インパクトドライバーで安いものが欲しい!初心者が選ぶときの注意点とは

インパクトドライバーで安いものが欲しい!初心者が選ぶときの注意点とは

引用:Amazon

格安インパクトドライバーは、実は選び方が難しいです。

うっかり自分の使い方に合わないものを購入してしまうと、無駄な出費になってしまうこともあります。

とはいえ、

  • 安いインパクトドライバーはどう選んだら最善なの?
  • おすすめのインパクトドライバーを教えてほしい
  • 安くても失敗したくない

安いインパクトドライバーの購入を考えた際、上記のような疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、「格安インパクトドライバーのおすすめと購入時の注意点」についてまとめました。

はじめてインパクトドライバーの購入を考えている方でも、最適なものがどれかすぐわかりますよ。

ぜひ参考にしてくださいね。

選び方よりも先に安いインパクトドライバーを検討したい方は、下記記事を参考にしてください。

そもそもインパクトドライバーとは?ドリルドライバーとの違いについて

引用:Amazon

DIYで出番の多い工具といえばインパクトドライバーです。しかしよく似た工具にドリルドライバーがあります。

インパクトとドリル、両者の大きな違いは出力の強さです。

インパクトドライバー パワー強 作業効率重視
ドリルドライバー パワー低 精密作業向き

インパクトドライバーはドリルよりも出力が高く、締め付けスピードが早いです。

ドリルドライバーはインパクトよりも出力が低い反面、締め付けすぎると困る場合や繊細な作業で活躍します。

たとえばインパクトでドリルのような穴あけは可能ですが、出力が強すぎてビットが折れるかもしれません。

またドリルでネジ締めは行えますが、固い材料やスピードを求める作業だとパワー不足です。

インパクトとドリルの詳しい違いについては、下記記事を参考にしてください。

インパクトドライバーの安い商品はどう選んだらいい?選ぶときの注意点!

引用:Amazon

インパクトドライバーを初めて購入しようと考えたとき、いきなりプロ仕様の製品を購入するのは少しためらいますよね。

かといって安い製品だと必要な機能やパワーを満たしていなかったり、すぐに故障したりする可能性もあります。

安くても性能十分な製品は、どこで見分ければいいのでしょうか?

詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてください。

AC電源式かバッテリー式かで扱いやすさが変わる

インパクトドライバーは大きく分けて、

  • AC電源式
  • バッテリー式

があります。現在、電動工具で主流になっているのはバッテリー式です。

バッテリー式の特徴

バッテリー式は場所を選ばず使用できるので、汎用性と取り回しに優れます。

引用:Amazon

有名メーカー品であればバッテリーの軽量化にも力を入れているため、取り回しがラクです。

バッテリーを充電しておけば、どこにでも持ち運んで作業できます。

またメーカーによってバッテリーを使い回せるシリーズもあり、扱いやすい機種が多いです。

AC電源式の特徴

AC電源式は、パワーと持続性に優れます。

引用:Amazon

一か所に留まって集中的に作業をするなら、AC電源式のほうが圧倒的に便利です。

また総重量はバッテリー式より軽いものが多く、長時間の作業も疲れにくくなっています。

価格がバッテリー式に比べ安く、充電時間や電池の寿命を考えなくて良い点も大きなメリットです。

AC電源式とバッテリー式で悩んだら

「どちらを選ぶか迷う…。」なかなか選べない場合もありますよね。

ですが迷った場合は、汎用性の高さからバッテリー式を選びましょう。

AC電源式は必ずコンセントを必要とするので、電源がないところで使用したくなっても動かせません。

慣れないうちは電源コードに引っかかって転倒する事例もあり、まずはバッテリー式で慣れたほうが安全です。

バッテリー式はリチウムイオン電池が最適

電動工具のバッテリーは、ニカド電池とリチウムイオン電池の2種類があります。

主流になっているのは、リチウムイオン電池です。

リチウムイオン電池はニカド電池に比べ、以下の4点で優れています。

  • 長期間放置した場合の放電量が少ない
  • 容積あたりの電力容量が多い
  • 耐久性能が高い
  • 継ぎ足し充電をしても耐久性に影響が少ない

放電量が少ない点は、普段使わない方にとって大きなメリットです。

自然放電が多いバッテリーを使用していると、いざ使おうと思ったときに放電されて使えない場合もあります。

容積あたりの電力容量が多いバッテリーは、軽くて長時間の使用が可能です。

反対に容積あたりの電力容量が少ないと、重たくて稼働時間が短くなります。

耐久性能が高いと、充電回数や寿命が長いです。

継ぎ足し充電OKのバッテリーは、充電するタイミングを選びません。

充電するタイミングを選ぶバッテリーは、使い切ってから充電しないと寿命が縮まる可能性もあります。

結局ニカド電池とリチウムイオン電池はどっちがいいの?

ニカド電池は、リチウムイオン電池に対して安価です。

そのため格安工具に使用されることが多く、上記の理由からあまり扱いやすいとは言えません。

長持ちして扱いやすく、安定したパワーを発揮できるリチウムイオン電池のほうがおすすめです。

締め付けトルクも確認しておく

締め付けトルクは90N.m以上あれば、おおよその用途に対応できます。

インパクトドライバーを使用する際、重要なポイントは締め付けトルクの強さです。

締め付けトルクが弱いとネジが締まりきらず、手で締め直すこともあります。

パワーが足りず二度手間になると、インパクトドライバーの導入を無駄に感じてしまうことも。

そのため購入前に、製品スペック欄をよく確認しておくと良いでしょう。

インパクトドライバーで価格が安いホームセンター仕様は通常品と何が違う?

引用:Amazon

ホームセンター仕様のインパクトドライバーは、安価な物が多いです。

もしホームセンター仕様の製品が十分な性能を持っているなら、お手頃価格で入手できるので嬉しいですよね。

この項目では、ホームセンター仕様とメーカー品の違いについて解説していきます。

【違いその1】バッテリーが安価

ホームセンター仕様のインパクトドライバーは価格を抑えるため、ニカド電池を使用している場合があります。

ニカド電池はあまり性能が高くなく、安価だからといってお得だとは限りません。

ランニングコストを考慮すると、リチウムイオン電池を使用した製品のほうが扱いやすいです。

  • 気づいたら使えなくなっていた
  • もう寿命が来てしまった

製品の買い替えが意図しない早さで来てしまったら、損した気分になってしまいます。

ホームセンター仕様の製品でも、リチウムイオン電池を使用したものなら安心です。

【違いその2】スペックが低い

ホームセンター仕様のインパクトドライバーは、

  • パワーが抑えられている
  • 回転数も低め

上記の点からあまり高性能とは言えません。

もちろんパワーをあまり必要としない作業なら、問題はないでしょう。

しかしスピードや締め付け力が必要な作業に使う場合は、パワーが足りないこともあります。

本格的なネジ締め作業をしない使い方であれば、安価に購入できて最善な選択です。

【違いその3】耐久性に大きな違い

ホームセンター仕様のインパクトドライバーは、あまり耐久性能が高くありません。

バッテリーや製品自体も、大手メーカーのDIY用シリーズに耐久性で劣ります。

使う機会が少ない場合は問題なく使えますが、使用回数が多いと破損や故障する可能性がメーカー品に比べ高くなるのです。

不意な故障や破損によって事故が起きることも考えられるため、安心して使うなら耐久性が高い製品を選ぶと良いでしょう。

【違いその4】他製品との互換性がない

大手メーカーの電動工具は、同メーカー品であればバッテリーを使い回せることが多いです。

幅広く工具を使用する方は、共通で使えるバッテリーを使用したほうが便利に扱えます。

ですがホームセンター仕様の場合、製品専用のバッテリーであることが多いです。

電動工具はインパクトドライバーしか使わない、という方であれば問題ありません。

【結論】格安すぎる製品はおすすめできない

ホームセンター仕様のインパクトドライバーは、総合的に考えるとあまりおすすめはできないです。

また性能も高くないので、作業の幅も広くありません。パワーを必要としない、限定的な作業で役立ちます。

ある程度の性能があれば他の作業でも役立つため、ただ安価だからといって購入するのは避けたほうが良いです。

  • とにかく安価に済ませたい
  • 入門用にどんなものがあるか使ってみたい
  • 次の製品を購入するための投資

上記のように、割り切って使える方はおすすめできます。

DIYで使えるインパクトドライバー!安いのに質が高いおすすめ品はどれ?

引用:Amazon

あまりに安すぎるインパクトドライバーは、性能や耐久面で不安があります。

でも安いインパクトドライバーの全てがおすすめできない、というわけではありません。

この項目では大手メーカー品の中でも初心者向けな、エントリーモデルのインパクトドライバーをまとめました。

ぜひ参考にしてください。

ボッシュ PDR18LIN・PDR18LIH

ボッシュ(BOSCH) 18V コードレスインパクトドライバーPDR18LIN
ボッシュ(BOSCH) 18V コードレスインパクトドライバーPDR18LIN

回転数:0-2,600回転/分
打撃数:0-3,200回/分
最大トルク:130N・m
ボッシュ(BOSCH) 18V コードレスインパクトドライバーPDR18LIH
ボッシュ(BOSCH) 18V コードレスインパクトドライバーPDR18LIH

回転数:0-2,600回転/分
打撃数:0-3,200回/分
最大トルク:130N・m

世界的シェアがある品質の高いメーカー、ボッシュのインパクトドライバーです。

重量がある反面、高性能で価格はやや高め。

使用バッテリーは電動ノコギリやドリル、手元を照らすライトから草刈機まで幅広く共用できます。

本体のみの購入も選べるので、新しい工具をシリーズでまとめると安価に導入可能です。

Amazonでは、定価よりもかなり安価に購入できます。

定価 26,200円(本体のみ13,300円)
本体重量 1,250g
締め付けトルク 130N.m

マキタ TD110DSHX

マキタ インパクトドライバTD110DSHX
マキタ インパクトドライバTD110DSHX

使用感と作業性を変える10.8Vスライド式バッテリ
バッテリBL1015×2本・充電器DC10SA・ケース付
商品重量:2.81 Kg
マキタ インパクトドライバTD110(10.8V)
マキタ インパクトドライバTD110(10.8V)

メーカー型番:TD110DZ
色:青
電圧:10.8V

国内シェアトップを誇る、マキタ製のインパクトドライバーです。

TD110は値段と性能のバランスがとれており、非常に扱いやすくなっています。

マキタ製はラインナップがかなり豊富なので、メーカーで選ぶのもひとつの選択です。

定価 25,800円(本体のみ10,800円)
本体重量 1,000g
締め付けトルク 110N.m

マキタ TD090DWX

マキタ(Makita) 充電式インパクトドライバ 10.8V TD090DWX
マキタ(Makita) 充電式インパクトドライバ 10.8V TD090DWX

電動機:直流マグネットモータ
バッテリ(容量):リチウムイオンバッテリ BL1013(容量1.3Ah)
電圧:直流10.8V
マキタ(Makita) 充電式インパクトドライバ 10.8V 青 本体のみ
マキタ(Makita) 充電式インパクトドライバ 10.8V 青 本体のみ

最大締付けトルク:90N・m(918kgf・cm)
ネジ締め能力(mm):小ネジM4~M8・ボルトM5~M12・コーススレッド22~90・高力ボルトM5~M10
回転数(min-1)[回転/分]:0~2400

マキタ製の小型インパクトドライバーです。

バッテリーが小さく作られており、軽量で取り回しがしやすくなっています。

パワーもおおよその作業に対応できる性能で、扱いやすいです。

定価 27,000円(本体のみ11,100円)
本体重量 920g
締め付けトルク 90N.m

日立(Hikoki) FWH12DAL

HiKOKI(ハイコーキ) 旧日立工機 コードレスインパクトドライバ FWH12DAL
HiKOKI(ハイコーキ) 旧日立工機 コードレスインパクトドライバ FWH12DAL

重さ1.1kg&500mLペットボトル同等サイズで使いやすい!
締付能力:小ねじ 4~8mm
締付能力:普通ボルトM5~M12

国内ではシェア率No.2のHikoki製インパクトドライバーです。

ほかの製品と比較してもスペックはあまり変わらないため、デザインで決める方もいらっしゃいます。

Hikokiはコードレスクリーナーの販売も行っているので、バッテリーの共用が可能です。

同ランク製品の中では安価に購入でき、コストパフォーマンスが高いです。

定価 19,300円(本体のみ販売なし)
本体重量 1,100g
締め付けトルク 110N.m

日立 FWH12VD(AC電源式)

HiKOKI(旧日立工機) インパクトドライバー AC100V
HiKOKI(旧日立工機) インパクトドライバー AC100V

メーカー型番: FWH-12VD
締付能力: (小ねじ)M4~M8mm、(普通ボルト)M5~M12mm
六角軸二面幅: 6.35mm

Hikoki製のAC電源式インパクトドライバーです。

AC電源式のため、同価格帯の製品よりパワーがあります。

バッテリー式も選びたいけど、電源式も気になるという方はぜひ参考にしてください。

またAC電源式でほかにも比較してみたい方は、下記記事の高儀製ドライバーが参考になります。

まとめ:インパクトドライバーの安い製品は選び方に注意が必要!

引用:Amazon

インパクトドライバーはDIYで、とても出番の多い工具です。

だからこそ格安なものは注意し、自分が求める性能に見合った製品か確認する必要があります。

この記事を参考にして、安くても十分な性能があるインパクトドライバーを探してみてください。

またAmazonで販売されているKIMO製品は、とてもお買い得で性能も高いです。下記記事も参考にしながら、選んでみてください。

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。