記事作成日:

ハンディミシンおすすめ5選!種類や使い方をご紹介!

ちょっとした縫い物をするとき、わざわざミシンを出して糸をセットして、というのは面倒だけれど、針と糸でチクチクとやるのも手間がかかってしまいます。そこで便利なのが手軽に利用できるハンディミシンです。コンパクトなハンディミシンで本当に縫い物ができるのでしょうか。こちらの記事では選び方や使い方のコツ、おすすめ商品などをまとめました。

手軽にササっと使えるハンディミシン!

縫い物が趣味で毎日のようにミシンを利用している人でない限り、ミシンを出しっぱなしにしていることはないでしょう。しかし裾上げやほつれ直しなどちょっとした縫い物をするときは手縫いよりもミシンが簡単です。

ハンディミシンは通常手のひらサイズほどコンパクトで、ホチキスのような形状をしています。小さなサイズなので持ち運びにも便利、外出先でも手軽にササッと使うことができます。

さらにカーテンや洋服などのほつれも吊るしたまま、着たまま直すことができ、縫い物、特に手縫いが不得意な人にも扱いやすくなっています。

一方で通常ミシンよりもほつれやすい、手縫いが得意な人には逆に使いにくいと感じてしまうこともあります。それでも手軽でスピーディーに縫い物をする場合には便利なアイテムです。

ハンディミシンは「手動」と「電動」の2種類

ハンディミシンには手動と電動の2種類があり、それぞれの良い面とイマイチな面があります。使用する布や使い勝手の良さ、安定性などを考慮して、好みのタイプを選ぶようにしてください。手動と電動の特徴をチェックしてみましょう。

お手頃な価格の「手動式」

ちょっとしたほつれや小さなものを縫うのであればお手軽価格の手動式が使いやすいかもしれません。電動式と比べると比較的安価で購入しやすく、初心者にも使いやすい仕様になっています。ホチキスのように自分のテンポで縫うことができるので縫い物が苦手な方にもおすすめです。

コンパクトタイプが多いのも特徴で、電源不要のため外出時にかばんに入れておくのも良いでしょう。使う際にはある程度の力を必要とするため、大きなサイズを縫う場合には疲れてしまうので注意してください。

厚手生地も縫える「電動式」

楽に縫い進めたいなら電動式がおすすめです。電気の力で縫うため、手動よりも力があり、デニムなど厚手生地でも簡単に縫えます。また、一定のスピードで進むので縫い目が安定し、きれいに仕上がりますが、手動式よりも若干価格が高めでありサイズも大きくなってしまいます。

商品によっては様々な性能が付属されているタイプもあり、元々縫い物が得意な方には便利でしょう。力を入れる必要がないので、カーテンなどの大物に使っても疲れることがありません。

ハンディミシンの選び方

使用頻度や用途などによって手動・電動を選択する以外の選び方のポイントを見てみましょう。ハンディミシンには色々な種類があり、特に電動式になるとその種類も多くなってきます。もっとも使いやすいタイプを選ぶには、電源の種類やサイズ、付属品などを確認してください。

電源は「乾電池」「ACアダプタ」「USB」

電動式を使う場合には乾電池とACアダプタ、USBと3種類の電源タイプがあります。電動式でも持ち運びしたいなら乾電池式がおすすめ、電池さえあれば場所に関係なくスムーズに使うことができます。

また、自宅で使うときでもコードがないため自室やリビングなど、使いたいときにすぐに使えます。電池が減ってきたらパワーが落ちるので、常に電池のストックを準備しておくと良いでしょう。

家でしか使わない、持ち運ばないのであればACアダプタタイプもおすすめです。コンセントから給電するため、パワーが落ちる心配もなく、長時間の使用に対応でき、頻繁に使う方にも便利です。

また、乾電池式よりもパワーがあり、厚手生地に使うにはACアダプタが良いですが、コードが邪魔になる場合もあるので、大きめのものを縫うのであればコードが引っかからないように注意してください。

パソコンから電気を供給するUSBタイプもあり、職場でパソコンを使う方ならUSBタイプであればサッと使うことができます。

コードの長さやUSBポートの場所によっては使いにくいと感じることもあるので、使用する環境に合わせて選んでください。乾電池式やUSBタイプは別売りのACアダプタや変換アダプタを使うことでコンセントから給電できる場合もあります。

使いこなせる重さ・サイズで選ぶ

ハンディミシンは片手でも扱えるサイズではあるものの、種類によって大きさや重さが異なります。快適に使うためには自分の手に合ったサイズと重さを選ぶようにしてください。

女性が使用する場合は20cm前後で200g以下が扱いやすく、軽量であればあるほど手が疲れません。手が大きのであればもう少し大きいサイズを選ぶとパワーが出ますが、疲れやすくなるので注意してください。

また、ハンディミシンの幅や形状にも注目、幅が太ければ持ちにくくなってしまい、形状によっては扱いにくくなります。

購入する際には、できれば実店舗で実物を見て実際に手に持ってから決めるほうが良いでしょうが、ネットショップで選ぶときは自分の手に合うかしっかりとサイズ・重さを確認してください。

付属品の有無で選ぶ

ハンディミシンの多くは最低限ボビンと糸通しが付属していることがほとんどですが、その他の付属品にも注目しましょう。特に裁縫道具自体所持していない、という方は付属品の有無によって使いやすさが変わってきます。

予備の針や糸切りバサミ、メジャーなどがあればハンディミシンだけでだいたいの縫い物に対応できます。また、付属しているボビンの数も要チェックです。

ボビンは下糸を巻くために必要なものですが、数が多ければあらかじめ複数の色の糸を準備でき、糸をボビンに巻き直す手間が省けます。電動式の場合には乾電池やアダプタの有無も確認しましょう。

ハンディミシンのおすすめ5選

ここからはおすすめのハンディミシンを紹介します。ハンディミシンは種類やサイズなどを考慮し、パワーや厚手生地に対応しているか、持ち運びの有無などを把握して、使い勝手の良いタイプを選ぶようにしてください。

おすすめ①マクロス ハンディミシン フィンリー

マクロス ハンディミシン フィンリー
マクロス ハンディミシン フィンリー

・寸法:約W22×D6×H11cm ・重量:約280g

ハンディミシンの定番メーカーとして知られるのがマクロスで、こちらの【フィンリー】は電源タイプがUSBと乾電池式の2種類ある電動式となっています。稼働速度が低速と高速の2段階あり、2mmまでの厚手生地に対応、デニムやウール、レザーシルクなどの生地を縫うことができます。

糸1本のチェーンステッチ縫いのため、セットが簡単で裁縫初心者にも扱いやすくなっています。付属品はUSBコードにアダプタ、予備針、糸通し、ピンセットにボビンが5個、本体には白糸が巻かれたボビンがセットされています。

おすすめ②Lifang ハンドヘルドミシン

Lifang ハンドヘルドミシン
Lifang ハンドヘルドミシン

ミニミシンキット

単3電池3本かDC電源で使用できる電動式で、裁縫初心者や子どもでも扱いやすいタイプです。針本数は2本、付属品としてスプール8個や安全ピン10個、巻き尺、糸通し、ロングポール、糸切りバサミなどがついています。必要ツールがすべて揃っているため、裁縫道具がなくてもちょっとした縫い物をする場合にすぐに利用できます。

おすすめ③ヒラカワ ハンドミシン フラミンガー

ヒラカワ ハンドミシン フラミンガー
ヒラカワ ハンドミシン フラミンガー

サイズ:7.2×21×4.7

ポップなカラーが可愛い、ピンクの電動式ハンディミシンで単3電池4本で稼働、コードレスで使いやすくなっています。下糸なしのチェーンステッチ縫いなので初心者にも使いやすく、失敗してもすぐに解くことができます。

ジーンズ生地2枚重ねや木綿生地4~6枚重ねにも対応、カーテンやスカートのほつれ、縁取りにもおすすめです。糸通しや予備針、ボビン3個が付属しています。

おすすめ④osers ハンドミシン 手動

osers ハンドミシン 手動
osers ハンドミシン 手動

サイズ(約):幅4.5×奥行き11×高さ7cm 重量(約):130g

130gの超軽量でコンパクトサイズの手動式ハンディミシンで持ち運びにも便利、糸通しやミシン糸取り付け用棒が付属しています。自分のペースで簡単に縫えるため、ちょっとしたほつれ直しや小さな小物作りにもおすすめです。ホワイト・ブルー・ピンクの3カラーありますが、Amazonなどネットショップで購入する際はランダムカラーとなるので注意してください。

おすすめ⑤マクロス ハンディミシン ラフィ

マクロス ハンディミシン ラフィ
マクロス ハンディミシン ラフィ

サイズ:W27×5×8.5cm

単3電池4本かアダプタで使用できる電動式で、スピンドルと糸通し、ボビン3個、予備針がセットになったおしゃれなデザインのハンディミシンです。チェーンステッチで扱いやすく、コードレスのため場所を選ばずどこでも使えます。

安全ロック付きで誤作動がないので小さなお子様がいても安心、クラフトやウール、レザー、デニム、シルク生地に対応、厚さ1mmであればどんなものもスムーズに縫うことが可能です。

ハンディミシンの使い方のコツ

ハンディミシンは扱い慣れていないと使いにくいと感じてしまうこともあります。失敗なくうまく縫うためには、使い方のコツを把握することで裁縫初心者にも手軽に扱うことができます。

対応する素材や糸を確認する

ハンディミシンは商品によって対応できる素材や糸が異なります。一般的にハンディミシンを使う素材はカーテンやスカートなどの布ですが、なかにはレザーやクラフトに対応できるタイプもあります。

場合によってはタオル生地非対応となることもあるため、どんな素材に使いたいかを把握した上で購入するようにしましょう。また、同じ素材でも厚みによって使用できる・できないがあるのでそちらもチェックしてください。

特に厚みのある生地を縫うのであれば対応しているもので、パワーのあるタイプがおすすめです。さらに使える糸の太さにも違いがあり、ほとんどの商品には最初からボビンに巻かれた糸が付属しているので、そちらを参考にして選ぶと良いでしょう。

縫い終わりは糸をしっかり結ぶ

ハンディミシンを使った後は縫い終わりの糸をしっかり結ばなければなりません。一般的なミシンは下糸を使って返し縫いをしますが、ハンディミシンは下糸がなく返し縫いができません。

上糸のみで縫い進めるのでそのままにしておくと抜けてしまいます。そのため縫い終わりは少し長めに糸を残し、玉止めする必要があるので忘れずに結んでおきましょう。

ハンディミシンがあれば急なお直しも簡単に!

持ち運びもできるコンパクトサイズから、デニム生地まで縫えるパワフルタイプなど、ハンディミシンには様々な種類があります。自分に合ったものを選ぶことで、ちょっとしたほつれもハンディミシンがあれば手軽にササッと簡単に直せるようになるでしょう。

その他関連記事はこちら



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。