記事作成日:

白湯の作り方!基礎知識からおすすめの飲み方まで徹底解説!

お水を沸かして何も入れない状態のお湯の事を白湯と呼びます。昔から白湯は身体に良いと言われてきましたが、どういった点が身体に良いのでしょうか。どうせ飲むなら身体に本当に良い白湯を飲むために、正しい知識をつけておきたいものです。そんな白湯の基礎知識から、身体に良い白湯の作り方・飲み方まで詳しく説明いたします。

白湯にはどんな効果がある?

白湯には美容や身体に良い効果が期待できる作用があります。まず一つ目は「代謝を上げて痩せやすい身体にする」作用です。白湯はお湯ですので、飲むことで胃腸をはじめとした内臓機能を温めます。

全身の血の巡りが白湯を飲んだ直後から良くなり、内臓温度が上がります。内臓温度は1度上がると基礎代謝が約10~20%上昇すると言われており、基礎代謝が上がると脂肪燃焼率も良くなります。これを続けていけば、痩せやすい体質を維持でき、ダイエットに向いている飲み物と言えるのです。

二つ目は「美肌にする」効果です。白湯を飲むと内臓機能が上がると共に、血液も温められ毛細血管や動脈が広がり血流が良くなる作用があります。血流が良くなればデトックス効果も高まり、体内の老廃物が外に排出されやすくなります。老廃物が体外に排出されると肌のターンオーバーが整い、その結果、肌トラブルも解消されます。

最後は「むくみや便秘を解消する」作用です。臓器の体温である深部体温は、外部の気温よりも飲食物による影響を受けやすいと言われています。体の中で酵素が働きやすくなる深部体温は37.2℃前後です。深部体温が高くなると血流が良くなり、血液の循環が促され、老廃物が排出されやすくなります。

温かい白湯を飲むことで、身体に溜まった水によるむくみや、老廃物の塊の便の排出による便秘解消に繋がり、また温められた血液が循環する事で冷えも改善されるのです。

白湯の正しい作り方

身体に様々な良い効果・作用を与えてくれる白湯ですが、正しい作り方をご存知でしょうか。単にお湯を沸かしてカップに注ぐだけでも白湯ではありますが、どうせなら正しい手順で白湯を作ってみてはいかがでしょうか。

白湯と湯冷ましの違い

白湯というのは、一度水を沸騰させて不純物を取り除いた状態のものの事です。無色透明で温度は90℃以上というのが一般的とされています。

広義ではお湯と同じですが、厳密に言うと「お湯」は水を単に熱い状態にしたものを指す事から、一度沸騰させている白湯とは別物と言えます。温度の観点からも白湯は90℃以上ですが、お湯は40℃以上からを呼ぶので別物と言えます。

また白湯とよく似たものに「湯ざまし」がありますが、これは白湯を冷ましたものと捉えるのが一般的です。ただ何度以下になったら湯冷ましとするかという定義がない為、白湯=湯冷ましでも間違いではありません。

赤ちゃんに水分補給の為、湯冷ましを飲ませることがありますが、これは赤ちゃんが飲める温度にまで白湯を冷ましたものなので、白湯と呼ぶことも多くあります。

白湯をやかんで作る方法

白湯を作る為には、沸騰させて水の中の不純物を取り除く必要があります。鍋やヤカンに水道水を入れたら蓋をして火にかけます。沸騰してきたら蓋を取り、そのまま沸騰させ続けます。だいたい10~15分程、沸騰させ続けたら白湯の出来上がりです。出来立ては大変熱いので、やけどしない程度まで冷ましてから飲むようにしてください。

ウォーターサーバーで白湯の作り方

実は鍋やヤカンで白湯を作ると飲み頃の適温になるまでに30分近くもかかってしまいます。この時間は忙しい方には、なかなかハードルの高い長さです。そこで利用していただきたいのが温水と冷水がすぐに出るようになっているウォーターサーバーです。80~90℃の温水に、冷水を混ぜるだけなので、すぐに飲むことが出来るのです。

本来の白湯には冷水を入れてはいけないというルールもあるようですが、これは沸騰させた白湯に不純物がまざったままの水道水を混ぜると効果・作用が台無しになるからであって、ウォーターサーバーの冷水なら、精密フィルターにより不純物のろ過や加熱殺菌が既に行われた冷水なので問題ありません

白湯の正しい飲み方

白湯の入れ方が分かった所で、今度は正しい飲み方を知りましょう。白湯の効果や作用を、より有効にする飲み方がありますので、参考になさってください。

白湯を飲むときの温度は?

白湯は水を沸騰させたものですが、火傷しそうに熱々な沸騰直後を飲むのはNGです。適正温度は人肌より少し高めの50℃前後と言われていますので、カップに入れてしばらく冷ましてから飲みましょう。

白湯を飲むタイミング

白湯を飲むタイミングとして一番早いのは朝です。起床後の胃は冷えていますので、白湯を飲んで温めてあげましょう。内臓が温まると消化の力も高まります。朝食の栄養素をしっかり取る為には、朝食の30分前くらいに白湯を飲む事が理想的とされています。

次は食事中です。先ほどの内臓を温めると消化力が高まるのと同じで、食事しながら温かい白湯を飲むと、消化を助けてくれます。しかし一気に飲みすぎると胃液が薄まり、逆に消化力が弱まるので、少しずつ飲むのがポイントです。

次は食後です。食後すぐではなく、少し時間を置いてから白湯を飲むと消化を促進してくれます。食後すぐを避けるのは、食後に水分を取ると消化器官の機能低下が起こると言われているからです。最低でも30分のインターバルを置いてから白湯を飲みましょう。

最後は就寝前です。就寝前に白湯を飲むと、体も心もリラックス出来ます。体も内側から温まるので寝つきが良くなるでしょう。ただし就寝前の飲み過ぎは注意です。夜中に何度もトイレに行きたくなる可能性があります。理想的な就寝前の白湯の飲み方は、就寝30分以上前にコップ一杯程度を飲むことです。

1日に飲む白湯の量

一日に飲む水分の量は1.5ℓ~2ℓ程で、それ以上飲むと体調不良やむくみの原因になると言われています。そして白湯は、1日を通して少しずつ飲む事と、毎日継続して飲み続ける事に意味があります。つまり白湯だけで一日の水分摂取量を取るのは無理があります。白湯は一日に600~800ミリリットル飲めれば、それで十分と考えてください。

おすすめのウォーターサーバー5選

ウォーターサーバーでも白湯が作れる事を解説しましたので、いくつかおすすめのウォーターサーバーをご紹介します。それぞれに違ったおすすめの理由があるので参考になさってください。

おすすめ①ボトル交換が楽!コスモウォーター

ウォーターサーバーの老舗とも言えるコスモウォーターの現在のウォーターサーバーは、足元にあるバスケット式の装置にボトルを入れてスライドするだけなので、楽々片手で水交換が出来てしまいます。この水交換方式と、スタイリッシュな本体デザインで、グッドデザイン賞も受賞しています。

またコスモウォーターのワンウェイボトルは、使用した水の量だけボトルが収縮していくので外気が入りにくく、ずっと新鮮なままをキープします。また最終的にはぺちゃんこになるので、ボトルを潰す必要なく、そのままリサイクルゴミとして処分できます。

更に、コスモウォーターは初期費用、サーバーレンタル代、ウォーターボトルの送料が何度でも無料です。実質必要なのはウォーターボトルの水代だけなので、大変コスパが良いシステムとなっています。またサーバー内部にWクリーン機能が組み込まれており、サーバー内がいつも清潔なので、定期メンテナンス費用もかかりません。

公式HPを詳しく見る

おすすめ②おいしい天然水!プレミアムウォーター

プレミアムウォーターは加熱処理をした多くのウォーターサーバーと違い、「溶存酸素」が減少しない非加熱処理の天然水を採用しています。非加熱処理だけでなく、採水地も厳選しており、北アルプス、富士吉田、富士、朝来、金城、南阿蘇と、そのままでも飲める天然水を汲み上げ、その原水に、丁寧にフィルターで除菌処理を施しています。

除菌処理のフィルターの数は4段階、厳しい独自の品質管理規定を設け、その規定をパスした水を無菌のクリーンルームで新品のボトルにボトリングします。この天然水は日本人の舌に馴染んだ弱アルカリ性の軟水なので、妊婦さんや赤ちゃんにも「やさしい」、とても口当たりの良いまろやかで安全な水です。

公式HPを詳しく見る

おすすめ③おしゃれデザイン!フレシャス

フレシャスが提供しているFRECIOUS dewo(フレシャス・デュオ)とFRECIOUS slat(フレシャス・スラット)はグッドデザイン賞を受賞しているおしゃれなデザインのサーバーが特徴です。見た目のデザインだけでなく、使い心地や機能性も追求されたサーバーになっている事が、受賞のポイントでしょう。

水は品種を選べる天然水、サーバー内にはクリーニング機能が搭載され、無菌エアレスパックに入った水をセットするようになっており、安心安全な水を提供してくれます。

公式HPを詳しく見る

おすすめ④お試しと解約金が無料!クリクラ

クリクラの一番の特徴は無料でお試しが出来る点と、解約の際、最低利用期間や違約金が発生しない点です。サーバーや水の配送料も無料で、実質ボトルに入った水の代金のみとなります。

サーバーは基本的に冷蔵庫と同じように電源を入れっぱなしにしますが、月3本のボトル(12ℓ)を利用したとして、月間電気料金は756円(クリクラ省エネサーバー利用時)というデータが出ているそうです。

また「クリクラポイント」というポイント制度があり、ポイントを貯めるとオーガニック食品やフェアトレードの商品等と交換可能です。ボトルは配送・回収共に専任配送員が行い、クリクラの工場内で洗浄・殺菌をして再利用されます。ペットボトルよりも環境への負荷が少なく、環境保全に役立つエコなウォーターサーバーです。

公式HPを詳しく見る

おすすめ⑤コスパ最高!アルピナウォーター

アルピナウォーターは既存の宅配水業界の中で最安値を誇っています。また水素水サーバー以外の通常のウォーターサーバーなら、初期費用・メンテナンス共に無料です。配送料は関東圏(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城(一部除く))なら無料で配送されます。それ以外の地域は宅配料がかかりますが、それでも他社の水代と比べて安価となっています。

これは日本最大級の自社工場で一貫生産を行い、既存インフラや既存大量輸送ネットワークを最大限活用する事で実現されています。またウォーターボトルは必要な時のみ購入可能なので、ボトル注文の無い月は、サーバーレンタル料のみとなります。

公式HPを詳しく見る

白湯を飲む習慣で健康的に!

白湯は毎日続けて飲み続ける事が重要です。毎日飲み続ける事で内臓が常に温まった状態になり、免疫力があがり老廃物が廃棄されます。適度な量を飲む習慣をつけ、健康的で美しい体作りを今日からでも、さっそく始めてみてください。

その他の関連記事はこちらから



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。