記事作成日:

仕事ついていけない時はどうしたらいい?対処法を徹底解説!

難しい仕事を任されたり、周囲とのスキルの差を感じたりして、仕事についていけないと悩んでいる方は多いはずです。「もう入社3年目なのに」「もう30代なのに」と落ち込んでしまうこともあるでしょう。今回は、仕事についていけなくなる原因とその対処法について解説します。ネガティブになって退職を決意する前に、冷静に自分のワークスタイルを振り返ってみましょう。また、転職する際の注意点もご紹介します。

仕事についていけないから辞めたいと感じる瞬間

仕事についていけないと感じる状況は、人によってさまざまです。ここでは、仕事について行けないから辞めたいと感じる瞬間をご紹介します。

仕事が多すぎて終わらない

仕事自体はできるのに、仕事の量についていけないという方が多いです。次々と仕事を頼まれ、「わかりました」とばかりに、一人で仕事を抱え込んでしまう傾向があります。

失敗ばかりで怒られる

次に、ミスを繰り返して何度も怒られてしまう場合です。一生懸命やっているのに、ミスを繰り返したり、怒られたりするとイライラしてしまいがちです。

また、自分だけが何度も怒られると、「自分はダメな人間だ」と思ってしまうこともあります。しかし、原因がはっきりしているからこそ、対策を立てることができるともいえます。

能力以上の仕事を任せられる

今のスキルでは対応できない量の仕事を与えられたり、高すぎるノルマを課せられたりすると、それがプレッシャーになります。

自分のスキルを超えた仕事なのでついていけない、達成できないかもしれないと感じてしまうのです。仕事を始めたばかりなのに即戦力を求められたり、目標設定が高すぎると、落ち込んで仕事に満足できなくなる方もいるでしょう。

未経験の職場に入社した

人間は全能ではありませんから、いきなりやり方がわからないことを要求されても、できないのが当然でしょう。同じように、何も知らない仕事をいきなり一人でやらされても、できるわけがありません。

その場合、仕事を覚えられなかったり、わからないことばかりで嫌になってしまったりすることもあるでしょう。

周囲のモチベーションが高い

周りの人たちのモチベーションが高すぎて、自分がついていけないと感じることがあります。同僚が常に仕事のことを考えていたり、プライベートの時間を割いて仕事をしているのを見て、「自分にはできない」と思ってしまう方もいるでしょう。

仕事についていけない原因とは?

仕事についていけない原因は、4つ考えられます。日々の仕事のシーンを振り返ってみて、自分に当てはまるものがないか確認してみてください。

原因①疑問を解消しないまま業務している

疑問を抱えたまま仕事を続けていると、「ついていけない」と感じる場面が増えてしまいます。質問するタイミングを逃したり、相手に迷惑をかけているのではないかと思って質問を躊躇したりすると、疑問が残りやすくなります。

また、未経験者へのフォローがない、研修やマニュアルがないなど、会社の教育体制が不十分な場合は、疑問を解決する姿勢が必要です。

原因②能力や経験が不足している

未経験の状態から完璧にこなせる人はいません。経験やスキルが不足していると、「ついて行けない」と感じることが多くなります。

例えば、運転免許を取得した翌日に教習所のインストラクターになるのは難しいでしょう。実務経験は、日々の積み重ねによって得られるものです。

経験が少ないと「ついていけない」と感じるかもしれませんが、それを乗り越えて仕事に臨んでください。

原因③会社の方針と自分の考えが合っていない

上司に指示された手順では効率が悪く、自分の考えに従った方が効率よく仕事ができると感じたことはありませんか?自分なりの手順で仕事を進めたいと思っても、上司の指示を無視するわけにはいきません。

しかし、上司のやり方に従っていては、仕事が効率的に進まず、モチベーションも下がってしまいます。このような状況が続くと、「会社の方針や上司の考えに従うことはできない」という考えに陥ってしまうのではないでしょうか。

仕事についていけないと感じた時の対処法

ここでは、仕事が追いつかないときの対処法を、状況に応じてご紹介します。実践できそうなものがあれば、ぜひ試してみてください。

対処法①転職・退職する前に自分を見つめ直す

まず、仕事についていけないという状況を冷静に見つめることが大切です。自分には能力がない、仕事を辞めるしかないとネガティブな気持ちになってしまうと、解決の糸口が見えてきません。自分の仕事を客観的に振り返り、前項を参考に、仕事についていけないと感じる理由を洗い出してみましょう。

対処法②自ら行動を起こす

仕事を教えてもらえない場合は、意識して行動してみましょう。仕事を教えてくれない職場は、「忙しくて教えられない」「仕事は自分で覚えるものだ」と考えている可能性があります。

そのため、「待ち」の姿勢はあまりよくありません。わからないことを質問するのは基本中の基本です。

また、ただ「どうしたらいいですか?」と聞くのではなく、「このようにするといいかと思うのですが、大丈夫でしょうか?」と聞いてみましょう。

大切なのは、自分が考えたプロセスを伝えることです。そうすることで、その仕事に対する熱意が伝わり、相手も教えてあげようという気持ちになります。

対処法③ポジティブに考える

最初からすべてを完璧にこなせる人はいません。経験者と同じように新しい仕事ができないのは当然ですし、前任者の仕事を引き継いだときに全く同じようにできないこともあるでしょう。

疑問や失敗もあるでしょうが、すべてを完璧にこなせる人などいないことは誰もが知っていますし、できないことがあっても、それは初めてのことなので、どうしようもありません。

才能のある人が多すぎて、自分は能力がない、仕事についていけないと感じている環境は、恵まれた環境と言えるでしょう。

優秀な人が多いと、その人の仕事のやり方を近くで盗むことができますし、質問もしやすいです。仕事ができる人になりたいなら、その環境を最大限に利用して、いろいろな人から技術を学びましょう。

できること、簡単なことを何年もやっていても、成長はしません。成長するためには、できないことに挑戦したり、知らなかったことを学んだりする必要があります。

自分の能力を超えた仕事を任されたり、高すぎるノルマを課されたりしても、それは自分が成長するための時間だと考えて、全力で取り組むことが大切です。そうすることで、将来的に自分を強くするための経験やスキルを得ることができます。

ついていけない仕事への対応方法

仕事についていけない理由を踏まえて、適切な対処法を試してみましょう。何らかのアクションを起こすことで、流れを変えることができるかもしれません。

メモする癖をつける

対処法としては、まず、メモを取る習慣をつけることです。メモを取らなくても覚えられるという人はこれでいいのですが、現実問題として、ほとんどの人はメモを取らないとすぐに忘れてしまいます。

その時は覚えていても、次に何か新しいことを学ぶと、すでに学んだことは忘れてしまいがちです。インプットしたことを忘れて、次のステップにつながらない行動をとってばかりでは、いつまでたっても成長できません。

分からない用語や上司からの指摘、会議の内容などは、必ずメモを取るように習慣づけましょう。

できる人の真似をする

周りに優秀な人がいて、自分がそれについていけないと感じたら、その環境を自分の成長のために利用してみてはいかがでしょうか。

優秀な人がどのように仕事をしているのか、どのような手順で仕事をしているのかを観察してみてください。自分との違いを発見し、盗めるテクニックがあれば積極的に真似して自分のスキルにしていきましょう。

見ていてもわからなければ、聞いてみるのもいいでしょう。とにかく自分よりも仕事が上手い人の行動や方法を真似るのも一つの方法です。真似をして練習すればするほど、自分のスキルとして身につく可能性が高くなります。

周りの人とコミュニケーションを取る

また、日頃から周囲の人たちと良好な関係を築いておくことも大切です。誰かに相談したり、周りの人のサポートを受けることで、仕事がスムーズに進むようになります。

自分よりもレベルが高いからといって、コミュニケーションをとることをためらうのは好ましくありません。明るく挨拶したり、何かしてもらったら感謝の気持ちを伝えたり、気持ちの良いやり取りを心がけることで、人間関係がスムーズになります。

仕事についていけない要因を理解して対処しよう

仕事が終わらなかったり、周りの社員の技術レベルが高かったりすると、どんどん自信をなくしてしまう人もいるでしょう。しかし、逆をかえせばこれは自分に伸びしろがあるということであり、周りの優秀な人たちから盗めるものがたくさんあるということにもなります。

この記事内で解説した、仕事についていけないと感じる状況を参考にまずは自分の問題を分析し、次に仕事についていけないときの対処法を試すことで、今の状況を打破できる可能性があります。仕事ができないと感じている方はぜひいますぐに行動しましょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。