KTCのトルクレンチは何がおすすめ?目的別のおすすめ品と使い方を紹介!

引用:Amazon

機械の組み立てにおいて、至るところにナットやボルトが使用されています。正しく締め付けることで、故障や事故を未然に防止できます。そこで活躍するのがトルクレンチです。

とはいうものの、多くのメーカーから発売されていて、どれにすればよいか迷ってしまいますよね。今回は日本でも有名なKTCから発売されているトルクレンチについて紹介します。KTCのトルクレンチの購入を考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

KTCとは

KTCとは京都機械工具株式会社(KYOTO TOOL Co., Ltd.)の略称です。

会社は1950年に創業し、トヨタ向けに車載工具や汎用工具、特殊工具を供給し業績を上げてきました。現在では自転車用工具など他の産業分野へも展開しており、日本国内シェアNo.1の総合工具メーカーです。

KTCの工具は初心者からプロ向けまで幅広くラインナップしており、ホームセンターでも手に入るのが強みです。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

トルクレンチの種類

トルクレンチはボルトやナット、ネジの締め過ぎや緩みを未然に防ぐために設計されました。

なかでも使用者が締め付け力を確認する方式によって、直読式とシグナル式の2つに分類されます。
それぞれ詳しく説明していきます。

直読式のトルクレンチ

直読式は締め付け力を測定するために、ハンドル付近の目盛りを直接読み取ります。ボルトを締め付けてことで針が動き、目標としている締め付け力に達したら終了です。アナログな読み取り方法なので、作業している場所や微妙な見え方によって読み取りが困難。

また直読式は細かく分けると目盛りのタイプによって、「ダイヤル型」と「プレート型」の2種類が存在します。順番に紹介していきます。

プレート型のトルクレンチ

引用:KTC

プレート型は、ボルトを締め付けることでフレームがたわんでいき、ハンドル部分にある目盛りでたわみ量を読み取ります。

シンプルな構造になっているため、比較的安価に入手できます。

なおプレート側のトルクレンチは、締め付けと測定の両方で使用可能です。

プレート型トルクレンチの動作は、動画がわかりやすいと思いますので参考にしてください。

ダイヤル型のトルクレンチ

引用:KTC

ダイヤル型は、プレート型と違ってフレームがたわむことはありません。ハンドル部分についている丸形の目盛りで読み取ります。目標としている締め付け力に達したら完了です。

目盛りはプレート型にくらべて読み取りやすいように設計されており、数値を確認しながらの締め付け作業が容易。締め付ける作業よりも、締め付け力を測定するほうが適しています。

デジタル型のトルクレンチ

引用:KTC

デジタル型はフレームの内部にセンサーが搭載されており、締め付け力を検出し、デジタル板に数字で表示されます。

さきほどのプレート型やダイヤル型と比較すると、締め付け力が見やすく精度が高いです。そのかわり高価なのがデメリット。

シグナル式のトルクレンチ

引用:KTC

シグナル式は設定してある締め付け力に到達した際に、「カチッ」という音と振動で知らせる仕組みとなっています。

直読式と比べて感覚的に締め付けるため、締め付け力を読み取る必要がなく、狭い暗いなどの読み取りが困難な場所での作業で安定して使えます。

また、同じ締め付け力で複数の箇所を確認する際にも便利です。シグナル式のトルクレンチのなかで締め付け力を調整できるかどうかで2種類に分かれます。

単能型のトルクレンチ

引用:KTC

単能型は締め付け力が工具で決まっており、調整できません。(一部専用工具で調整できる商品もあります)。

シンプルな構造で比較的安価に購入可能。締め付け力を調整できないので、機械の組み立てなど力が決まっている作業で、締め付け間違いなどの問題を未然に防止できます。

プリセット型のトルクレンチ

プリセット型は締め付け力を調整できます。

プリセット型の動作については動画がわかりやすいと思いますので参考にしてください。

目的別!KTCのトルクレンチの選び方

トルクレンチの種類をここまで説明してきましたが、種類がたくさんあって結局のところ何を選ぶべきかわからないですよね。

失敗しないおすすめの方法は、目的に合わせて選ぶことです。ここからは目的別におすすめを紹介します。

自動車の整備

自動車の整備が目的の場合、締め付け力の対応幅が広いデジタル式がおすすめ。

なぜかというと自動車はさまざまな場所にボルトが使われており、場所によってボルトの締め付け力が違うからです。もし特定のボルトを締め付けるだけであれば、プレセット型もおすすめです。

KTC プレセット型 トルクレンチ CMPB2004
KTC プレセット型 トルクレンチ CMPB2004
KTC プレセット型 トルクレンチ CMPB2004

トルク調整範囲(N・m):40~200
最小目盛(N・m):2.0
KTC デジタルトルクレンチ デジラチェ GEK085-R3
KTC デジタルトルクレンチ デジラチェ GEK085-R3
KTC デジタルトルクレンチ デジラチェ GEK085-R3

トルク測定範囲 17~85N・m
最小表示単位 0.1N・m

自動車のタイヤ交換(ホイールナットの締め付け)

ホイールナットの締め付けが目的の場合は、単能型がおすすめ。

ホイールナットは締め付け力が強い部分なので、デジタル式では高額になってしまうからです。なおホイールナットの締め付け力は、カーメーカー毎に設定値が違うので購入時に注意が必要です。

ズズキ、日産(軽)用 ホイールナット トルクレンチ WCMPA085
KTC ホイールナット用 トルクレンチ WCMPA085
KTC ホイールナット用 トルクレンチ WCMPA085

差込角:12.7sq.
適用:規定トルク85N・m(スズキ、日産軽自動車)
トヨタ、ダイハツ用 ホイルナット トルクレンチ WCMPA103
KTC ホイルナット用トルクレンチ WCMPA103
KTC ホイルナット用トルクレンチ WCMPA103

差込角:12.7sq.
適用:設定トルク:103N・m(トヨタ、ダイハツ車)
日産、ホンダ用 ホイールナット トルクレンチ WCMPA108
<br />
KTC ホイールナット用 トルクレンチ WCMPA108

KTC ホイールナット用 トルクレンチ WCMPA108

差込角:12.7sq.
適用:規定トルク108N・m(日産車、ホンダ車)

バイク・原付・自転車の整備

バイク・原付・自転車の整備は、自動車の整備と同様に締め付け力の対応幅が広いデジタル式がおすすめです。

以下のデジタル式は、狭い場所での作業にも対応しやすいコンパクトなモデルで人気があります。

KTC デジラチェ GEK060-R3
KTC デジタルトルクレンチ デジラチェ GEK060-R3
KTC デジタルトルクレンチ デジラチェ GEK060-R3

トルク測定範囲 12~60N・m
最小表示単位 0.05N・m

KTCトルクレンチの基本的な使い方

トルクレンチは測定が目的の機器なので、他の工具以上に気をつけないといけません。使用する際の注意点について紹介しますので、参考にしてください。

トルクレンチには正しいソケットを取り付ける

ボルトを締め付ける際に、対応したソケットがないと締め付けができません。締め付けたいボルトのサイズに合ったソケットを取り付けることで、締め付けミスを防止します。

手は正しい位置で握る

トルクレンチは締め付け力を測定する機器です。締め付け力は回転の中心軸(締め付けたいボルトの中心)から力をかける距離で計算します。そのため握る位置が変わってしまうと、正確な締め付け力はわからなくなってしまいます。手はグリップの中央を握るように心がけましょう。
引用:KTC

目標としている力までゆっくり締め付ける

トルクレンチの種類によって締め付け力の確認方法は変わりますが、注意点があります。それはゆっくり締めることです。勢いをつけて締めてしまうと一時的に数値が跳ね上がってしまい、正確な数値が測定できません。

まとめ

KTCは日本でも有名な総合ツールを扱っている会社で、さまざまなトルクレンチを販売しています。

トルクレンチは作業の目的や使用トルクによって、使い分けることをおすすめします。また、デジタル型のトルクレンチは急な電池切れに備えてボタン電池の購入もおすすめです。

リチウムコイン電池 CR2354P
リチウムコイン電池 CR2354P

タイプ:コイン型リチウム電池
電圧:3V



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。