引用:楽天市場

記事作成日:

夜の洗濯物を干す場所は外干しより室内干しがおすすめ!その理由は?

バタバタする朝は、少しでも家事の時間を減らしたいものです。特に洗濯ものは干すだけでも時間がかかるので、夜のうちに干してしまうという方もいるのではないでしょうか。しかし思いもよらぬトラブルに巻き込まれる可能性もあって、夜の外干しはおすすめできません。

ここではなぜ夜に外干ししない方がいいのかについて、詳しくまとめています。おすすめの洗濯の干し方についてもご紹介していますので、参考にしてみましょう。

夜に洗濯物を外で干すデメリット

天気のいいお昼間なら外干しがおすすめですが、夜は一転して外干しはあまりおすすめできません。主に4つの原因があるので、夜に洗濯をする方は、いま1度チェックしてみて下さい。

夜の外干しデメリット①虫が卵を産む

外に出すということは服の上をゴキブリが這ったり、最悪の場合、卵を産みつけられる可能性があります。特に山の近くや家の近くに緑がたくさんある公園がある場合に被害が多く、よく分からないうちにその服を着て、家の中にゴキブリが繁殖してしまったという事例もあります。

敏感肌の方は肌がかぶれてしまうこともあるので、あまり良いケースではないでしょう。対策方法として虫よけを設置するという方法もありますが、それでもゴキブリがやってくるパターンは十分あるでしょう。

夜の外干しデメリット②雨が降っても気づきにくい

洗濯物を干した時に晴天でも、天候はあっという間に変わり、いつの間にか雨が降り出してしまったというような経験もあるはずです。せっかく乾きかけていた状態だったのにまた振り出しに戻り、1から乾かさなくてはいけないことになります。

夜の外干しデメリット③生乾きで臭い

夜の気温は昼間よりも相当低くなり、風も吹いていないことから、乾きにくい状態が続きます。雨が降っても降らなくても乾きにくいという問題があるので、夜の外干しはできるだけ止めておいた方が無難と言えます。

それでなくても夜はジメジメとした湿気の多い気候となるため、洗濯ものが乾くまでにかなりの時間を有します。洗濯物がなかなか乾かないと生乾きの原因になってしまうので、また洗い直しということになって、二度手間になってしまいます。

夜の外干しデメリット④防犯上よくない

夜に洗濯を干すということは、裏を返せば昼間は洗濯を干せない状況にあるという証明にもなります。泥棒などの犯罪は普段からその家の環境や状況、周辺の調査を欠かさないので、思わぬ被害にあってしまうかもしれません。防犯の意味でも、夜は洗濯物を外に干すのは控えましょう。

夜の洗濯物を室内干しするメリット

常に部屋干しにしておけば、いつ雨が降ったとしても安心です。急な天候変化にも影響が出ないので、洗濯を取り入れる時間を気にしなくてよくなります。また強風で洗濯物が飛ばされるリスクもなくなるため、常に安心できます。

そして花粉やホコリが付着しなくなるため、お肌にもとても優しいです。敏感肌の方にも、また花粉症の方にも部屋干しをおすすめします。

紫外線を浴び続けることもなくなり、大切な洋服の色落ちを防止することにもなります。車の排気ガスに触れることもなくなって、いつまでも服を劣化させずにすむはずです。

室内干しの干し方ポイント

外に干すよりも部屋干しを推奨しますが、ここでは更に部屋干しの魅力を感じられるような干し方をご紹介いたします。少し気を付けるだけで、これからは部屋干ししかできなくなるようになるかもしれません。

ポイント①風通しのよいところに干す

風通しをよくするだけで洗濯物が乾きやすくなります。できれば部屋の窓を2か所開けるようにして、湿気を逃すように意識してみましょう。窓が開けられない時は、換気扇を回るだけでも有効的です。そして洗濯のスペースを十分空けるようにすることで、生乾きになりにくくなります。

ポイント②すぐに干す

洗濯物をずっと放置しておくと湿気が溜まり、そして雑菌が繁殖する環境を整えてしまいます。生乾きの独特な臭いを避けるためには、洗濯したらすぐに干すということを習慣づけましょう。

また洗濯する時にお風呂の残り湯を使用するのは良いのですが、悪臭の原因となるタンパク質が含まれているため、すすぐ時は必ず水道水に切り替えるようにして下さい。

ポイント③干し方を工夫する

部屋で干す時は、洗濯もの同士が重なり合わないように注意しましょう。そしてズボンやジーンズなどは生地が厚いので、裏返した状態でピンチハンガーにかけて干すことをおすすめします。筒状になるような状態で干せば更に乾きやすくなります。タオルや靴下も同じく、ピンチハンガーを活用しましょう。

他にもパーカーも乾きにくい部類に入りますが、パーカー専用のハンガーを使用するか、またはフードの部分を物干し竿にかけることで、風通しが良くなります。

ポイント④扇風機の風を当てる

外で干している時もそうなのですが、風があることで洗濯の乾きが早くなるという事実があります。実際に風がある状態だと1/3の時間で乾いていますので、部屋干しの際には扇風機を活用してみて下さい。

そして干す時はしっかりと空きスペースを確保するようにして、風がそれぞれに行き渡るようにしましょう。この手間が朝までに完全に乾かすことに繋がります。

ポイント⑤乾燥機を使う

2回脱水すれば更に水分が飛ぶので、部屋干しに最適です。もしご自宅に乾燥機があるのであれば、30分ほど利用してから干すのもとても有効的です。

ちなみに乾燥機には殺菌作用も期待できるので、衛生面的にも安心できるでしょう。ただし乾燥機はシワになりやすいというデメリットがあるため、干す時はしっかりとシワを伸ばすようにして下さい。

部屋干しにおすすめのアイテム5選

ここでは部屋干しがより便利に快適になるような、おすすめアイテムをピックアップしてご紹介いたします。うまく活用して、安全に清潔に洗濯ものを干しましょう。

おすすめ①アイリスオーヤマ 室内物干し

アイリスオーヤマ 洗濯物干し
アイリスオーヤマ 洗濯物干し

商品サイズ(cm):幅約92~162×奥行約64×高さ約127.5
重量(kg):約3.64kg

『アイリスオーヤマ 室内物干し』は必要に応じて干すための幅を狭くしたり、広く拡大することができます。最大5人分の洗濯が干せるようになるタイプとなっているため、1人暮らしの方から、大家族で暮らしている方にもおすすめできます。

便利なタオルハンガーも設置されていますので、大型バスタオルも4枚までラクラクと干せます。使わない時はスマートに折りたたんでおけるので、隙間にも収納することができます。梅雨シーズンにも大活躍してくれる、便利アイテムです。

おすすめ②大木製作所 タワー型室内物干し

大木製作所 タワー型室内物干し
大木製作所 タワー型室内物干し

サイズ:使用時:約巾71×奥行101×高さ151cm 収納時:約巾71×奥行88×高さ10cm
重量:約5.5kg

『大木製作所 タワー型室内物干し』なら限られたスペースであっても、効率よく部屋干しができます。縦に伸びるタイプなので大容量の服が干せるだけではなく、大きなタオルでもスッキリと干せて、生乾きにならないように間を開けて干せるようになっています。

しかも下部にはキャスターが付いていますので、部屋を移動させる時もスムーズです。たくさん干せますが、コンパクトに収納できるため、収納場所にも困りません。Tシャツやパーカー、カーディガンなど、色々な種類の洋服が簡単に干せるようになります。

おすすめ③アリエール サイエンスプラス7

アリエール サイエンスプラス
アリエール サイエンスプラス

洗濯洗剤 粉末
内容量 :1.5kg

『アリエール サイエンスプラス7』なら洗った後の24時間抗菌・消臭効果が持続するので、部屋干しをしたとしても菌が繁殖することがなくなります。部屋干しする中で1番気になるのが臭いの存在であり、その原因を元から打ち消してくれます。

ファブリーズとの共同開発洗剤ということもあり、華やかで心地いい香りが部屋に広がるでしょう。悪臭が発生するリスクを最小限に抑えます。ダブル漂白剤配合の強力洗浄で、頑固な汚れやシミもごっそりと洗い流しましょう。大容量タイプなので、コスト的にも優秀です。

おすすめ④部屋干しソフラン 柔軟剤

部屋干しソフラン 柔軟剤
部屋干しソフラン 柔軟剤

内容量 : 540mL
商品サイズ (幅X奥行X高さ) : 105mm×65mm×260mm

『部屋干しソフラン 柔軟剤』は部屋干し用に作られた柔軟剤で、部屋干しの嫌な臭いが発生しないような処方になっています。抗菌剤や消臭剤が入っていて、綺麗に清潔に、爽やかな衣服に仕上げることができます。

しかも速乾仕上げの柔軟剤なので、従来の柔軟剤よりも乾きが早くなります。まさに部屋干しに最適なアイテムであり、部屋干しがもっと効率的に、便利になることは間違いありません。お肌にも優しい柔軟剤です。

おすすめ⑤山善 サーキュレーター

山善 サーキュレーター
山善 サーキュレーター

左右自動首振り機能付き サーキュレーター
本体サイズ:幅21×奥行18.5×高さ28cm、重量:1.6kg

『山善 サーキュレーター』は小型でありながら風を送るパワーは強力で、1台あれば1部屋中に風をまんべんなく行き渡らせることが可能となります。大型扇風機ではなくコンパクトであり、部屋に設置していても場所を取りません。

自動的に左右に動いて風を送るため、均等さをキープします。風の風量は3段階で細かく調節できるので、お好みの風を洗濯にあてましょう。ちなみに24時間稼働し続けたとしても音はとても小さく、不快に感じることはありません。夏も冬も、とても使いやすいサーキュレーターです。

夜の外干しは避けたほうが良い

衛生面的にも安全面的にも、洗濯ものは部屋で干す方が何も心配しなくていいのでおすすめです。部屋干し=生乾きというイメージがとても強いですが、ポイントさえ押さえておけば、悪臭が出ることはありません。部屋の中でもたっぷり干せる物干しや洗剤、柔軟剤もあるので、うまく使いこなして、部屋干しをもっと有意義なものに変えてみましょう。

その他関連記事はこちら


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。