引用:Amazon

記事作成日:

植木ばさみおすすめ15選!種類や選び方・上手な使い方を徹底解説!

庭木や盆栽を健やかに育てるために欠かせない道具が植木ばさみです。植木ばさみは、庭木の細い枝や盆栽、花などを剪定するためのもので、輪になっているのが特徴です。材質は鋼が一般的ですが、鋼よりも硬くて丈夫な「安来鋼」と呼ばれる高級素材も使われています。今回は、主に庭木や盆栽の手入れに使う植木鋏の選び方や、おすすめ商品などをご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

植木ばさみとは?剪定ばさみとの違いも

まず植木鋏の読み方がわからないという方もいらっしゃると思います。おそらく「鋏」という漢字が難しいのでしょう。読み方は「はさみ」です。

同じような園芸用品である剪定鋏は「せんていばさみ」、大久保鋏は「おおくぼばさみ」と読みます。いずれも園芸に使うもので、大久保鋏は園芸鋏の一種と考えることができます。

刃の部分だけ見ると、紙を切る文房具のハサミに似ている、あるいはもう少し尖っているという印象を受けるかもしれません。枝や葉を切るため、紙バサミよりも力が必要です。

そのため、持ち手が大きく、指だけでなく、しっかりと深く握れるようになっています。植木ばさみと剪定ばさみは同じものだと思っている方が多いのですが、実は刃の形状が大きく異なります。

植木鋏は、どちらの刃もほぼ同じ大きさ、厚さです。これは、右利き用でも左利き用でも変わりません。違うのは向きだけです。

ところが剪定鋏は、片方の刃が三日月のような形をしていて、もう片方の刃は反対側に沿って膨らんだ月のような形をしています。ハンドルはバネ式で開閉しやすいのが特徴です。

園芸鋏の中で最もよく使われているのは植木鋏(木鋏ともいう)で、形はそれほど特殊ではなく、誰にでも使いやすく、切り口もきれいです。

また、ドラマや映画などで庭師が使う、柄の長い大型の両手バサミは「剪定バサミ」と呼ばれています。大久保鋏は、植木鋏の中でも最も有名で名前のある鋏の一つです。

「大久保」という名前が地名なのか人名なのかは伝承されていないため不明ですが、大久保鋏は園芸をやっている人なら誰でも知っている超有名な鋏の一種です。

植木ばさみの選び方

ではここからは、自分に合った植木鋏を選ぶ際のポイントを説明します。種類や素材、利き手など、知っておきたいポイントがいくつかあります。使い勝手がよく、長く使えるアイテムを選べるように、チェックしてみてください。

選び方①「型」の種類

植木ばさみには「大久保ばさみ」「佐助型」「京津島型」「庭師型」などの種類があります。それぞれ微妙に形が違います。大久保鋏は緩やかなカーブが特徴です。

佐助型と京津島型を比べると、京津島型は支点から柄までの肩の部分が長くなっています。植木屋タイプは業務用として高級鋼を使用しているのが違いです。

選び方②素材や加工の有無

植木ばさみを頻繁に使っていると、刃についたサビや木くずなどで切れ味が悪くなることがあります。使用後の刃の手入れは欠かせませんが、メンテナンスが簡単にできると助かります。

その点、ステンレス製やフッ素コーティングなど、お手入がしやすいものを選択すれば、手入れに手間がかかりません。特に、フッ素加工が施されているものは、ガンコな松葉が付着しても簡単にお手入れできます。

また、「青鋼」と呼ばれる素材もありますが、青鋼素材は大切な庭木を美しく剪定できることに加え、多少高価でも長く使えるので、コストパフォーマンスが高いです。

選び方③手に合ったサイズ

園芸バサミは、持ちやすい大きさのものを選びましょう。大きすぎたり小さすぎたりすると、扱いにくくなります。男性なら200mmか220mm、女性なら180mm以下が目安です。

または、指先から手首までの長さがほぼ同じものを選ぶと使いやすいでしょう。サイズだけでなく、実際に持ってみて、重すぎないかどうかも忘れずにチェックするようにしてください。

また、左利きの方は特に利き手にフィットするものを選ぶのも大切です。市販されているハサミの多くは右利き用です。植物の手入れは、力を入れたり、細かい作業をしたりすることがあります。

そのため、左利きの方はなるべく左利き専用のハサミを使った方が作業しやすいでしょう。メーカーによっては、左利き用の園芸バサミを販売しているところもあるので、検討してみてください。

植木ばさみおすすめ15選

ここからは、人気でおすすめの植木バサミをご紹介します。どれも切れ味や使い心地にこだわったアイテムばかりです。さまざまな特徴があるので、自分にぴったりの植木バサミを選ぶ参考にしてみてください。

おすすめ植木ばさみ①sita チタンコーティング植木鋏 215mm A918

sita チタンコーティング植木鋏 215mm A918
sita チタンコーティング植木鋏 215mm A918

サイズ:全長215mm
刃先:60mm
重量:190g

盆栽や庭木、農園などに最適な剪定鋏です。機能性だけでなく、初めて使う人や女性にも使いやすいように設計・デザインされています。

デザインは、庭のインテリアとしても楽しめるスタイリッシュな雰囲気です。また、摩耗に強いチタンコーティングや、手袋をしたままでも作業できるハンドルサイズもポイントです。

おすすめ植木ばさみ②雅琴 オールステンレス古流鋏 165mm

雅琴 オールステンレス古流鋏 165mm
雅琴 オールステンレス古流鋏 165mm

鍛冶の町、三条在住の鍛冶が丁寧に鍛造で造り上げたオールステンレス製の鋏

鉄製の鋏は錆びやすいのですが、こちらの商品はオールステンレス製でお手入れもとても簡単です。花は水を使うので、鋏が濡れることは避けられません。

使用後に水を拭き取るのを忘れてしまうことがあるおっちょこちょいな方でも、本製品なら安心です。

おすすめ植木ばさみ③アルスコーポレーション 業務用花はさみ フルール

アルスコーポレーション 業務用花はさみ フルール
アルスコーポレーション 業務用花はさみ フルール

刃の長さ:41mm
サイズ:全長171mm
重量:140g

切れ味と操作性にこだわり、人間工学と伝統技術を取り入れたアイテムです。花や茎の束ね切り、水切り、根元割り、生け花などに適したプロ用花鋏は、プロの花屋さんにもおすすめできる一品といえるでしょう。

おすすめ植木ばさみ④千吉 植木鋏 アルミ柄 SGP-6NS

千吉 植木鋏 アルミ柄 SGP-6NS
千吉 植木鋏 アルミ柄 SGP-6NS

全長:約235mm
生木切断能力:10mm

庭木・鉢植え全般の剪定・剪定鋏です。バネ式で軽量、丈夫で作業がしやすいのが特徴です。鍛冶屋の手作りではないのでリーズナブルな反面、刃の切れ味を心配される方もいらっしゃいますが、この植木鋏の刃は硬質クロム材を使用しているので耐久性は良好です。

また、バネ式の鋏は開閉がスムーズで、様々な庭木の枝をスムーズに切ることができます。年に1回程度、庭木の手入れに使えるリーズナブルな植木鋏をお探しの女性や、滑りにくい植木鋏をお探しの方に、錆びにくく、握りやすい植木鋏をお勧めします。

おすすめ植木ばさみ⑤岡恒 植木鋏 NO.201-SN

岡恒 植木鋏 NO.201-SN
岡恒 植木鋏 NO.201-SN

重量:250g
全長:210mm
刃の長さ:55mm

岡恒(オカツネ)はハサミの有名メーカーです。今回は中でも最高級の鋼材を使用した、小さくて使いやすい植木鋏「NO.201-SN」をご紹介します。一般的にハサミに使われる鋼材は硬すぎると刃こぼれしやすく、枝に食い込みにくくなります。

その点、岡恒の鋏に使われている鋼は、鍛造用とは異なる製法で作られており、柔らかくしなやかです。また、鋭利な鋏の刃先には、丈夫な革製のカバーをつけ、持ち歩く時に刃先を保護してくれます。

おすすめ植木ばさみ⑥アルスコーポレーション 植木鋏 U-600

アルスコーポレーション 植木鋏 U-600
アルスコーポレーション 植木鋏 U-600

刃長: 55mm

最新のハイテク技術で軽量化された植木鋏です。繊細な作業から枝切りまで対応します。ハンドルにはアルミダイキャスト製のグリップを採用し、軽量で扱いやすくなっています。

初めて植木鋏を購入される方にも最適で、手にしっかりフィットし、切れ味も抜群です。刃渡りは55mmです。

おすすめ植木ばさみ⑦ほんまもん 植木ハサミ 佐保 2寸8分刃

ほんまもん 植木ハサミ 佐保 2寸8分刃
ほんまもん 植木ハサミ 佐保 2寸8分刃

■全長195mm 刃渡り65mm 重量約250g

高級白鋼を使用した本格的な植木ばさみです。日本刀の火造り技法を用いて職人が作り上げたもので、しなやかで柔らかな切れ味が魅力です。プロでも満足のいく仕上がりで、贈り物にも最適です。

おすすめ植木ばさみ⑧花酔 刃長大久保鋏 200mm

花酔 刃長大久保鋏 200mm
花酔 刃長大久保鋏 200mm

全長:約200mm

刃物の産地である新潟県三条市のプロの鍛冶屋が、長年培った製法で厳選した素材を使用した園芸鋏です。滑らかな切れ味は、木を傷つけず、その成長を妨げません。

刃は厳選された素材(日立安来鋼)を使用し、耐久性にも優れています。昔ながらの大きなグリップで、刃の中に手を入れやすくなっています。

庭木の剪定、盆栽、縄切りなど、さまざまな作業にお使いいただけます。また、刃渡りが長いので、枝が入り組んだ盆栽の刈り込みや葉の刈り込みにも適しています。

おすすめ植木ばさみ⑨髙儀 村国 大久保鋏 180mm

髙儀 村国 大久保鋏 180mm
髙儀 村国 大久保鋏 180mm

切断許容サイズ:1年目の若約φ8mm

庭木や盆栽の手入れからガーデニングまで幅広く使える伝統的な鋏で、8mmまでの細い枝を切断することができます。大きく滑らかな曲線を描く握りやすいハンドルは、疲れにくく、力を入れやすい設計になっています。

おすすめ植木ばさみ⑩Sita フッ素コーティング植木鋏 A921

Sita フッ素コーティング植木鋏 A921
Sita フッ素コーティング植木鋏 A921

サイズ:全長190mm
刃先:55mm
本体重量:約120g

フッ素コーティングされた刃は、錆びにくく、汚れにくいのが特徴です。女性や高齢者にも使いやすく、軽快な切れ味が魅力的な剪定鋏です。グリップは衝撃吸収性に優れ、手にやさしく、操作しやすい指がかりを採用しています。

おすすめ植木ばさみ⑪千吉 グラスファイバー剪定鋏 215mm

千吉 グラスファイバー剪定鋏 215mm
千吉 グラスファイバー剪定鋏 215mm

全長:215mm
生木切断目安:6mm

キッチンバサミなど、水を使う場所で使われるハサミには、フッ素コーティングが施されているものが多くあります。

このハサミの刃もフッ素コーティングされているため、汚れがつきにくく、さっと拭くだけできれいになります。

また、植木ばさみには珍しく、グリップの間にバネがあり、力を入れなくても簡単に刃が開くようになっているのもおすすめのポイントです。グラスファイバー製のハンドルは見た目がカッコイイだけでなく、軽量化にも一役買っています。

おすすめ植木ばさみ⑫坂源 ハンドクリエーション 古流タイプ F-170

坂源 ハンドクリエーション 古流タイプ F-170
坂源 ハンドクリエーション 古流タイプ F-170

全長170mm

丸みを帯びた柔らかなフォルムと持ち手のカラーリングがセンスを感じさせる「サカゲンハンドクリエーションF170」ですが、その見た目からは想像できないほど、優れた切れ味を持っています。

株式会社坂源は1903年創業で、新潟県にあります。ハサミを知り尽くしたメーカーだからこそ、伝統に裏打ちされた高品質な「ハンドクリエイション F170」を生み出すことができたのでしょう。

「ハンドクリエーションF170」は、特に女性が使いやすく、手によくなじむサイズに設計されています。さらに、グッドデザイン賞も受賞した商品です。

その秘密のひとつは、持ち手の部分に人差し指を当てやすいように小さなくぼみを設けていることです。これによって、不慣れな初心者でも使いやすくなっています。

おすすめ植木ばさみ⑬ニシガキ 植木鋏 木助 3寸刃 N-701

ニシガキ 植木鋏 木助 3寸刃 N-701
ニシガキ 植木鋏 木助 3寸刃 N-701

全長:240mm
刃長:100mm
商品重量(約):290g

高級鋼を高圧でプレスする鍛造製法により、従来のハサミより強靭に仕上がっています。また、独特の高級感のある質感も魅力のひとつです。

刃は鏡面仕上げで、食い込みの良い滑らかな刃先を実現しています。刃の手入れが簡単で、長く使うことができます。樹液が刃に付着しにくく、剪定もスムーズに行えます。

刃渡りは同じで、ボディを薄くしたライトバージョンも用意されています。2インチ刃は40g、3インチ刃は60gと従来品より軽量化されています。また、ハンドルも小型化し、女性にも扱いやすくなっています。

おすすめ植木ばさみ⑭GARDENA 多目的はさみ 両利き用

GARDENA 多目的はさみ 両利き用
GARDENA 多目的はさみ 両利き用

全長: 18cm

複数の面で使える多目的ハサミで、花、草、麻糸、フラワーワイヤー、段ボール、プラスチックなどの切断にお使いいただけます。

庭仕事だけでなく、キッチンバサミとしても使える多目的ハサミですので、一本持っているだけでさまざまな用途に使える便利な鋏です。人間工学に基づいたデザインで持ち手は柔らかく、手に馴染みます。

また、刃の耐久性に優れており、錆びにくい仕上げの精密研削鋼を使用していることや、食器洗い機で洗えるのもポイントです。左利き、右利きどちらにも対応する両利き仕様となっています。

おすすめ植木ばさみ⑮浅香工業 ガーデン鋏

浅香工業 ガーデン鋏
浅香工業 ガーデン鋏

重量: 80g
全長: 188mm
刃の長さ: 65mm

ガーデニング、野菜の収穫、クラフトなど幅広い用途で使える万能ハサミです。熱処理を施したステンレス刃物鋼を使用し、耐摩耗性と切れ味に優れています。

お手入れも簡単で錆びにくいので、屋外での使用にも適しています。持ち運びや保管に便利な刃の保護キャップが付属しています。

刃先がシャープに作られているため、小さな葉や細い枝も簡単に掃除できます。また、価格も比較的リーズナブルなので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめです。

植木ばさみの上手な使い方

最後に、植木バサミを長持ちさせながら安全に使うためのコツを2つご紹介します。一般的なハサミとは少し形状が異なるので、初めて植木ばさみを使う方は事前にチェックしておきましょう。

まず、太い枝を力任せに切らないということを頭に入れておいてください。植木ばさみは、草花の剪定や細い枝を切るためのものです。

太い枝を切るためのものではありませんので、太い枝を力任せに切ろうとするのはやめましょう。ハサミが壊れるだけでなく、ケガをする可能性もあります。

太い枝を切りたい場合は、太い枝を切ることができる剪定ばさみや太枝ばさみを使うか、アイテムを替えてください。また、植木ばさみは、使うたびに手入れをすることが長持ちの秘訣です。

放置しておくと、花や植物を切ったときの汁や、枝を切ったときの残りが取れにくくなり、錆びてしまいます。植木ばさみの研ぎ方とお手入れ方法といった情報を参考に、使用後はこまめにお手入れをするように心がけてください。

使いやすい植木ばさみを見つけて購入しよう!

今回は、植木ばさみの選び方や上手な使い方に加え、売れ筋のおすすめ商品をご紹介しました。園芸用のハサミは100円ショップでも購入できますが、刃物メーカーが提供する高品質なハサミがおすすめです。

安価なものではすぐに錆びてしまい、頻繁に買い替えなければならないこともあります。また、切れ味が悪く、植物を傷つけてしまう可能性もあります。

長くガーデニングを続けるのであれば、高品質なハサミを1本持っていた方がコストパフォーマンスが良い場合もあります。刃物メーカーのハサミは、1本2,000円程度で購入できるものもありますので、ぜひ検討してみてください。

思っている以上に種類が豊富で選ぶのに困ることの多い植木ばさみですが、ぜひ当記事でご紹介した情報が役立つことを願っています。

その他の関連記事はこちら



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。