記事作成日:

食洗機はクエン酸で簡単にキレイになる!掃除方法を詳しく解説!

広告

家事の時短アイテムとして、多くの家庭で大活躍している食器洗い乾燥機。毎日使っている方も多いのではないでしょうか。しかし、毎日使うものだからこそ、食器洗い乾燥機のお手入れをしっかりすることが大切です。そんな食器洗い乾燥機の内部が、気づいたらすごく汚れていたということはありませんか?今回は、日頃から簡単にできる、クエン酸を使った食洗機のお掃除方法をご紹介します。

食洗機の汚れとは

掃除をしていない食洗機の内部には、さまざまな汚れが付着しています。食洗機に白い粉のように付着している汚れは、石けんカスや水垢です。食洗機の汚れについて詳しく見ていきましょう。

食洗機の汚れは油汚れと水垢

油汚れは食洗機の運転中にほとんどが洗い流されるので、あまり心配する必要はありませんが、水垢は洗剤で分解できず、徐々に蓄積していきます。水垢は、水に含まれるミネラル分が結晶化したものです。

放置しても洗浄力に大きな差はありませんが、水垢の細かい凹凸に徐々に汚れやゴミが入り込み、ニオイや黒ずみの原因になるので注意しましょう。

食洗機の汚れにクエン酸がおすすめな理由

食器洗い乾燥機の水垢やヌメリは、ほとんどがアルカリ性です。アルカリ性の汚れは、酸性の性質を持つクエン酸を使うことで簡単に落とすことができます。

クエン酸は、レモンやオレンジに含まれる天然由来の酸性成分です。クエン酸はアルカリ性の汚れを分解し、浮かせて落とします。食器を洗う場所ですから、このような天然成分で洗浄するのは安心です。

また、クエン酸には他にも良い作用があります。アルカリ性の臭いを分解・脱臭したり、雑菌の繁殖を抑制したりすることができるのです。天然成分であるだけでなく、科学的にも食器洗い乾燥機の汚れに適しているといえます。

クエン酸は、100円ショップやホームセンターなどで購入することができます。手軽に購入できるため、掃除用に常備しておくと便利でしょう。

クエン酸を使った食洗機の掃除方法

食器洗い乾燥機を長く使っていると、内部が臭ったり、ぬるぬるしてきたりすることがあります。このように汚れてきたら、専用のクリーナーで洗うこともできますが、さらに簡単な掃除方法として、クエン酸を使う方法があります。ここでは、その洗浄方法をご紹介します。

掃除方法①準備

クエン酸を使った掃除はとても簡単です。まず、食器が入っていれば取り出し、残菜フィルターに残っている付着物をあらかじめ取り除いておきます。

フィルターを掃除しないと、次に食洗機を使用したときに、洗った食器に野菜などのゴミが付着してしまいます。

また、フィルターにゴミを残したままにしておくと、どうしてもカビが好む温度になってしまうので、水分もあり、カビが生えやすくなってしまいます。

掃除方法‎②クエン酸を入れる

準備が完了したら、洗剤の注入口に大さじ3~4杯のクエン酸を入れてください。クエン酸は、汚れを落とす力にほとんど差がなく、専用洗剤に劣ることはありません。

毎回クエン酸で洗う必要はありませんが、庫内が汚れてきたり、臭いが気になりだしたらクエン酸で掃除するのがおすすめです。

掃除方法③コースを選び洗浄

あとは、食器を洗うのと同じように、標準コースで食洗機を回すだけです。食器洗い乾燥機に「お手入れコース」がある場合は、そのモードに設定してください。

ドライ洗浄が終わったら、外せる部品はすべて外しておきます。スプレーボトルに水200gに対してクエン酸小さじ1程度を入れ、取り外したパーツに吹きかけます。

気になる汚れはスポンジでこすると、さらに完璧になります。その後、乾いたタオルでキャビネットの内側とパーツをしっかり拭き、キャビネットにセットすれば完了です。

食洗機を掃除する際のクエン酸の使い方の注意点

掃除に使いやすいクエン酸ですが、使用する際には3つのポイントがあります。安くて便利なクエン酸ですが、使いこなすには知識が必要です。食洗機を壊さないためにも、ぜひ以下のポイントを理解してから洗浄を始めましょう。

注意点①クエン酸が使えない食洗機もある

クエン酸は酸性です。そのため、金属部分が多い食器洗い乾燥機の場合、サビの原因になる可能性があります。取扱説明書を読み、クエン酸を使用できる食器洗い機かどうか、事前に確認しておきましょう。

注意点②掃除後はしっかり洗い流す

また、「クエン酸を使用した後はよくすすぐ」というのも注意点です。上記で説明したように、クエン酸には強い作用があります。洗い残しがあると、逆に食器洗い乾燥機にダメージを与えてしまうこともあります。

強い軟膏が人間の肌にダメージを与えるのと同じで、食洗機を洗いっぱなしにしておくのもよくありません。ただ、しっかりすすげば問題ないので、流し残しがないように気をつけましょう。

注意点③塩素系の洗剤と混ぜるのはNG

3つ目の注意点は、「他の洗剤と混ぜないこと」です。クエン酸は酸性のため、特に塩素系の洗剤と混ぜると有毒ガスが発生する可能性があります。

もし、クエン酸を使うなら、クエン酸だけを使い、「洗剤をたくさん使ったほうがきれいになるかも」などとは考えないようにしましょう。

クエン酸以外の食洗機の掃除方法

それほど頻繁に行う必要はありませんが、食洗機に黒カビやヌメリが出た場合は、何らかの方法で洗浄する必要があります。ここでは、クエン酸以外の洗浄方法をご紹介します。

黒カビやヌメリにはハイター

一番効果的なのは、ハイターで洗浄することです。黒カビはカビ、ヌメリは酵母菌が原因です。食器洗い乾燥機の黒カビやヌメリにハイターを振りかけてください。

使用する場合は、スプレータイプのキッチンハイターを使うと使い勝手がよいでしょう。カビやヌメリのある部分にハイターをふりかけ、5分ほど放置します。

その後、野菜フィルターを水で洗い流し、元の位置にセットして、食器なしのスピードコースで洗うと、すっきり洗い流せます。

また、ハイターを使えば、カビなどの汚れを簡単に除去してきれいにすることができます。ただし、ハイターを使うと刺激臭が出るので、よく換気してからすすぐとよいでしょう。

塩素系漂白剤を使用する際は、食器用洗剤と混ぜてはいけないので、食器洗い乾燥機の庫内をすすぐときは、お湯か水だけを使用するようにしましょう。よく洗浄した後は、水気を拭き取って食器洗い機の内部を乾燥させてください。

臭い・ヌメリには専用クリーナーも

食器洗い機を長く使っていると、食器洗い機の内部が臭くなってきたり、非常にヌルヌルしてきたりすることがあります。そのような場合は、食器洗い機専用のクリーナーを使用する必要があります。

食洗機用クリーナーはドラッグストアなどで販売されており、比較的簡単に入手することができますが、一番簡単なのは、メーカーから提供されている専用クリーナーを使うことです。

重曹も使用できる?

重曹は掃除に便利ですが、食器洗い機には適していませんので、使わないでください。重曹には研磨作用があり、食器洗い機に傷をつける可能性があります。また、粉が溶けずに残り、誤動作や故障の原因になることがあります。

綺麗を保つ食洗機の毎日の簡単お手入れ

最後に、食器洗い乾燥機を清潔に保つための日々のお手入れ方法をご紹介します。毎日やるのは面倒くさいと感じるかもしれませんが、あくまでも簡単なメンテナンスですので、頑張って取り組んでみましょう。

お手入れ①野菜フィルターのゴミを毎回取る

洗う前の食器には、生ゴミが付着しています。食べ残しのついた食器を食洗機で洗うと、残菜フィルターにゴミがたまり、ピンクカビなどの雑菌が繁殖して衛生的にもよくありません。

数日なら大丈夫、と思いたいところですが、食洗機内は高温多湿のため、カビが繁殖しやすい環境になっています。

毎日の手間を減らすために、食器を水に浸けてから食洗機に入れると、食器の汚れがある程度浮き上がり、掃除が楽になります。

お手入れ②使用後はしっかり乾燥させる

高温多湿の場所にはカビなどが発生することがあります。そのため、食器洗い乾燥機を使用した際は、ドライ機能で乾燥させるか、庫内をよく拭いて乾燥させる必要があります。

食器洗い乾燥機の使用後はできるだけ乾燥させた方が良いのですが、カビは高温に弱いのです。毎日頻繁に食洗機を使用する場合は、洗浄時に高温になるので、カビの心配はいらないかもしれません。

食洗機の掃除にクエン酸を使ってみよう

クエン酸を使った食洗機の洗浄方法をお伝えしましたが、いかがでしたか?食洗機のクエン酸洗浄は、1ヶ月に1回が目安です。食器の汚れが目立つようであれば、それ以上の頻度で行いましょう。

また、食器を洗う際には、あらかじめ洗う食器をきれいにし、食器用洗剤を適量使用することが大切です。食器洗い乾燥機を使い終わったら、使い残しのフィルターのゴミを捨て、軽く水ですすぐ習慣をつけましょう。

これだけで、雑菌の繁殖や不快な臭いをかなり防ぐことができます。また、食器洗い乾燥機の内部を濡れたままにしないことも、ぬめり防止に効果的です。

洗い終わったら、水分を拭き取り、乾燥させるようにしましょう。このように、食器洗い乾燥機は日頃のお手入れと定期的なお掃除で清潔に保つことができます。

汚れが蓄積したまま放置しておくと、汚れが落ちにくいだけでなく、カビなどの原因になることもあります。食器洗い乾燥機を長持ちさせるために、クエン酸を使ったナチュラルクリーニングを行いましょう。

その他の関連記事はこちらから


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。