記事作成日:

ストレスのない仕事・精神的に楽なランキング!選び方のポイントは?

ストレスを感じずにできる仕事はないか、と悩んでおられませんか?仕事はどれも大変なように思えて、実は比較的ストレスが少なく、肉体的にも精神的にも楽にできる仕事はたくさんあります。自分に合った職種や仕事の選び方を知ることで、余計なストレスを感じることなく仕事ができるようになります。自分を守るためにも、この記事を通してストレスのない仕事について学び、次の仕事選びに役立ててください。

ストレスのない仕事の選び方ポイント【体力に自信がない方】


体力的にストレスの少ない仕事とは、残業や休日出勤がなく休みが取れる仕事や、外仕事や力仕事がなく体力を使わない仕事などです。適度な休みが取れないと、疲れがたまって体力を消耗してしまいます。ここでは、体力のない方でも比較的体力的なストレスを感じない仕事を紹介します。

選び方①デスクワーク

単純な事務作業(データ入力等)は、体力のない方に向いている仕事です。事務作業は、体力よりも正確さが重要なので、細かい作業ができる女性は特に評価されます。

事務職は定時に帰れるので楽ですし、土日休みの会社も多いです。また、未経験者でも就職しやすいので、キャリアをスタートさせるには最適な仕事といえます。

とはいえ、仕事量が少ない分、人気のある仕事の一つでもあるので、職種によっては競争率が高くなることもあります。そのような場合は、オフィスワークに関する資格や実務経験があると、採用される可能性が高まります。

選び方②人手が充足している

仕事を選ぶ際には、仕事の種類を重視するだけでなく、その職場が人手不足ではないかどうかも重要なポイントです。どんなに楽な仕事でも、人手が足りない環境で働くと、残業が増えたり、一人当たりの負担が大きくなったりして、ストレスを感じやすくなります。いつも人手不足でみんなが忙しそうに走り回っているような会社では働かないようにしましょう。

ストレスのない仕事の選び方ポイント【精神的に楽】

ストレスのない環境で働こうと思うと、精神的に楽な仕事を選ぶことが大切です。ここでは、ノルマや納期がない仕事、接客業ではない仕事など、精神面できつくない仕事について解説します。

選び方③ノルマや納期がない

ノルマや締め切りに追われて仕事をしていると、常にプレッシャーとの戦いになります。結果が出ているときは問題ないかもしれませんが、ひとたびノルマが達成されないと、過度の精神的ストレスを感じることになります。

また、自分だけでなく周りの社員もノルマ達成のためにプレッシャーを感じていたら、会社全体の印象が悪くなり、常に緊張した雰囲気になってしまいがちです。特にプレッシャーを感じやすい方は、ノルマや期限のない仕事を選ぶと良いでしょう。

選び方④接客業ではない

仕事では、社内外の人と良好な関係を築く必要があります。営業や接客など、お客様と接する仕事では、苦手な人にも笑顔で接しなければなりません。時にはクレームをつけられることもありますし、自分のせいではないのに謝らなければならないこともあります。

このように、毎日、他人の顔色を伺いながら仕事をしなければならないとなると、非常にストレスが溜まります。ストレスのない仕事をしたいのであれば、多くのクライアントや顧客と接する必要のない仕事を選ぶべきです。

選び方⑤人間関係が良好

ストレスのない職場とは、人間関係が良好で、お互いに協力し合える職場です。なぜなら、どんなに良い仕事をしていても、たった一人の嫌な上司がいるだけでストレス度合いが異なるからです。

上司が管理監督者として機能していなかったり、同僚が協力してくれなかったりすると、仕事がやりにくくなってしまいます。

人によっては、文句ばかり言う同僚がいるだけでストレスを感じるかもしれません。以上のことから、人間関係が良好であれば、ストレスレベルは低いと言えます。

選び方⑥社内のコミュニケーションが少なめ

会社に所属している限り、社内の人、取引先、お客様など、さまざまな人と関わることになります。関わる人が多ければ多いほど、人間関係のトラブルが発生しやすくなります。

そのため、人との関わりが少ない仕事は、精神的なストレスが少ないと言えます。一人で黙々と仕事をしたり、人の目を気にしないで済む環境であれば、ストレスを軽減することができます。

ストレスのない仕事の選び方のポイント【プライベートを充実させたい】

ここからは、趣味や家族との時間など、プライベートを充実させるために欠かせないポイントをご紹介します。仕事を選ぶ際の参考にしてください。

選び方⑦定時で帰宅ができる

長時間の残業や休日出勤がなければ、プライベートを充実させることができるため、ワークライフバランスを実現しやすくなります。

逆に、残業や休日出勤などで長時間働くことに縛られていると、プライベートの時間を確保することが難しくなり、ストレスが溜まってしまいます。また、休みの取りにくさも、仕事でのストレスの大きな要因となります。

自分のタイミングで有給休暇が取れない仕事を続けていると、まとまった休みが確保できず、リフレッシュする機会が失われてしまいます。さらに、家族や友人との関係性に影響が出ることもあるでしょう。

選び方⑧休みが多い

週休2日制であれば、気持ちに余裕が生まれます。プライベートの時間が確保できるので、日々の仕事の忙しさから解放されます。休日が2日あれば、自分のやりたいことができますし、小旅行にも気軽に行くことができます。

逆に、1週間に1日しか休みがないと、休んだ気がしないし、旅行にも行きにくいですので、ストレスなく仕事をしたいなら、週に2日の休みを取れる会社を選びましょう。

ストレスのない仕事ランキング

ここからは、ストレス度合いの低いといわれる仕事をランキングで紹介しています。仕事内容も合わせて載せていますので、自分にぴったりの仕事を選ぶ参考にしてください。

ランキング【1位】事務職

事務職は基本的に一人でパソコンに向かって仕事をするので、ノルマやプレッシャーがなく、肉体的にも精神的にもストレスが少ないです。

事務の仕事の内容はある程度マニュアル化されていますし、毎日やらなければならないルーティンワークも決まっていますので、慣れさえすれば精神的に楽と言えるでしょう。

もちろん最初のうちは作業を覚えるのに時間がかかる可能性がありますが、段々と慣れてきて効率よく仕事ができるようになれば、残業することなく割り当てられた仕事を終えることができるようになります。

ランキング【2位】バスの運転手

自動車教習所やスイミングスクール、幼稚園などへの送迎バスの運転は、比較的ストレスのない仕事と言われています。送迎の時間が決まっていて、勤務時間も短く、クレームも少ないので、肉体的にも精神的にも楽な仕事という訳です。

また、基本的に一人で仕事をするため、人間関係に悩まされることも少なく、運転が好きな方にはぴったりの仕事といえるでしょう。

ランキング【3位】Webライター

Webライターは、Webサイトに掲載する記事の執筆を担当する仕事です。フリーランスのウェブライターであれば、時間や場所に縛られることなく仕事ができ、人と直接関わることもそれほど多くなく、自宅で静かに仕事をすることができます。

毎日の通勤でストレスを感じている方にはおすすめの働き方です。ライターの平均年収は457万円とも言われていますので、仕事に熟達することで高収入を得ることも可能です。

ランキング【4位】工場作業

工場で、ライン作業やピッキング作業をする仕事ですが、一人で黙々と作業ができる仕事が多く、多くの人とコミュニケーションをとる必要がありません。

そのため、人間関係を気にしながら仕事をするのが苦手な方には最適です。仕事内容もシンプルで、ノルマや成果の要求もほとんどありません。ルーチンワークが苦にならない方には向いている仕事かもしれません。

ランキング【5位】ルート営業

営業の仕事はストレスが多いと思われがちですが、ルートセールスはストレスのない仕事として人気があります。

ルートセールスで行うことは、固定客を回って面談したり、新しいサービスを提供したりすることで、新規顧客を獲得する必要がないのでストレスが少ないのです。

会社によってはノルマがあるところもありますが、既存のお客様を相手にするので、新規営業に比べてストレス度合いが低いと言えます。

ランキング【6位】コールセンター

コールセンターのスタッフはデスクワークで、体力的な負担はありません。コールセンターの仕事には、お客様からの電話を受ける「インバウンド」と、自分からお客様に電話をかける「アウトバウンド」の2種類がありますが、どちらもお客様に直接会うことはありません。

そのため、服装や髪型などある程度の自由が認められているのもメリットです。仕事内容は電話対応がメインとはいえ、人相手の仕事ですので、コミュニケーション能力は求められますが、しっかりとマニュアルが用意されていますし、扱えないレベルのクレームなどは上司が対応する仕組みになっています。

ランキング【7位】社内SE

社内SEは、ITスキルのある方におすすめの職種です。このポジションでは、会社の社内システムの開発・運用を行います。

クライアントからの仕事はほとんどなく、納期もありません。SE(システムエンジニア)は仕事量の多いブラックな仕事だと言われがちですが、社内SEはむしろ精神的に楽な仕事だと言えるでしょう。

ただ、社内SEは募集人数が少ない傾向にあり、経験豊富なエンジニアが求められることが多いので、採用のハードルは高いです。

ランキング【8位】警備員

この仕事は、設備の監視や巡回、点検などを行うもので、一人で作業することが多いです。コミュニケーションが必要な場面は少なく、人間関係で悩む機会は少ないでしょう。

もっとストレスの少ない仕事を探している方には、夜勤を検討することをお勧めします。夜勤はさらに人との関わりが少なく、給料も高いので、経済的にも人間関係の面でもストレスが少ないでしょう。

ランキング【9位】地方公務員

公務員は安定した仕事の代名詞です。基本的に解雇されることがなく、給料も安定している仕事です。特に地方公務員は、各都道府県や市区町村の市役所や区役所などの行政機関に勤務します。ただし、部署によって忙しさの度合いが違うので、自分のストレスの度合いに合わせて仕事を選ぶ必要があります。

ランキング【10位】ビル管理

ビルメンテナンスの仕事は、人間関係が希薄な仕事です。具体的には、契約している建物のメンテナンスをして仕事が終われば帰宅できる職場です。メンテナンスする施設ごとにチームが組まれ、ずっと同じチームにいることはまずありません。

また、定期的に他の職場に異動することもあるので、職場での固定的な人間関係はほとんどありません。しかし、仕事は時間通りに早く終わらせることが重要なので、急かされるような場合もあります。

ストレスのない仕事選びでおすすめのサイト

もし、自分で仕事を選ぶのが難しいと感じる場合は、転職エージェントの力を借りてみることをおすすめします。ここでは、転職を考えている方に人気のおすすめエージェントをご紹介します。

おすすめ①リクルートエージェント

リクルートエージェントは日本最大級の転職エージェントで、様々な求職者の希望にマッチした求人が多いのでおすすめです。特に、リクルートエージェントは、適性と求人のバランスを丁寧にとるだけでなく、キャリアカウンセリングも丁寧に行う傾向があります。

ストレスの少ない仕事を探している方や、自分に合った仕事を知りたい方は、まずはリクルートエージェントに登録してみましょう。

リクルートエージェントの公式HPを詳しく見る

おすすめ②パソナキャリア

パソナキャリアは、手厚いサポートやフォローに定評があり、転職に不安を感じている方には特におすすめです。パソナは派遣業界では最大級の企業で、16,000社以上の取引実績があります。また、年収700万円以上の非公開求人を多く扱う「ハイクラスサービス」など、幅広いサービスを提供しています。

何よりも「利益よりも社会貢献」を重視するパソナの社風により、「求職者への親身なサポート」を実現し、その結果、リクルートエージェントに次ぐ「アンケート満足度No.2」を誇っています。転職を考えている方は、真っ先に登録しておきたいエージェントの一つと言えるでしょう。

パソナキャリアの公式HPを詳しく見る

おすすめ③マイナビエージェント

マイナビエージェントは、無期限でサポートしてくれる転職エージェントです。一般的な転職エージェントはサポート期間が決まっていますが、マイナビエージェントはサポート期間に上限がないため、自分のペースで納得いくまで転職活動を行うことができます。

また、マイナビエージェントでは、書類の添削や面接対策だけでなく、年収交渉や入社日の調整などもサポートしています。

マイナビエージェントの公式HPを詳しく見る

おすすめ④type転職エージェント

type転職エージェントは、特に20代後半から30代前半の方を対象とした、豊富な経験を持つ総合転職エージェントです。サポート対象は一都三県に限定されていますが、未経験者歓迎の求人を多数保有しているので、職歴に自信がない方も気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

また、女性の転職に特化した「type女性の転職エージェント」も運営しており、特に20代、30代の方から高い満足度を得ているので、女性の方にもおすすめです。

type転職エージェントの公式HPを詳しく見る

おすすめ⑤dodaエージェント

dodaエージェントは、パーソルキャリア(旧インテリジェンス)が運営する国内最大級の転職エージェントです。求人数、提案力ともにトップクラスの転職エージェントと言われています。また、dodaは首都圏の20代・30代の求人はもちろん、地方の方や他の転職エージェントで断られた年配の方の求人も紹介してくれるという口コミもあります。

dodaエージェントの公式HPを詳しく見る

転職サイト利用時の正社員採用までの流れ

転職サービスを利用するには、まずはそれぞれの公式ページで登録することから始めましょう。登録の際には、「転職支援サービス」なのか「派遣サービス」なのかを必ず確認してください。

登録が完了すると、数日以内に担当者から電話かメールで連絡が入ります。その際、手短に聞き取り調査が行われたあと、キャリアカウンセリングの予約を行います。

面談は、転職エージェントのオフィスで行う場合もあれば、担当アドバイザーが近くまで来てくれる場合もあります。近年では、コロナの影響もあり、オンラインでの面談も積極的に取り入れられています。

キャリアカウンセリングで気づかせてもらえることはたくさんありますが、できれば複数のエージェントを利用することで、選択肢が広がり、後悔のない転職をすることができるでしょう。

面接が終わると、自分に合いそうな仕事を紹介してもらえます。また、各エージェントによっては非公開求人もありますので、複数のエージェントから仕事を紹介してもらうことをお勧めします。

応募する会社が決まったら、履歴書や職務経歴書を添削してもらいましょう。書類選考が終了したら、担当アドバイザーが最終的に推薦する企業に応募してくれます。

求人サイトを利用して自分で応募した場合は、誰も推薦状を書いてくれませんし、企業への手続きもすべて自分で行わなければなりません。それに比べれば、転職エージェントを通すことは大きなメリットがあると言えます。

エージェントによっては、応募先企業の面接官がどのような質問をするのか、どのような人材を好むのか、今持っているスキルの中で何をアピールすべきなのかなど面接に役立つアドバイスを受けることができます。希望者には模擬面接をアレンジしてくれる場合もあります。

次のステップは、企業との面接ですが、面接の日時はアドバイザーが企業とやり取りして段取りしてくれます。万が一、面接に失敗しても、ほとんどの場合コンサルタントは人事担当者からフィードバックを受けているので、それを次の面接に活かすことができます。

面接に合格し、内定を得た場合は、引き続きアドバイザーが給与交渉や入社日の調整を行ってくれますので安心です。

ストレスのない会社で仕事をしよう!

全くストレスのない仕事はありませんが、自分にとってストレスの少ない仕事を選択することは可能です。ぴったりの仕事を見つけるには、まずは、自分がどんなことにストレスを感じるのかを明確にして、ストレスが少ないと言われている仕事を選んでみてはいかがでしょうか。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。