記事作成日:

個人で家事代行の契約はできる?働く人のメリット・デメリットを徹底解説!

広告

家事の時間が取れず、家事代行サービスを利用することも最近は珍しくなくなりました。昨今は若い女性のスタッフも増加していますが、需要が高まる中、個人で契約を行うことはできるのでしょうか。今までのスキルを活かし、代行サービスを始めたい方向けに、メリットやデメリットなどを解説します。

家事代行の個人契約をするメリット

引用:Pixabay

共働き、家事への価値観の変化などから、自分の家の家事を代行サービスに任せるというのも、現代ではそう珍しい話ではなくなりました。代行業者も多くいる中、個人で契約をして代行サービスを行うのには、どんなメリットがあるでしょうか。

メリット①時給が高い

引用:Pixabay

まず1つは、時給が高い事です。個人で家事代行サービスの契約をする事の最も大きなメリットともいえるのが、報酬の高さなのです。代行サービスを運営している会社を挟むよりも、お客さんとの直接契約をしたら、報酬額が倍になった、という実例もあります。

これは、サービスを提供する側だけのメリットにとどまりません。依頼をする側としても、代行の会社に正規の金額で支払うよりも額としては安くなり、それが直接代行者の手元に来るわけですから、金銭的にはお互いに嬉しい事があります。

メリット②高収入が期待できる

引用:Pixabay

家事を代わりに行うというサービスの性質上、よほどトラブルを起こしたりしない限りは、継続して代行の依頼を受ける事になります。実績で顧客からの信頼を得て継続的に依頼をしてもらえれば、高時給で安定した収入を得られます。

メリット③日程の調整がしやすい

引用:Pixabay

収入の関係に並んで、代行を行う日程の調整がしやすいことも、大きなメリットに数えられます。家事代行サービスの実際の利用に際して、1件の依頼に対しての平均的な利用時間はおおよそ2時間から3時間ほどとされています。

中には長時間の依頼が出されることもありますが、1日のうちの数時間ほどの作業であれば、比較的時間の調整がしやすく、本業をしながら副業として続けていく事も現実的に可能な範囲であるといえるでしょう。

顧客、またはサービスを行う人の都合が悪くなった場合、会社を通していると時間調整などの打ち合わせにも時間を要してしまいます。個人契約であれば顧客と直接やり取りできるので、お互いの日程や時間調整もスムーズに行えます。

メリット④依頼主と良好な関係を築ける

引用:Pixabay

個人契約は、比較的顧客との関係性を良好に保ちやすいのもメリットのひとつです。家事代行サービスを個人で行っている方は人との関わりが得意な方が多く、コミュニケーションが取りやすい傾向があります。

特に家事代行という、他人の家事を代わりに行うサービスにおいては、求められているのはどんなことなのかを正確につかむコミュニケーションが重要となります。直に顧客とやり取りをする個人での代行サービスは、必然的にそうした時間が取りやすいです。

会社を挟んでいたけれど、個人契約でやってみたら自然に顧客との関係性が深まっていく、というのも珍しくは無い様です。そうした関係の下であれば、家事代行の作業も依頼主が満足のいくものになるでしょう。

家事代行の個人契約をするデメリット

引用:Pixabay

このように、個人での家事代行の契約には会社を通す方法では無い様々なメリットを持っています。ですが、良い事ばかりが集まっているわけではありませんので、デメリットについても事前に知っておくべきです。

デメリット①仕事内容がどんどん追加される

引用:Pixabay

1つは、仕事の幅が広くなる事です。個人代行に限らず、家事代行のサービス全般で言えることでもありますが、顧客は悪気なく仕事の内容を追加していく傾向があります。ついでにやってもらいたいという感覚で言っていても、スタッフからすればその期待に応えようとどんどん請け負ってしまいがちです。

特に個人契約ではそれが起きやすい傾向にあります。会社を挟んでいる場合にはそれとなく会社側から断りを入れたり、最初から専門的なプランで請け負っているケースが多いですが、個人の場合はそうした取り決めが明確でなく、受け持つ仕事の幅が増えてしまうのです。

デメリット②トラブル時の対応

引用:Pixabay

2つ目は、トラブルが発生した際の対応についてです。トラブルと一口に言っても色々とありますが、例えば物損関係が挙げられます。会社に属している場合、保険が適用されて保証が付きますが、個人の場合、物損をしたなら自分で弁償をします。

金銭面のトラブルもあり、会社ならばたとえ依頼者からの入金がなくとも給料は支払われますが、個人の場合は支払いが確認できていない場合、直接催促をするなどの連絡を取るといった流れになります。

デメリット③プライベートとの線引きが難しい

引用:Pixabay

メリットの中で、顧客との信頼を深めやすい、といった内容がありました。確かにそれは事実ではありますが、親密になりすぎるというのが問題であり、例えば連絡があったとき、失礼が無い様にと夜遅くでもすぐに返信を返していると、それ以降も夜間に連絡への対応に追われます。

信頼関係を築くのはもちろん大切で重要事項でもありますが、プライベートとの線引きをどこかでつけなければならないのです。

デメリット④依頼主が不満を持っていても分かりづらい

引用:Pixabay

もう1つ、依頼主の不満を認識しづらい事もデメリットに数えられます。例えて会社に所属する家事代行のスタッフの方に、依頼主が不満を持っていた場合には、それを業者に相談したりすることで、担当者が変更されたりします。

しかし、個人契約の場合、不満はあるけれど居ないと困ってしまう為、それを言い出せずに不満を抱えたままになってしまうのです。ハッキリ言ってくれるのならまた別ですが、気を遣って言わない場合は解消されないままです。

家事代行として働くなら個人契約ではなく業者を通そう

引用:Pixabay

個人契約にも、解説した通りメリットは確かにあり、代行をする側、そして依頼主の両方に利点といえる所もありますが、デメリットも踏まえて総合的に判断するのであれば、代行の業者を通す事をお勧めします。

例えば、メリットの中にあった継続して依頼を受ける事で、依頼主との信頼関係を築けるというのは、会社でもスタッフを指名して継続依頼ができます。トラブル時の対応なども会社が間に入っていたほうがしっかり収めてくれますので、総合的には業者を通したほうが良いと言えます。

いわゆる一般的な家事代行サービス業者に所属するのももちろん良いですが、マッチングサイトというものもあり、損害賠償保険にも加入しているなど体制がしっかりしている所もありますので、よく確認してみてください。

個人契約が不安な方におすすめ!安心できる家事代行業者3選

引用:Pixabay

家事代行の個人契約のメリットとデメリット、総合的に判断してどちらのほうが良いのかなどを解説してきました。最後は個人契約が不安な方におすすめの、安心して依頼できる家事代行業者を紹介します。

家事代行業者①タスカジ

引用:タスカジ

まずは「タスカジ」です。こちらは一般に想像される代行サービス業者とはすこし形態が異なり、依頼者が頼みたいスタッフを探し、最もマッチするだろう人に対して依頼を出す、マッチングサイトと呼ばれるものです。

依頼する家事の内容、年代や料金の価格帯など、様々な条件に照らし合わせてスタッフを決めていけます。また、業者として損害賠償保険にも加入していますので、万が一のトラブルにもしっかり対応してもらえる体制が整っています。

家事代行業者②CaSy

引用:CaSy

続いて「Casy」です。こちらは東京や愛知、大阪をはじめとした主要都市を中心に家事代行を行っているサービス業者であり、1時間当たりの利用料金が2,190円と業界内でも最高水準の低価格帯に収まっています。

予約期限はもちろんありますが、公式のウェブサイト上から24時間365日、いつでも予約を出すことができますので、手を借りたいと思った時には直ぐに予約を出せます。プランが明確に分かれており、お得な初回限定プランも用意されています。

家事代行業者③ベアーズ

引用:ベアーズ

最後は「ベアーズ」です。様々ある家事代行サービス業者の中でも大手と言われるだけあって、スタッフ数も16,000人と業界内トップクラスであり、サービスの質や安全性、待遇などを評価する家事代行サービス認証を業界で初めて取得しています。

全国の16,000人のスタッフ全員が、サービス認証に見合うだけの独自の研修プログラムに合格した方達であり、利用満足度が96%台であることからも質の高さが伺えます。こちらも各種のプランをそろえ、お試しプランも利用できます。

個人契約ではなく家事代行業者を通して安心して働こう

引用:Pixabay

解説した様に、個人契約にも特有の利点は確かにありますが、代行業者を通したほうが色々と安心して作業に取り組めるでしょう。経験やスキルを活かして働きたい方は、是非腕を活かせる場所に所属してみる事をお勧めします。

その他の関連記事はこちら

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。