に装着するルーフシートも標準で付いてますので暑さ結露対策もバッチリです。引用:Amazon

おすすめ④スノーピーク アメニティタープ ヘキサ Lセット

スノーピーク タープ アメニティタープ ヘキサ Lセット
スノーピーク タープ アメニティタープ ヘキサ Lセット
キャリーバックサイズ:80×17×22(h)cm 重量:7kg

日よけや雨除け、テントと連結などアレンジ可能で、タープ本体やペグ、ポール、ロープ、各種ケースがセットになっています。超撥水加工を施した生地は耐水圧に優れ、UVカット仕様で夏の紫外線対策にもおすすめです。ユーザーのアイデア次第でいろいろな使い方ができます。

口コミ

サイズの大きいタープで、ファミリーキャンプやグルキャンに最適です。6人用とありますが、6人でもゆったり使えるスペースと、超撥水加工による乾燥のしやすさや急な雨にも対応できると言った好評価が多くみられました。

広さは下に椅子を8個位置けそうです。広く丈夫で、ロープの長さの調整もしやすく便利です。引用:Amazon

 

大雨の日でも防水がしっかりしているのでキャンプを十分に楽しめます。その後乾かすのが楽なのもいいところです。引用:Amazon

おすすめ⑤スノーピーク ライトタープ ポンタ シールド

スノーピーク タープ ライトタープ ポンタ シールド
スノーピーク タープ ライトタープ ポンタ シールド

重量:900g(ロープ含む)
サイズ:250cm×200cm

ソロキャンプで使いやすいサイズのタープは、キャンプ以外のアウトドアにもおすすめです。収納時はコンパクトで軽量のため、ツーリングキャンプでも荷物がかさばりません。

ポールの高さや設置場所などによって自由にセッティングできるので、天候や状況に合わせて張り方を変えることもできます。

口コミ

アウトドア全般に利用できるちょうど良い大きさのタープは、カスタマイズやアレンジも楽しく、ソロキャンプやファミリーキャンプ、ツーリングキャンプなどで活躍します。多くの口コミでサイズ感や携行性抜群、使いやすいと言われています。

セッティングも楽々で高さも自由に変えられるので、風の向きや雨の降り方でいろいろな角度に調節できます。片付けの際もあっという間にたたんでしまえるので大変重宝しています。引用:Amazon

 

最近では、車のルーフレールに一方を縛って、車のサイドで使用するようになりました。大変扱いやすいサイズで重宝しています!引用:Amazon

スノーピークのおすすめキャンプ用品【火まわりアイテム】

キャンプの楽しみの一つ、といえば焚き火や料理ではないでしょうか。スノーピークでは火まわりアイテムも充実しているのでチェックしてみましょう。

人気の焚き火台やちょっとした調理、お湯を沸かすのに便利なバーナーなど、おすすめ用品がたくさんあります。

おすすめ⑥スノーピーク 焚火台

スノーピーク 焚火台
スノーピーク 焚火台

サイズ:φ120×80mm
容量:0.9L

スノーピークの焚き火台といえば、もはやキャンパーのなかでは定番のアイテムではないでしょうか。焚き火と同時に調理用としても重宝し、優れた耐久性とシンプルなデザイン、使い勝手の良い機能性を持っています。さらにカスタマイズできる豊富なオプションアイテムも魅力的です。

口コミ

多くのユーザーが納得・満足できる機能美は、薪を最後まで燃やすことができると高評価が多くなっています。寒い時期のキャンプでは暖を取るときにもおすすめです。

シンプルで頑丈。気兼ねなく使える。四角錐を逆さまにして使うデザインなので薪を燃やして段々と炎が小さくなっても焼け残りを出さず。引用:Amazon

 

あみ置いてその上に鍋で調理しても安定してるし、火も最後までしっかり燃え尽きるし掃除も簡単だし。満足しています。引用:Amazon

おすすめ⑦スノーピーク 焚火台 グリルブリッジ

スノーピーク 焚火台 グリルブリッジ
スノーピーク 焚火台 グリルブリッジ

商品寸法 (長さx幅x高さ) 44 x 44.5 x 17.5 cm
商品の重量 1.6 キログラム

焚き火台の上で調理をするときに便利なオプションアイテムです。3段階の高さ調整が可能で、調理するものによって火加減を調節できるようになっています。バーベキューだけでなく、鍋や鉄板を乗せることも可能なので、キャンプ場でいろいろな料理を楽しむのも良いでしょう。

口コミ

焚き火台と一緒に購入する方も多く、高さ調節機能は火加減だけでなく、炭を足すときにも便利です。キャンプでさまざまな料理に挑戦する方にはおすすめできます。なくても良いのでは、と思われがちですが、実際に利用した口コミを見ると使い勝手が良いようです。

飯ごうでご飯を炊いたり、鉄板でステーキを焼いたり、網で直接焼き鳥を焼いたり、全ての焚き火料理がこれ一台で出来ます。引用:Amazon

 

あるのとないのとでは全然違います!買って使えば後悔はしません!そして凄く丈夫です!引用:Amazon

おすすめ⑧スノーピーク ギガパワー ツーバーナースタンダード

スノーピーク ギガパワー ツーバーナースタンダード
スノーピーク ギガパワー ツーバーナースタンダード

サイズ:収納時/500×110×360mm、風防装着使用時563×293×383mm、スタンド装着時563×514×383mm
重量:7.0kg

焚き火とは別に調理用として使いやすい、2コンロのバーナーです。大型クッカーにも対応できるサイズと、風のなかでも調理できる風防付きで、床面はフッ素加工されているため後片付けも楽にできます。

着脱式のスタンドで卓上にも使えるだけでなく、アイアングリルテーブルにセットすることも可能です。

口コミ

利用者の口コミを見てみると、やはりツーバーナーはバランスが良く、火力も高いので調理のバリエーションが増えるとあります。また、火力が強いので寒いときでも十分対応できるようです。

寒冷地での使用ですが、マイナス気温の環境下でも火力が強く、大変重宝しています。引用:Amazon

 

火力が高いので調理バリエーションが増えました。シングルバ−ナ−をずっと使用してましたので調理中にフライパンが傾いたりしなくなり助かります。引用:Amazon

おすすめ⑨スノーピーク ギガパワー マイクロマックス ウルトラライト

スノーピーク バーナー ギガパワー マイクロマックス
スノーピーク バーナー ギガパワー マイクロマックス

商品寸法 (長さx幅x高さ) 12.4 x 12.4 x 7.6 cm
商品の重量 0.12 ポンド

本体高さ80mm、直径125mmの超コンパクトサイズで56gと超軽量なゴトクで、収納時はゴトク部分を折りたたみできるようになっています。別売りのギガパワーガスにセットした状態でも144mmとかなり小さめサイズです。ソロキャンプに持ち運びしやすく、板状のゴトクが風防代わりにもなります。

口コミ

使い込むほどに味の出るチタン製のゴトクで、やはり軽量と風防対策が高評価を得ています。ソロキャンのメインバーナーでも良いですが、口コミにもあるようにコンパクトなのでサブとして用意しても邪魔になりません。

風が吹いても消えませんでした!軽さはピカイチだと個人的に思います。。引用:Amazon

 

意外と炎が広がるタイプで簡単な焼き物にも使えます。五徳は小さなクッカーやシェラカップにも対応出来ます。湯沸かしから焼き物までなんとかなってしまう汎用性があり、軽くて小さいので予備のバーナーとして持っていると安心です。引用:Amazon

おすすめ⑩スノーピーク HOME&CAMPバーナー

スノーピーク HOME&CAMPバーナー
スノーピーク HOME&CAMPバーナー

収納サイズ:90×120×255(h)mm
重量:1.4kg

メインバーナーとして携行性抜群の、ゴトク部が折りたたんで収納できる卓上タイプのガスコンロです。キャンプ以外のアウトドアにも使いやすく、安定感のあるゴトクで中サイズ程度の鍋にも対応できます。収納時は縦置きも可能なので、自宅でも収納スペースを取りません。

口コミ

円柱形のバーナーで、収納できるギミックに定評があります。収納時は100均の1.5L用ペットボトルケースにすっぽり収まるくらいコンパクトになるため、フルサイズのコンロを持っていくことを考えれば、サイズ・重さともに気にならないようです。

作りがしっかりしていて、変形ギミックもよく考えられています。バーナーの火が出る口も内側にあるため風にも強いです。引用:Amazon

 

このコンロの良いところはフルサイズ級のカセットコンロがここまで小さくできる点ですね。何度も展開、収納を繰り返しましたが、ボタンも改善されているのか何も問題はありませんでした。火力安定化のための導熱板も熱伝導の良い銅製でいいですね。引用:Amazon

スノーピークのおすすめキャンプ用品【調理器具】

スノーピークには料理をするときの必須アイテム、調理器具もバラエティ豊かに揃っています。コストダウンのために100均商品を利用する方も増えていますが、やはり何度も使うのであればキャンプ専用のものを準備するほうが良いでしょう。

おすすめ⑪スノーピーク コッへル・クッカーセット トレック 900

スノーピーク コッへル・クッカーセット トレック
スノーピーク コッへル・クッカーセット トレック

サイズ:350×350×248(h)mm
材質:本体/ステンレス、ケース/ナイロン

鍋として利用できる深めのクッカーと、フライパンにもなるフタがセットになった使いやすい調理器具で、収納時には調理に必要なギガパワーガス110がすっぽりと収まります。

水900ccが入るサイズで、2人分パスタを茹でるのに十分な大きさ、袋入りのインスタントラーメンにもおすすめです。内側はアルマイト加工で耐摩耗性と耐久性に優れています。

口コミ

いろいろな調理に利用できる、ソロキャンプにもぴったりなサイズで、キャンプ以外のアウトドアでも携行性抜群です。調理中は取っ手部分が熱くなるとの口コミもあり、軍手をセットにして収納しておくと良いでしょう。

湯沸かすだけでなく、炊飯、パスタ、簡易鍋など作れて助かってます。中にバーナーもしまえて持ち運びできるのでその辺もパッキング時助かってます。引用:Amazon

 

登山向きだと思いますが、ザック1つでスモールソロキャン、ツーリングキャンプにも向いてます。引用:Amazon

おすすめ⑫スノーピーク クラッシックケトル1.8

スノーピーク クラッシックケトル1.8
スノーピーク クラッシックケトル1.8

材質:18-8ステンレス
サイズ:直径115×247mm

1.8Lの容量とクラシカルな縦長のデザイン、側面のロゴがシンプルなのに良いアクセントになっています。取っ手やフタを含めてオールステンレス素材なので、ガスや炭、焚き火全般OKです。

使い込むほどに適度な汚れで味のある、自分だけのアイテムに育て上げることができます。網などに乗せたり吊るした状態、どちらにも対応可能です。

口コミ

デザイン性に惹かれて購入する方も多く、若干高めの価格でもしっかりした作りが高評価となっています。使ってからフタロック機能が便利、という方も少なくありません。

焚き火コンロに置いて、注ぎ口から湯気が上がってるのを見ると心が癒されます。作りはさすがにSnow Peak製で良いですね。引用:Amazon

 

多人数の湯を沸かすのに最適。蓋と注ぎ口のロックが良い。引用:Amazon

おすすめ⑬スノーピーク テーブルウェアーセット

スノーピーク テーブルウェアーセット L
スノーピーク テーブルウェアーセット L

材質 : 0.4mm厚18-8ステンレス
本体重量 : 0.44kg

キャンプに毎回使い捨ての紙皿も味気ない、というならステンレス製のディッシュセットもおすすめです。サイズ違いのディッシュやボール4個がセットになっているので、用途に合わせた使い分けもできます。すべて重ねて収納できるので、持ち運びや使わないときでもスペースを取りません。

口コミ

口コミでは紙皿からこちらのお皿にして良かった、というものが多くなっています。軽量で使いやすいアイテムですが、調理した料理を乗せたあとは、持つ場所に気をつけたほうが良さそうです。

ステンとは思えないほど軽くて薄い。意外と丈夫でナイフで肉をガツガツ切っても傷がつかない。薄さが味方するのか熱い料理でも料理が触れてない部分はすぐ冷めるので熱くてつかめないということはない。引用:Amazon

 

いつも紙皿やアルミ箔皿の使い捨てを使用していたが風で良く飛び、気が気じゃないBBQなのにウンザリしてました。コレを使用してから風です飛ばされる心配はありませんが、欠点は炊きたてご飯をよそって子供に渡したところ熱くて持たれないレベルの熱伝導率が高いので注意が必要です。引用:Amazon

おすすめ⑭スノーピーク スノーピーク キャンプバケツ

スノーピーク キャンプバケツ FP-152
スノーピーク キャンプバケツ FP-152

【サイズ】φ241×267mm
【容量】12リットル

水を汲んだり収納用など、いろいろな用途に使える折りたたみ可能なバケツは、摩擦や汚れに強いPVCナイロン素材でできています。使用済みの食器や調理器具を洗うためや、調味料やトングなどの調理器具を入れてテーブルサイトにぶら下げても便利です。

キャンプ場で水場が遠いときに、バケツに水を汲んでおくこともでき、洗い物をするときもまとめて運ぶことができます。

口コミ

収納ボックスや洗い物をするときに便利なバケツで、キャンプだけでなく普段使いにしている方も少なくありません。使いやすく収納時のコンパクトさが高評価となっています。

強度があるのにコンパクトに折りたためるので収納に困りません。バケツですから主に、水入れに使いますが何でも入ります。引用:Amazon

 

布地がしっかりしていて自立するので、入れる水の量にかかわらず安定して地面に置けます。取っ手も持ちやすく、長さも適当でいいです。引用:Amazon

おすすめ⑮スノーピーク スノーピーク マナイタセット

スノーピーク マナイタセット
スノーピーク マナイタセット

サイズ:360×118mm(使用時236mm)×34mm
衛生的に携帯使用できるマナ板セット

調理に欠かせないまな板と包丁がセットになったこちらは、スノーピークの人気アイテム・アイアングリルテーブルにセットすることもできます。収納時は折りたたんだまな板の中に包丁が入ります。

包丁収納部にはマグネットがあるので、開けた瞬間の滑り落ちを防いでくれます。天然木のまな板なので、水に濡らして随分を拭き取ってから使う、使用後はすぐに洗って陰干しで乾燥させるようにしましょう。

口コミ

携帯性や使い勝手の良いマナイタセットですが、木製のため使用前や使用後のメンテナンスは欠かせません。食材をカットするだけでなく、大皿の代用として使うこともできるようです。

まな板の大きさは丁度良い大きさでしっかりしていて収納もコンパクト
包丁も思っていたより切れ味がとても良くて使い勝手が良い。引用:Amazon

 

まな板として使用するのはもちろん、お洒落なカフェの料理の皿みたいに使用でき、包丁も収納出来るのが購入の決め手になりました。引用:Amazon

高品質なスノーピークアイテムでキャンプを楽しもう

キャンプの必須アイテムから便利グッズなど、幅広いジャンルが揃うスノーピークアイテムは、高品質で使い勝手の良いものがたくさんあります。初心者におすすめのテントやタープから、ベテランキャンパーも納得のベストセラー商品があるスノーピークアイテムを使って、キャンプを楽しんでみてください。

その他関連記事はこちら



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。