引用:pixabay

記事作成日:

【2021】iPad買うならどれがいい?おすすめ5選の特徴を詳しく紹介!

タブレットを買うのであれば絶対にiPadと決めていらっしゃる方もいるでしょう。一度iPadを使うと、その使いやすさにもう手放せないという方も少なくありません。

そこで今回はiPadの特徴や性能、仕様やスペックなどについてご紹介します。iPadおすすめ5選についても詳しくご紹介するので参考にしてみてください。

iPadの特徴とは?

iPadはほかのタブレット端末となにが違うのか、疑問に思われる方もいるはずです。iPadとほかのタブレットは、まずそのオペレーティングシステム、つまりOSが違います。

iPadはiPad専用のOSが搭載されており、ほかのタブレットにあるようなWindowsやAndroidとは違います。そしてこのiPad専用のOSがアップル社のみの製造となっており、アップル社以外の会社が作って販売することは不可能です。

一般的にスマホやパソコンでアップル社のものを使っている方は、タブレットもiPadを選ぶ傾向が強いようです。同じOSの端末でそろえておくと、互換性があるので機器間でのデータ通信も簡単ですし、使いやすいことでしょう。

すでにスマホはiPhoneを使っている方であれば、タブレットはiPadがおすすめです。

以前はiPadにもiPhoneと同じOSであるiOSが使われていましたが、2019年のモデルよりiPadはiPad限定のOSであるiPad Osが搭載されています。このiPad OsはiPhoneのiOSから分岐して開発されたものなので、やはりアップル社の製品を使い慣れている方には操作も簡単です。

iPadのかしこい選び方

iPadにはいろいろなモデルがあるので、ニーズに合った機能を持っているモデルを選ぶことが大切です。iPadは一見、それも似ているように見えて機能性に差があります。

値段だけ見て選ぶと、必要な機能が入っていなかったり、不要な機能が入っていたりするので、しっかりと各モデルの仕様やスペックに注意する必要があります。ここでiPadのかしこい選び方についてご紹介するので、選ぶときの参考にしてみてください。

選び方①性能

iPadで好きな動画を鑑賞したり、ネットサーフィンをしたりするだけであれば、どの機種を選んでも大きな違いは感じられないかもしれません。

しかしたくさんの画像を閲覧、処理したり動画データを編集および書き出しをしたりするのであれば、ラップトップ並みもしくはそれ以上の性能を持つとされている「A12Z Bionic」搭載のiPad Proがおすすめです。

しかしiPad Proはその機能性の高さから値段も高価格帯に位置しているので、気軽には買えないかもしれません。一番安く購入できるiPad Pro 11インチの64GBモデルでも税抜き価格84,800円となっているので、よく検討する必要があります。

iPad Proほどの機能はなくてもよいけれど、それに次ぐような機能を持ち合わせたiPadが欲しいのであれば、A14 Bionic搭載の第四世代のiPad Airを選ぶのが良いでしょう。

このようにiPadは備えている機能によって変わってくるので、まず自分がどんな機能をもったiPadを必要としているのかよく考えたいですね。

選び方②容量

性能の次に注目したいのがその容量です。iPadは第8世代の場合32GBと128GB、iPad Proについては、128GB、256GB、512GB、1TBというラインナップになっています。

動画鑑賞に使うだけであれば、32GBでも十分足りますが、写真や動画を撮ったり3Dゲームを楽しんだりしたいのであれば64GBや128GBが必要になります。

iPad Proで4K撮影をしたいなら、512GBか1TBを選ぶようにしましょう。iPadにはSDカードを入れるためのスロットが用意されていないので、別途容量を増やしたい場合には、iPad Pro12.9インチおよび11インチモデルではUSB-Cコネクタ対応のSDカードリーダー、それ以外のモデルではLightningコネクタ対応のSDカードリーダーが必須になります。

選び方③ディスプレイサイズ

iPadはどのディスプレイサイズも選ぶときによくチェックしたいものです。特にネット通販などで購入する場合は、画像だけではそのディスプレイサイズを把握にしくいので、詳細を読んでサイズを確認してください。

一般的にPCとして使いたいならiPad Pro 12.9インチや11インチ、PCおよびタブレットとして使いたいのであればiPad AirやiPad、タブレットとしての使用が主であればiPad miniで十分です。

iPadを使って絵や図を描きたいのであれば、小さいと使いづらいのである程度ディスプレイの大きさがあるものを選ぶことが大切です。

選び方④モデル

iPadはWifiがある場所でのみ使える「Wifiモデル」と、スマホと同じようにWifiがない場所でもネットワークにつないで使用できる「WiFi + Cellularモデル」があります。

主に自宅や職場内のみで使うのであれば、「Wifiモデル」で十分ですが、外出先でネットワークにつないで使いたいのであれば「WiFi + Cellularモデル」を選ぶ必要があります。

ちなみに「Wifiモデル」の方が出費を抑えることができます。主にどんな場面で使いたいのかを検討してみましょう。

選び方⑤目的

iPadにはいろいろなモデルがあるので、それぞれのモデルが持つ特徴を把握して、自分の目的に合ったものを選ぶようにしましょう。以下にモデル別に分類したのでチェックしてみてください。

【iPad Pro】
・主にPCとして使いたい方
・動画編集や絵を描くなど、データが重めの作業をしたい方
・Face IDを使いたい方

【iPad Air】
・音楽/動画/アプリ等のダウンロードをたくさんする方
・PCやタブレット両方で使いたい方

【iPad】
・こだわりはなく、できるだけ手軽にiPadを手に入れたい方
・スペックと価格のバランスがとれたiPadがほしい方

【iPad mini】
・持ち運び用の軽いiPadがほしい方
・ネットサーフィンや読書、動画視聴などがしたい方
・なるべく安価なモデルがほしい方

選び方⑥純正アクセサリへの対応

アップル社の製品は、iPadに限らずいろいろなアクセサリが販売されています。純正でないものを使うこともできますが、ものによっては純正でないアクセサリを使うことにより機器に不具合が生じることもあります。できるだけ純正アクセサリを使うようにしてください。

iPadに対応した純正アクセサリにはApple PencilやSmart Keyboardなどがあります。これらのアクセサリを併用することにより、よりiPadを深く活用できます。

もし使いたいアクセサリが最初に決まっているのであれば、そのアクセサリに対応したiPadのモデルを選ぶのもよいでしょう。

Apple Pencilを使うと、お絵かきアプリや画像編集アプリなどで画面上に直接書き込めます。Apple Pencil対応のドローイングアプリなどもあるので、利用してみましょう。Apple Pencilは使用している方の筆圧を検知するので、ペンタブレットのように使うことができます。

Apple Pencilには1世代と2世代の二種類があり、対応するiPadが違う上にそれぞれ互換性はないので要注意です。各Apple Pencilの形状や充電方法も違うので、iPadを選ぶ前にまずはこのApple Pencilに注目するのも一案です。

iPad人気機種のおすすめ5選

ここでいろいろあるiPadの中でも特に人気のある機種を五つご紹介します。どのモデルが自分に合っているのかよく読んでみてください。

おすすめ①Apple iPad Pro 12.9インチ

Apple iPad Pro 12.9インチ
Apple iPad Pro 12.9インチ

エッジからエッジまで広がる 12.9 インチ Liquid Retina ディスプレイ(ProMotion テクノロジー搭載、True Tone、P3 の広色域)
Neural Engine を搭載した A12Z Bionic チップ

ProMotionテクノロジー、Neural Engineを搭載し A12Z Bionicチップ、7MP TrueDepth フロントカメラなどを搭載したモデルです。Face IDの機能があるので、セキュア認証と Apple Payにも便利です。バッテリーは最大10時間稼働するので、外出先でも充電の心配をすることなく快適に長時間使用できます。

容量は1TB、128GB、256GB、512GBの4種類の中から選べます、容量によって価格も変動するので注意しましょう。

おすすめ②Apple iPad Pro 11インチ

Apple iPad Pro 11インチ
Apple iPad Pro 11インチ

エッジからエッジまで広がる 11 インチ Liquid Retina ディスプレイ(ProMotion テクノロジー搭載、True Tone、P3 の広色域)
Neural Engine を搭載した A12Z Bionic チップ

ディスプレイサイズは11インチと日常使いにはちょうど良いサイズのiPad Proです。Neural Engine を搭載した A12Z Bionic チップを採用しており、4つのスピーカーオーディオと5つのスタジオ品質マイクロフォン、7MP TrueDepthフロントカメラなどが搭載されており、動画の市長はもちろん絵を絵を描いたりするのにもぴったりのモデルです。

Magic Keyboard、Smart Keyboard Folio、Apple Pencilといったアクセサリに対応しています。

おすすめ③Apple iPad Air 10.9インチ

Apple iPad Air 10.9インチ
Apple iPad Air 10.9インチ

美しい 10.9 インチ Liquid Retina ディスプレイ(True Tone、P3 の広色域)
Neural Engine を搭載した A14 Bionic チップ

10.9 インチ、Liquid RetinaディスプレイをもつiPad Airです。Neural Engineを搭載したA14 Bionicチップ、さらにセキュア認証とApple Payを利用するのに便利なTouch ID機能を搭載

本体のカラーはシルバー、スペースグレイ、ローズゴールド、グリーン、スカイブルーから選へぶことができるので、本体の色にこだわりたい方にもおすすめです。ワイドなステレオオーディオが付いているので、高音質で動画を楽しむことができます。

Magic Keyboard、Smart Keyboard Folio、Apple Pencil(第2世代)に対応しているので、本体と一緒にセットでアクセサリを用意してみましょう。併用してiPadの機能を最大限まで活用しましょう。

おすすめ④Apple iPad mini

Apple iPad mini
Apple iPad mini

7.9インチRetinaディスプレイ(True Tone、広色域)
A12 Bionicチップ

iPadを比較的手ごろな価格で手に入れたいのであれば、このiPad miniがおすすめです。「今までiPadを使ったことがないけれど使ってみたい!」という方にもよいでしょう。画面サイズは7.9インチとミニサイズなのでバッグの中でもかさばりません。外出先で使うタブレットを探している方にも使いやすいサイズ感です。

Touch ID指紋認証センサーがついており、さらに8MPバックカメラ、7MP FaceTime HDフロントカメラなども搭載されているので、iPadらしい機能を堪能できます。小型ながらも最大10時間まで駆動するバッテリーが付いてます。

おすすめ⑤Apple iPad 10.2インチ(第8世代)

Apple iPad 10.2インチ(第8世代)
Apple iPad 10.2インチ(第8世代)

美しい 10.2 インチ Retina ディスプレイ
Neural Engine を搭載した A12 Bionic チップ

iPadシリーズの中でも一番安価なモデルです。ディスプレイサイズは10.2インチ、Retinaディスプレイを採用。Neural Engineを搭載したA12 Bionicチップも内蔵されています。

iPhoneで撮った写真をこのiPadで確認するのもよいですし、アクセサリのApple Pencilと一緒に使えば、iPadがノートやキャンバスなどといったアイテムの代用にもなります。

iPadを初めて使う方におすすめしたいモデルです。まずはこのベーシックなモデルで慣れてから、徐々にグレードが上のモデルを手に入れてもよいでしょう。

コスパ最強のiPadを手に入れよう

今回はiPadについてご紹介しましたが、いかがでしたか?iPadには機能別にいろいろなモデルがあり、どのモデルを選んだらよいのか最初は迷われることでしょう。今回の記事を参考にして、ニーズに合った最強のiPadを手に入れてみてください。

価格だけ見ると高価に思えるモデルも、その機能性とのバランスを考えると実はコスパがよいと感じるはずです。アクセサリなどもセットで購入すれば、iPadの機能を最大限まで使いこなせるので検討してみてください。

その他の関連記事はこちらから


※記事の掲載内容は執筆当時のものです。

ABOUT ME
ライターの写真
マツダ
これまで25カ国以上を歴訪した経験があり、日仏英語が堪能なフリーライター。現在は、整理収納アドバイザーとして活躍するかたわら、育児やDIY、芸能関係など幅広い分野で執筆活動を行っている。趣味は読書とDIY。