記事作成日:

退職に適した時期や切り出すタイミングは?円満退社するための流れを徹底解説!

「転職をしたい」と思った時に、最初に考えなければならないのが退職するタイミングです。この記事では、退職に適した時期や円満退社に適した切り出すタイミング・誰に伝えれば良いかなど円満退社するための流れを徹底解説しています。また、損をしないための退職日についても触れているので転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

退職に適した時期とは

「スキルアップしたい」「仕事がきつい」「やりたいことが見つかった」など転職を考える理由は人によって様々です。しかし、いざ退職をしようと思っても何からやればい良いのか分からないという方も多いはずです。

ここでは、そんな方のために退職に適した時期や円満退社に適した切り出すタイミング・仕事をやめると誰に伝えれば良いかなど円満退社するための流れをまとめていきます。では、退職に適した時期とはいつなのでしょうか?まずは、退職に適した時期からみていきましょう。

退職に適した時期①退職金がもらえる年

退職に適した時期1つ目にあげられるのは「退職金がもらえる年」です。退職金とは、退職する際に企業から退職者に支給されるお金のことで、退職手当や退職慰労金と呼ばれることもあります。

退職金がもらえる勤続年数は企業によって異なりますが3年以上働いているともらえる企業が多いようです。しかし中には1年以上働いていればもらえる企業もあれば、義務ではないため支払われない企業もあります。

退職金がもらえるまで、あと数ヶ月だったということにならないためにも、退職を考えた際には、就業規則を確認しておくようにしましょう。

退職に適した時期②ボーナス支給後

退職に適した時期2つ目にあげられるのは「ボーナス支給後」です。ボーナス支給前に退職の意思を伝えると希望する日よりも退職日が早くなる可能性が高くなったり、ボーナスの金額にも大きく影響したりすることもあります。そんなことを避けるためにも、ボーナス支給後に退職の意思を伝えるのがおすすめです。

退職に適した時期③転職に有利な求人が多い月

退職に適した時期3つ目にあげられるのは「転職に有利な求人が多い月」です。退職の意思を伝えたのに『次の就職先がなかなか決まらない』『希望の職種が見つからない』ということも少なくありません。退職金が多少減額されても『次の就職先に重点をおきたい』という方は、転職に有利な求人が多い月を考慮して退職日を決めるのがポイントです。

転職に有利な求人が多くなると言われているのが、年度末や年末・ボーナス支給後で退職者が増える『1月~3月』第二新卒の採用が増える『5月~6月』夏のボーナス支給後に退職した方の欠員補充が必要となる『お盆休み明け~10月』の3回のタイミングです。求人が多いほうが次の就職先が見つけやすいので、できるだけ求人が多いタイミングを狙いましょう。

円満退社に適した切り出すタイミングとは

ここまでは、退職金がもらえる年やボーナス支給後など退職に適した時期について詳しく解説してきました。ここからは、円満退社に適した切り出すタイミングをチェックしていきましょう。

円満退社に適した切り出すタイミング①就業規則の沿った申告

円満退社を目指すなら、就業規則に沿ったタイミングで申告するのが大切です。法律上では会社の承認がなくても退職希望日の14日前に申し出れば、退職することができます。

しかし、仕事の引継ぎなどを考えると14日前では難しいことがほとんどです。一般的には「退職日の1ヶ月~2ヶ月前に申し出ること」と明記されている企業が多いようです。

自分の勤めている会社がいつまでに申し出れば良いのか分からないという方は、就業規則を確認から就業規則に合わせて申告するようにしてください。

円満退社に適した切り出すタイミング②仕事の区切り

たとえ退職する会社であっても、できるだけ迷惑をかけずに退職するのがマナーです。あなたの仕事を引き継ぐ方がその後も気持ち良く働けるように、忙しい時期や自分の抱えている企画の途中などは避け、仕事の区切りが良いタイミングで退職することが円満退社するためのポイントです。

仕事を辞めると誰に伝えればいい?

ここまでは、円満退社に適した切り出すタイミングについてまとめてきました。では、仕事をやめる時は最初に誰に伝えれば良いのでしょうか?ここからは、「仕事を辞めると誰に伝えればいい?」という問に答えていきます。

直属の上司に伝える

退職の意思は、まずは直属の上司に伝えるのが基本です。直属の上司とは、あなたに仕事の指示を直接行ったり、業務やスケジュールの管理を行ったりしている方を指します。

今の時代、在宅勤務をしていることもありますが、電話やメールでは自分の思いが上手く伝わらないことがあるので、直接会って口頭で伝えるようにしてください。また、直属の上司を通り越して上位役職者に伝えたり同僚に先に伝えるのは避けるようにしましょう。

円満退社につながる退職理由

円満退社するには、話を切り出すタイミングだけでなく適切な退職理由を伝える必要があります。たとえ退職理由がマイナスなものだとしても、「キャリアアップを目指したい」「起業や開業したい」「資格を取得したい」「夢を叶えたい」など前向きな退職理由を伝えるようにしましょう。いくつか例文をご紹介していくので参考にしてください。

【円満退社につながる退職理由の例文】

  • これまでの経験を活かして、新しい場所で自分の経験を試してみたい。
  • 資格を取得して、これまではとは違った職種で働きたい。
  • 子供の頃からの夢を叶えるために勉強をやり直したい。
  • 子供の受験をしっかりサポートしたい。
  • 主人の転勤にともない引っ越しが決まった。

円満退社するための流れ

ここまでは、仕事をやめると誰に伝えればいい?という問と円満退社につながる退職理由や例文についてまとめてきました。ここからは、円満退社するための流れをチェックしていきましょう。

①就業規則に沿って退職の意思を伝える

退職を決意したら、まずはあなたの務める企業の就業規則に沿って退職の意思を伝えます。退職日の1~2カ月前に直属の上司に伝えるのが一般的です。先程も解説しましたが、忙しい時期や自分の抱えている企画の途中などは避けようにしてください。

②退職届の提出

上司との話し合いで退職日が決定したら「退職届」を提出します。「退職願」は会社または経営者に退職したい旨を伝える書類であるため、場合によっては受理されないこともあります。

退職届は、退職日が決定してから出す書類になります。退職届を渡すのは直属の上司になりますが、書面の宛名は社長名を記入してください。

③仕事の引き継ぎ

円満退社するには、仕事の引継ぎをきちんと行う必要があります。引き継ぐ方は上司と相談して決めますが、マニュアルを作っておくとスムーズに引継ぎが行えるはずです。

また、業務リストなども作成しておくと良いでしょう。引継ぎをしっかりと行っていないと、後任者に迷惑がかかるだけでなく退職後自分のところに連絡が入る可能でもあるので、退職日までにきちんと引継ぎを済ませておくようにしましょう。

④有給休暇の申請

有給休暇が残っているようであれば、有給休暇の申請も忘れないようにしてください。退職前に休みを取ることを後ろめたく感じるかもしれませんが、有給休暇は労働者に与えられた権利なので消化しても問題はありません。

とはいえ、引継ぎが済んでいないのに有給休暇を取ってしまうと周りに迷惑がかかり円満退社ができなくなります。そんなことを避けるためにも、退職日は余裕をもって設定し、引継ぎがきちんと済んでから有給休暇を消化するようにしましょう。

上司とよく話し合いをしても万が一、有休休暇の申請が認めらない場合は、有休休暇の買い上げを提案してみるもの良いでしょう。

⑤退職日に備品の返却と必要書類の受け取りを行う

退職日には、必要書類の受け取りや事務手続きを行います。離職票が必要な方は後日自宅へ郵送(7日~14日が目安)されます。もし会社から借りている備品などがあれば、この日に返却します。また、円満退社するためにも、上司はもちろん先輩や同僚などお世話になった方へのあいさつを忘れないようにしてください。

退職時期だけではなく退職日も重要

円満退社するためには退職時期を考えることが大切ですが、退職日を月末にするか月末以外にするかも重要になります。ここからは、退職日をいつにしたら良いのかをみてきましょう。

退職日が違うと社会保険料が違ってくる

こちらの動画では、退職日の違いによる社会保険のしくみなど損をしない退職日の決め方を詳しく解説しています。ブランクをあけずに仕事が決まっている方は問題ありませんが、退職日が一日違うだけで社会保険料が大きく変わってくるので、退職後に次の仕事が決まってないという方はぜひ動画をご覧ください。

退職の時期を考えて気持ち良く円満退社しよう

今回は退職を考えている方のために、退職に適した時期や円満退社に適した切り出すタイミング・仕事を辞めると誰に伝えれば良いのかについてまとめてみました。また、円満退社するための流れや損をしない退職日の決め方についても触れているので、ここでご紹介したことを参考に円満退社を目指しましょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。