記事作成日:

【2021】ベッドガードおすすめ10選!選び方のポイントは?

ベッドガードには、布団がずり落ちるのを防いだり人が転落するのを防いだりする役割があります。赤ちゃんや小さなお子様が使用するイメージがありますが、大人の介護用など様々なシーンで活躍します。この記事では、ベッドガードの上手な選び方とおすすめのベッドガードをご紹介していくので、購入を考えている方は参考にしてください。

ベッドガードとは?

ベッドガードは、赤ちゃんや小さなお子様だけでなく大人がベッドから転落するのを防いだり、布団がずり落ちたりするのを防ぐためアイテムです。また、ベッドへの乗り降り、立ち上がりを助けるための介護用品として使われることもあり、様々な種類が販売されています。今回は、ベッドガードの上手な選び方やおすすめのベッドガードをご紹介していくので、どうぞご覧ください。

ベッドガードの上手な選び方

ベッドガードには、スチール製のものやメッシュ素材ものハイタイプやロータイプなどいろいろな種類のものが存在します。ではベッドガードを選ぶ時、どのようなところに気を付ければ良いのでしょうか。ここでは、ベッドガードの上手な選び方をチェックしていきましょう。

選び方①サイズ

ベッドガードを選ぶ時に最初にチェックしておきたいポイントは「サイズ」です。ベッドガードには、人が転落するのを防ぐほか布団がずり落るのを防ぐ役割がありますが、どこまでカバーするかによって快適さが違ってきます。

ベッドの長さは2m前後のものが一般的ですが、ベッドの長さに合わせてベッドガードの長さも2mにしてしまうと出入りが不便になります。もし、布団がずり落ちのを防ぎたいなら、80cm程度の長さがあれば十分に役目を果たします。

転落防止目的なら、1m以上のタイプを選ぶと安心して使用できます。中には、自分で幅を調整できるベッドガードもあるのでそういったタイプを選ぶのも良いでしょう。また、短めのベッドガードを複数組わせて使うのもおすすめです。

選び方②素材

ベッドガードの素材には『スチール製』『メッシュ製』『木製』といった種類があります。スチール製のものは、強度が高く安定性があるので重いふとんでもしっかり支えてくれます。また、デザイン性の優れているところも魅力です。しかし、熱伝導率が高いため冬場触れた時に「冷たい」といった難点があります。

メッシュ製のものは、スチール製の骨組みに布が使われておりクッション性と通気性に優れています。そのため、安全性も高くお子様の転落防止に使用するならメッシュ製がおすすめです。

ただし、マットレスの側面とベッドガードの隙間に身体が入り込んでしまう恐れがあるので、1歳未満の使用には適していません。また、ベッドの中で立ち上ったり動きが活発になると転落可能性もあるので使用際は注意してください。

木製のベッドガードは、ネジや釘を使用していないものが多く安全性に優れています。また、あたたかみがありスチール製のように「冬場に触れると冷たい」といったこともありません。

選び方③機能性

ベッドガードには、「クッション性に優れている」や「折りたたみできる」「コンパクトに収納できる」「収納ポケットが付いている」「幅や高さの調整機能が付いている」など様々な機能が付いているものがあります。

クション性の高いタイプは、お子様ベッドガードにぶつかってケガをするのを防いてくれます。折りたたみ式は、ベッドメイキングの時や乗り降りする時に役立ちます。

コンパクトに収納できるタイプは簡単に持ち運びができ、収納ポケット付いていると雑誌やエアコンのリモコンなどが収納できます。幅や高さの調整機能が付いたタイプは、お子様の成長や使用用途に合わせて、サイズを変えたい場合に便利です。

選び方④安全性

布団や人が転落するのを防いでくれるベッドガードですが、安全性をしっかり確認しておくことも大切です。スチール製のものなら、溶接部分に突起物がないかなどをチェックします。

製品の安全性の関する基準に合格した生活用品につけられる「SGマーク」が付いている製品なら、さらに安心して使用できます。また、購入したいベッドガードが自宅のマットレスやベッドに適合するかもきちんと確認しておくようにましょう。

ベッドガードおすすめ10選

ここまでは、ベッドガードの上手な選び方について解説してきました。ここからは、おすすめのベッドガードを厳選してご紹介していきます。

おすすめ①Kadahis ベッドフェンス ベットガード

Kadahis ベッドフェンス ベットガード
Kadahis ベッドフェンス ベットガード
マットレスの厚さに従って高さを自由に調節でき、高さ70から93cmまで調整可能です。持ち上がる棒はベッドの側面で坐ることを促進するためにベッドの表面で下げることができ、様々の厚さのマットレスとプラットフォームベッドに対応できます。

Kadahis ベッドフェンス ベッドガードは、メッシュタイプのベッドガードで、お子様のベッドからの転落防止に活躍します。高さは8段階に調整可能で、使わない時は引き下げて簡単に収納できます。おもちゃなどの小物が入る収納ポケットも付いています。

おすすめ②コモライフ ポケット付きのベッドガード

コモライフ ポケット付きのベッドガード
コモライフ ポケット付きのベッドガード
マットレスの下に差し込むだけ。布団のずり落ちを防止するベッドガード 使いやすい2個組。スリムでコンパクト。簡単に組み立てて使える(5分)

コモライフ ポケット付きのベッドガードは、布団のずり落ちを防止してくれるベッドガードです。2つセットになっているので、ベッドの形状やお部屋の配置に合わせて自由にアレンジできます。スマホやメガネ・リモコンの収納に便利なポケット付きで、簡単に組み立てできるところがポイントです。

おすすめ③B-SHOW ベッドフェンス ベッドガード

B-SHOW ベッドフェンス ベッドガード
B-SHOW ベッドフェンス ベッドガード
横向き柱はマットレスにフィットするため、隙間は一切なく、ベッドに挟まれるようなリスクを排除できます。赤ちゃんがどのようにして転がっていても、小さな手と足が挟まれることを恐れません。

B-SHOW ベッドフェンス ベッドガードは、お子様のベッドからの転倒を防ぐメッシュタイプのベッドガードです。赤ちゃんがマットレスとベッドガードの隙間に落ちないように、隙間なくベッドに取り付けることができます。厚さ5~32cmのマットレスに適用しており、高さは24段階に調整可能です。

おすすめ④WOOCE ベッドフェンス ベッドガード

WOOCE ベッドフェンス ベッドガード
WOOCE ベッドフェンス ベッドガード
高さを自由調節できベッドフェンスです。マットレスの厚さによって高さは68から96cmまで調整可能ので、様々の厚さのマットレスとプラットフォームベッドに対応できます。

WOOCE ベッドフェンス ベッドガードは、無添加素材を使用したメッシュタイプのベッドガードで、転落防止・ふとんズレ・蹴り出し防止に最適です。

高さはマットレスの厚さによって68~96cmまで調整可能で、様々な厚さのマットレスとプラットフォームベッドに対応できます。また、「垂直昇降」「片側昇降」の2タイプの昇降機能が付いているところがポイントです。

おすすめ⑤マストバイ ベッドガード スポルテ スチール

マストバイ ベッドガード スポルテ スチール
マストバイ ベッドガード スポルテ スチール
サイズ:幅60x奥行44x高さ39cm・約2kg 仕様:本体-スチール

マストバイ ベッドガード スポルテ スチールは、布団のずり落ち防止に最適なベッドガードです。滑らかな曲線を描いたフレームなので、布団がゆったり置けるのでひろびろと眠ることができます。布団やすのこ・厚さが10cm以下のマットレス・乳幼児(小学校就学前)には使用できないので注意して下さい。

おすすめ⑥アイリスオーヤマ ベッドガード

アイリスオーヤマ ベッドガード
アイリスオーヤマ ベッドガード
商品サイズ(約):幅74×奥行49×高さ33cm 重量(約):1.6kg

アイリスオーヤマ ベッドガードは、布団のずり落ちを防止するだけでなく手すりとしても使用可能なベッドガードです。市販のマットレスの下に差し込むだけなので誰でも簡単に取り付けられます。不要な時は、差し込み部分が内側に折りたためるので、狭いスペースでも収納できるところがポイントです。

おすすめ⑦山善 ベッドガード スチール製

山善 ベッドガード スチール製
山善 ベッドガード スチール製
サイズ: 幅74×奥行50.5×高さ36cm 重量: 2kg

山善 ベッドガード スチール製は、スチールタイプのベッドガードで布団の落下するのを防止し心地良い睡眠へと導いてくれます。市販のマットレスの下に差し込むだけで、誰でも簡単に取り付けできるます。差し込み部分は内側にコンパクトに折り畳めるので、ちょっとした隙間にも収納可能です。

おすすめ⑧不二貿易 スライド ベッドガード

不二貿易 スライド ベッドガード
不二貿易 スライド ベッドガード
サイズ:95~120×40×35.5cm 本体重量:2.9kg 原産国:台湾

不二貿易 スライド ベッドガードは、ベッドからの転落や布団のずり落ちを防いでくれるベッドガードで、小さなお子様からご年配の方まで使用可能です。幅が95~120cmに調整できるところがポイントで、使わない時は折りたたんでコンパクトに収納できます。

おすすめ⑨日本育児 ベッドフェンス

日本育児 ベッドフェンス
日本育児 ベッドフェンス
ベッドからの転落防止・ふとんのずれ・蹴り出しに最適なベッドフェンス! ネット部分は柔らかいメッシュで安心

日本育児 ベッドフェンスは、SGマークを取得しているメッシュタイプのベッドガードです。幅が140cmあるので、お子様を転落からしっかりガード、安心して眠れる環境を作ります。18ヶ月~満5歳までのお子様に使用できます。

使わない時は、邪魔にならないように倒しておけるほかコンパクトに収納できる収納袋も付いています。ベッドとマットレスの間に差し込み、マットに挟み込むようにしてアンカーベルトでしっかり固定できるので安定性にも優れています。

おすすめ⑩ヤマソロ ベッドガード ベッド用手すり

ヤマソロ ベッドガード ベッド用手すり
ヤマソロ ベッドガード ベッド用手すり
本体サイズ:幅50×奥行46×高さ45cm 素材・材質:スチール 生産国:台湾

ヤマソロ ベッドガード ベッド用手すりは、高さが45cmもあるハイタイプのベッドガードで、厚みのあるマットレスでも布団がズレたり転落するのを防いでくれます。シンプルなデザインでどんなお部屋にもなじみます。また、ベッドに固定できるように固定用穴8ヶ所と木ネジ8本が付属されているのでより安全に使用できます。

赤ちゃんの転落防止や布団のずり落ちにベッドガードが有効

ベッドガードは、赤ちゃんの転落防止や布団がずり落ちるのを防いでくれるだけでなく、立ち上がりを助けるための介護用品としても使われる便利なアイテムです。今回は、ベッドガードの上手な選び方とおすすめのベッドガードを厳選してご紹介しました。

ベッドガードには、いろいろな種類があり用途によって適したものが違ってきます。ここでご紹介したことを参考に、自分の目的にあったベッドガードを見つけてください。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。