記事作成日:

スノーピークおすすめチェア10選!おしゃれな椅子をご紹介!

アウトドアの総合メーカー、スノーピークでは様々な登山グッズやキャンプアイテムを扱っています。中でもバーベキューやキャンプであると便利なのがチェアです。ここではスノーピークのおすすめチェアをご紹介していきます。ただ座るだけでなく、写真映えもするおしゃれなチェアもあるので、ぜひチェックしてみてください。

スノーピークのチェアの魅力とは?

アウトドアで使うチェアは様々なメーカーから発売されていますが、スノーピークのチェアは魅力ああるからこそ多くの方が愛用しています。スノーピークのチェアは、ロータイプやハイタイプなど形状も色々ありますが、どれも座りやすくくつろぎやすい座面の高さになっています。

また、インテリア性の高いおしゃれな椅子が多いので、アウトドアだけでなく室内で使用する方もおられます。そして最大に魅力は、スノーピークのチェアには永久保証が付いている点です。素材の経年による劣化や使用による激しい損傷でなければ、購入後何年経っても修理を受け付けてくれるというシステムがあります。

そのため長く愛用しやすく、もし何かあっても修理してもらえる安心感はなかなかありません。長く使える椅子は愛着も沸いて、より大事に使っていけること間違いなしです。

スノーピークのチェアにはどんな種類がある?

スノーピークのチェアにはいくつか種類がありまず。まず折りたためるフォールディングチェアシリーズは、コンパクトに収納が出来、大人用の他、ベンチタイプや子供用などもあります。

座面が低いローチェアシリーズは、座面の高さが30cmで絶妙な座り心地の良さがあります。他にも竹の集成材を使っているTake!チェアシリーズはインテリア性も高く、室内で使ってもおしゃれです。

スノーピークのおすすめチェア【ローチェア】

ここからはスノーピークのおすすめチェアをご紹介していきます。まずはローチェアです。普段の生活では、なかなかこの座面の高さの椅子に座ることがないですが、キャンプやバーベキューでコーヒーを飲んだり、くつろぐのにこの高さが絶妙でおすすめです。

おすすめ①スノーピーク ローチェア30

スノーピーク ローチェア30
スノーピーク ローチェア30

サイズ:58×65×86(h)cm (シート高30cm)
収納サイズ: 160×180×1010(h)mm
重量:3.6kg

おすすめ1つ目は、ローチェア30です。本体寸法が幅58cm×奥行き65cm×高さ86cmで座面高さが30cmのローチェアです。重量は3.6kgで、使わないときはコンパクトの折り畳んで付属の収納ケースにしまっておけ、使うときは地面に置いて押し広げるだけで設置が出来ます。

フレームはアルミニウム合金を使用、シートはカーキ色で素材はポリエステルなので丈夫です。耐荷重は250ポンド、113kg程なので大柄の男性でも使えます。腰を包むような座り心地でくつろぎの時間を楽しめます。

おすすめ②スノーピーク ローチェア ショート

スノーピーク ローチェア ショート
スノーピーク ローチェア ショート

サイズ:580×650×690(h)mm(シート高300mm)
収納サイズ:160×180×840(h)mm
重量:3.4kg

続いてはローチェア ショートです。本体寸法が58×65×高さ69cmで、折りたたんで付属の収納ケースに入れて持ち運びが出来ます。ポリエステル素材でグレーの座面なので、自宅で使う場合にも他のインテリアと合わせやすいです。

背面にポケットが付いているので、小物を収納出来ます。アクセサリーフックも付属していて、LEDランタンを引っ掛けておくのに便利です。

おすすめ③スノーピーク ローチェア30 ブラウン

スノーピーク ローチェア30 ブラウン
スノーピーク ローチェア30 ブラウン

●セット内容:本体、収納ケース
●材質:フレーム/アルミニウム合金、肘掛け/竹集成材、金具/ステンレス、シート/ポリエステル
●サイズ:58×65×86(h)cm
●収納サイズ:16×18×101(h)cm
●重量:3.6kg

おすすめ3つ目はローチェア30 ブラウンです。おすすめ①の色違いになり、サイズや素材は一緒でカラーはブラウンです。落ち着いた色で汚れが気にならない方がいい方は、こちらがおすすめです。

スノーピーク ローチェアオットマン

スノーピーク ローチェアオットマン
スノーピーク ローチェアオットマン

重量:2.5kg
収納サイズ:510×545×75mm

チェアではありませんが、ローチェア30と一緒に使うのにおすすめなのが、ローチェアオットマンです。ローチェア30とマッチングするようにデザインされた足置きで、靴を脱いで足を置けるのでとてもリラックスできます。火の粉に強いコットンキャンバス生地なので、使わないときは薪置きとしても使用可能です。

サイズは32×51×49.5cmでコンパクトですが、安定性もあって丈夫で折りたたむことも出来ます。ローチェア30に体を預けながらオットマンを使えば、体の力が抜けてリラックスできること間違いなしです。

スノーピークのおすすめチェア【ハイチェア】

ここからはおすすめのハイチェアタイプをご紹介していきます。ハイチェアは立ったり座ったりも楽な高さで、使いやすいです。キャンプ初心者や初めてチェアを買う方におすすめのタイプです。

おすすめ④スノーピーク Take!チェア

スノーピーク Take!チェア
スノーピーク Take!チェア

サイズ:550×630×750(h)mm(シート高420mm)
収納サイズ:100×150×980mm
重量:3kg

おすすめのハイチェア、まずはTake!チェアです。4本のメイン脚が竹の集成材で出来ており、強度がありながらデザイン的にも美しく設計された椅子です。本体寸法が55×63×高さ75cmで、シートの高さは42cmあります。

座布は6号帆布が使われており、とても丈夫な上、洗濯が可能です。キャンプだけでなく、ベランダや庭で使うのもおすすめです。

おすすめ⑤スノーピーク Take!チェアロング

スノーピーク Take!チェアロング
スノーピーク Take!チェアロング

サイズ:595×800×950mm(シート高360mm)
重量:3.5kg

続てはTake!チェアロングです。Take!チェアの背もたれ部分が高いタイプで、本体寸法が59.5×80×95cm、地上高36cmとなっています。ロングタイプはアームレストベルトが付いており、より深く座われます。椅子で昼寝もしたい方におすすめです。

おすすめ⑥スノーピーク FDチェアワイド

スノーピーク FDチェアワイド
スノーピーク FDチェアワイド

サイズ :595×580×840(h)mm(シート高460mm)
収納サイズ: 580×110×690mm
重量: 3.6kg

FDチェアワイドは、スノーピークのこだわりが凝縮した大定番チェアです。本体寸法が59.5×58×高さ84cmで、シートの高さは46cmで背の高い男性でも座りやすくなっています。シートはポリエステル帆布で丈夫です。

食事もしやすく、姿勢も良くなるので、室内用にもおすすめです。収納すると58×11×69cmとかなりコンパクトになります。初心者の方やどのチェアを買ったらいいか分からないという方は、FDチェアワイドを選んでおくと長く使えるので間違いはないです。

おすすめ⑦スノーピーク FD KID’Sチェア

スノーピーク FD KID’Sチェア
スノーピーク FD KID’Sチェア

サイズ:570mm×500mm×790(h)mm(シート高490mm)
重量:2.1kg
収納サイズ:500mm×90mm×670(h)mm

フォールディングチェアの中には、KID’Sチェアもあります。本体寸法が57×50×79cmで、シートの高さは大人と目線が合うように高さ49cmになっています。高さがあると心配になる親御さんもおられるかもしれませんが、後ろにも前にも転倒しないよう設計されており、接地部分も大きめになっているので安心です。

アームレストは取り外して洗うことが出来るので、お子様が汚しても大丈夫です。お子様がキャンプを楽しめるように、専用の椅子を用意してみてはいかがでしょうか。

スノーピークのおすすめチェア【ベンチ型】

続いてはベンチ型のおすすめチェアをご紹介していきます。ベンチ型は背もたれはありませんが、子供同士や親子でも並んで座れるので、1つあると重宝します。

おすすめ⑧スノーピーク FDベンチRD

スノーピーク FDベンチRD
スノーピーク FDベンチRD

サイズ:W1,095×H360×D330mm
収納サイズ:W1,095×H470×D60mm
重量:2.0kg

まずはFDベンチRDです。開いて置くだけで簡単に設営できるベンチで、サイズがW1,095×H360×D330mmと大人二人でもゆったり座れる長さがあります。シートはポリエステル帆布 で丈夫です。

収納すると薄くなり、重量も2kgなので1人用のチェアより軽くて持ち運びにも便利です。価格も手頃で、荷物置きとしても使えます。

おすすめ⑨スノーピーク フォールディング

スノーピーク フォールディング
スノーピーク フォールディング

重量:5.5kg
展開サイズ:50×85×40cm
収納サイズ:25×85×5cm

もう1つは、フォールディングシェルフ ロング竹です。竹集成材を使った竹天板で、ベンチとしてだけでなく机や物置としても使用できる万能シェルフです。サイズは1,096×340×高さ397mmで、重さはありますが安定性があります。様々な使い方をしたい方におすすめです。

スノーピークのおすすめチェア【ソファ型】

最後はソファ型です。なかなかアウトドア商品でソファは見たことがない、印象にないという方も多いかもしれませんが、スノーピークにはソファもあるのです。屋外はもちろん、室内でも使いやすいので、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ⑩スノーピーク ラックソットマルチスターターセット

スノーピーク ラックソットマルチスターターセット
スノーピーク ラックソットマルチスターターセット

セット内容:ベースユニット×3、背もたれ×2、クッション×4、アームレスト×2(左右セット)

ラックソットマルチスターターセットは、クッションや背もたれなどの部品を組み合わせて使うもので、ソファ、コット、チェア、ラックへと自由に組み替えらます。ソファとして使う場合は、背もたれや座面が広いので、キャンプの際にも自宅にいるようにくつろぐことが出来ます。

クッションのサイズが1個で50×75×高さ7cmで2個使うため、大人二人が座っても余裕があります。価格はちょっと高いですが、複数の方でキャンプをする場合や安定性を求める方におすすめです。

おしゃれなスノーピークチェアを室内や野外で活用しよう

スノーピークのおすすめチェアをご紹介してまいりましたが、様々なタイプがあって目移りしてしまう方も多かったのではないでしょうか。椅子があるとキャンプでの食事の際や、火に当たってくつろぐ際にも便利ですし、なにより椅子に座って景色を楽しんだりコーヒーを楽しむと非日常のリラックスできる時間が生まれます。

屋外だけでなく、スノーピークのチェアはインテリア性が高いものも多いので、室内で使ってもおしゃれです。お気に入りのチェアを手に入れて、キャンプに、室内に、様々な場面で活用してみてください。

その他関連記事はこちら


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。