引用:写真AC

記事更新日:

賃貸のハウスクリーニング費用は?退去時にかかる料金について詳しく解説!

賃貸のハウスクリーニング費用の相場は、ワンルームで3万円前後~4万円前後と言われています。しかし、この金額は平均的な金額であり、部屋の汚れ具合や掃除をする必要がある箇所が多いと、増える可能性もあります。また、クリーニング費用は「原状回復費」や「清掃費用」と記されている場合もあります。いつ払うのか?どこまで払うのか?などの疑問について詳しく解説していきます。

賃貸のハウスクリーニングとは

賃貸のハウスクリーニングとは、入居していた賃貸契約者が退去した後、次の入居者のために専門のハウスクリーニング業者がキレイに清掃する作業のことです。

支払いのタイミングは管理会社により、入居時・退去時のどちらかになります。一般的には、敷金から差し引かれる(支払う)退去時のほうが多いでしょう。

賃貸のハウスクリーニングの疑問点は「どこまでキレイにするのか」、「クリーニング費用は?」などではないでしょうか?費用は、部屋の間取りに比例して上がっていきます。このことについては、後の項目で解説していきます。

どこまでキレイにするのかと言うと、必ずしも入居前の状態に戻さなければならないというわけではありません。例えばクロスの場合、「6年以上経っていれば借主には負担させない」というような内容のガイドラインが国土交通省住宅局によって定められています。それが原状回復をめぐるトラブルとガイドラインです。

原状回復のための「貸主」・「借主」によるトラブルを避けるため、ルール化されたものであり、退去時に納得のいかない請求などがある場合は、この国交省のルールを持ちかけけてください。

原状回復費や清掃費と呼ぶこともある

賃貸で、専門の清掃業者による作業費のことを「クリーニング費用」と呼びます。物件や管理会社によっては原状回復費清掃費と呼ぶこともあります。

特殊な洗剤を使用したり専門の道具を使用したりする、プロの業者による、プロの清掃です。次の入居者のために、どの物件でも行われているのです。

原状回復と原状復帰の違い

原状回復とは、この記事で説明している「賃貸のハウスクリーニング」のことです。次の入居者のための、清掃や床のワックスがけ、それに加えて故意・過失による損耗部分の修繕などがこれに当たります。

一方で、原状復帰のほうは少し意味合いが異なり、分かりやすく言うと「全て元に戻す」ということです。これには経年劣化は考慮されていません。クロスのくすみ、家具・家電によるクッションフロアへこみ等は経年劣化です。これらを考慮せず、クロスやクッションフロアを貼り替えて、高額な請求をされることは、貸主・借主のトラブルの原因の元です。

ポイントは経年劣化で、元の状態よりも良くなってしまうことはグレードアップとみなす、とガイドラインにも記載されています。納得のいかない請求の場合は、ガイドラインを確認しましょう。

賃貸退去時のハウスクリーニング費用

それでは、賃貸の退去時のハウスクリーニング費用は、どのくらいかかるものなのでしょうか?相場を知っておくことで、退去時に不満を感じることも少なくなります。

当然、部屋が広くなれば広くなるほど、費用は上がっていきます。目安となる、間取りとそれぞれの相場を解説していきます。

家の広さによって異なる

家の広さによって、費用が上がっていくということは、大体察しが付くと思います。部屋の数、エアコンの数も多ければ多いほど、費用が上がっていきます。住んでいる部屋の広さに比例して、費用が高くなっていくことを理解しておきましょう。

賃貸アパートのハウスクリーニング費用相場

賃貸アパートのハウスクリーニング費用の相場は、ワンルームの場合3万円前後です。これを基準とし、間取りが広くなるにつれて1万円~2万円前後、費用が上がっていくことを覚えておきましょう。また、ハウスクリーニング費用には、エアコンの掃除費用も含まれます。エアコンの数も、費用を算出する際の参考にしましょう。

賃貸のハウスクリーニング費用の負担

賃貸のハウスクリーニング費用は、借主負担と貸主負担の2通りに分けられます。故意・過失によるものと、経年劣化によるものでは責任の所在は明白です。では、具体的にどのような事案があげられるのかまとめてみましょう。

入居者の費用負担

入居者側の費用負担となりえるのは、以下の通りです。

  • 風呂場のカビや水垢
  • キッチン周りのカビや水垢
  • 壁に開けたネジ穴やくぎ穴
  • 故意・過失で汚損した設備
  • 落書き・汚れ等で汚損したクロス・フローリング等

風呂場やキッチン周りの、カビや水垢もこまめな換気や掃除を「怠った」ということになります。よって、費用は入居者の負担となります。他のことに関しても、全て入居者起因によるものなので、負担は入居者です。借りていたものなので、「直して返す」というのは当然のことなのです。

貸主の費用負担

貸主側の費用負担となるのは、以下の通りです。

  • フローリングのワックスがけ
  • 設備の点検、整備(バス・キッチン・給湯設備・トイレ・給排水管等)
  • クロスの張替え(汚れ・色褪せがひどい場合)
  • 室内の消毒
  • 畳の交換(日焼けがひどい場合)

貸主側の費用負担の場合は、経年劣化によるものと、次の入居者のための準備ともいえる事柄が多いです。これらは、どの物件でも共通して行われています。

賃貸のハウスクリーニング費用の支払い時期

賃貸のハウスクリーニング費用の、支払い時期を確認しておきましょう。一般的に多いのは、退去後に敷金から差し引かれる形で、支払うパターンです。しかし、現在は敷金0円の物件というのも存在します。それぞれのパターンのポイントや、注意事項等を解説していきます。

一般的には退去後

退去後に、敷金から差し引かれることで支払う形となるこのパターンが一般的です。退去日に管理会社の担当者が、契約者(退去する者)と立会いのもとで修繕箇所をチェックします。その時に、修繕箇所の説明とクリーニング費用について、説明をしてくれこともあります。

しかし、その様な説明や立会いがない場合もあります。その時は、請求書を必ずチェックすることをおすすめします。

また、退去時ではなく、入居時に支払うパターンもあります。敷金0円の物件で、敷金代わりに「先にクリーニング費用を納めておく」といったことも現在では珍しくありません。入居時説明をしっかりと聞いておくこと、契約書にしっかり目を通しておきましょう。

引っ越しが決まったら契約を確認する

前述したように、ハウスクリーニング費用は、先払い・後払いと契約内容によって異なります。どちらにせよ、支払うことになる訳ですが、引っ越しには何かとお金がかかるものです。少しでも出費を抑えたい方や気になる方は、契約前に確認しておきましょう。

賃貸のハウスクリーニングをする際の注意点

賃貸のハウスクリーニングにも、いくつか注意しておきたいことがあります。ハウスクリーニング費用の相場について、説明をしましたがそれ以上になる場合もあるのです。そのような事例を、不服に感じて、トラブルになることがないように、事前に確認しておきましょう。

ハウスクリーニングが相場よりも高くなる場合がある

ハウスクリーニング費用が、相場よりも高くなってしまうしまうのは、原状回復の域を超えて原状復帰になるからです。経年劣化によるもの以外で、故意・過失が原因によるものの修繕費がかかってしまうと、相場を超えてしまいます。

ハウスクリーニング費用の相場は、あくまでも原状回復にかかる費用です。ということなので「ハウスクリーニング費用の相場」は、言い換えれば費用の必要最低額とも言えます。その金額から、修繕費を足した合計金額が支払うハウスクリーニング費用となります。

家主の確認が必要な場合もある

家主の確認が必要となる場合は、自身でハウスクリーニング業者を選んで依頼したい場合です。どうしても自身が納得できる、または信頼できる業者へ依頼したいのならば、家主に相談しましょう。交渉する余地はあります。

しかし家主側にも、信頼できる業者がいることがほとんどです。無理な交渉はせず、お任せしたほうが無難な場合もあるでしょう。

契約を確認してトラブルをなくそう

賃貸アパートを借りるということは、貸主(家主)と契約を結ぶということです。その内容は、全て契約書に基づいております。契約書には、様々な取り決め・ルール・注意事項・免責事項等、あらゆる項目で細かに記されています。その中には、ハウスクリーニング費用を支払うタイミングだったり、ハウスクリーニング業者が指定されていたりします。

契約書には必ず目を通すことと、気になることは貸主に直接聞いてみましょう。これらの行動が、トラブルを未然に防ぐことにもつながるのです。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。