引用:ヤマダホームズ

記事作成日:

【ヤマダホームズ 】の口コミ・評判がやばい?特徴を徹底調査!

ヤマダホームズは、ヤマダ電機系列のハウスメーカーです。価格の安さが魅力のヤマダホームズですが、他社と比べてあまりに安いため、何か問題があるのではないかと心配する方もいるようです。そこで、ここでは実際にヤマダホームズで家を建てた人の評価や口コミをまとめて紹介し、ヤマダホームズに向いている人について徹底解説していきます。

ヤマダホームズとは

ヤマダホームズは、大手家電量販店のヤマダ電機グループに所属する住宅メーカーです。特に木造にこだわり、木のぬくもりと優れた性能をバランスよく備えた家づくりが可能です。

2018年に「株式会社ヤマダ・エスバイエルホーム」、「株式会社ヤマダ・ウッドハウス」、「エス・バイ・エル住工株式会社」、「ハウジングワークス株式会社」が合併して誕生した会社で、1951年の創業以来70年の歴史があります。

エス・バイ・エルの木質パネル工法とヤマダ・ウッドハウスの木造軸組工法を受け継ぎ、木造にこだわった家づくりが特徴です。

家電量販店のグループ会社である強みを生かし、IoTを活用したエコで快適な住まいを提供しています。

また、構造躯体・雨水侵入防止・シロアリ防除に60年保証、通常1~2年でメーカーが失効する住宅設備に10年保証をつけ、長く安心して暮らせる住宅を実現しています。

住まいという人々の幸せを願う気持ちをカタチにしてきた会社が融合して誕生した会社ですから、それぞれの会社の流れを汲んだ商品を開発しています。

ヤマダホームズの特徴

自分の家を建てようと思ったとき、何から始めたらいいのでしょうか。いろいろな展示場やイベントに参加して、気に入った家を探すのもひとつの方法です。

すでに理想や希望が固まっているのであれば、ハウスメーカーをピックアップするのがベターでしょう。しかし、実はハウスメーカー探しに苦労して、理想のデザインや価格帯、設備などを満たしてくれるハウスメーカーになかなか出会えないという方も多いようです。

「工務店やハウスメーカーがたくさんありすぎて、どこに相談したらいいのかわからない」、「予算はあまり高くないけど、性能の良い家を建てたい。お勧めのハウスメーカーどこだろうか?」という疑問を持つ方もおられるでしょう。

そのような悩みをお持ちの方に向けて、ここではヤマダホームズならではの6つの特徴をご紹介しますので、迷っている方は参考にしてください。

特徴①地震に強い

日本には「建築基準法」という法律があり、基準を満たせば一定以上の品質や性能を確保できるように、最低限守るべき具体的な基準が定められています。

ヤマダホームズでは、生命と財産を守る住宅の役割を果たすため、独自の木質パネル一体構造工法で木造住宅の強度を飛躍的に高め、国の基準を超える品質・性能としてSxL工法を多くの研究・実験データで確立しています。

日本は世界有数の地震国であり、4つのプレートの境界付近に位置し、多くの活断層があるため、古くから頻繁に地震に見舞われてきました。

安全・安心な暮らしのためには、巨大地震に耐える強い家であることが不可欠です。ヤマダホームズでは創業以来、「強い家」を家づくりの5大目標の一つとして掲げ、多くの家づくりを行ってきましたが、地震による倒壊は一棟もありません。

また、阪神・淡路大震災、東日本大震災でも全壊・半壊した住宅は皆無でした。構造躯体の壁面に使用される木質接着パネルが、地震荷重による建物の変形を防いでくれるのです。

このパネルは、地震荷重を面全体で分散させるため変形が少なく、荷重が解放されると自律的に復元する構造になっています。「SxL」が地震や台風に強い理由は、独自の「SxL工法」にあります。

高強度・高精度の木質接着パネルを用い、4面の壁と1・2階の床を一体化して、建物全体で強固な6面モノコック構造を形成しています。

6面全体に応力が分散されるため、水平力、垂直力、ねじれ力を建物全体でバランスよく受け止めることができ、基礎から地面への衝撃も素早く逃がすことができます。

また、表面処理した枠材と合板には、耐用年数100年相当の水性イソシアネート接着剤を塗布し、接着効果を高めています。

その後、1平方メートルあたり70トンの高圧と100℃の高温で90秒間(ホットプレスの場合)プレスすることで、高強度の木質接着パネルができあがります。

特徴②デザイン性が高い

ヤマダホームでは、お客様の理想にできるだけ忠実な家づくりをしたいので、どんな要望にも柔軟に対応できるように心がけています。

また、自分たちがベストだと思う素材や工法をお客様に押し付けるようなことはしません。小堀の住まい」をはじめ、豪華で優雅なデザインで人気を博しています。

ヤマダホームズが複数のハウスメーカーを吸収して成長してきた背景には、先行するハウスメーカーの特徴を生かすことができる点があります。

設計事務所を併設しており、高いデザイン性が求められる自由設計の木造住宅にも対応できるのです。インテリアや住宅のデザインは、シンプルでモダンなものから、現代的なデザインと日本建築の美しさを融合させたものまで、多岐にわたります。

特に「小堀邸」は人気が高く、家というより邸宅のような美しい外観は、住む人や土地のポテンシャルを最大限に引き出すオンリーワンの存在です。グッドデザイン賞も受賞しており、確かなデザイン力を持つ住宅は検討する価値がある。

特徴③壁内換気システムを導入

ヤマダホームズの主力商品「フェリシア」は、高い断熱性能を活かして24時間換気システムを標準装備しています。

最適な空気環境をつくるには、間取りの変化による空気の流れを計算する必要がありますが、ヤマダホームズでは、自由設計の間取りに合わせて、住まいごとに換気システムを設定します。

これは施主様にとって大きなポイントになるでしょう。花粉やPM2.5、黄砂など直径2.0μm以上の粒子を約95%除去し、排出する空気と取り込む空気の熱交換を行うことで冷暖房のランニングコストを削減してくれます。

また、壁を通した換気により内部結露を防ぎ、木材の劣化や腐朽、シロアリ被害などを防ぐことができます。フェリシアでは全室にプラズマクラスターも標準装備しています。

これもすごい設備で、空気中のカビやウイルス、アレルゲンや臭いを除去するマイナスイオンに包まれた快適な生活の鍵となることでしょう。

現代の住宅に欠かせないのが換気システムです。気密性・断熱性に優れているため、家の中の空気をきれいに保つことが必要不可欠になっています。

特徴④檜を使った木造住宅

ヤマダホームの木造住宅は、「ひのき」でできています。ひのきの構造用集成材は、強度のばらつきが少なく、高強度、耐火性、耐久性、断熱性に優れ、材料として優れた特性を持っています。

古くから高級建材として知られるヒノキは、1300年以上前に建てられたとされる世界最古の木造建築物、法隆寺の構造材にも使われている木材です。

ひのき構造材は、住宅の最も重要な部分である柱や土台に使用されています。そして、それ以外の部位には乾燥材を使用し、乾燥収縮を抑え、寸法を安定させる工夫がなされているのです。

また、フェリシアでは、メーターモジュールの標準仕様として、4寸角の柱と土台を採用しています。建築基準法で定められている3.5寸角の柱に比べ、4寸角の柱は断面積が約1.3倍と大きいため、強度に優れているのです。

また、柱が太くなることで、火災時に火が柱の内部まで到達するのに時間がかかるため、耐火性能も向上すると言われています。

特徴⑤保証が充実

ヤマダホームズには「住まいの設備あんしんサポート」が付いています。これは、メーカー保証が終了した後も、10年間何度でも修理保証を利用できるサービスです。

消耗部品代を除き、部品代、出張工賃、新品部品への交換はすべて保証の対象となるため、急な出費の心配がありません。

また、24時間365日体制でサービスを提供しており、より急を要するトラブルにも24時間対応してくれます。初期保証では、構造躯体を20年、雨水の浸入防止とシロアリ予防を10年保証しています。

さらに、必要に応じて定期点検や有償メンテナンスを行うことで、最長60年まで保証を延長する仕組みになっています。

特徴⑥商品ラインナップが豊富

ヤマダホームズには、非常に幅広い商品ラインナップという強みがあります。それぞれに特徴のある住宅の中から、自分の好みに合った住宅を選ぶことができるのです。

例えば、ヤマダホームの注文住宅ブランド「フェリディア」シリーズは、同社の主力商品となっています。フェリディアは、窓を開けなくても自然に空気が入れ替わる「全熱交換型24時間換気システム」を採用しています。

窓を開けると花粉やPM2.5などのアレルゲンが入ってきますが、換気システムならそれらが遮断されるので安心です。

ヤマダホームの注文住宅ブランド「エス・バイ・エル」は、設計の自由度が高く、地震や台風に強い「SxL構法」を採用しています。

地震が起きたとき、従来の木造建築は点や線で揺れを受けますが、SxL構法は面全体で揺れを受け止め、地震の力を分散させることができます。この仕組みにより、一点に荷重がかかることを防ぎ、高い耐震性と耐久性を誇っています。

ヤマダホームの注文住宅ブランド「小堀の住まい」は、小堀住研の企業設計者が手掛けたオンリーワンの住まいです。小堀住建の歴史は70年以上もあります。

現在はヤマダホームズ内にその名を残し、こだわりの設計を担う部門となっています。ヤマダホームの他のシリーズが構造や工法が決まっているのに対し、小堀の家は建物によって様々な工法を使い分けるのが特徴です。

規格住宅で用意されている間取りは、一定の需要があるトレンドに沿ったものが多く、デザインや設備も人気があるので、よほどこだわりがない限り検討の余地は十分にあることでしょう。

ヤマダホームはヤマダ電機のグループ会社であるため、豊富な設備から選択することが可能であり、おすすめです。

ヤマダホームズの坪単価と坪数ごとの建築費

まず、坪単価について簡単にご説明したいと思います。坪単価とは、家を建てる際に床面積1平方メートルあたりにかかる建築費のことです。

1坪とは、昔ながらの畳2枚分の広さで、3.3平方メートルあります。計算式は「建物本体の価格÷延べ床面積」で表されます。

ただし、坪単価には別途工事費や諸経費は含まれていないので注意が必要です。水道、空調、外構工事、地盤改良などは含まれていない場合が多いので、これらの費用も必ず確認するようにしましょう。

また、ローン手数料や地鎮祭、上棟式などの諸経費も含まれていません。坪単価は数値化されて表示されることが多いですが、そのまま鵜呑みにせず、坪単価以外の費用にも気を配るようにしましょう。

では、実際にヤマダホームズで家を建てる場合、どれくらいの費用がかかるのでしょうか。ヤマダホームズの過去の施工例や本体価格、販売された住宅の価格などから、坪単価は55万円~65万円程度が平均的です。

大手ハウスメーカーや建築事務所では、坪単価80万円程度のところもありますが、それらの価格と比較すると安いです。ただし、ローコスト住宅は40万円台で建てられるので、それよりは高いといえるでしょう。

つまり、ヤマダホームズの坪単価はいわゆる「中間層」に位置づけられます。しかし、設備をグレードアップしたり、オプションをつけたりすることで、坪単価は大きく変化すると考えられます。

実際、ヤマダホームズが施工した住宅の中には、坪単価80万円台のものもありました。あくまで目安にしてください。

ヤマダホームズは凄い?良い口コミ・評判

ヤマダホームズで注文住宅を建てて後悔しないために、ヤマダホームズで注文住宅を建てた先輩たちの口コミをご紹介します。気づいた譲れない大切なポイントは書き出しておくなど工夫しましょう。

良い口コミ・評判①見栄え・品質は大手と差がない

営業マンで選んだ関係で品質等が心配でしたが、思った以上に高品質で安心しています。現在の心境としては質の良い住宅を低価格で建てられたので大変満足しております。引用:みん評

良い口コミ・評判②ヤマダポイントが使える

良い口コミ・評判③営業の対応が良い

ヤマダ・ウッドハウスに決めた理由は営業マンの人柄でした。誠実さがひしひしと伝わり毎回気持ちよく説明を聞くことができ、最後はこの人から買ってあげたいという気持ちになりました。引用:みん評

ヤマダホームズはやばい?悪い口コミ・評判

住宅を購入する際、実体験ほど参考になり、わかりやすいものはありません。人生で一番大切な買い物です。後悔しないためにも、ぜひヤマダホームズの悪い評判もチェックしてみてください。

悪い口コミ・評判①契約時の図面の内容と違うものに

契約時の図面の内容と実際の構造図面が異なっていて、壁を付けない箇所が壁として工事されていたり、勾配天井が契約時の図面と全く違うものになったりしています。引用:みん評

 

契約時の図面の内容と実際の構造図面が異なっていて、壁を付けない箇所が壁として工事されていたり、勾配天井が契約時の図面と全く違うものになったりしています。指摘しても現場監督は何の責任も感じないらしく、謝罪も一切なく、どうしましょう?と言ってくる始末です。引用:おうちパレット

悪い口コミ・評判②対応も技術も悪い

五月に入居して、まだやってもらってない事いくつかある。電気の取り付け、他不具合、色々。我慢して待っているけど、今年中にはなんとかしてもらいたい。多忙なのは分かるが仕事は仕事。アフターケアがあまりにも遅すぎる。引用:みん評

 

二世帯ですがドアのゆっくり閉まる機能が、両親の住むドアで不具合を起こしました。見に来てくれましたが孫が頻繁に開け閉めするのでしょう、と言い、対応拒否。その後、有償なら対応しますなどの連絡もなくなしのつぶて。引用:みん評

悪い口コミ・評判③担当が変わり点検を放置された

当時納得いかない施工があってしませんでした。当時の担当が退職したとの事で、訪問がありました。再任の担当に今後の対応に期待を込めて、日付は遡りませんでしたがサインをしました。その後のフォローは何もありません。サインだけもらって対応は、改善されません。引用:みん評

ヤマダホームズの利用がおすすめな人

ヤマダホームズは自由設計の注文住宅なので、自分の理想の間取りで家を建てることができます。ローコストでありながら自由度の高い間取りが魅力で、こだわりのある家を建てたい方におすすめです。

また、低価格であることから住宅ローンの審査に通りやすいというメリットもあり、まだ収入がそれほど多くない20代や30代の方でも、借入額を低く抑えられるので審査に落ちるリスクが低くなります。

さらに、ランニングコストも安く、メンテナンスさえ行えば60年以上住み続けることも可能です。バリアフリーも可能なので、建てた家を終の棲家としたい方にも最適です。

ただし、建物の質感という点ではやや物足りないので、見た目よりも機能性を重視する方に向いています。

ヤマダホームズは理想の家づくりにおすすめ

ヤマダホームズの注文住宅は、高品質でデザイン性に優れた自由設計の住宅です。商品ラインナップが豊富なため、多くの要望に応えることができ、高い確率で理想の住まいを見つけることができます。まだ対応していない地域もありますが、今後の動向に注目しながら検討してみてください。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。