記事更新日:

本要約はコツを掴めば簡単!正しく要約するコツ+書き方を徹底解説!

広告

あまり時間がない中で、本を一字一句丁寧に読んでいる余裕がない時もあるでしょう。そんな時には、本の要約がおすすめです。コツを抑えることによって、思っている以上に本の要約を簡単に行うことができます。この記事では本要約のコツや書き方などについてそれぞれ解説していきます。

要約とは

要約は、長い文章やテキストから重要な情報を抽出し、簡潔な形でまとめる行為を指します。要約の目的は、テキストの長さや複雑さを減少させ、同時にその中心的なアイデアや重要な情報を伝えることです。

要約には2つの主要なタイプがあり、抽出型要約というものがあります。元のテキストから文やフレーズを選択して、要約文を生成します。抽出する文やフレーズは、テキスト内の重要な情報やキーポイントであることが確実であるものが選ばれます。

もう1つが抽象型要約です。こちらは元のテキストから新しい文章を生成し、より自然な要約文を作り出すというものです。この場合、要約文は元のテキストの情報を再表現し新しい言葉や表現を使用する形になっています。

正しい本の要約のコツ

この様に、要約は本の内容をしっかりと知らなければできない事であり、それを考えると簡単に要約するのは難しそうに思えます。しかし、コツとして重要な点さえ押さえておけば、難易度をグッと下げることができるのです。

本の要約のコツ①自分が興味を持てる本を読む

まずは、読む本が自分にとって興味を持てる本であるという点です。要約以前に読書をする上でも大切なのは、自分に合った本を読むことであるとされています。それはすなわち、第一に読みたい本、今の自分が面白いと思える本のことです。

興味を持てる本は、内容を理解しやすくする傾向があります。既知のテーマや興味深いトピックに関する本を読むと、内容が頭に残りやすく、要約の品質が向上します。

興味を持てる本を読むことは、要約のプロセスを楽しくさせやる気を維持するのに役立ちます。興味を持っている本を読むことで、要約を行う事自体も苦ではなくなりますから、もし合わないと思った場合には別の本に切り替えることも大切です。

本の要約のコツ②文字数を把握

続いては、文字数の比較を行うことです。比較で何と何を比べるのかというと、要約したい本の元の文字数と、それを何文字以内にまとめるかという2つです。文字数を把握することは、要約の長さをコントロールするために役立ちます。

要約が元のテキストと同じか、あるいはそれ以上に長くなると、読者は本の要約としての効果を減少させ、本の要点がぼやけてしまうことがあります。短い要約は、情報を効果的に伝えるのに役立ちます。

本の中から最も重要な情報や要点を選別するのにも効果的です。短い要約を作成する場合、重要な情報を選び出し、不要な詳細を削減する必要があります。文字数の制約を意識することで要約の質が向上し、読者が本の本質的な内容にアクセスしやすくなります。

本の要約のコツ③タイトル・帯・目次・まえがき・あとがきを読む

タイトルは本の内容の要点を表すことが多く、要約の骨組みを考えるのに役立ちます。タイトルには著者や出版社が本の中心テーマやメッセージを示すことが多く、要約のスタート地点として役立つ情報源です。

帯には本の要約や評価が、目次は本の構造や章立てを示しており、まえがきには著者が本の背後にある意図や目的、背景情報・あとがきは本の総括や追加情報を提供する場所で、著者が本の主題に対する洞察や総評を述べていることが多いです。

こういったように、本の内容を包括的かつ効果的に要約する際には本文以外に注目することで主題、構造、主張、および著者の意図を理解しやすくなります。

本の要約のコツ④文中の重要な情報・キーワードをメモする

本の要約を作成する際、文中の重要な情報やキーワードをメモすることは非常に重要です。複雑な本や長文の場合、すべての情報を要約に含めることは難しいです。キーワードや重要な情報をメモすることで、どの情報を含めるべきかを選別しやすくなります。

またメモを取ることは、情報を視覚的に整理する手段として役立ちます。キーワードや要約のポイントを書き出すことで、情報が論理的かつ整然と整理されるでしょう。キーワードをメモしておくことで、要約を書くときに情報を思い出しやすくなります。

本の要約のコツ⑤元の文章の構造を壊さない

元から本に記されている文章というのは、その内容に説得力を加えるために具体的な例や別の考え方を引き合いに出したうえでの比較といった様々な情報を論理的に通じるようまとめられています。

本の要約は、元の著者の意図を尊重することがとても大切になっています。元の文章の構造を変更することは、著者の伝えたいメッセージや物語の進行を歪める可能性があるため、中身を正確に伝えるためにも崩したり壊すのは控えましょう。

本の要約のコツ⑥自分の言葉でまとめる

本の内容を自分の言葉で表現することは、その内容を理解しているかどうかを確認する手段となります。要約を行うことで、本の中身に対する深い理解を養うことができますから、一章ごとに重要な部分は自分の言葉でまとめてみましょう。

本の要約の書き方

この様に、一見すると大変に思えそうな本の要約も、コツの1つ1つはそれほど難しいものではありませんから実践する際にはそれらを押さえておくことが大切です。続いては、内容を押さえたうえでの要約の書き方についてです。

本の要約の書き方①文章を段落ごとに分解

まず、ベースになる文章を段落ごとでの分解を行います。文章を段落ごとに分割することで、情報が整理され要約作業が容易になります。各段落には特定のアイデアやトピックが含まれており、これを把握することで要約の効果を高めます。

この作業に関しては、アウトラインプロセッサというツールを使用するのが便利であるとされています。元からある文の改行を目安にして、繋ぎとして接続詞を使用しつつ転換部分で段落分けを行ってみましょう。

本の要約の書き方②筆者が伝えたい要旨を見つける

続いて、段落ごとに最も重要な要旨、要点を見つけます。著者が本で伝えたいメッセージや主題を理解することは、それを要約として伝える際に必須とも言えます。読者に対して筆者の視点や意図を忠実に反映させるために、要約の中で主要なアイデアを的確に表現することが重要です。

実際の文章の中では、段落の頭もしくは終わりの部分に記載されることが多い様です。要約に含めるべき情報を把握して、適切な長さを保ちつつ要約の中で本の中心的なアイデアを明確にしてみましょう。

本の要約の書き方③章ごとに要約しまとめる

そして、章ごとに要約してのまとめを行います。章ごとの要約は、それぞれの章が何について議論しているのかを明確にし、本の全体的な流れを把握するために行います。その過程で、著者の主要なポイントや主張を特定し、伝えたいであろう情報を絞り込むのです。

また、本を後で再度確認する際に非常に便利です。本全体を再読する代わりに、各章の要約を見ることで必要な情報を素早く把握できます。箇条書きになっている部分を、自分の言葉でまとめていくことが大切です。

簡単な要約力を鍛える方法

一朝一夕ではすぐに本の要約をするのは難しいかもしれませんが、それでもコツを抑えることによって効率的に要約を可能にできるのは間違いありません。最後に、要約する力を鍛える方法についてご紹介しましょう。

本の感想を書いたり人に話してみる

まずは、本を読んでその感想を独自で書いてみたり、他人に話してみるというものです。感想を書くことは、適切な言葉やフレーズを選んでそれを文章に表現するスキルを向上させます。これは要約の過程でもそのまま用いる事となります。

また本の感想を書くことや他の人に語ることも、同じく内容をまとめて伝える力を養えます。他人に本の内容を説明する際、本質的なポイントを的確に伝えることになりますから、このプロセスを繰り返すことで要約スキルが向上します。

文字数を設定して新聞の社説を要約する

続いては、新聞の社説を呼んで、それを文字数設定をして要約することです。新聞社説は、情報を効率的に伝えるために簡潔な文体で書かれています。文字数を制限することで情報を要約し、重要なポイントを選び出す能力を鍛えられるのです。

アプリを利用する

もう1つ、アプリを活用するという手段も取ることができます。「DayOne」という日記アプリであったり、「ライトレ」というお題を元にして100文字以内で作文を作るというアプリケーションがあります。

要約する際には、Twitterの文字数制限程度でまとめるのが理想的であるとされています。アプリを活用するだけでもこれら内容の簡潔な要約をするトレーニングとなりますから、おすすめできます。

本の要約のコツを把握して要約力を身に付けよう

要約を作成することは、本の中でどの情報が最も重要であるかを理解するための行為です。正確な要約を作成し、本の本質的な情報を的確に伝える能力は情報の効率的な利用や共有にも役立つので、是非とも実践してみてください。

また、もしも本ではなく音声データを要約したい場合はNottaの利用がおすすめです。
Nottaは自動で音声を文字起こしし、完結に要約してくれる便利なサービスです。高精度の音声認識やAI要約機能がついているので、簡単に音声の要約ができるでしょう。Web会議やインタビュー、商談のデータをまとめたいときにおすすめです。

Nottaが気になった方はぜひ以下から詳しくチェックしてみてください!
Nottaを詳しく見る

その他関連記事はこちら

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。