記事作成日:

1万円以下のおすすめドライヤー人気10選!アタのポイントは?

広告

ドライヤーは髪を乾かすだけでなく、ヘアスタイルや髪質にも影響を与える重要なアイテム。しかし、ドライヤーにはさまざまな種類や機能があり、どれを選べばいいのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、1万円以下で購入できるドライヤーについて、使用時の注意点や選び方、人気メーカー、おすすめ商品などをご紹介します。髪の悩みや好みに合ったドライヤーを見つけて、美髪を手に入れましょう。

ドライヤー1万円以下の商品を使う時のポイント

ドライヤーは髪を乾かすだけでなく、髪のダメージやヘアスタイルに大きな役割を果たします。1万円以下のドライヤーでも使用に問題はありませんが、使用する際には以下の点に注意が必要です。

  • 髪の水分をしっかり拭き取る
  • 髪に直接触れないように
  • 温度や風量を調節する
  • プラズマクラスターや マイナスイオンなどの機能を活用する
  • 髪の状態やスタイルに合わせてアタッチメントを使い分ける

これらのポイントを守れば、1万円以下のドライヤーでも髪を傷めずに乾かすことができます。髪のボリュームやツヤ、まとまりもアップします。

1万円以下のドライヤーと高級品との違い

ドライヤーの価格帯は、5,000円前後のプチプライスのものから、20,000円以上の高級品までさまざま。では、1万円以下のドライヤーと高級品の違いは何でしょうか?それは機能の違いです。

1万円以下のドライヤーは、基本的な乾燥機能に加え、温度や風量の調整機能、マイナスイオンやプラズマクラスターといった髪に優しい機能を搭載しているものが多いです。

ただし、高級品に比べると、機能の種類や量、粒子の細かさなどが劣ることもあります。また、風量が弱かったり、音が大きかったり、重すぎることもあるでしょう。

1万円以下のドライヤーに比べると、高級品は機能が豊富で、髪へのダメージを最小限に抑えることができます。例えば、温度を自動で調節してくれる機能や、頭皮や地肌をケアする機能などがあります。

また、大風量でも静かで軽いものもあります。髪の状態や悩み、予算に合わせてドライヤーを選びましょう。

ドライヤー1万円以下の選び方

ドライヤーは髪を乾かすだけでなく、髪のダメージやヘアスタイルに大きな役割を果たすもので、1万円以下のドライヤーでも高級品に劣るわけではありませんが、ドライヤーを使う際には以下の点に注意しましょう。

1万円以下ドライヤーの選び方①温度

ドライヤーの温風の温度は、100~120℃程度が一般的です。しかし、100℃を超えると髪が傷みやすくなります。

髪へのダメージを抑えるためには、ドライモードの温度が100℃以下のものや、温度調節ができるドライヤーを選ぶことをおすすめします。

また、60℃程度の低温で風を出すスカルプモードを搭載しているものも良いでしょう。ドライモードと併用することで、より短時間で髪を傷めずに乾かすことができます。

1万円以下ドライヤーの選び方②風量

風量は、ドライヤーを選ぶ際に重要なポイントのひとつです。風量が小さいと、髪を乾かすのに時間がかかり、髪へのダメージも大きくなります。特に髪の量が多い人やロングヘアの人は、風量が1.4㎥/分以上のドライヤーを選ぶとよいでしょう。

また、風量が大きいだけのドライヤーを選んでしまうと、髪をセットするときに使いづらくなるので、自分に合った風量に調節できるドライヤーを選ぶと便利です。

1万円以下ドライヤーの選び方③マイナスイオン

マイナスイオン機能は、髪の毛にまとまりを与え、パサつきを抑えてくれる効果があります。特に髪のパサつきが気になる人は、マイナスイオン機能付きのドライヤーがおすすめです。

1万円以下の低価格モデルにもマイナスイオン機能が搭載されているものが多いため、手軽に試すことができます。

1万円以下ドライヤーの人気メーカー

ドライヤーは1万円以下でも高品質で機能的なものがたくさんあります。特に、1万円以下のドライヤーの中でも人気が高く、おすすめなのが以下の5メーカーです。

『パナソニック』には指名率の高い2つのブランド、低価格の「イオニティ」と高価格の「ナノケア」があります。

『サロニア』は、最上位モデルでも5,000円前後で購入できるコストパフォーマンスの高いメーカーです。大風量で速乾、マイナスイオン機能でしっとりサラサラにしてくれます。マットな質感と落ち着いたカラーが多いラインナップです。

『ヴィダルサスーン』は、特徴的なヘッドパーツやピンポイントで風を当てられるノズルを備えたドライヤーが多いのが特徴です。

冷風・温風の切り替えや風量・温度の変更が簡単にできる機能も充実しています。頭皮にやさしいスカルプモードや遠赤外線機能を搭載したドライヤーもあります。

『コイズミ』は、パワータイプのドライヤーを比較的低価格で提供しているメーカーです。代表的なブランドは、最大風量2.2㎥のパワータイプでスカルプモードを搭載した「モンスター」、折りたたんで持ち運べる小型タイプの「ポケットドラ」などがあります。

『テスコム』は低価格帯から高価格帯まで幅広く取り扱っているので、予算や使い方に合った商品が見つけやすいのが魅力です。

1万円以下のおすすめドライヤー人気10選

ここからは、1万円以下のおすすめドライヤー10選を紹介します。各商品の特徴を参考に、ぴったりのドライヤーを見つけてください。

1万円以下ドライヤーおすすめ①テスコム ノビー NB3100

『テスコム ノビー NB3100』は、髪に優しいマイナスイオンユニットを搭載し、大風速×ハイパワー1500Wで素早く乾かすことができるドライヤーです。髪の状態に合わせて温度と風量を3段階で切り替えられます。

遠赤外線グリルや温度過昇防止装置などの安全機能も搭載しています。髪を根元から乾かしてボリュームと立ち上がりを出したい人におすすめのドライヤーです。
詳しく見る

1万円以下ドライヤーおすすめ②シャープ ドライヤー プラズマクラスター IB-HP9-N

『シャープ ドライヤー プラズマクラスター IB-HP9-N』は、プラズマクラスターで髪の紫外線ダメージを抑え、健康的なサラサラヘアに導くドライヤーです。

熱くならずに髪を速く乾かすモードで、熱によるダメージや乾かしすぎを防止します。

本体はわずか530gと軽量で持ちやすく、プラズマクラスターを顔に当てて肌の水分・油分を守る「スキンケアモード」も搭載しています。髪も肌もケアしたい人におすすめです。
詳しく見る

1万円以下ドライヤーおすすめ③サロニア スピーディーイオン SL-013GR

『サロニア スピーディーイオン SL-013GR』は、ダブルファンを搭載し、2.3㎥/分の大風量を実現した速乾性に優れたドライヤーです。マイナスイオン機能で髪に潤いとツヤを与えます。

折りたたみ式でコンパクトに収納・持ち運びが可能です。髪の状態に合わせて温度と風量を3段階で切り替えられます。旅行や出張にも便利なドライヤーです。
詳しく見る

1万円以下ドライヤーおすすめ④パナソニック イオニティ EH-NE7J-P

『パナソニック イオニティ EH-NE7J-P』は、大風量で素早く乾かし、ダブルミネラルマイナスイオンでヘアケアするドライヤーです。

本体は450gと軽量で疲れにくく、ドライヤーの熱から髪を守る外付けのイオンチャージパネルでキューティクルをしっかりケアできます。髪の水分や油分を保ち、艶やかでまとまりのある髪にしたい人におすすめです。
詳しく見る

1万円以下ドライヤーおすすめ⑤コイズミ KHD-W770-K

『コイズミ KHD-W770-K』は、ダブルファンによるパワフルな大風量で、髪をより早く美しく乾かすドライヤーです。

温冷自動切替モードで熱によるダメージを最小限に抑えながら、ツヤとまとまりのある髪に仕上げるほか、5か所からマイナスイオンを発生させ、静電気を抑えて髪にうるおいを与えます。

髪の状態に合わせて温度と風量を3段階で切り替え可能で、髪の乾きやすさやヘアスタイルにこだわる人にぴったりです。
詳しく見る

1万円以下ドライヤーおすすめ⑥パナソニック くるくるドライヤー EH-KE1A-PP

『パナソニック くるくるドライヤー EH-KE1A-PP』は、髪の表面をマイナスイオンでやさしくコーティングし、サラサラツヤツヤの髪に仕上げるドライヤーです。スタイリングしやすい3段階スイッチで、髪の状態に合わせて調節できます。

本体は335gと軽量で持ちやすいく、アタッチメントを使えば、カールやストレートなどのヘアスタイルも自由自在です。スタイリングにこだわる方におすすめです。
詳しく見る

1万円以下ドライヤーおすすめ⑦アンファー  スカルプドライヤー5

『アンファー  スカルプドライヤー5』は、振動と温風でヘッドスパの心地よさを再現したドライヤーです。頭皮ケア成分の浸透を高めるスカルプモードを搭載しています。

約42℃の温風と遠赤外線、毎分約3700回の振動が地肌を刺激します。髪の状態に合わせて温度と風量を3段階で切り替え可能です。血行や頭皮の健康が気になる人におすすめのドライヤーです。
詳しく見る

1万円以下ドライヤーおすすめ⑧アイリスオーヤマ ミコラ HDR-M101-H

『アイリスオーヤマ ミコラ HDR-M101-H』は、マイナスイオン搭載で髪がまとまるドライヤーです。2.0㎥/分の大風量で、忙しい朝や疲れた夜でも素早く髪を乾かすことができます。

3つのモードで自分に合ったモードを選べます。本体は約500gと軽量で持ちやすく、シンプルで使いやすいドライヤーです。
詳しく見る

1万円以下ドライヤーおすすめ⑨日立 マイナスイオン HID-T600B

『日立 マイナスイオン HID-T600B』は、マイナスイオンで乾燥時の静電気を抑え、まとまりのある仕上がりにするドライヤーです。1.9m3/分の大風量で優れた速乾性能を持っています。

さまざまな握り方に対応する「エルゴグリップ」と、しっかり固定できる「サムグリップ」を採用し、しっくりと手に馴染んで乾かしやすいのが特徴です。
詳しく見る

1万円以下ドライヤーおすすめ⑩グレイス ムービングドライ CID-S729PG

『グレイス ムービングドライ CID-S729PG』は、スイングエアーで髪と地肌をケアし、しなやかでまとまりのある美髪へ導くドライヤーです。

スイングモードに切り替えると、本体内部のエアルーバーが自動的にスイングし、ファンからの風を左右に送ります。

髪に均一な風を送り、熱によるダメージを防ぎます。髪にうるおいとツヤを与えるクロイツイオン加工を採用しています。髪をやさしく乾かしたい方におすすめです。
詳しく見る

ドライヤーのアタッチメントの使い方ポイント

ドライヤー先端のアタッチメントを外すと、風の通り道が広がり、熱が拡散します。そのため、髪全体を乾かすときはアタッチメントを外すことをおすすめします。

アタッチメントを外すと、風の通り道が広くなり、熱が拡散されるので、髪全体を早く乾かすことができます。髪へのダメージも軽減されます。

自分に合ったドライヤーがおすすめ!

今回は、1万円以下のドライヤーを使う際のポイントや選び方、人気メーカー、おすすめ商品などをご紹介しました。

1万円以下でも高品質で機能的なドライヤーはたくさんあります。温度や風量、マイナスイオンなどに注意して、髪の状態や好みに合ったドライヤーを選びましょう。

また、アタッチメントを使って、髪の状態やスタイルに合わせたドライヤーを使うのもポイントです。1万円以下のドライヤーで美髪を目指しましょう。

その他の関連記事はこちらから


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。