革包丁おすすめ5選|使い方のコツや選び方まとめ

引用:アマゾン
レザークラフトなどで欠かせない革包丁。ただ革を切るだけならカッターなども使えますが、革包丁があればヘリを切り落としたり革を漉くことができます。良い革包丁なら、スーっと押すだけで革を漉くことができ、とても気持ち良く作業することが可能です。良い革包丁を1本は持っておきたいところ。ただ、いざ選ぼうとすると、どれが良いのかわからないという方も少なくありません。そこでこの記事では、革包丁のおすすめをまとめて5つご紹介します。

革包丁の使い方にはコツがある

革包丁を使う時は、まずしっかりと柄の部分を握りましょう。「いいね」の形を作るように、親指を除く4本の指で柄を包み込むようにして握り、親指は柄の一番下に近い部分を押すようにして当てます。裁断する時は角度が重要なポイントです。奥に倒して手前に引きます。刃先で切る形です。

裁断する時は手を切らないように配慮しましょう。裁断する方向に手を置いてはいけません。革包丁は片刃なので、少し横に倒すようにして切ることがコツです。

角を断つ時は、裁断する角に刃先を合わせて押し切ります。最初は慣れないかも知れませんが、数をこなすことでスムーズに切れますので、革包丁を手に入れたら、たくさん練習することがおすすめです。

レザークラフト用 革包丁(極上) 30mm巾 8668

レザークラフト用 革包丁(極上) 30mm巾 8668
レザークラフト用 革包丁(極上) 30mm巾 8668

素材・材質:鉄、木
サイズ30mm巾
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

クラフト社のレザークラフト用革包丁です。極上と付いているだけあって、厚い革でも綺麗に切断することができます。標準サイズの直刃なので扱いやすくです。直線だけでなく曲線の裁断にも対応しています。

鋭い切れ味の秘密は、伝統のある火造り製法で丹念に仕上げられていることです。品質の良い日本製であり、安心して使い倒すことができます。安い革包丁と比べるとお値段は多少高めですが、値段以上の性能を有している優れものです。

クラフト社 革工具 革包丁 極上 39mm 8667

クラフト社 革工具 革包丁 極上 39mm 8667
クラフト社 革工具 革包丁 極上 39mm 8667

サイズ:39mm巾
発送重量:90.7 g
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

サイズが39mm巾であり、広幅で安定性が良い革包丁です。もちろん直線だけでなく曲線の裁断にも対応しています。切ることはもとより、革漉き作業に向いているおすすめ商品です。

昔からある火造り製法で作られており、一度使うとその良さを実感します。レザークラフトなどをよくするという方は、買って損のない商品です。レザークラフトを日本に紹介したクラフト社のアイテムなので、高品質で、安心して使うことができます。

特選革包丁 規格24mm巾 1152039 52039

特選革包丁 24mm巾 1152039 52039
特選革包丁 24mm巾 1152039 52039

規格:24mm巾
発送重量: 59 g
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

持ち手の美しいこちらの革包丁は、24mm巾サイズの使いやすいアイテムです。裁断や革漉きなどを行うことができます。革製品の専門店である協進エルの製品だけあって使い勝手は抜群に良いです。

性能を考えるとお値段も納得の価格帯ですよ。刃物だからこそ、安心して使うことができるアイテムを手に入れたいですよね。こちらの革包丁なら、値段以上の性能を提供してくれます。手になじみやすい重さであることも高評価ポイントです。

特協進エル 極上革包丁 (信義) 36mm巾 1152028 52028

協進エル 極上革包丁 (信義) 36mm巾 1152028 52028
協進エル 極上革包丁 (信義) 36mm巾 1152028 52028

規格:36mm巾
発送重量:200 g
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

最高級の鋼である青紙スーパーを使用した、切れ味抜群の革包丁です。また、切れ味の持続性にもとても優れています。手に入れることで長く快適な切れ味を堪能することが可能です。

お値段は少々値が張りますが、性能を考えると納得の価格帯と言えます。非常に高性能なアイテムですので、レザークラフトなどをよく行う方は持っておくことがおすすめできるアイテムです。39mm巾サイズに対応している点も評価できます。

クラフト社 革工具 左きき用革包丁 39mm 8669

クラフト社 革工具 左きき用革包丁 39mm 8669
クラフト社 革工具 左きき用革包丁 39mm 8669

サイズ:39mm巾
発送重量: 72.6 g
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

こちらは左利き用の革包丁です。刃が逆についています。利き手で作業できるので繊細さが要求される時もスムーズに対応することが可能です。左利きの方は、無理して右利き用のアイテムを使うのではなく、左利き用の革包丁を使いましょう。火造り製法で作られており、使い勝手がとても良いですよ。

クラフト社の製品なので、刃持ちも良いです。正しいお手入れを欠かさなければ長く楽しむことができます。

革包丁は毎日研ぐことがおすすめ

LunaSolさん(@lunasol0603)がシェアした投稿


革包丁は研ぐことでその持ち味を発揮してくれます。できれば毎日研ぐことがおすすめです。革包丁を研ぐためのアイテムを揃えておきましょう。

包丁 ナイフ 革 砥ぎセット

包丁 ナイフ 革 砥ぎ セット
包丁 ナイフ 革 砥ぎ セット

商品重量:159 g
梱包サイズ:25.9 x 10.8 x 2.8 cm
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

こちらの商品には、革砥ぎの手順などを記載した説明書が付属しています。研ぐのは難しそう……と考えている初心者の方にもおすすめです。切れ味を戻してくれる上に錆を防止するルージュスティック(青棒)と、研磨用の木台がセットになっています。

レザークラフト 革包丁 研ぎセット

レザークラフト 革包丁 研ぎセット
レザークラフト 革包丁 研ぎセット

主な素材:木
色:天然木
いらない工具・建機を売るなら工具男子!

鏡面研磨ダイヤモンド両面研ぎ木台プレートと研磨用青舐3個がセットになった便利なアイテムです。両面研ぎ木台プレートはサイズが、長さ約27.8cm、幅約4.2cm、研磨部分約15.5cmとなっており、ルージュスティックは約3×3×12cmのものが3個付いています。

革包丁の有名ブランドはどこ?

EAGLEさん(@eagle.404)がシェアした投稿


革包丁を取り扱っているブランドとしてよく名前があがるのは協進エルです。協進エルは、多種多様な革関連のアイテムを取り扱っており、ビギナーからプロフェッショナルにまで対応しています。革包丁も質の高いアイテムを取り揃えており、ラインナップも豊富です。迷った時は、協進エルのアイテムをチェックすると自分にとって使いやすいアイテムが見つかるでしょう。

クラフト社も有名です。1964年に誕生したクラフト社は、レザークラフトを日本に伝えたことでも名前が知られている会社。「レザークラフトを楽しむ側の発想で、今までに無い便利な道具を」をいうテーマのもと、実際に使う人のことを考えた便利な道具を開発・製造・販売しています。初心者の方からプロの方まで満足できる商品が多いことが特徴的です。レザークラフトを長く楽しもうと考えている方は、クラフト社のアイテムをチェックしておくと良いでしょう。

革包丁の選び方のポイント

革包丁を購入しようかどうしようか迷っているという方は、まずは試しに使ってみることをおすすめします。革包丁を用意しなくとも切る作業はカッターなどでも行うことが可能ですが、実際に使ってみると専門の道具の良さを実感できます。

人間の手は1人1人違いますので、自分の手になじむかどうかも重要なポイントです。できれば実物を手に持って試してみて、合っているかどうか判断すると良いでしょう。デザインなども注目ポイントです。革包丁は頻繁に買い換えるものではないので、自分が納得できるアイテムを選びましょう。1本良い革包丁を持っておくと、作業の楽しみが増しますよ。

店頭で実物を試した後で、ネット購入する方法がおすすめです。よりお手頃なお値段で、運ぶ手間なく商品をゲットできます。人気商品であっても在庫切れの心配が少ない点も嬉しいポイントです。

別たちは革包丁の代わりになる?

ann_sonicさん(@ann_sonic)がシェアした投稿


別たちというアイテムもあります。こちらも、革を切る、裁つ、そぐなどの作業が行える道具です。替刃式なので、ランニングコストを抑えることができます。また本体そのものもお手頃な価格帯なので、手に取りやすいです。革包丁の代わりとして使うこともできますが、あくまで代用品であることを理解しておきましょう。しっかりとした革包丁を使うと、その性能の違いが一目瞭然です。別たちよりも、最初から高性能な革包丁を入手したほうが、快適に作業できる可能性が高いでしょう。

革を扱うなら良質な革包丁をゲットしよう!


革を扱う専門道具である革包丁。一度使うと、その良さを実感できる便利な道具です。レザークラフトなどを頻繁に行うという方は、ぜひ使いやすい革包丁をゲットしてみてください。作業効率をグンとアップさせることができます。自分にとって使いやすい革包丁を選ぶことが大切です。

こちらもオススメ

レザークラフトならこちらもおすすめ

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

スタッフのオススメ記事

ブランド辞典・アイテム厳選記事

新着記事