引用:amazon

記事作成日:

【2021】マイク付きイヤホン人気15選!便利なおすすめ商品をご紹介!

iPhoneやスマホを使って、音楽を楽しみながら移動をする方も多くいるはずです。そんな時にふと通話がかかってきた経験があるのではないでしょうか。すると途端に音楽がキャンセルされ、イヤホンを取って通話をしなくてはいけなくなります。

ここでは音楽途中でもイヤホンを外すことのない、便利なマイクが付いたタイプのイヤホンをご紹介いたします。最新イヤホンマイクが取り揃っていますので、チェックしてみましょう。

マイク付きイヤホンとは?

マイク付きイヤホンはその名前の通りで、マイクを搭載したタイプのイヤホンのことを言います。完全ハンズフリーでの通話が可能となるため、両手が塞がった状態でもスムーズな会話ができるようになります。

ちなみにイヤホンは大きく分けて、有線タイプor無線タイプの2パターンに分けられます。有線タイプは小型のリモコンにマイクが内蔵されていることが多く、無線タイプはイヤホン自体にマイクが内蔵されていることがほとんどで、見た目的には大きく違いが出てくることが分かります。

マイク付きイヤホンの上手な選び方

今では色々なタイプのマイク付きイヤホンが発売されているため、何を基準に購入すればいいのか分からなくなります。ここではより使いやすいイヤホンマイクを見つけるためのポイントや、おすすめの選び方について解説しています。

マイク付きイヤホンの選び方①接続方法

接続方法もとても重要なポイントの1つです。ここでは接続方法をチェックして、日常的に使うにはどのタイプが1番良いのかを見極めましょう。

【無線タイプ(ワイヤレス・Bluetooth対応タイプ)】

ワイヤレスイヤホンならケーブルと接続しなくていいので、見た目的にスマートでスッキリします。Bluetooth対応モデルになっているケースが主流で、無線通信を介して音楽を聞いたり、会話ができるタイプになっています。

【有線タイプ】

有線タイプはケーブルとイヤホンが一体になっていて、更に音楽を聞く端末と接続するシステムになっています。ちなみにイヤホンと端末の端子が同じ条件じゃないと、動作確認ができません。ちなみに端子には3.5mm端子またはLightning端子の2つに分けられることが多いでしょう。

【3.5mm端子】

スマホやタブレットに対応しているのが3.5㎜端子です。イヤホンジャックと呼ばれていて、メジャーな端子と言えるでしょう。もしイヤホンジャックに対応していない端末なのであれば、変換アダプターを別に用意する必要があります。

【Lightning端子】

Lightning端子は主にiPhone(Apple製品)に対応しているタイプですが、iPhone7以降はイヤホンジャック自体が使えなくなっているため、イヤホンを直接接続するか、変換アダプターを活用して、3.5mm端子のイヤホンを利用することになります。

マイク付きイヤホンの選び方②ノイズキャンセリング機能

アクティブノイズキャンセリング機能が搭載しているイヤホンなら、外部の雑音や話し声が耳に入ってくることなく、純粋に音声や音楽だけを聞けるようになります。音楽だけではなく通話にも最適なタイプで、相手が話す言葉を一語一句ハッキリと耳に届くところが優秀です。

近年はCVC(クリアボイスキャプチャー)という機能もあって、ご自身の声をよりクリアに相手側に伝えることができます。イヤホンもどんどん進化しているため、一昔前では考えられなかったような快適さが追求されています。

マイク付きイヤホンの選び方③リモコン機能

リモコンが付いているモデルは、リモコンを使って音楽の音量を調節したり、音楽をスキップさせたり、ランダム再生させたりなど、使い方によって凄く便利になるツールです。もちろん再生、停止する時もリモコン操作となります。

ちなみにイヤホンによっては、Skype通話やLINE通話の時はリモコン操作ができないタイプもありますので、注意しましょう。無線タイプ(ワイヤレス)はイヤホンにリモコン機能が内蔵されていますので、操作性などは実際に目で見て、触って確認しておくことをおすすめします。

マイク付きイヤホンおすすめ人気15選

ここではマイク付きイヤホンの中でも特におすすめしたい、人気モデル・最新モデルをご紹介いたします。使いやすさがデザイン性の良さ、購入しやすい価格帯のイヤホン15選となっていますので、参考にしましょう。

おすすめ①Anker Soundcore Liberty Air 2

Anker Soundcore Liberty Air 2
Anker Soundcore Liberty Air 2

接続方式 無線
型式 完全ワイヤレスイヤホン
コネクタタイプ USB Type C

『Anker Soundcore Liberty Air 2』は抜群のノイズキャンセリング機能が魅力で、イヤホンから聞こえる以外の雑音はすべてカットすることができます。amazon売り上げランキングでも第1位を獲得しており、値段のリーズナブルさからは考えられない高機能さに評価が集まっています。

しかも専用アプリを活用すればスマホと連携して、より便利に扱えるようになります。そしてバッテリー容量も多く、最大連続28時間の音楽再生が実現するため、長距離の移動にも便利なワイヤレスイヤホンと言えます。

おすすめ②パイオニア RAYZ Plus Lightning-Powered SE-LTC5R-S

パイオニア RAYZ Plus Lightning-Powered SE-LTC5R-S
パイオニア RAYZ Plus Lightning-Powered SE-LTC5R-S

接続方式 有線
型式 ダイナミック型
コネクタタイプ Lightning

『パイオニア RAYZ Plus Lightning-Powered SE-LTC5R-S』では状況に合わせて外部の音をほどよく取り込んだり、完全シャットアウトすることもできるタイプのイヤホンです。環境と状況に合わせてうまく使い分けることができるので、より便利なモデルではないでしょうか。

Lightning接続となっていることもあって、モバイル充電があれば充電のことを気にすることなくいつまでも再生し続けることができるのも、また魅力と言えるでしょう。リモコンはスマートかつ使いやすいため、ワンタッチでの操作が可能となります。

おすすめ③ソニー イヤホン MDR-EX650AP

ソニー イヤホン MDR-EX650AP
ソニー イヤホン MDR-EX650AP

接続方式 有線
ヘッドホン型式 インイヤー
ケーブルの特徴 約1.2mOFCリッツ線

『ソニー イヤホン MDR-EX650AP』では、よりクリアで鮮やかな音を耳に届けることが実現しました。しかもアングルドイヤーピース式を採用していることで、より確実な高性能サウンドを耳全体に行き渡るようになっています。

有線タイプのイヤホンではありますが、セレーションコードのおかげでコード自体は絡まりにくくなっています。もちろんマイクが付いているイヤホンなので、両手を離した状態での会話・通話に対応しているイヤホンモデルでもあります。

おすすめ④TaoTronics Bluetooth イヤホン

aoTronics Bluetooth イヤホン
aoTronics Bluetooth イヤホン

接続方式 無線
モデル名 SoundElite 71
ヘッドホン型式 インイヤー

『TaoTronics Bluetooth イヤホン』なら音飛びを最小限に抑えることができるため、より快適な環境でフェイバリットソングを常に流し続けることが可能なイヤホンです。パワフルなサウンドも繊細なサウンドも再生可能となっており、家の中でも外でも楽しい音楽タイムとなるでしょう。

そしてCVC8.0 ノイズキャンセリング技術を採用したことで、通話の声も更にクリアに、より聞きやすい環境となります。ナノコーティング加工もされていますので、汗や水に強いモデルでもあり、ランニング中に利用しても大活躍してくれるはずです。

おすすめ⑤パイオニア 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 SE-E9TW

パイオニア 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 SE-E9TW
パイオニア 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 SE-E9TW

接続方式 無線
モデル名 E9truly wireless
ヘッドホン型式 インイヤー

『パイオニア 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 SE-E9TW』には外音取込イヤホンチップを内蔵することによって、必要以外の音や雑音を取り込まないようにしています。イヤホンから流れる音だけに集中することができるので、邪魔をされることは一切ありません。

またセキュアイヤーフィンを採用することで、激しい運動中であっても、イヤホンが外れにくい仕様になっています。防水保護等級 IPX5/IPX7ということもあり、急に雨が降り出したとしても、イヤホンは壊れません。

おすすめ⑥パイオニア RAYZ Plus Lightning-Powered SE-LTC5R-T

パイオニア RAYZ Plus Lightning-Powered SE-LTC5R-T
パイオニア RAYZ Plus Lightning-Powered SE-LTC5R-T

接続方式 有線
型式 ダイナミック型
コネクタタイプ Lightning

『パイオニア RAYZ Plus Lightning-Powered SE-LTC5R-T』は普段iPhoneを愛用している方におすすめで、リモコン操作も便利ですが、iPhone連携でよりスマートな動作が実現します。iPhoneに専用アプリをDLすれば、更に音楽を再生しやすくなります。

スマートボタンの設定もアプリから行うことができるので、自分だけのオリジナル設定を組みましょう。ちなみにiPhoneに接続すればそこから充電することができるタイプとなっているため、バッテリー容量のことはあまり気にしなくて大丈夫です。

おすすめ⑦Hihiccup ワイヤレスイヤホン

Hihiccup ワイヤレスイヤホン
Hihiccup ワイヤレスイヤホン

接続方式 無線
型式 イヤホン
コントロールタイプ ボリュームコントロール

『Hihiccup ワイヤレスイヤホン』では2021年第三世代知能チップを採用されていることで、常に安定した状態で音楽を自由に楽しめるようになります。音楽が耳に伝わる速度も素晴らしく、クリアなサウンドはもちろん、音飛びや雑音が入り込む隙はありません。

しかも操作性も簡単で、フタを開けた瞬間からペアリングが実現します。従来のモデルであれば充電ケースを常に持ち歩く必要があったものの、『Hihiccup ワイヤレスイヤホン』ならイヤホンだけで電源のON・OFFが可能です。

おすすめ⑧ソニー ワイヤレスオープンイヤーステレオイヤホン SBH82D

ソニー ワイヤレスオープンイヤーステレオイヤホン SBH82D
ソニー ワイヤレスオープンイヤーステレオイヤホン SBH82D

接続方式 無線
モデル名 ワイヤレスオープンイヤーステレオイヤホン SBH82D
ヘッドホン型式 オープンエアダイナミック型

『ソニー ワイヤレスオープンイヤーステレオイヤホン SBH82D』なら音楽を聞きながらでも、楽しい会話もできるようなスタイルが魅力です。SONY独自の新リスニングスタイルを採用しており、ご自身のさじ加減で音楽だけを聞くようにしたり、外部の声や音を取り込むこともできます。

ちなみに耳を完全に塞いでしまうタイプではないので、より軽く感じることができる上に、耳にうまくフィットする構造になっています。最大7.5時間の連続再生が可能ですが、長時間耳に装着していても疲れにくいです。

おすすめ⑨エレコム ヘッドセット Bluetooth LBT-HPS03PCBK

エレコム ヘッドセット Bluetooth LBT-HPS03PCBK
エレコム ヘッドセット Bluetooth LBT-HPS03PCBK

接続方式 無線
ヘッドホン型式 インイヤー
コネクタタイプ USB

『エレコム ヘッドセット Bluetooth LBT-HPS03PCBK』には便利なイヤーフックが付いていますので、ずっと装着していたとしても耳が疲れたり、負担になるようなことはありません。着脱式イヤホンなのでステレオでも、モノラルとしても利用しやすくなっています。

電源や音量調節もしやすい構造になっていて、どなたでもすぐに使いこなせるでしょう。最大登録数8台となっていますので、色々なデバイスから音楽や通話を楽しめます。そして2台同時に待ち受けできるシステムになっていて、使い方次第では更に便利なイヤホンとなります。

おすすめ⑩KAYOWINE Bluetooth イヤホン

KAYOWINE Bluetooth イヤホン
KAYOWINE Bluetooth イヤホン

接続方式 RF , Bluetooth
耐水レベル 防水

『KAYOWINE Bluetooth イヤホン』では人間工学をベースに開発されたインイヤーデザインとなっているため、ずっと付けていたとしても耳やその周辺が疲れにくくなっています。シリコン素材なので肌への負担も少なく、ほどよくフィットしてくれるでしょう。

もちろん、1度装着すると外れにくいので安心して下さい。そして1度スマホとペアリングしておけば、次回からはイヤホンを出した瞬間に自動ペアリングされることになるので、面倒な設定は必要ありません。HIFI音質モデルということもあり、高音質での再生が実現します。

おすすめ⑪AXbenlaa 3.5mm イヤホン ジャック

AXbenlaa 3.5mm イヤホン ジャック
AXbenlaa 3.5mm イヤホン ジャック

接続方式 有線
コネクタタイプ 3.5mmジャック

『AXbenlaa 3.5mm イヤホン ジャック』のリモコンは片手でも簡単操作できるようになっていますので、音楽の再生も簡単であり、通話に出る時もとてもスマートです。Hi-Fi高音質なので、同じ音楽やサウンドでもまったく違うような聞こえ方に感じるでしょう。

迫力のサウンドに、耳が喜ぶことは間違いありません。そして耐久性にも優れているため、長く愛用できるイヤホンです。iPhoneやiPad、スマホだけではなく、PS3、PS4などのゲームデバイスとも相性が良い、万能的なイヤホンであるところも魅力的ではないでしょうか。

おすすめ⑫Xiaomi ノイズキャンセリングイヤホン ハイレゾ対応

Xiaomi ノイズキャンセリングイヤホン ハイレゾ対応
Xiaomi ノイズキャンセリングイヤホン ハイレゾ対応

コネクタタイプ USB Type-C, 3.5mm
ヘッドホンジャック 3.5 mm
コントロールタイプ ノイズコントロール

『Xiaomi ノイズキャンセリングイヤホン ハイレゾ対応』ではMEMSマイクロフォンを採用することによって、必要のない外部の雑音はキャンセリングすることができます。耳には高音質サウンドだけを届けることになるため、音楽に集中したい方におすすめです。

ノイズキャンセルコントローラーがありますので、うまく調節しましょう。ちなみに外部の音を少し取り入れたい時は、コントローラーから細かく調節して取り入れることができます。状況に合わせて、使い方を変えてみましょう。

おすすめ⑬GOSCIEN 耳掛け型スポーツイヤホン

GOSCIEN 耳掛け型スポーツイヤホン
GOSCIEN 耳掛け型スポーツイヤホン

接続方式 無線
型式 インイヤー
ノイズコントロール 遮音

『GOSCIEN 耳掛け型スポーツイヤホン』では液状シリコンゴムをイヤーフックに使用しているため、どなたの耳にもピタッとフィットして、無理のない状態で装着することが可能です。

音楽の途切れや音飛び、ノイズなどが入りにくい構造になっていますので、より快適な音楽環境を整えることができます。もちろんゲームをプレイする時も、ハンズフリー通話の時にも活躍してくれるでしょう。片耳モードでも、両耳モードでも、より素晴らしい音楽や音声を楽しめます。

おすすめ⑭ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-SP800N

ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-SP800N
ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-SP800N

接続方式 無線
モデル名 WF-SP800N
ヘッドホン型式 インイヤー

『ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-SP800N』ではアークサポーターを搭載したモデルで、スポーツや激しい運動をしている時でも使いやすいタイプのワイヤレスイヤホンです。耳に装着した後は外れにくくなるため、イヤホンを付けている感覚を気にせず、ご自身の世界に浸ることができます。

防水仕様、防塵仕様になっているところも使いやすく、急な天候変化や汗・水にも問題のないモデルであり、どんな環境であっても常に装着し続けられるタイプとなります。

おすすめ⑮エレコム モノラルイヤホン EHP-CAMCS100BK

エレコム モノラルイヤホン EHP-CAMCS100BK
エレコム モノラルイヤホン EHP-CAMCS100BK

ヘッドホン型式 密閉型、耳栓タイプ・片耳
コネクタタイプ USB Type C

『エレコム モノラルイヤホン EHP-CAMCS100BK』はType-CのAndroidに適しているイヤホンで、直接接続することができます。L字プラグになっていて断線しづらく、長く愛用できるタイプでもあります。

そして低音から高音まで本来の美しい音を再現できるように製造されていますので、音楽をよりリアルに感じられるようになります。耳栓タイプのイヤホンなので外部の雑音を取り入れないだけではなく、ご自身が聞いている音楽や音声を外部に漏らすリスクも抑えられます。

マイク付きイヤホンで音楽や通話を快適に!

マイクが搭載しているイヤホンならより快適に、より便利にデイリー使いできるようになるのでおすすめです。音楽だけではなく会話や通話がスムーズになるように、新しくイヤホンを購入する時はマイク付きのモデルをチェックしてみましょう。Skype通話やZoom通話にも便利なので、この機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

その他関連記事はこちら



※記事の掲載内容は執筆当時のものです。