記事作成日:

シェラカップで作る簡単料理おすすめレシピ10選!ご飯からデザートまでご紹介!

キャンプでの楽しみといえば色々ありますが、限られた道具で美味しい食事が満喫できるキャンプ飯もそのひとつではないでしょうか。キャンプ飯ならグルキャンやファミキャンだけでなく、ソロキャンプにもおすすめです。そこでこちらの記事ではキャンプに欠かせないシェラカップでの料理を紹介します。定番レシピからおしゃれな料理、デザートなどをまとめました。

シェラカップとは

キャンプの必須アイテムであるシェラカップとは、取っ手のついた金属製の道具です。飲み物やスープを入れてコップやマグ代わりにしたり、食材や出来上がった料理を入れるお皿、鍋やフライパン、計量カップなどの調理器具として利用できる多機能な万能アイテムとなっています。

基本的にシェラカップ同士は重ねることができるため、収納時にはコンパクトにまとまり、キャンプの荷物を圧迫することもありません。また、取っ手部分がフックになっているものは引っ掛けることも可能、ステンレス製はサビたり破損しにくいのも特徴です。

料理におすすめのシェラカップ

シェラカップは焼く・煮る・炒めるなど様々な料理に使えますが、どんなものが良いのでしょうか。シェラカップといっても色々な種類があり、食器ではなく料理に使う場合には調理に適したタイプを選びましょう。

料理におすすめ①ステンレス素材

シェラカップの素材は主にステンレスやチタンが多く、他にアルミや真鍮、プラスチック素材などがあります。料理におすすめなのがステンレス製で、熱伝導率が良くリーズナブルな価格、多くのメーカーが取り扱っているため入手しやすくなっています。

熱伝導率だけで言えば真鍮やアルミも良いですが、真鍮はサビやすく手入れが若干面倒、価格が高めで取り扱いメーカーが少ないので、こだわりがなければステンレス素材が良いでしょう。

アルミも真鍮同様にステンレス素材よりも入手しにくくなっています。チタンはステンレスよりも熱伝導率が悪く、プラスチックは熱い料理や調理には不向きです。

料理におすすめ②直火OKなもの

料理にシェラカップを使うのであれば直火OKのタイプがおすすめです。直火OKであればフライパンや鍋として調理したあと、そのまま直に食べることができ、キャンプに持っていく荷物が少しでも減らすことができます。

また、直火でフライパンや鍋として使う場合にはフライパンなら台形鍋なら寸胴になった形状が使いやすいでしょう。

もちろん通常の形状でも直火できるタイプであればちゃんと料理に使えますが、100均などは直火NGも多いので、入手前にしっかりと確認してください。

料理におすすめ③400~600mlのもの

シェラカップの容量は多数あり、料理に使うシェラカップなら容量400~600mlが良いでしょう。500mlあれば米1合の炊飯が可能、レトルト食品を温めたり、インスタントラーメンを作るときも水が450ml前後なのでそれくらいが必要になります。

たくさん料理するのであれば900mlのシェラどんぶりもおすすめです。容量があまりなくても料理に使えますが、その場合混ぜるなどの調理工程でこぼれてしまう可能性があるので注意してください。

料理におすすめ④取っ手がストレート

基本的にシェラカップの取っ手は引っ掛けるために曲がっていることが多いですが、料理に使う場合には取っ手がストレートのほうが使いやすくなっています。

火にかけて調理するとき取っ手が曲がっているとそれだけ熱源に近くなり、料理がしにくくなります。さらに料理によっては取っ手を持つことでヤケドする可能性もあり、その場合は必ず手袋をするようにしてください。

もちろん曲がっていても料理することが可能ですが、ヤケドや火災に繋がらないように注意しましょう。

シェラカップで作る簡単料理レシピ【ご飯】

キャンプでもご飯が食べたい!でも飯盒やメスティンはかさばるから、とご飯系を諦めたことがありませんか?しかしシェラカップを使うことでしっかりとご飯を炊くことができます。ご飯系を調理する場合にはフタが必要になるので準備しておきましょう。

シェラカップレシピ①白米

キャンプでも白米が外せない方はシェラカップを利用してご飯を炊いてみましょう。シェラカップなら1人分ちょうど良い分量のお米が簡単に仕上がるので、ソロキャンプにもおすすめです。

こちらのレシピでは320mlのシェラカップを使用しています。白米があればレトルト食品やお惣菜などを用意すれば充分な食事を楽しめるでしょう。レトルト食品も大きめのシェラカップならお湯で温めるだけで簡単です。

材料

米:80g 、水:100ml

作り方

  1. お米を研いで水を入れ、1~2時間ほど吸水します。
  2. ガスバーナーを中火にしてシェラカップを置き、フタをします。
  3. 沸騰したら弱火にしてそのまま1分ほど、吹きこぼれないように注意してください。
  4. 吹きこぼれる寸前にとろ火にして2~3分放置、パチパチと聞こえたら火から下ろしてタオルに包んで10分蒸らしたら完成です。

シェラカップレシピ②缶詰の炊き込みご飯

おかず不要の炊き込みご飯なら、それだけで美味しくなる料理です、キャンプでは簡単に調理できるように缶詰を使うことで、色々な調味料を持ち運ぶ手間も省けます。使用する缶詰は好みのものでOKですが、焼き鳥や味付けの貝、サバ・サンマなど魚系の蒲焼き缶、カニ缶など味付けが濃いものなら良く合います。

こちらのレシピではシェラカップ480mlを使用しています。もちろんレトルトパウチの炊き込みご飯の素を利用してもOKです。味付けが薄い場合には麺つゆなどを足してください。

材料

米:1合弱、水:目盛り300ml、好みの野菜やキノコ:適量、好みの缶詰:1缶

作り方

  1. お米を研いで水洗いし、野菜やキノコ、缶詰などの具材を入れて吸水させます。白米とは異なり、様々な具材を入れるため、溢れ出ないように分量を調節してください。
  2. あとは上記白米同様に炊けば完成です。

シェラカップレシピ③パエリア

おしゃれなキャンプ飯に挑戦するならシェラカップでパエリアもおすすめです。自分だけが食べるパエリアなら、手抜きや多少失敗してもご愛嬌、ということでこちらのレシピでは手軽にできるパエリアの素やカット不要の焼き鳥の缶詰などを使っています。

パエリアの素を使うことで味付けは間違いなく、さらに調味料を持ち運び手間を省いて荷物を最小限にすることが可能です。

炊き込みご飯よりも具材が多くなるので、シェラカップのサイズは600mlが使いやすくて便利でしょう。こちらの動画では100均のシェラカップを使用していますが、加熱不可のタイプは使わないように注意してください。

材料

むきえび、パプリカ、焼き鳥の缶詰、白米0.5合、水、パエリアの素

作り方

  1. パプリカを1cm角にカットします。
  2. シェラカップに米と水(米の1.5~1.7倍)、むきえびや缶詰、カットしたパプリカなどの具材とパエリアの素を入れます。
  3. フタをして中火で加熱し、沸騰してきたら弱火にしてじっくりと火を通します。フタがパカパカするようであれば重しをしておきましょう。
  4. 水気がなくなるまで加熱すれば完成です。お米の芯が気になる場合にはそのままフタをして、少し蒸らすようにしてください。

シェラカップで作る簡単料理レシピ【主食】

キャンプではあまりご飯系は食べない、ご飯と一緒に食べたい主食もシェラカップ1つで作ることができます。ちょっとおしゃれな主食から朝食にぴったりの主食まで、手軽で簡単にできるレシピをまとめました。

シェラカップレシピ④チーズフォンデュ

チーズフォンデュはグルキャンやファミキャンなど、大勢でワイワイしながら楽しめる料理ですが、シェラカップを使えば1人でじっくりと、好きな食材を楽しむことができます。

チーズにつける食材は、あらかじめ茹でる・蒸す・焼くなど加熱調理してからキャンプに持っていくと、時短になるのでおすすめです。焚き火でする場合には火力に注意しながら、シェラカップの場所を移動させるなどしてシェラカップにチーズが焦げ付かないように気をつけてください。

こちらのレシピでは焦げ付き防止のため、カマンベールチーズをアルミホイルで包んだものをシェラカップに入れています。

材料

カマンベールチーズ、好みの具材、生クリーム、あれば白ワイン

おすすめの具材

バゲット、ウインナー、かぼちゃ、ブロッコリー、エビ、ホタテ、鶏肉など

作り方

  1. アルミホイルにカマンベールチーズを包み、シェラカップに入れてフタをします。フタがない場合にはもう一つのシェラカップをかぶせてフタ代わりにしてください。
  2. 弱火で7分ほど加熱したらフタを取り、アルミホイルを開けてチーズが溶けているか確認します。
  3. チーズが溶けたら生クリームや白ワイン少々を入れ、チーズに好みの具材を絡めながらいただきます。

シェラカップレシピ⑤アヒージョ

キャンプで美味しくて簡単にできる料理として定番化しているのがアヒージョです。お酒のおつまみレシピとしても人気で、食べ終わって残ったオリーブオイルはバゲットを浸したり、パスタを入れてシメとして楽しめます。

シェラカップで作るときは、必ず耐熱温度をチェックしてください。アヒージョはオリーブオイルを入れるので高温になるため、アルミ素材では変形したり破損する危険があります。また、具材を入れたときに油が溢れると危険なので、オリーブオイルの分量はシェラカップ半分ぐらいを目安にしてください。

具材は大きめにカットするのがおすすめ、オリーブオイルに入れるときはしっかりと水気を切る、シェラカップの取っ手が熱くなるので手袋を使うなどしてヤケドに気をつけましょう。

材料

オリーブオイル、にんにく、乾燥唐辛子、好みの具材

おすすめの具材

バゲット、エビ、タコ、ホタテ、アサリ、鶏肉、ベーコン、キノコ、ミニトマト、じゃがいもなど

作り方

  1. シェラカップにオリーブオイルとスライスしたにんにく、唐辛子を入れてひと煮立ちさせます。
  2. 好みの具材を入れて弱火でじっくりと火を通します。
  3. 火が通ったら完成です。

シェラカップレシピ⑥目玉焼き

朝食の定番料理、目玉焼きもシェラカップを使うことで上手に作れます。簡単な料理である目玉焼きですが、シェラカップで作ると失敗する、という方も少なくありません。

上手く焼くコツは油と火加減、シェラカップにしっかりと油を馴染ませ、焼くときは弱火や遠火、バーナーパッド、高さのあるゴトクなどを利用してじっくり焼くのがおすすめです。

ステンレス素材はシェラカップを温めてから油を馴染ませるようにすることで、コゲ付きを回避できます。また、大きめのシェラカップなら目玉焼きと一緒にウインナーを焼けば、ちょっと豪華な朝食の完成です。

材料

卵、油、塩コショウ

作り方

  1. シェラカップを火にかけて熱して油を引き、白い煙が出てきたら火を止めるか、火から下ろします。
  2. 卵を割り入れて好みで塩コショウで味付けし、弱火または遠火にしてフタをします。
  3. フタを開けて焼き加減をチェックして、固めが良ければそのまま弱火でじっくり、もしくは水を少し入れて蒸し焼きにします。半熟が良い場合には弱火で焼き、黄身の表面が白くなれば完成です。

シェラカップレシピ⑦串揚げ天ぷら

キャンプで揚げたての串揚げ天ぷらを食べるのも贅沢な楽しみ方です。アヒージョ同様に油を多く使うので、油がこぼれたりはねたりしないように注意しましょう。また、シェラカップは大きめのものを使用し、串揚げの場合は具材が油に浸かる長さに刺してください。

バッター液は自作してもOKですが、天ぷら粉を用意すれば水と混ぜるだけなので簡単です。具材をバッター液や天ぷらにつけるときは、洗い物を減らすためにビニール袋などを利用すると後片付けが楽にできます。また、使用後の油処理も考えておきましょう。

油凝固剤を使って持ち帰る方法や、密閉容器に入れて持ち帰る、キッチンペーパーや新聞紙に染み込ませてゴミとして処分、焚き火の着火剤に再利用する方法がありますが、着火剤として利用するときは必ず直接焚き火に入れるのではなく、キッチンペーパーや新聞紙に染み込ませたものを少しづつ入れてください。

材料

天ぷら粉、水、油、好みの具材

おすすめの具材

エビ、ウインナー、ミニトマト、玉ねぎ、キノコ、オクラ、タケノコなど

作り方

  1. 天ぷら粉と水をビニール袋や紙コップなどに入れてかき混ぜ、バッター液を作ります。
  2. シェラカップの1/3~半分ぐらいまで油を入れて温めます。天ぷらの場合はシェラカップの底から1~2cm程度でも充分です。
  3. 串揚げの場合は具材を串に刺し、天ぷらはそのまま、それぞれ具材を油で揚げます。
  4. 具材に火が通れば完成です。さっくり揚げるにはバッター液にマヨネーズを混ぜるのもおすすめです。白いご飯に天ぷらを乗せれば天丼にもなります。

シェラカップで作る簡単料理レシピ【デザート】

シェラカップは料理だけでなくデザートにも使える万能アイテムです。キャンプではおいしい食事を楽しめても、デザートまではなかなか手が回りません。しかしキャンプでも甘くて美味しいスイーツができるなら挑戦してみたくなります。そこでおしゃれで美味しいシェラカップスイーツのレシピをまとめました。

シェラカップレシピ⑧ガトーショコラ

バレンタイのチョコスイーツでもお馴染みのガトーショコラ、普通に作るだけでも難易度が高そうなイメージですが、板チョコと卵があれば簡単に作ることができます。

チョコが食べたいから、板チョコそのままでは少し味気ないので、ちょっと手を加えてガトーショコラに挑戦してみましょう。

シェラカップなら1人でも食べきることができるミニサイズができます。こちらのレシピではシェラカップ以外にクッカーやダッチオーブンなどを使用しています。

材料

板チョコ:2枚、卵:2個、好みの粉砂糖やいちごなど

作り方

  1. クッカーにシェラカップが1/4ほど浸かるぐらいの水を入れて、湯煎用のお湯を沸かします。
  2. シェラカップに小さめに割った板チョコを入れてクッカーに入れて湯煎にかけ、チョコを溶かします。同時進行でダッチオーブンを火にかけて温めておきましょう。
  3. チョコが溶けたらそこに卵を割り入れてしっかりと混ぜます。
  4. 温まったダッチオーブンの底に焼き網などを敷いてシェラカップを置きます。
  5. フタをして弱火から中火で20分、じっくりと火を通します。
  6. 生地の中心に爪楊枝や竹串などを刺して、ドロリとした生地がついてこなければ完成です。好みで粉砂糖を振ったり、いちごを添えても良いでしょう。

シェラカップレシピ⑨ババロア

ぷるんとした食感とひんやりなめらかな舌触りが美味しいババロアは、冷やす時間ものんびり過ごせる、まさにキャンプスイーツにふさわしい逸品です。シェラカップで作るババロアはマシュマロを使うので手軽で簡単、少ない材料のためキャンプにもピッタリです。

こちらのレシピではチョコレートのババロアを紹介していますが、チョコが苦手な方はチョコなしで作ってもOKです。マショマロはたくさん入れるほど固くなるので、多少分量を調整してください。ノーマルな味わいのババロアが良い場合にはチョコレートを省いて作ると良いでしょう。

材料

マシュマロ:100g、牛乳:1カップ、チョコレート:50g

作り方

  1. シェラカップに牛乳を入れ、弱火で温めます。
  2. 牛乳にマシュマロを入れて溶かし、次に細かくしたチョコレートを入れて溶かします。
  3. マシュマロとチョコレートが溶けてしっかりと混ざったら、保冷剤を使って冷やしておきましょう。
  4. ババロアが固まれば好みの生クリームやミントの葉をそえて完成です。

シェラカップレシピ⑩チーズケーキ

濃厚でしっかりとした味わいのチーズケーキもおすすめです。材料もクリームチーズや卵、砂糖だけ、作り方も簡単、チーズケーキならスイーツがあまり得意ではない方にも好まれているのでぜひ試してみてください。

こちらのチーズケーキは冷蔵庫で冷やし固めるレアチーズケーキではなく、ダッチオーブンを使って焼く、ベイクドチーズケーキになっています。シェラカップ以外にダッチオーブンや湯煎用にクッカーを使用するので準備してください。

材料

クリームチーズ:90~100g、卵:1個、砂糖(上白糖):25g

作り方

  1. クッカーにシェラカップが1/4ほど浸かる水を入れて湯煎用のお湯を沸かし、クリームチーズを1cm角にカットします。クッカーを使わない場合はダッチオーブンにお湯を沸かしておきましょう。
  2. シェラカップにクリームチーズを入れ、湯煎にかけてなめらかになるまで溶かします。
  3. クリームチーズがなめらかになったら卵と砂糖を入れてしっかり混ぜます。甘さ控えめが好みの場合は砂糖を15gにしてください。
  4. ダッチオーブンの底に焼き網を入れてシェラカップを乗せ、フタをして中火で20分ほど焼きます。ダッチオーブンで湯煎した場合にはお湯を捨ててから焼いてください。
  5. 焼き上がったら保冷剤を使って冷やせば完成です。

シェラカップがあれば簡単アウトドア料理を楽しめる!

キャンプは少ない荷物であればあるほど移動が楽になります。しかしそのために食事を妥協するのはキャンプの楽しみが半減します。そこでキャンプ必須アイテムであるシェラカップを利用したレシピを知ることで、簡単アウトドア料理を存分に味わうことができるでしょう。

その他関連記事はこちら



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。