引用:Photo-AC

記事作成日:

家事代行の仕事はどんな仕事?詳しい仕事内容から求人サイトまでご紹介!

家事に手が回らない時に、代行してもらう家事代行サービス。最近では働き方や家事に対する見方の変化により、サービスが一般化しつつあります。そんな家事代行では、どんな仕事を行っているか、仕事として興味を持たれている方は気になる筈です。そこで今回は、家事代行の仕事内容・求人について詳しく解説します。

家事代行サービスの仕事内容

引用:Pixabay

家事代行サービスとは、そのサービスの名前が示す通り、その家の人に変わって家事を代わりに執り行う仕事の事です。メジャーな所で言えば、リビングを始め風呂やキッチン、脱衣所等水洗い場の清掃、料理の作り置きなどです。

この他にも、食器洗いと片付け、庭やバルコニーの草むしりと清掃、クリーニングの受け渡し、ゴミ出しや分別に食料、日用品の買い出し等々、一般の方が生活をする上で行っている事はほぼすべて代行サービスの仕事に含まれます。

お掃除洗濯の3時間の仕事例

引用:ベアーズ

掃除、及び洗濯の仕事内容で、3時間分の仕事例を代行サービス業者のベアーズを参考に見てみましょう。依頼を受け、オペレーターなどが細かい打ち合わせや見積もりをしたのち、研修を終えたスタッフに仕事が紹介され、依頼主のもとへ赴いて作業個所を確認します。

依頼主の家にある洗剤やスポンジを借用し、浴槽、洗面所の鏡や棚、トイレの便器や床の拭き上げにキッチンの洗い物を片づけたり、洗濯ものを折りたたんでタンスへしまいます。さらに枕カバーやシーツなどを取り換えるベッドメイキングをし、依頼主へ作業個所の報告、次回の日時などを確認して退出という流れです。

家政婦との仕事内容の違い

引用:Pixabay

家事代行サービスと同じく家事を代わりに行う仕事として、家政婦があります。この2つの仕事の内容の違いとしては、依頼ができる仕事の範囲や内容が異なっています。家事代行の場合、2時間で水回りや各部屋の掃除と言ったように、プランとその内容が明確に決められています

時間の制限が決められており、それを超えると追加料金なども発生しますが、専門的に家事をしてもらうことができます。一方、家政婦の場合には依頼をした一日のうちに掃除に料理、買い出しなど色々とこなし、要望があればそれに応えられるなど融通が効きます。

家事代行スタッフの雇用形態

引用:Pixabay

家事代行ではどのような仕事を行うのか、実際の仕事の流れや家政婦との仕事の相違点などについてを解説しました。働くとなれば、その雇用の形態もしっかり把握しなければなりません。

雇用形態における家政婦との違い

引用:Pixabay

こちらでも、まず家政婦との雇用の形態の違いから解説しましょう。両者の大きな違いは、会社雇用か個人の直接雇用かという事です。家事代行の場合、代行業者と利用者との間での契約を結び、それに対して会社に属するスタッフが依頼主のもとへ向かいます。

対して家政婦の場合は、家政婦と依頼主とが直接の契約を結び、雇用主と労働者という立場が成立します。家事代行の場合、料金は会社に支払いますが、家政婦の場合は本人に直接支払われるため、時給としては家政婦のほうが高くなります。

家事代行スタッフはパート・アルバイト

引用:Pixabay

基本的に、家事代行を行うスタッフの雇用形態というのは、時給制のパートやアルバイトと言った扱いで家事代行サービスの会社と直接雇用の契約を結ぶ、というのが業界の中では多いです。

むろんすべてがこうした形態である訳では無く、会社によって契約社員であったり、正社員として所属しているケースも珍しくはありません。アルバイト等なら掛け持ちもできますので、実際ほかの仕事と掛け持っている方も多い様です。

家事代行スタッフで働くメリット

引用:Pixabay

家事代行のスタッフとして働くメリットとして大きいのが、トラブルが発生した時の対応です。しっかりしている家事代行サービスの会社というのは、物品の破損や盗難などが発生した場合、それに対して適用できる損害賠償保険に加入しています。

その為、万が一依頼された場所で何らかのトラブルを起こしてしまったとしても、会社に所属している雇用形態のおかげで、その賠償は会社側が行ってくれます。また、依頼主が不満を持ったならスタッフの変更もあり得ますので、合わない場所で働き続ける事も無いでしょう。

家事代行の仕事に必要なスキルや資格

引用:Pixabay

雇用の形態については会社によって異なりますので、実際に働く際によく確認しておく必要があります。誰もが行う家事の代行であるとはいっても、仕事として受け持つ以上、何らかのスキルや資格は持っておくべきなのでしょうか。

家事代行スタッフにおすすめの資格

引用:Pixabay

実際に家事代行スタッフとして働くうえでは、特別に何かしらの資格を持っている必要がある、という決まりはありません。ただ、スキルを示すのであれば、整理収納アドバイザー、ハウスクリーニングアドバイザー、調理師や栄養士などの資格を持つのをお勧めします。

整理収納アドバイザーやハウスクリーニングアドバイザーは名前からわかる通り清掃の仕事で役に立ち、調理師や栄養士の免許は料理の代行に関係します。これらは仕事の現場に直接関わりますし、自分の実生活でも活かせられます。

家事代行スタッフにピッタリな人

引用:Pixabay

向いている人としては、人と関わり喜んでもらうのが好きな方、家事スキルを磨きたい方などが該当します。家庭に訪問してコミュニケーションを取りながらの仕事になりますし、自分の家事の能力の向上にもつなげられます。

その他、週1日からや数時間から働ける仕事を探している方、時間や場所など含めて自分のペースで仕事をしたい方なども、雇用の形態としては適しているといえます。

家事代行スタッフになるには?

引用:Pixabay

雇用の形態やおすすめの資格などもご紹介しましたので、自分に合っている仕事なのかどうかも大体はつかめてきたかと思われます。実際に家事代行のスタッフとして働くまでには、大まかな流れが決まっています。

ステップ①応募・登録

引用:Pixabay

まず、代行の会社のウェブサイトや求人サイトから応募を探し、それに応募、登録を行います。応募先の面接などを受け、それに通過すればスタッフとしての採用になります。昨今は代行サービスのニーズも高まり、一定の家事の経験やコミュニケーションが取れる方であれば採用率はかなり高いといわれています。

ステップ②研修・トレーニング

引用:ベアーズ

採用後は、実際に依頼主の現場へ行く前に研修やトレーニングを行います。訪問時のマナー、家事関係のスキル、注意事項などを教わることになります。これに合格したなら実地に赴く、という流れの会社が多く、経験のない方などはここでしっかりトレーニングを受けておきましょう。

ステップ③仕事の紹介

引用:ベアーズ

研修やトレーニングを終えたなら、いよいよ現場へ赴く段階となります。家事代行サービスの希望するエリア、時間帯や請け負える仕事の内容にマッチした依頼が紹介され、受けるのなら依頼主のもとへと訪問して作業開始になります。

家事代行スタッフ!おすすめ求人情報

引用:Pixabay

具体的な家事代行サービスのスタッフとして働くまでの流れも理解できたでしょう。先に述べた通り、最近は代行サービスの認知度、ニーズともに高まっていますので、求人情報をチェックして興味のあるところに応募してみて下さい。

おすすめ①キッズライン

引用:キッズライン

まず1つ目は「キッズライン」です。全国的に家事代行のサービスを展開している代行会社で、スタート時の平均時給1,500円、全体の平均が1,700円と業界最高水準で、家事関連の資格を保有している方はさらに高時給が狙えます。

24時間、一年を通して自分のスケジュールに合う時に登録をすることができ、最低1時間から週5日のフルタイム勤務まで自由に行えます。また、家事代行に関しては未経験の方が多数で、安心して応募して良いでしょう。
キッズライン求人応募フォーム

おすすめ②イエノナカカンパニー

引用:イエノナカカンパニー

続いては「イエノナカカンパニー」です。清掃の家事代行「イエキーピング」と料理代行の「イエコック」の2つでスタッフの募集をしており、業務に関しては専門化されていますので自分のスキルを活かしたい方向で働けます。

定期利用に特化している代行サービスの為、仕事は固定ルート担当となり慣れればどんどん効率的にできるでしょう。週一日から働けますし、スタートの時は先輩スタッフの動向もあります。
イエノナカカンパニー求人応募フォーム

おすすめ③タスカジ

引用:タスカジ

最後は「タスカジ」です。依頼主が自分の要望に最も適する代行スタッフを探せるマッチングサイトであり、仕事の評価によって時給がアップする仕組みです。損害賠償保険にも加入していますので、安心して働けます。
タスカジ求人応募フォーム

家事力は重宝されるスキルですね

引用:Pixabay

家事代行サービスのスタッフとして働くのは、家事スキルを磨けたり、自分のスケジュールに合わせられたりと、マッチする人には十分に価値のある魅力的な仕事です。未経験からスタッフになった方も多いですので、興味があるのならぜひ求人をチェックしてください。

その他の関連記事はこちら

※記事の掲載内容は執筆当時のものです。