PIAAワイパーとは?交換方法からおすすめ商品10選まで徹底紹介!

梅雨の時期の運転や降雪時の運転は、晴天時と比べて視界が悪くなりますので事故の確率が上がると言われています。フロントガラスの視界を良好にする為のパーツと言えばワイパーですが、あなたの車のワイパーはもしかしたら劣化していませんか?ワイパーが劣化し通常通りの機能を果たしていないと払拭性が下がってしまったりしてとても危険です。

そこで今回は、質の良い適切なワイパーに巡り合いたい読者の方の為に適切なワイパーの選び方や「世界ナンバーワンを目指すブランド展開」を会社の思想として掲げているPIAAのワイパー10選のご紹介していきたいと思います。

PIAAワイパーとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

hirosan(@hirosan__114)がシェアした投稿

まずはじめに、PIAAワイパーを詳しく知らない方の為に簡単にPIAA社やPIAA社製のワイパーの特性や特徴を解説していきたいと思います。

PIAAの商品は商品パッケージに黒いロゴで「PIAA」と大々的にメーカー名を記載していますので、ホームセンターや大型の量販店などで一度は目にしたことがある方が大半ではないでしょうか。

PIAAは自動車やバイクの部品の製造販売する会社

そもそもPIAAとは自動車やバイクの部品の製造や販売をメインとしている1903年に設立された老舗自動車用品専門会社の事で、品質の高い商品を低価格で提供する質の良いメーカーとして知られています。

モータースポーツ業界にも携わっている会社で、バイクやF1のレースで「PIAA」というステッカーを貼って参加する選手も多い程有名なメーカーです。本社は東京都にあり2017年にはあのヴァイオグループの傘下にも加わりました。歴史と信頼の高い大手自動車部品メーカーといえるでしょう。

PIAAのワイパーとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

AUTOBACS北六甲(@ab_kitarocks)がシェアした投稿

次にPIAAのワイパーの種類について解説していきたいと思います。PIAAのワイパーには大きく分けて「雨用ワイパー」「雪用ワイパー」の2種類そしてそれらの替えゴムがあります。

実はワイパーに雪用があるのをご存知でない人は多いです。具体的に雪用と雨用のワイパーの違いを説明するならゴムの耐久性の違いや、雪の重みに耐える事ができるフレーム構造の違いにあります。雪用のワイパーは低温に強い柔軟なゴムや、剛性で錆びにくいステンレス製のフレームを採用することにより、劣化を防ぎガラスにフィットさせるという特徴があります。

一方、雨用のワイパーは撥水性に特化しており豪雨の際でもしっかりと雨水を拭き取り視界を良好に保ってくれるという特徴があります。それでは、PIAAが販売している雨用・雪用のワイパーの種類をそれぞれ見ていきましょう。

PIAA雨用ワイパーの種類

まずは雨用のワイパーの種類から見ていきましょう。雨用のワイパーには雨をはじく「撥水タイプ」「グラファイトタイプ」「ノーマルタイプ」の3種類があります。

  • 撥水タイプ・・・使うだけで水をはじく撥水性に優れたゴムを採用したワイパー。ゴムの寿命がくるまで長期的に撥水性を実感できる。
  • グラファイトタイプ・・・ゴムにグラファイトをコーティングしたゴムとガラスの摩擦を最小限にまで軽減したワイパー。静粛性にも優れている。
  • ノーマルタイプ・・・高品質な天然ゴムを採用したワイパー。クリアな視界が確保できる。

PIAA雪用ワイパ-の種類

次に雪用のワイパーの種類についてです。雪用のワイパーにも雨用と同様に「撥水タイプ」「グラファイトタイプ」「ノーマルタイプ」があります。雨用とは効果が若干異なりますので、こちらもそれぞれ見ていきましょう。

  • 撥水タイプ・・・低さと軽さを実現し抵抗を最小限にまで抑えたワイパー。非常に安定した払拭機能なので雪道の運転でも視界良好。
  • グラファイトタイプ・・・スーパーグラファイトコーティングゴムを採用しているので、一度の払拭でスッキリと視界良好になるワイパー。
  • ノーマルタイプ・・・高品質天然ゴムを採用した払拭性の高いワイパー、撥水タイプやグラファイトタイプと比較するとリーズナブルなので、コストパフォーマンス重視の方におすすめな商品。

全て優れた商品ですが、特徴がそれぞれ違いますので用途やニーズに合わせて適切な商品を選びましょう。

PIAAワイパーを交換するには?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shogo Takaoka(@shogotakaoka)がシェアした投稿

次にこの項では、PIAAワイパーを交換する方法を解りやすく解説していきたいと思います。「ワイパーを交換したい!」と思っても詳しい交換方法が解らなかったり、品質の良いワイパーを自分で選択するのは難しいですよね。ワイパーを交換する際に気を付けておきたいポイント等にも触れていきますので、交換する前に必ずチェックしておきましょう。

自動車とワイパーの適合性

ワイパーを交換しようとした場合に、まずはじめにチェックしておきたいのが自動車とワイパーの適合性です。ワイパーは車に適したサイズというものがあります。闇雲に購入してもあなたの車と適合しない場合が殆どですので、購入したいワイパーとあなたの自動車が適合するかどうかを確認してから購入しましょう。

PIAAのワイパーは日本の純正ワイパーに準じた製品が多いので、ほぼ全ての国産車に適合する製品があるでしょう。適合しているかどうか調べるには、店頭もしくは下記のPIAAホームぺージにある「車種別適用表」を参照すれば簡単に調べられます。

車種別適応表

PIAAワイパーを交換方法を動画でチェック

次に、実際にPIAAのワイパーの交換手順を解りやすい動画で解説していきたいと思います。単純な作業なので慣れれば簡単に自分でも10分ほどで交換が可能ですが、手順を誤ると破損や事故の元にもなりかねませんので、こちらの動画をしっかりと確認しましょう。

替えゴムの交換方法

自分でワイパーの替えゴムを交換しようとする場合にも、たったの3ステップで簡単に交換可能です。まずはじめに、作業中にワイパーがフロントガラスに接触しないようにタオルや緩衝材のようなものを敷いておきましょう。これで準備は完了です。

準備ができたらアームの部分からワイパーブレードを取り外しましょう。アームには中央部分にストッパーがあり、このストッパー部分を押せば簡単に取り外しができるようになっています。取り外したら交換したいゴムをブレードから取りましょう。古いゴムを取り外した溝に新しい替えゴムを装着すれば交換完了です!

ブレードと比較して替えゴムが長すぎる場合にも、ハサミなどでカットすれば問題ありませんよ!

PIAAワイパーおすすめ【雨用】

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ogakijin(@ogakijin)がシェアした投稿

それでは、実際に工具男子新聞編集部が厳選したPIAAのおすすめワイパーをご紹介していきます。まずは雨用のワイパー5選のご紹介です。ワイパーは雨用・雪用などの用途別の種類があるだけでなく、撥水タイプなどの特殊機能を備えたものまで幅広いラインナップがありますので自分の判断のみで選択するのは至難の業です。

それぞれ特徴やメリットを詳しく解説していますので、是非参考にしてみてください。

ワイパーブレード① エアロヴォーグ WAVS60

まずはじめにご紹介したいのが、エアロヴォーグ WAV S60です。こちらの商品は超強力シリコンコートを採用しているため、ワイパー始動開始から約5分でフロントガラスに撥水被膜を形成することができます。

ワイパーを始動するたびに撥水被膜を再形成しますので、非常に耐久性のある撥水性を実現していますよ!エアスルー構造・エアロシェイプにより風の抵抗も軽減した優れた商品を是非実感してみてください。

PIAA ワイパー ブレード 600mm
PIAA ワイパー ブレード 600mm

メーカー PIAA(ピア)
ブランド PIAA(ピア)
商品モデル番号 WAVS60

ワイパーブレード② スーパーグラファイト WG50

続いてご紹介するのがスーパーグラファイト WG50です。こちらの商品は名前の通りグラスファイトコーティングゴムを採用しているワイパーなので、悪天候でもゴムとガラスをしっかりと密着払拭させ視界を良好にしてくれます。

フレームはPIAAのオリジナルフレームで、空力・分圧・剛性の3つに特化した耐久性に優れたつくりになっています。

PIAA ワイパー ブレード 500mm
PIAA ワイパー ブレード 500mm

メーカー PIAA(ピア)
ブランド PIAA(ピア)
商品モデル番号 WG50

ワイパーブレード③クレフィットプラス CFG50

次にご紹介するのがクレフィットプラス CFG50です。こちらの商品の特徴はなんといってもコストパフォーマンスの良さです。グラスファイトコーティングゴムを採用していながら千円前後で購入できますので、PIAA社製のワイパーの性能をとりあえず試してみたい方にも大変おすすめできる商品と言えます。

静粛性にも優れているので、ワイパーのゴムとガラスのこすれる不快な音が苦手な方も是非こちらの商品を検討してみてください。

PIAA ワイパー ブレード CFG50
PIAA ワイパー ブレード CFG50

メーカー PIAA(ピア)
ブランド PIAA(ピア)
商品モデル番号 CFG50

ワイパーブレード④ シレンシオ エクストリーム

シレンシオのエクストリームワイパーは欧州の純正品と同形状のフラットワイパーを採用した欧州車専用ワイパーです。価格はそれなりに張りますが優れた撥水コーティングをフロントガラスに施してくれますので非常に耐久性の高い撥水性を実現しています。

撥水性の高さだけででなく、スリムなボディ形状が、空気抵抗や視界を遮るといったワイパーのデメリットを最大限まで軽減しています。確実なワイパー動作を行いたい方におすすめの商品です。

PIAA ワイパー ブレード AUDI VM363S
PIAA ワイパー ブレード AUDI VM363S

メーカー PIAA(ピア)
ブランド PIAA(ピア)
モデル名 VM363S

ワイパーブレード⑤エアロヴォーグ WAVS50

最後にご紹介したい雨用のワイパーは、エアロヴォーグ WAV S50です。①でご紹介したエアロヴォーグ WAV S60の50mm版の製品です。機能はS60と同様で超強力シリコンコートによりフロントガラスに高い撥水性を持たせることができます。

耐熱・対オゾン・対紫外線にも優れており初期性能のまま長期間使用できる商品です。

PIAA ワイパー ブレード WAVS50
PIAA ワイパー ブレード WAVS50

メーカー PIAA(ピア)
ブランド PIAA(ピア)
商品モデル番号 WAVS50

PIAAワイパーおすすめ【替えゴム】

 

この投稿をInstagramで見る

 

ツバサ(@beishanxiongtai)がシェアした投稿

続いてご紹介していくのがPIAA製の「替えゴム」2選です。PIAAではワイパーのみではなく、ワイパー用の替えゴムも販売しています。替えゴムにすることにより、交換費用を軽減できますので「ワイパー本体の痛みはまだ感じないが、なんだか撥水性が悪くなってきた」という悩みを抱えている方は、是非替えゴムを検討してみてください。

ワイパー 替えゴム⑥超強力シリコート SLR40

はじめにご紹介するのが、超強力シリコンコートのSLR40です。純正ワイパーに対応した商品で、動作させてからわずか5分という時間でワイパーに高い撥水能力を与える事ができます。

長期間使用できるにもかかわらず、料金は千円程度とコストパフォーマンスの良さも非常に魅力的な商品です。最近ワイパーの撥水性が悪くなってきたという方は、是非こちらの商品を試してみて下さい。

PIAA ワイパー 替えゴム SLR40
PIAA ワイパー 替えゴム SLR40

メーカー PIAA(ピア)
ブランド PIAA(ピア)
商品モデル番号 SLR40

ワイパー 替えゴム⑦スーパーグラファイト WGW60

続いてご紹介するのが、スーパーグラスファイトコーティングを採用した替えゴムのWGW60です。スーパーグラファイトコーティングの効果により、ゴムとフロントガラスの密着性が非常に高い為、ワイパーの不快な音やビビり音を軽減できる優れた商品です。

近年販売されている国内の純正車に対応しているタイプですので、適合性が非常に高いと言えます。

PIAA ワイパー 替えゴム WGW60
PIAA ワイパー 替えゴム WGW60

メーカー PIAA(ピア)
ブランド PIAA(ピア)
商品モデル番号 WGW60

PIAAワイパー替ゴムおすすめ【雪用】

 

この投稿をInstagramで見る

 

康ちゃん☆(@kochan1218)がシェアした投稿

最後にご紹介するのが雪専用ワイパー3選です。雨用のワイパーを雪道で使用して視界の悪さに怖い思いをしたことがある方も多いのではないでしょうか。雪用のワイパーは撥水性のみでなく低温によるゴムの劣化や、雪の重みによるワイパーの破損も防ぐことができる優れた商品です。

雪国にお住まいの方や、雪道を頻繁に走行する可能性がある方は1つ所持しておくと大変役に立つでしょう。

スノーブレード⑧超強力シリコート IWS60

まずはじめにご紹介する雪専用のワイパーは拭くだけで撥水コーティングを可能としたIWS60です。このワイパーの特徴は凍結に強く、ワイパーで拭き取るだけで撥水コーティングを行ってくれる優れものです。低温化でも劣化しずらい素材を用いたシリコートスノーワイパーなので、凍結を防ぎ長期で使用できます。

錆に強いステンレス製のフレームを用いていますので、長く愛用できる商品です。

PIAA ワイパー ブレード 雪用 IWS60W
PIAA ワイパー ブレード 雪用 IWS60W

メーカー PIAA(ピア)
ブランド PIAA(ピア)
商品モデル番号 IWS60W

スノーブレード⑨スーパーグラファイト WG40W

続いてご紹介するのが、グラファイトコーティングゴムを採用したスーパーグラファイトワイパーのWG40Wです。スーパーグラファイトワイパーとは「グラファイト粒子」と「モリブデン粒子」をコーティングしたワイパーの事を言い、ワイパーのゴムと車のガラスの抵抗を最小限に抑えてくれる効果があります。

低温化でも耐久性を発揮する丈夫で交換可能なゴムを採用しているので、凍結に負けないしっかりとした雪専用ワイパーをお探しの方はWG40Wを検討されてみては如何でしょうか。

PIAA ワイパー ブレード 雪用 WG40W
PIAA ワイパー ブレード 雪用 WG40W

メーカー PIAA(ピア)
ブランド PIAA(ピア)
商品モデル番号 WG40W

スノーブレード⑩フラットスノーシリコート FSB53W

最後にご紹介するのが、払拭性とデザイン性の両方を実現した雪用ワイパーのFSB53Wです。このワイパーは従来のPIAAワイパーと比べて高さ38%低減、重量45パーセント低減の薄型に設計し、空気抵抗を減らした結果安定した払拭を可能とさせました。勿論、モーターにかかる負荷も軽減できます。

高速道路走行時の浮き上がりを抑えるスポイラーもついているので、高速での運転も安心です。雪道を運転する際の視界の悪さに悩んでいる方は、是非FSB53Wを導入してみましょう。

PIAA ワイパー ブレード 雪用 FSB53W
PIAA ワイパー ブレード 雪用 FSB53W

メーカー PIAA(ピア)
ブランド PIAA(ピア)
モデル名 FSB53W

いつもの走りに合ったタイプを選びましょう

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jimny & Serena sometime bike(@jimsere12r.jp)がシェアした投稿

今回はおすすめのPIAAのワイパー10選や、ワイパーの交換方法についてのまとめでした。一口にワイパーといっても撥水性の非常に高いものから、空気抵抗の低い走行性能を重視したものまで様々です。あなたのカーライフによって選ぶべきワイパーが変わってきますので、是非当記事を参考にあなたに合ったワイパーを見つけてみてください。

その他の関連記事はこちらから

 

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。