記事作成日:

吹き抜けは寒い!臭い!後悔ポイントをチェック!対策方法をご紹介!

広告

吹き抜けの家というと、開放感があって憧れを持っている方も少なくないかと思われます。しかし、実際の吹き抜けには季節によって寒かったりするなど後悔するポイントもあると言われています。今回の記事では、そんな吹き抜けの後悔するポイントや対策などについて解説していきます。

吹き抜けとは

吹き抜けというのは、建物の階層を貫通している開放的な空間のことを指します。具体的には、建物の一部または複数の階層を跳ね橋や吹き抜けホールなどでつなぎ、天井から床までの高さが開放された空間が吹き抜けと呼ばれています。

縦の方向に広がりを持たせる設計になりますので、室内は開放的な雰囲気になるのが一番の特徴であるといえます。注文住宅においても、吹き抜けは人気が高い間取りの1つとして数えられています。

吹き抜けは、一般的にはリビングルームやエントランスなどの広い空間に設けられることが多くなっています。フロア全体の天井を高くしたもの、屋根と一体化させて天井を高くしたものを吹き抜けと呼ぶこともあります。

吹き抜けをつくるメリット

先に触れている通り、間取りなどを決定することのできる注文住宅においても吹き抜けは人気が高い間取りの1つとなっています。そんな吹き抜けを住宅に導入するメリットについて先にご紹介しましょう。

メリット①解放感

まず挙げられるのは、なんといっても解放感が得られるというものです。 吹き抜けは、天井まで続く空間を作り出すため、垂直方向に広がりを感じることができます。

これにより、部屋全体がより広々と感じられるのが吹き抜けにおける最も大きな特徴であり利点といえるでしょう。視覚的な効果として天井が高く見えるため、圧迫感を軽減し開放的な雰囲気を演出します。

メリット②日光が入りやすい

2つ目のメリットは、室内に日光を取り入れやすいというものになります。吹き抜けは建物内部に開放感を与えるデザイン要素の一つですが、同時に室内に日光を取り入れやすい特徴も持っています。

吹き抜け空間では、天窓や高い位置に窓を設けるという間取りが一般的となっています。これらの窓は屋根や上部の壁に配置されているため、直接的に日光を取り入れやすい作りになるという訳です。

更に階段や手すり、壁などの障害物が少ないため日光が妨げられることなく室内に広がります。障害物が少ないために、日光の進入や拡散も容易に行われます。

メリット③風通しが良い

風通しも良好な間取りになっています。吹き抜けは階層の間に空間を作るため、自然な空気の流れが生まれます。高い天井から下方に向かって空気が下降し、下層の空間へと移動していく構造になるので、室内の空気が循環し新鮮な空気が供給されます。

吹き抜けにおける自然な空気の流れは、熱の対流にも効果的です。温かい空気は上方へ、冷たい空気は下方に沈んでいく性質を持っています。

吹き抜けを通じて熱気が上方に向かって下層の空間には新鮮な冷たい空気が供給されるため、室内の温度を均一に保ちやすくなるといった利点も生じます。

メリット④家族が自然と顔を合わせられる

吹き抜けを取り入れるという事は、その住宅は少なくとも2階以上の高さの住宅であることを意味しています。2階以上の住宅は、主に子供のいるファミリー層や2世帯住宅などで多く見られます。

吹き抜けによって1階と2階というフロアごとの仕切りが無くなりますので、家族が異なる階にいる場合でも視覚的につながりやすくなっているのです。また家族の活動や移動が目に見える範囲で行われるため、コミュニケーションも活発に行いやすくなるのです。

吹き抜けでありがちな後悔ポイント

この様に様々なメリットを受けることができるのが吹き抜けですので、注文住宅においても人気が高い間取りであるのもうなずけるものかと思われます。では、実際に導入した際の後悔しがちなポイントにはどんなものがあるのでしょうか?

吹き抜けの後悔ポイント①音が2階まで響く

まず1つ目の後悔しやすい点は、音が2階まで響いてくるというものです。吹き抜けでは1階と2階を空間的につなぐ形となりますので、利点にも合ったようにコミュニケーションこそ取りやすいですが同時に音も響いてきます。

遅い時間まで1階のリビングでテレビを見ていると、その音が2階まで聞こえてきてしまって眠りを妨げる、逆に2階の子供の遊んでいる音や声などが1階まで響いてくるなどといったように、音響関係で後悔するのはありがちです。

吹き抜けの後悔ポイント②2階が狭くなる

続いては、2階の間取りが狭くなってしまったという点です。吹き抜けは、開放感や美しさを演出する一方で、2階の空間に制約をもたらしてしまいます。その理由は、1階と2階を吹き抜けでつなぐことで2階の部屋や廊下の面積を圧迫してしまうからです。

吹き抜けは1階から2階への視線の通り道となるため、2階のプライバシーが損なわれる可能性も考えられます。特に寝室などのプライベートな空間では、この点に配慮をする必要があるとも言えます。

吹き抜けの後悔ポイント③メンテナンスや掃除が大変

吹き抜けの天井や壁面は高く、手の届きにくい場所が多いため高所作業が必要となります。定期的な掃除やダストの取り除き、照明器具の取り換えやファンのメンテナンスなど、高所での作業が必要なため手間や時間がかかるのです。

吹き抜けの後悔ポイント④暖気が上昇して寒い

室内の温度調整の観点からすると、先に述べたように暖かい空気は上へ、冷たく軽い空気は下へ行く性質を持っています。吹き抜けによって2階以上まで空間がつながっていると、暖気しても暖かい空気が上へ行ってしまって中々1階が暖まらない事も考えられます。

吹き抜けの後悔ポイント⑤光熱費がかさむ

実は光熱費がかさんでしまうのも吹き抜けの抱えるデメリットの1つなのです。先に述べた通り、特に冬場は暖かい空気が上に逃げてしまいますし、夏場も日差しがさしやすい設計があだとなって室内が暑くなってしまいます。

吹き抜けの後悔ポイント⑥転落の危険性

吹き抜けは通常、複数階にわたる空間となっており、上階や手すりのない部分からの高所からの転落が起こり得ます。特に子供や高齢者、身体的な制約を持つ人々にとって安全性が懸念される要素を伴っています。

吹き抜けの設計や導入には、安全性を最優先に考慮する必要があります。適切な手すりやバリアの設置、床の滑り止め対策、明確な表示や警告の設置といったように安全面での対策もしたいところです。

吹き抜けで後悔しないための対策

このように、お洒落に見える吹き抜けではありますがその実色々と後悔してしまいやすい点もありますので、間取りとして導入する際には慎重にしたいところです。最後に吹き抜けを取り入れるにあたって後悔しない対策をご紹介します。

対策①適切なエアコンを選ぶ

まず、暖房冷房や光熱費対策として適切なエアコンを選択し導入することが挙げられます。縦の方向に長い吹き抜けのある間取りの場合には、通常のリビングと比べて冷暖房を行う体積が必然的に大きくなります。

リビングの畳数よりも大きめのエアコンを選択するのがこの対策となります。元からもっと広い面積をカバーできるエアコンなら冷暖房もしっかり効きますので、リビングの畳数プラス2~3畳大きいエアコンを選択したいところです。

対策②シーリングファンを設置

2つ目は、シーリングファンを天井に設置することです。天井に設置する大きな扇風機とも言えるシーリングファンは、吹き抜けのリビングの寒さ対策としてよく導入されています。

シーリングファンが運転されていると、上昇してくる暖かい空気をリビングのある下方向へと押し戻す働きをしてくれます。形状や色も様々ですので、インテリアの1つとしても取り入れたいところです。

対策③遮音カーテンをつける

吹き抜けの防音対策として、遮音カーテンを利用するというものが挙げられます。吹き抜けを作ってから後付けで出来る防音対策として非常に簡単で、音だけではなく空気の流れまで遮ってくれるので暖房効果もあります。

対策④安全重視の手すりを設置

転倒してしまう危険性を考慮して、手すりも設置するのを推奨します。2階や階段の手すりなど特に危険が高い箇所には安全重視の手すりを設置したり、小さい子供がいるのならば腰壁にするといった事も検討対象に入ってきます。

対策⑤照明器具の種類・配置を工夫

証明の種類や配置を工夫するのも対策になります。これは交換や手入れの手間を簡単にするためで、例えば電球をLEDのものにすればそもそもの交換の手間が少なくなりますし、手の届く位置に証明があれば手入れ等も簡単になります。

デメリットも把握して後悔しない吹き抜けにしよう

吹き抜けの住宅というのは憧れる方も多いかもしれませんが、その実生活をしていくうえではいくつかデメリットも生じてしまうことを覚えておきたいところです。

そしてその上で、取れる対策も今回ご紹介したように色々とあります。実用的な範囲内になっているかどうかを考えつつ、吹き抜けを導入していってみてください。

その他関連記事はこちら

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。