電球 チェック

記事作成日:

転職したいけど怖い人必見!不安を解消して取り組むための方法を解説!

転職したいけど、失敗したらどうしようと思ったことはないでしょうか。誰にでも転職の怖さはあるものですが、特に初めて転職する方にとっては未知の世界で、これからどうなってしまうのか心配するのも理解できます。とはいえ、原因を知って対処することで一歩踏み出す勇気が得られる可能性もあります。漠然と転職に不安を感じている方は当記事をぜひご一読ください。

転職したいけど不安・怖いと感じる理由

ある転職サイトが行った実態調査によると、転職者の9割近くが「転職を考える際に不安がある」と回答しています。このように、転職は何度も経験することではありませんから、多くの方が不安になるのも無理はありません。不安に感じる原因をひとつひとつ確認していきましょう。

理由①仕事が決まらないのが不安

転職がうまくいかないと、「自分は転職できないのではないか」「自分は社会に必要とされていないのではないか」といったネガティブな考えが頭の中を駆け巡りがちです。

特に書類選考で不合格になったり、面接に通らなかったりすると、気持ちを強く持つことが難しくなります。また、転職活動が長期化すると、現在の仕事と他の仕事との両立が必要になります。どうしても転職先が見つからない場合は、アプローチの方法を見直してみるとよいかもしれません。

理由②今より状況が悪くなるのが怖い

現在働いている職場が、給料がとても安く、待遇や人間関係もこれ以上ないくらい悪いということであれば、新しい仕事を始めることにあまり抵抗は感じないかもしれません。

しかし、今の会社に少しでも魅力を感じている部分がある場合は、転職することで今よりも環境が悪くなる可能性も考えておく必要があります。

厚生労働省の転職者実態調査によると、転職者の36.1%が転職後に「賃金が下がった」と回答しています。また、「労働時間が増えた」と答えた人は31.6%でした。

このように、転職が必ずしも賃金の上昇や労働時間の短縮につながるとは限らないことを認識しておく必要があります。また、新しい職場の人間関係については、外部からの情報だけではなかなかわからないものです。

新しい職場の人とうまくいかなければ、いくら他の条件が良くても働き続けることができないかもしれません。

理由③自分を評価してもらえるか

自分のスキルや資格を活かすために転職を考えていても、なかなか決まらないうちにいつの間にか自分の能力に自信を失ってしまうことがあります。また、いくら経験があっても、転職後はゼロからのスタートになります。

いずれにしても、これまで培ってきた経験やキャリアは決して無駄にはならないので、初心に帰ってチャレンジすることがポイントになるでしょう。

理由④面接や書類選考が怖い

自分に自信がない人、自己アピールが苦手な人にとって、他人から評価されること自体がストレスになることもあります。就職活動の結果、不採用になった場合、自分を否定されたように感じるかもしれません。

また、そもそも評価されることが怖いという方もいらっしゃるでしょう。就活は、自分の魅力をアピールして、会社から評価されることの繰り返しです。このような活動が苦手な方にとっては、大きな不安の種になることでしょう。

怖い転職を勇気を出してするべきか

転職に対して恐怖や不安などのネガティブな感情があっても、転職したいと思うのは、不安を上回る転職したい理由があるということなのです。もう一度、自分の現状と将来について考え、それでも転職したいかどうかを考えてみてください。

不安を感じながらも変えたいと思うのであれば、転職を選択するのがよいでしょう。また、ネガティブな気持ちを抱えたまま今の仕事を続けても、自己成長を望むことは難しいでしょう。

そういう意味では、新しい環境に飛び込むために転職することにはメリットがあると言えます。メリットとデメリットを考え、それでも「転職したい」と思ったら、転職活動をスタートさせましょう。

転職すべき人①やりたいことが決まっている人

やりたいことが明確で、それを実現するための努力をしていれば、転職先でも思い描いたキャリアを歩めるかもしれません。例えば、やりたい仕事がマーケティングで、Web広告やサイト分析に関わる「ウェブ解析士」などの資格を取得したとします。

しかし、営業に強い部署では、その資格を活かす機会がないかもしれません。このように、自分のやりたいことのためにきちんと努力しているのであれば、怖くても就活を始めて自己実現を図るべきです。

転職すべき人②仕事でストレスを抱えている

もし、大きなストレスを抱え、改善しようと努力してもダメだった場合は、すぐに転職を考えるべきでしょう。最近は減ってきましたが、いわゆる「ブラック企業」に勤め続けるのはリスクしかありません。

しかし、長く働いていると過酷な労働環境に体が慣れてしまい、ブラック企業という認識が薄れてしまうのです。そのため、自分の会社がブラック企業だと感じたら、他の会社に転職することを考え始めた方が良いかもしれません。

社内ハラスメントとは何か、わかりにくい場合は、厚生労働省がパワハラの概念や考え方をわかりやすく解説していますので、参考にしてください。

転職すべき人③人間関係で悩んでいる

人間関係のトラブルは職場だけでなく、家庭や学校、サークルなど、さまざまな集団やグループで発生する可能性があります。プライベートでは、「あの人は嫌い」「あの人は苦手」といって関係を断ち切ることができるかもしれません。

しかし、職場ではそうもいきません。相性が悪い、衝突が絶えない、自分に対して理不尽な扱いを受けるなど、職場の人間関係の悩みは、仕事に対する集中力やモチベーションに影響を及ぼします。

特に、上司との関係では、自分が困っているときに上司が助けてくれない、悩んでいることを誰にも相談できないといったことがあります。人によっては、会社に行きたくないと感じることもあるかもしれません。

ジョブローテーションや異動など、環境を変えて退職を回避できるチャンスがあれば、自らローテーションや異動を申し出たり、そのチャンスを待ったりするのも一つの方法です。

しかし、すべての人にそのようなチャンスが都合よく巡ってくるとは限りません。改善の余地がなく、精神的に疲弊しているようであれば、新しい環境に移った方がよいかもしれません。

怖い気持ちを払拭して前向きに転職するための対処法

転職に不安を感じている人は、前向きに取り組める方法を探してみてください。ここでは、多くの人に役立ってきた5つの対処法をご紹介します。

対処法①退職前に転職活動をする

仕事を辞める前に転職活動を始めることで、無収入になるリスクを回避することができます。とはいえ、仕事をしながら転職活動をする時間を確保するのは難しいものです。

特に、現在の仕事がとても忙しい人は、転職活動のスケジュールを詰め込みすぎず、余裕を持って行動したいものです。また、退職前に転職活動を開始する場合、転職が決まってから現職の退職日と転職先の日程を調整する必要があります。

退職前の転職活動中に生活費を貯めるという選択肢もあります。退職前に転職活動を始め、自分の対応や市場価値を見極めながらお金を貯め、ある程度お金が貯まったら退職することで不安が軽減できるでしょう。

対処法②転職経験者に相談する

周りに転職した人がいれば、その人の体験談を聞いてみましょう。それが成功談であればなおさらです。不安を解消するには、転職の成功をイメージするのがおすすめです。周りに転職経験者がいない場合は、インターネットやSNSで成功事例を探し、読んでみるのもよいでしょう。

対処法③徹底的にリサーチする

また、予測できないことに直面することで、怖さや不安を感じるケースもあります。対策としては転職する前に、志望する会社のことをしっかり調べておくのが有効です。

会社を知ることで、入社後のギャップを避けることができますので、良い面、悪い面など様々な角度から対象となる会社を研究してください。会社の特徴や特色、社風、求める人物像などを知っておくと、提出する書類の作成も楽になります。

対処法④スキルアップになる資格を取得しておく

スキルアップや資格取得で、より良い仕事に就ける可能性が高まります。自分が目指したい業界や職種に必要なスキルや資格を調べ、自己研鑽に励みましょう。スキルアップや資格取得は、仕事をしながらでもできることです。セミナーに参加したり、通信教育を受けたりして、自分の市場価値を高めてみてください。

対処法⑤ネガティブな反応を気にしない

転職について周囲に相談すると、反対されたり、否定されたりすることがあるかもしれません。こうした否定的な反応を見ると、疲れてしまったり、やる気をなくしてしまったりすることもあるでしょう。

しかし、そうした意見はあくまでも相手の価値観であり、自分にとっての正解ではありません。ネガティブな意見に引きずられないためには、それを手放すことが必要なのです。

しっかり準備して挑めば転職も怖くない

転職に感じる不安はさまざまですが、在職中から動き出すことで、それぞれの不安を軽減することができます。実際に転職活動を始める前段階である、キャリアの棚卸しや業界研究、自身のスキルアップ、キャリアアドバイザーとの面談などを通じて自分を見つめ直し、転職に対して前向きな考え方を身につけましょう。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。